【涼】デッキ紹介 Twinkle Melody(8)【バミューダ△ -リリクル】 | ヴァンガード Blog | 遊々亭
ヴァンガード 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ヴァンガードに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ヴァンガード担当アカウント@yuyutei_vg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【涼】デッキ紹介 Twinkle Melody(8)【バミューダ△ -リリクル】

posted

by

【涼】デッキ紹介 Twinkle Melody(8)【バミューダ△ -リリクル】
こんにちは、涼です。
今回はTwinkle Melodyのカードをつかった【バミューダ△ -リリクル】について記述していきます。

デッキレシピ
=====deckstart===== @グレード3-mtgland <==veb15=10006>*4 <==veb15=10035>*1 @グレード2-mtgcre <==veb15=10011>*4 <==veb15=10024>*4 <==veb15=10021>*4 <==veb15=10022>*1 <==veb11=10015>*1 <==veb15=10033>*3 @グレード1-mtgoth <==veb15=10012>*4 <==veb11=10017>*4 <==veb15=10044>*2 <==veb11=10016>*1 @グレード0-green <==veb11=10042>*1(FV) <==veb15=10050>*4 <==veb15=10020>*3 <==veb15=10046>*4 <==veb15=10019>*1 <==veb15=10048>*4 =====deckend=====

デッキの解説
バミューダ△の<==veb15=10006@@リリクル>軸の解説です。

オーダーカードの<==veb15=10033@@夢に漂う星雲>を駆使して戦うのがリリクルデッキです。
2ターン目に<==veb15=10024@@愛あるご奉仕マクシーネ>にライドする事で夢に漂う星雲を2枚サーチ。そのままプレイして盤面を展開し、3ターン目にガーリッシュアイドルリリクルのライド時スキルで夢に漂う星雲を回収して再びプレイします。

夢に漂う星雲をプレイする事で、自分、相手のリアガード全てにインターセプトを付与し、相手のユニットはリリクルのアタック時に全てガードに移動。自分のユニットはインターセプトを付与しつつ、リリクルのスキルでガードのたびにパワーを上昇して相手の攻撃を凌ぎます。

構築は夢に漂う星雲を最大限に活用するためにSC出来る<==veb11=10017@@フレッシュスターコーラル>、盤面に揃えば強力なパールシスターズ<==veb11=10016@@ペルル>、<==veb11=10015@@ペルラ>、ガード値として価値のある<==veb15=10019@@大切なフレーズレイナ>を採用する事で無理なく多彩な動きを可能としています。


新規カードの解説
夢に漂う星雲
<==veb15=10033@@!gp!on!200>
オーダーカード。
手札2枚を消費して2体コールするのでアドバンテージの観点から見ればプラマイ0ですが、<==veb15=10006@@ガーリッシュリリクル>で回収してプレイした場合は2アドです。

リリクルの強制インターセプトのスキルとのシナジーで相手の盤面を壊滅させて、自分は<==veb15=10019@@大切なフレーズレイナ>や<==veb15=10050@@泡立つ激励ピピレア>をコールして相手の攻撃を守ります。攻め手が薄いデッキなので、パールシスターズ<==veb11=10016@@ペルル>、<==veb11=10015@@ペルラ>を採用して<==veb15=10033@@夢に漂う星雲>で揃えます。

プレイ出来れば強力なので、他クランでも可能性があるカードだと思います。
個人的にはジェネシスに採用して<==vbt12=10004@@神界獣フェンリル>でサーチしたりするのも面白いかなと思います。

簡単にでしたが今回の記事はこれで終わりです。ご閲覧ありがとうございました。

VG 超買取強化カード紹介!!(09/18)

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

VGデッキ倉庫(スタンダード)

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

【遊々亭ヴァンガード対戦動画】バミューダ△VSジェネシス

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

新弾コラム『トライアルデッキ』まとめページ

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE