【大会レポート】GPファイナル・リセ名人戦【カツラギエース】 | Lycee Blog | 遊々亭
Lycee 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Lyceeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Lycee担当アカウント@yuyutei_lycee遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【大会レポート】GPファイナル・リセ名人戦【カツラギエース】

posted

by カツラギエース

SUMMER SALE第1弾2018.jpg
【大会レポート】GPファイナル・リセ名人戦【カツラギエース】
皆様こんにちは!カツラギエースです。
さて、今年も参加権利が取れていたので行ってまいりました、リセGPファイナル(リセ名人戦)。
ファイナルの前日に東京フェスタもあるので、その前日の金曜晩から一人で「うたわれるものコラボカフェ」に行って充実したひと時を過ごした後に大会に出るという楽しい東京旅行をしてきました。

今環境は環境最初の東京フェスタと大阪GPを制した「とある日」、2弾前の構築制限デッキにも関わらず大阪GPで最多入賞者を出した「ヤマト」、そしてヤマトに対して有利が取れる「雪単」やその雪単に対して有利が取れ、他のデッキにも対等に戦える「日単」などが多く見られました。
サガプラ環境ではあるんですが、サガプラの構築制限デッキはサーチカードに乏しいわりに、決められたキャラを3種類盤面に置かないと勝ちづらいなど要求値が高く、やや苦戦気味だったように感じます。

私はアクアプラスの大ファンで、アクアプラスが出た時から「勝てるチャンスがある以上はGPファイナルではヤマトを使う」と心に決めていました。
ところが大阪GPでヤマトの入賞が非常に多く、環境トップという空気になり、メタられる側になってしまいました。
ファイナルではヤマトを倒すための雪単や雪花も増えるであろうという読みから、12月になるまでは他のデッキに変えるか気持ちが少し揺らいでおりました。(11月時点では勝ちに行くならとある日か雪単という考えもありました)
しかし今年のリセはアイギスとアクアプラスという私が愛している二作品がリセに参戦するというめでたい年。うたわれるものへの思い入れが強く、半年前の抱負とうたわれへのこだわりでヤマトを使用デッキに選択する形となりました。

デッキレシピ
5Cヤマト デッキ
=====deckstart===== @リーダー-green <==aquaplus1.0=10031>*1 @EX2-red <==aquaplus1.0=10008>*4 <==aquaplus1.0=10011>*4 <==aquaplus1.0=10184>*4 <==aquaplus1.0=10198>*4 <==aquaplus1.0=10005>*4 <==aquaplus1.0=10015>*4 <==aquaplus1.0=10088>*4 <==aquaplus1.0=10032>*4 <==aquaplus1.0=10066>*4 <==aquaplus1.0=10087>*4 <==aquaplus1.0=10070>*4 <==aquaplus1.0=10071>*4 <==aquaplus1.0=10003>*4 <==aquaplus1.0=10069>*3 <==aquaplus1.0=10001>*2 <==aquaplus1.0=10197>*2 =====deckend=====

使用デッキについて
作品が好きというデッキへのこだわりのお話は挨拶のところでさせていただいたので、デッキの長所を含めた選択理由をお話し致します。
大きなメリットは以下のような感じです。
  • ヤマトは初動は<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>から展開する動きが定石です。デッキに<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>というサーチカードがあり、8枚体制なので初手にキーカードである<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>が無いというような初手事故が雪単などと比べると少なめ。
  • 限定構築にも関わらず多くのデッキに対しての対応力が極めて高く、相手のアクションを見ての返しがしやすい。また<==aquaplus1.0=10031@@ハク>の能力でキャラを入れ替えることによってより適切な配置に変更したり、有利なキャラに変更しやすい。
  • <==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>が初手に無い場合でも必ず苦戦するというわけではなく、<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>と<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>や<==aquaplus1.0=10005@@SRネコネ>を中心とした動きや、<==aquaplus1.0=10070@@アクルトゥルカ オシュトル(ハク)>を高打点パンチャーとして殴り切ることで勝利できる場合もある。
  • 環境に一定数以上居る日単に対して、オーダーステップキャラや<==aquaplus1.0=10011@@クオン>で攻撃→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>能力で入れ替えて後ろに下げ直すことで相手の攻撃を防ぎながら戦うという戦法が取れる。<==aquaplus1.0=10011@@クオン>なら2点バーンもできるため、打点レースを最も重視してくる日単に対して優位なダメージレースが行える。
  • 環境トップのとある日単に対しても<==aquaplus1.0=10070@@アクルトゥルカ オシュトル(ハク)>が強力(こちらの攻撃バトル中に相手が能力宣言でのAP上昇が行えなくなるため)で、登場できれば非常に有利な試合運びができる。
自分が安定性を求める傾向が強いので、サーチカードが多いヤマトやダントラ、とある系のデッキはとても肌に合っていたと思います。
<==aquaplus1.0=10008@@!gp!on!200> <==aquaplus1.0=10031@@!gp!on!200> <==aquaplus1.0=10071@@!gp!on!200>
対戦の振り返り
  • 一戦目 花単 まききゅ~さん 先攻
  • 二戦目 雪花 にゃぁぁさん 後攻×
  • 三戦目 5Cヤマト タマーMAXさん 後攻
  • 四戦目 雪花 ももせ(緋色)さん 先攻
  • 五戦目 5Cヤマト らじあん(らじお)さん 後攻
三戦目から遊々亭ブロガーの皆様と三連続マッチングしてますね...。
GPファイナルは1年目がFGO花単で予選3-1、決勝2-2、2年目はMIX花単を使用して1-4と苦い結果だったので今年は入賞することができてとても嬉しいです。
とある日は使用者数が思ったより伸びなかったのと、自分が二戦目と比較的早い段階で負けてしまったせいか最後まで当たりませんでした(3~4戦目時点の全勝者の方には結構おられたようです)

一戦目 花単 まききゅ~さん 先攻
こちら先攻で中央DF<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→中央AF<==aquaplus1.0=10031@@ハク>と展開。相手は左AFに<==yuzu2.0=10059@@2.0R上坂 茅羽耶>、右AFに<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>でエンド。
それ以降こちらは<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>と<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>→<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>と追加していき、相手は中央AFが<==fgo3.0=10008@@SR玉藻の前>、中央DF<==garupanlast1.0=10007@@桃>と右DFに<==fgo3.0=10009@@SRマシュ>と左DFに<==va2.0=10078@@ののか>で<==aquaplus1.0=10031@@ハク>の攻撃だけは絶対止める布陣。
<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>能力を<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>に宣言して対応<==yuzu2.0=10059@@茅羽耶>能力で<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>が一度復活するも、こちらも<==aquaplus1.0=10031@@ハク>の能力で<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を再度展開したり、<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>で<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を戻して<==aquaplus1.0=10031@@ハク>のSP2を生かして両脇を通す流れで打点で遅れを取ることなく勝てました。
花単は高APキャラがDFにあまり出てこないので、アグレッシブAP4/DP1スペックの<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>は止まりづらく頼もしいですね。
<==aquaplus1.0=10087@@!gp!on!200>
二戦目 雪花 にゃぁぁさん 後攻×
放送卓でした。一応ヤマトにとっては不利デッキですが、雪花側の引き次第では雪単よりはなんとかできる相手...。
なんですが、相手の先手で中央AFに<==va2.0=10006@@SR桜>、左AFに<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>、右AFに<==va1.0=10018@@SRかなで>というヤマトにとって一番辛いパンチャーを3体展開されてしまいました。途中でお祈りで置いた<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>もキレイに<==august1.0=10003@@土岐のぞみ>で返されてしまう。
<==va2.0=10015@@!gp!on!200> <==va2.0=10006@@!gp!on!200> <==va1.0=10018@@!gp!on!200>
一応<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>が頑張ってくれたり、DF<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>に<==va2.0=10155@@ショッピング>を撃たせて打点ずらしてワンチャンス狙ったりは試みたんですが、終始打点をひっくり返せず順当に負けてしまいました。

