ベルちゃん電影 | Z/X Blog | 遊々亭
Z/X-Zillions of enemy X- 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Z/X-Zillions of enemy X-に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Z/X担当アカウント@yuyutei_zx遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

ベルちゃん電影

posted

by 立花

タイトルトップ.jpg
ベルちゃん電影
 こんにちは、立花です。
夢幻<イデアドライブ>」が発売されました。
多くの新たな名称が追加されたブースターですが、その中でも今回は以前から登場していた電影のデッキ紹介をしようと思います。

デッキレシピ
デッキ名:ベルちゃん電影
=====deckstart===== @プレイヤー スタート-mtgcre http://yuyu-tei.jp/blogManager/mt.cgi?__mode=dashboard&blog_id=20 <==p26=10029@灰@>*1 <==b18=10052@青@>*1 <==e23=10009@青@>*1 @メインデッキ(IG)-blue <==e14=10082@青@>*4 <==b34=10025@青@>*4 <==b30=10035@青@>*4 <==b22=10049@青@>*4 <==b27=10027@青@>*4 @メインデッキ(非IG)-green <==b32=10027@青@>*4 <==b33=10015@青@>*4 <==b29=10029@青@>*3 <==b32=10029@青@>*4 <==b15=10061@青@>*3 <==p26=10030@青@>*4 <==e21=10013@青@>*4 <==b34=10029@青@>*2 @ZXEX- <==e14=10119@青@>*2 <==b24=10061@青@>*1 <==b26=10045@青@>*2 <==e13=10027@青@>*1 <==bg01=10012@青@>*1 <==b29=10039@青@>*2 <==e20=10107@青@>*2 <==e23=10099@青@>*1 =====deckend=====

デッキコンセプト
 今回は1コストでプレイを狙える<==p26=10030@青@ベルちゃん>を電影のコストにし、低コストでゼクスの展開を狙いながら相手のライフを削っていくことをコンセプトにしたデッキです。
<==p26=10030@青@!gp!on>
<==p26=10030@青@ベルちゃん>からゼクスを展開できる電影ゼクスが多数採用されており、これらのカードの能力を1コストで誘発させることが出来るのが非常に強力な点です。
<==b32=10029@青@!gp!on> <==e21=10013@青@!gp!on>
ここに加え、1コストで行動出来るカードも多く採用されておりこれらのカードを使って低コストで相手のライフを削って行くこともできます。
<==e14=10082@青@!gp!on> <==b15=10061@青@!gp!on>
これらのカードを使い、4ターン目に相手のライフを削り切ることを目標にしたデッキです。

ゲームプラン
 先攻、後攻によってデッキの動きが少し変わります。
基本的に手札の枚数を意識し、3ターン目終了時に手札の枚数が6枚あることを目標にします。
先攻時はこちらの手札が減らないカードをプレイし、手札を整えていきます。
<==b33=10015@青@!gp!on> <==b30=10035@青@!gp!on>
これらのカードが手札にない場合、逆にカードをプレイしないでターンを渡すことも多いです。 後攻時には<==p26=10030@青@ベルちゃん>からの電影で大型ゼクスの登場を狙い、相手のゼクスをバウンスしながら手札に<==p26=10030@青@ベルちゃん>を温存しながら盤面に大型ゼクスを登場させていきます。 後攻の場合でも手札の枚数を気をつけながら、電影で手札を補充できる<==b32=10027@青@ベラトリクス>の使用なども検討していきます。
<==b32=10027@青@!gp!on>
また、後攻の場合は手札の内容によっては2ターン目から相手のライフを削ることも視野に入れます。
この場合、<==p26=10030@青@ベルちゃん>から電影で<==b32=10029@青@アスル>を登場させることで多面展開を狙うことができ、<==b32=10029@青@アスル>から各種手札を増やすカード登場させることで手札の枚数も整えることができます。
<==b32=10029@青@!gp!on> <==b30=10035@青@!gp!on> <==b22=10049@青@!gp!on>
3ターン目以降は手札の枚数が6枚を超えているのであれば<==p26=10030@青@ベルちゃん>を起点にして電影から相手のライフを削ります。
逆に手札の枚数が心配であれば各種ウェイカーを使用し手札交換を行います。
<==e14=10119@青@!gp!on!200> <==b24=10061@青@!gp!on!200> <==b26=10045@青@!gp!on!200>
4ターン目は相手のライフを一気に削るターンです。
4ターン目からはディンギルや<==b15=10061@青@ギャザリング>が使用できるようになるため、自分のゼクスの再展開や自壊が行いやすく非常に攻撃回数が多くなるターンです。
これらの自壊、再展開を組み合わせ相手のライフを一気に削りましょう。
<==bg01=10012@青@!gp!on!200> <==b29=10039@青@!gp!on!200> <==b15=10061@青@!gp!on!200>
これまでのデッキと比べテクニカルな動きをしながら相手のライフを一気に削ることが出来るデッキです。

各カード解説
ベルちゃん
<==p26=10030@青@!gp!on!200>
 このデッキのキーカードとなるカードです。
手札の枚数によってプレイコストが下がるため、電影のコストとして使用するのに最適なカードです。
自身の登場時のバウンス能力も強力で、ビートダウンに必要な盤面除去もこのデッキの動きと噛み合っています。
また、電影は戻すゼクスのコストしか指定していないので<==b34=10029@青@サーディラ>や<==b32=10029@青@アスル>といった強力なゼクスを1〜2ターン目に登場させることも可能にするため非常に強力な一枚です。

ミラージュシャドウ ベラトリクス
<==b32=10027@青@!gp!on!200>
 このデッキの隠れた潤滑剤です。
序盤は積極的に電影能力でプレイしていきたいカードであり、<==b29=10029@青@Type.EX>や<==b33=10015@青@セギヌス>をコストにしながら使用することも多いカードです。
<==p26=10030@青@ベルちゃん>との相性はもちろん良く、こちらを攻撃してきたゼクスを<==p26=10030@青@ベルちゃん>でバウンスしながら<==b32=10027@青@ベラトリクス>を電影で登場、そのまま<==b18=10052@青@シータ>の能力で<==b32=10027@青@ベラトリクス>をコストにドローといった動きができます。

リッパーシャドウ アクイラ
<==b34=10025@青@!gp!on!200>
 今回追加された非常に強力なアイコンです。
注目すべきは電影能力発動時のバウンス能力で、この能力と<==p26=10030@青@ベルちゃん>のバウンス能力を合わせて相手の盤面を簡単に処理できるのが非常に強力です。
更に展開力を持った電影カードの使用時には<==b34=10025@青@アクイラ>の効果から処理し、空いた盤面に展開能力で登場させるゼクスを出すと言った動きも出来るのが強力です。

ベルファスト、壊蒐機械ギャザリング
<==e14=10082@青@!gp!on!200> <==b15=10061@青@!gp!on!200>
 このデッキの1コストでの打点です。
<==e14=10082@青@ベルファスト>はパワーも高くなる上、除去耐性が地味に強力であり相手のスタートカードや低コストの除去の影響を受けないのが相手にしていて地味に厄介な点です。
<==b15=10061@青@ギャザリング>は使用できるタイミングが後半になるため場のゼクスを破壊することが出来るため攻撃回数を伸ばすことができ、<==e14=10082@青@ベルファスト>や二枚目以降の<==b15=10061@青@ギャザリング>と組み合わせて相手のライフを更に削ることができます。
どちらのカードも相手のイデアドライブの影響を受けないため、他の早いデッキと比較しても非常に有力な要素となる部分です。

ライジングシャドウ サーディラ
<==b34=10029@青@!gp!on!200>
 今回追加された電影能力持ちのカードです。
非常に強力なパワーに加え、絶界を持つことが出来るため強力なシステムゼクスも突破しやすくなるカードです。
また、序盤に電影能力を使い登場させる場合でも高パワーを活かした場持ちで相手が処理できない状態を作り、序盤から相手へ圧力をかけることができます。

改良するなら
 今回はキラーマシーンをベースにしましたが、複合種族ということでバトルドレスをベースに構築することもできます。
その場合はゲームスピードが遅くなりますが展開力を活かした中速帯のデッキとなると思います。
<==b20=10049@青@!gp!on>
また、今回は<==p26=10030@青@ベルちゃん>を使用するためにプレイヤーを変更していますが同じ種族のプレイヤーカードを使用することも選択肢です。 その場合、各種プレイヤー指定の強力なカードを使用することができます。
<==b26=10037@青@!gp!on> <==bg01=10007@青@!gp!on>
これら自由度が非常に高いのがこのデッキの利点です。

最後に
 今回は電影のデッキでしたが、如何だったでしょうか。
青らしくテクニカルな動きが出来る使ってて楽しいデッキです。
次のエクストラで追加が確定しているテーマであるので、皆さんも一度触れてみてはどうでしょうか。

それでは、次の記事でお会いしましょう。


感想や意見、こんなデッキを見てみたい!!などは以下のフォームで送信をお願いします。

感想箱へのリンク

好きなカードで勝つためのデッキ作成講座 -まとめ-

by -遊々亭- Z/X担当

READ MORE

初心者向け記事 -まとめ-

by -遊々亭- Z/X担当

READ MORE

初心者向け記事【プレイング編】まとめ

by -遊々亭- Z/X担当

READ MORE

Z/X初心者~中級者のためのルール講座

by 缶烏

READ MORE

【フリッツの大会参加録】記事まとめ

by フリッツ

READ MORE

Z/X 超買取強化カード紹介!!(11/06)

by -遊々亭- Z/X担当

READ MORE