三戦目 ヤマト タマーMAXさん 後攻
同じく遊々亭ブロガーであり、今年の竜王戦をヤマトで優勝され、全国でも最もヤマトの研究されているお方。
相手の先攻ですが<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>も<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>も無く、右AFに<==aquaplus1.0=10070@@アクルトゥルカ オシュトル(ハク)>でエンド。
こちらは<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>も<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>も<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>もあるという状態で、中央DFに<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>、中央AFに<==aquaplus1.0=10031@@ハク>、左DFに<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>と展開。
<==aquaplus1.0=10008@@!gp!on!200> <==aquaplus1.0=10071@@!gp!on!200> <==aquaplus1.0=10003@@!gp!on!200>
タマーさんの二手目が<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>だったらまだわからないと思ってたんですが、次に出てきたのが中央AFに<==aquaplus1.0=10001@@Pクオン>だけというとても弱い手札だったようです。
次のこちらのターンに<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>を追加し、<==aquaplus1.0=10070@@アクルトゥルカ オシュトル(ハク)>を<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>能力で除去してさすがに打点差がかなりついてしまい勝利。

完全にヤマトミラーでの手札の強さの差に助けられた試合でした。

四戦目 雪花 ももせ(緋色)さん 先攻
中央DF<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→中央AF<==aquaplus1.0=10031@@ハク>で相手が中央AF<==va2.0=10006@@SR桜>、右AF<==va1.0=10018@@SRかなで>、左AF<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>、左DF<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>とまた強力な返し。アカン...。
ただ2戦目のにゃぁぁさんの雪花と違ったのは、こちらが先攻で1ターンは<==aquaplus1.0=10031@@ハク>が生存する猶予があり、<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>着地からのリソース温存ルートが確保できたことでしょうか。<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>はヤマトにとっては残してはいけないパンチャーなので<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>も左DF追加しておく。
次のターンに<==aquaplus1.0=10031@@ハク>は相手の<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>能力でやはり消されてしまいますが、返しでこちらも<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>の能力で<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>を除去。

この後に<==va2.0=10015@@SRシルヴィア>がおかわりでくるとかなりきつかったと思うんですが、跡地に出てきたのが<==garupanlast1.0=10056@@R角谷杏>で、次のターンにこちらが<==aquaplus1.0=10031@@ハク>蘇生のために出した<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>が<==garupanlast1.0=10056@@杏>と相討ちしてくれる戦果を上げてくれました。
<==aquaplus1.0=10198@@!gp!on!200>
<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>が稼いでくれた分のハンドアドで使い終わった<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を<==aquaplus1.0=10031@@ハク>能力で<==aquaplus1.0=10005@@SRネコネ>に変換する余裕ができて、序盤負けていた分の打点も徐々に返すことに成功。
終盤は<==va2.0=10006@@SR桜>能力から<==va2.0=10151@@二位一体攻撃>で左AFの<==toaru1.0=10006@@SRサーシャ>を止めていた<==aquaplus1.0=10032@@ムネチカ>を除去され、<==toaru1.0=10006@@SRサーシャ>から能力から<==va1.0=10019@@月宮あゆ>。次のこちらが<==aquaplus1.0=10031@@ハク>攻撃から動いて通ったので、右DFに<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>で<==va1.0=10019@@あゆ>を止めながら<==aquaplus1.0=10011@@クオン>能力で2点バーンして、次に<==aquaplus1.0=10011@@クオン>がAFに上がれる状態を作る。
結局次のターンに<==va1.0=10019@@あゆ>能力で<==aquaplus1.0=10031@@ハク>は消されましたが、相手のDFも左に使い終わった<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>しか並んでおらず、除去デッキ相手に<==aquaplus1.0=10031@@ハク>無しでも勝てる理想的な状態が出来ました。

最終ターンが相手のデッキが8枚で、ハンドは0。最後は<==va1.0=10018@@SRかなで>の攻撃をチャンプした<==aquaplus1.0=10005@@SRネコネ>の跡地に出た<==aquaplus1.0=10032@@ムネチカ>がオーダーステップして3点、<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>から<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>を出してきて3点でちょうどで詰め切り。
なんとか勝てましたが、かなり苦戦した試合でした。

五戦目 5Cヤマト らじあん(らじお)さん 後攻
余談ですが、前日の東京フェスタでも一戦目かららじあんさんと当たっているという...。

相手の先攻で中央DF<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>、中央AF<==aquaplus1.0=10031@@ハク>でエンド。
こちらは初手に<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>が2枚、<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>がある後手だったのでサイド<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>+ダブルアクセルプラン(サイド<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>とダブルアクセルに関してはタマーMAXさんの記事の解説をご覧ください)で返すことを決意。
右DFに<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>、右AFに<==aquaplus1.0=10031@@ハク>、<==aquaplus1.0=10031@@ハク>能力で<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>を再登場させて<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>と<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>能力で2枚ドロー。なんとドローが<==aquaplus1.0=10088@@ウコン>と<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>。<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を左DFに即配置。

相手は左DFに<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>、<==aquaplus1.0=10031@@ハク>能力で<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>入れ替え<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>した後に右AFに<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>。
こちらのターン開始時に<==aquaplus1.0=10011@@クオン>を中央AFに動かし、ドローで<==aquaplus1.0=10069@@仮面を継ぐ者 オシュトル(ハク)>とさらに<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>を引く。
<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>で相手の<==aquaplus1.0=10031@@ハク>を除去して、中央の<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>の攻撃を相手スルー、<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>を<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>に中央AFで入れ替えて再配置で<==aquaplus1.0=10031@@ハク>の攻撃も通る。


ヤマトミラーは基本は後手が不利(ヤマトミラーに限った話ではないかもしれませんが)と自分は考えているのですが、
  • こちらにDMG4のパンチャーが2体並んでいるのに対し相手は<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>と<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>の計6点
  • 相手側は<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>が終盤まで場に展開できなかったのに対し、こちらは<==aquaplus1.0=10031@@ハク>が最終ターンまで残っており<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>の入れ替えや、能力の使い終わった<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>から釣ってきた<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>で再利用
と、ヤマトミラーでこちらが強いカードをたくさん引けたという結果で、終盤にはこちらのデッキが7~8枚ほどリードしていて、相手にだけ<==aquaplus1.0=10031@@ハク>が場に居ないという状態でした。


ということで、なんとか1敗ラインに残って入賞することができました!
今回は環境に多そうなデッキを自分でそれぞれ作って、一人回しやミラーの練習もできたのが良い結果に繋がったのかなと思います。(とある日単にはファイナルでは当たりませんでしたが...)

終わりに
サガプラ環境初期には<==va2.0=10006@@SR桜>をまず使ってみたくて雪花も組んだりしたのですが、とある日に全く勝てない...となったりで紆余曲折あって、気づいてみるとアクアプラス環境からGPファイナルまでは全てのフェスタ、GPで5Cヤマトを使用するという半年間ヤマトにお世話になるというリセ年でした。
ヤマト自体のデッキパワーは高いと思っていましたが、環境的には逆風だと思っていて正直あまり自信はありませんでした。入賞できて嬉しいです。

サガプラ環境なのですが、ファイナル前日の東京フェスタを雪単が優勝した以外は全てのGP、フェスタをとある日が優勝するという結果で幕を閉じました。
やはり<==toaru1.0=10152@@それぞれの道>という万能サーチカードがあり、<==toaru1.0=10023@@SRレッサー>や<==toaru1.0=10126@@フレンダ>といった超良コスパカードが攻めにも受けにも使えるという安定感がとある日を勝利に導いたのかなと思いますね。

今年はフェスタやGPでの優勝には届かなかったので、来年は優勝と...来年もGPファイナルに出れたらいいなぁ...って思いますね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。それではまた!

Lycee Overture 買取強化カード紹介!!(1/16更新)

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

始めよう、Lycee overture! まとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

ビジュアルアーツ 2.0 -サガプラネッツ Edition-カードレビューまとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE