人気のあのカードについて教えて!part.4「宇宙軸デッキから考える環境の捉え方」 | WIXOSS|ウィクロス | トレカ通販・買取ならカードショップ -遊々亭-

人気のあのカードについて教えて!part.4「宇宙軸デッキから考える環境の捉え方」 | WIXOSS|ウィクロス

WIXOSS 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、WIXOSSに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@WIXOSS担当アカウント@yuyutei_wixoss遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

人気のあのカードについて教えて!part.4「宇宙軸デッキから考える環境の捉え方」

posted

by からばこ

タイトルトップ.jpg
「宇宙軸デッキから考える環境の捉え方」
ようこそ記事へ、からばこです。
「人気のあのカードについて教えて」の第4回を担当させていただきます。<==wxdi02=10005@灰@ゼノ・クラスタ><==wxdi02=10070@青@ZrO2><==wxdi02=10074@紫@ファラリス>につきましては、こちらで紹介していますので。合わせてどうぞ。

今日はこちらのピースになります。
10004.jpg
関連カードが続々登場し、人気はしゃかりきコロンブス。そんな「宇宙軸デッキ」について紹介します。
デッキケースの中に、愛するシグニを揃えて入れていきましょう。ごきげんいかが?

1:「宇宙軸デッキ」とは
<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>を軸にした、宇宙シグニのシナジーで戦うデッキです。
宇宙シグニの多くは、「レベル1」にちなんだ能力を持ちます。高水準な除去ができる<==wxdi01=10097@赤@カリーナ>や<==wxdi05=10068@赤@ドラコ>、堅牢な壁になる<==wxdi02=10064@橙@カシオペヤ>などが揃いますが、これらのシグニはデッキトップを外すと何も出来ないという弱点があります。これまでは<==wxdi01=10063@橙@サタン>でレベル1にしていましたが、盤面を圧迫したり、構築段階で青ルリグを採用しなければならないなど、色々と難しいのが現実でした。
ですが「CURIOSITY DIVA」で上記のピース<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>が登場。「デッキとトラッシュのレベル3以下の宇宙シグニのレベルを能力で参照する場合、それらを1として扱っても良い」という能力を、プレイヤーがゲームを通して得ることができます。宇宙シグニが安定して能力を発揮できるうえ、プレイヤー自身が得ることからほぼ無効にもされないのが嬉しいです。同パックで<==wxdi05=10068@赤@ドラコ><==wxdi05=10075@紫@イクリプス>などの強力なシグニが登場したこともあり、このピースの登場以降、「宇宙軸」は急激に注目されています。まさにパラダイスですね。

<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>に発動条件はなく、メインデッキの多くを宇宙で固めれば、とりあえずデッキは成り立ちます。
問題はルリグとアシストルリグ。ピースを1枠使う上、特にレベル2以上では宇宙以外のシグニを採用しづらい関係上、どのような構成にするかは非常に重要です。宇宙シグニは全色登場していますが、白・赤・黒が大きな割合を占めているので、その3色を軸に組むことになるでしょう。

2:主要シグニ
ルリグの前に、まずは宇宙の主要シグニを紹介していきます。
各能力の解説は特別な記載がない限り、<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>適用下を前提としています。
「デッキトップ外したら意味ないじゃん」などのツッコミはやめてね。
ドラコ
<==wxdi05=10068@赤@!gp!on!200>
レベル3のメインアタッカー。アタックフェイズ開始時にデッキトップを5枚公開し、「6−公開されたレベル1の枚数」の分だけエナを支払えば、12000以下のシグニを焼けます。全部レベル1なら無色1エナと非常にコスパがよく、12000以下はライズ勢を除くほとんどのシグニが対象の、ディーセレ最高峰の除去性能です。
赤ルリグを採用する場合なら確実に採用されるシグニになるでしょう。<==wxdi05=10071@青@H2O><==wdi06=10020@紫@アンナ・ミラージュ>などの13000ラインは苦手。

イクリプス
<==wxdi05=10075@橙@!gp!on!200>
こちらも強力なアタッカー。出現時にデッキトップから3枚落とし、全て1であれば無色1でマイナス10000ができます。値は<==wxdi05=10068@赤@ドラコ>より低いですが、除去のタイミングや条件の違いから、異なる役割を持たせられます。
自動能力が結構重要。自身がデッキからトラッシュに送られた時、ガードを持たないレベル1のシグニを何でも回収できるため、自身や<==wxdi06=10031@紫@狂騒ウリス>のデッキデスを起点に手札を整えることが出来ます。連動スペル<==wxdi05=10161@紫@ムーン・バイツ>を使えばマイナスの値が上がりますし、<==wxdi05=10161@紫@ムーン・バイツ>もレベル1シグニとして扱えるため、セットで採用したいですね。黒センターであれば<==wxdi05=10068@赤@ドラコ>以上の仕事をしそうです。

カシオペヤ
<==wxdi02=10064@橙@!gp!on!200>
こちらは白シグニ。アタック時の能力でパワーが15000になり、シグニシャドウを得ます。返しの相手のターンまで堅牢な壁となって立ち塞がり、次の自分のメインフェイズには除去もできるなど、タイムラグこそありますが攻撃にも役立ちます。
アタックした時に15000になるので、ダウンした<==wxdi06=10068@橙@リメンバ//メモリア>や<==wxdi05=10071@青@H2O>などを踏めるのが嬉しいところ。<==wxdi05=10068@赤@ドラゴ><==wxdi05=10075@紫@イクリプス>らで除去できないラインは、<==wxdi02=10064@橙@カシオペヤ>で倒してしまいましょう。

カリーナ
<==wxdi01=10097@赤@!gp!on!200>
ここからは下級シグニ。アタッカーとしてまず上がるのが<==wxdi01=10097@赤@カリーナ>でしょう。
アタック時に8000焼きは2ハンデスした<==wxdi02=10070@青@ZrO2>に相当。これをレベル2から飛ばせるので、<==wdi07=10019@紫@バフォメット><==wxdi05=10077@橙@トキユキ>といった7000〜8000を処理できるのが最大の強みです。アタック時の除去なのでメインフェイズにエナを与えず、アシストルリグを貫通しやすいのも嬉しいところ。<==wdi03=10016@赤@ランスロット><==wxdi00=10091@赤@ヘラ>のほぼ上位互換と言っていいので、赤を入れるならぜひ4枚採用したいところです。

アルファルド
<==wxdi01=10075@橙@!gp!on>
アタック時に1ドロー。レベル1なら何でもいいので、<==wxdi00=10163@灰@サーバント#>も加えられるのが強みです。<==wxdi01=10069@橙@ハニエル>と異なりエナ消費がないのが魅力。ただパワーが1000と非常に低く、<==wxdi01=10141@紫@フラガラッハ><==wdi03=10015@赤@ローメイル>などにも焼かれるのがネックですね。
青を採用せず、手札を確保する手段がなければお声がかかるかも。似た役割のシグニとしては<==wxdi06=10094@橙@サシェ//メモリア>もいるので、序盤の事故はあまり起きなさそうです。

宇宙シグニは他にも、序盤の壁に<==wxdi03=10079@橙@タイポ>や<==wxdi04=10076@橙@レプス>、ライフバースト枠に<==wxdi05=10085@橙@リンクス><==wxdi05=10149@紫@タイマーボム><==wxdi03=10099@赤@グロバエア>などが採用できます。ライフバースト枠のバニラシグニも一通り揃っているため、シグニ不足に悩むことは少なそうです。
またレベル1であれば、宇宙以外のシグニを採用することもできます。メインデッキの色にもよりますが<==wxdi01=10069@橙@ハニエル><==wxdi01=10071@橙@チョウウン><==wdi03=10015@赤@ローメイル><==wdi07=10019@紫@バフォメット>など色々揃っているので、デッキのバランスを見ながら入れていくといいでしょう。スペルも入れてもいいですが、<==wxdi05=10161@紫@ムーン・バイツ>以外は宇宙シグニの能力を阻害するので要注意。
要するに「強い宇宙シグニをたくさん入れて、空いた枠に便利なレベル1と<==wxdi00=10163@灰@サーバント#>を入れる」というわけですね。メインデッキを作るのは、さほど難しくないかもしれません。


宇宙シグニの特徴をまとめますと
・<==wxdi05=10068@赤@ドラコ><==wxdi01=10097@赤@カリーナ>など、質の良い除去が多く揃っている
・<==wxdi02=10064@橙@カシオペヤ>で耐久もできる。序盤も固い白シグニを採用できる。
・<==wxdi05=10075@紫@イクリプス>を入れれば安定感が上がる。

といったところでしょう。
他にも<==wxdi01=10058@橙@リーブラー><==wxdi04=10069@青@オリオン>もいますので、リソースを絞る戦い方もできたりします。

要するに宇宙のシグニたちは、「面を空けてアタック」というディーヴァセレクションの基本に忠実な動きを、他シグニより上質にできるという特徴を持っています。そういう意味では使いやすく、コンスタントに3面要求を保てる、いいデッキが構築できるでしょう。
ただ「基本に忠実すぎる」という点が、かえって足を引っ張るのもまた事実。<==wxdi04=10064@橙@エクシア><==wxdi05=10069@赤@ダイヤブライド>に引っかかったり、バニッシュ耐性や高パワーに苦労したりと、基本を抑えているがゆえの苦労からはどうしても逃れられないんですね。優等生すぎる、というのでしょうか。
普通のデッキであればそこを複数のピースで補うのですが、宇宙デッキは<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>が必須なので枠が足りず、何ともならない場面は出てきます。そのあたりをどうルリグやアシストで補っていくかが重要になってくるでしょう。

3:相性の良いルリグたち
主要シグニが赤・白・黒に固まっているため、この3色でルリグを構成することになると思います。
というわけで相性がよさそうなセンタールリグをずらり。

・新LION
<==wxdi04=10010@橙@!gp!on>
アタック時にデッキトップを見て、レベル1ならドロー。ガードを持つシグニなら1点ダメージです。うちゅうデッキなら確実にドローができるため、青なしでも減りやすい手札を補えます。ゲーム1で1度だけ除去ができるので、要所で使える保険としても嬉しいところ。

・ユヅキ
<==wxdi06=10025@赤@!gp!on>
エナ破壊に特化しており、<==wxdi01=10058@橙@リーブラー>を採用する場合に相性が良いルリグ。先に<==wxdi01=10058@橙@リーブラー>の起動能力を使っておき、その後<==wxdi05=10068@赤@ドラコ><==wxdi05=10075@紫@イクリプス>などで除去していけば、エナを与えずに盤面を空けることができます。エナを破壊するという意味では<==wxdi06=10016@赤@新LOVIT>も悪くないかも。

・ウリス
<==wxdi06=10031@紫@!gp!on>
ルリグ能力でデッキをトラッシュに落とせるため、<==wxdi05=10075@紫@イクリプス>の回収につなげたり、<==wxdi03=10157@紫@テレスコピウム>の条件を満たせるなど、何かとシナジーが多いルリグ。自身が打点につながる能力を持たない点を、宇宙シグニたちの火力でうまくフォローしたいですね。
レベル1統一はできなくなりますが、<==wdi05=10016@橙@プルソン>を入れれば苦手な<==wxdi04=10064@橙@エクシア>に対抗しやすくなるのが嬉しいところ。要所でデッキトップから出てくるのはウィクロスあるあるです。

・デウス
<==wxdi04=10023@紫@!gp!on>
<==wxdi05=10071@青@H2O>を軸にした通称「原子デウス」(ハイドロデウスとか水デウスという名称もあるらしい)で絶賛大暴れ中のこのルリグ。宇宙軸でも<==wxdi02=10064@橙@カシオペヤ>にソウルを付与すれば、強固な壁かつ強力なアタッカーに早変わり。「強い能力を持っているが点を取れないシグニにソウルを付与してアタッカーにする」という原子デウスのコンセプトを、そのまま宇宙に転用したパターンです。
エクシード3での立て直しも有効ですが、宇宙軸は<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>でピースが1枠固定されますし、そもそも<==wxdi05=10075@紫@イクリプス>などがトラッシュ回収に長けているため出番はあまりなさそうです。使うとすれば<==wxdi05=10003@灰@MGD><==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>の構成でしょうか。そもそもデウスで宇宙をやる必要があるかはさておいて......。



メインデッキ+<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>でデッキが完成しているので、ルリグやピースをどう選んでいくかがポイントになります。
通常のパワーラインのシグニであれば<==wxdi05=10068@赤@ドラコ>などで十分対抗できるので、あまり考慮しなくていいと思います。下級についても火力面は<==wxdi01=10097@赤@カリーナ>、耐久面は<==wxdi03=10079@橙@タイポ>などがいるので、通常のデッキよりは攻撃力・防御力ともに、高めに想定していいでしょう。課題は、苦手な<==wxdi04=10064@橙@エクシア>や高パワーシグニになどの仮想敵にどう対抗するかになるのではないでしょうか。

無理矢理踏み越えていくのもいいですが、<==wxdi06=10001@赤@一覇一絡><==wxdi06=10003@青@ピーピング・フューチャー>などの飛び道具で詰めたり、<==wxdi02=10064@橙@カシオペヤ>で踏みに行ったり、ウリスなどの硬いルリグを選ぶなどして、長期戦を視野に入れるなどの対策が考えられます。<==wxdi05=10017@紫@新ムジカ>+<==wxdi01=10037@橙@ノヴァ・スーパーノヴァ>で一気に吹き飛ばす、なんて荒業もできないこともありません。エナコストはさておいて。
最近は<==wxdi05=10071@青@H2O>の流行により、他のデッキも<==wdi06=10020@紫@アンナ・ミラージュ>などのパワー13000シグニの採用が目立ちつつあり、<==wxdi05=10068@赤@ドラコ>一辺倒だと貫けない場面も増えてくるでしょう。宇宙軸はピース1枚を使ってメインデッキを底上げしているため、その底上げで対処できない相手にはめっぽう弱くなりがちです。アシストルリグやピースなどで、うまくフォローしてあげたいですね。

4:環境を意識したデッキ構築
セレモニーなどの大型大会に注目すると、現在の流行の中心は原子デウスです。
ハンデス性能や復帰能力の高さと、パワー13000という堅牢さ、「ソウル」による火力、<==wxdi02=10005@灰@ゼノ・クラスタ><==wxdi05=10003@灰@MGD>両立などスキのないデッキとなっており、関東を中心に多くの入賞が見られています。環境はこのデッキを中心に回っていくでしょう。

1つのデッキが流行すると、「そのデッキが増える」か「対抗できるデッキが生まれる」の2つの現象が発生します。
前者は置いておいて、後者として起こりうることとしては、<==wxdi01=10029@緑@VJ.WOLF-STREAM>が大真面目に採用されたり、12000以上を自然に焼ける<==wxdi01=10066@緑@オサギツネ>が再流行したりなど、でしょうか。原子デウスばかりに注目したデッキたちを、エクスやジョッキー勢が刈り取っていく、ということも考えられるでしょう。もしくはそれらの対策を意に介さず原子デウスが暴れ続ける、という結末でしょうか。
何にせよ大型大会を意識するのであれば、原子デウスはしっかり対策する必要があります。今回の宇宙軸デッキの解説で「13000シグニの対策がないと何もできなくなるから、飛び道具は欲しいよね」と書いたのも、そういう意識があってこそです。具体的なレシピないけど......。


カードゲームの入賞実績は数字や結果として、確固たる事実として存在します。デウスの流行はWIXOSSBOX以上に、ウィクロス公式から「トップディーヴァはデウス!」と、大々的に発表されています。セレモニーでの勝利を視野に入れてデッキを作る際は、この事実と向き合って、対策や構築を考えていきたいですね。
もちろんディーセレだけでなく、オールスターやキーセレについても同じことが言えます。統計や実績を過信しても良くないのですが、目を背けたくはないところ。「勝てねえ!」とさじを投げるのは簡単でも、負けるのは悔しいじゃないですか。

というわけで宇宙軸にも<==wxdi01=10029@緑@VJ.WOLF-STREAM>入れてみたいから、強い緑宇宙、お願いします。
(宇宙が強くなるとオールスターのサシェやカーニバルも強くなるから、ぜひぜひ)

5:おわりに
というわけで<==wxdi05=10004@灰@パラダイスうちゅう>から見た、宇宙軸デッキの紹介でした。
セレクターやロストレージ勢の登場で、チームに縛られない能力を持つルリグが増えることから、「種族単デッキ」が熱くなり始めています。悪魔軸の<==wxdi04=10006@青@DEVIL'S CARNIVAL>や武勇軸の<==wxdi03=10003@灰@頂点布武>なども強くなっていくかもしれませんね。色々楽しみです。


ではまた次回の更新で。
そろそろ冬ごもり......。冬はね......、苦手なんですよ......。
寒いし暗いしメンタルはこじれるし......。引きこもりますか......。

ウィクロスの世界にレッツゴー!(まとめ)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

人気のあのカードについて教えて!シリーズまとめ

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

買取強化カード掲載中!(キーセレクション/オールスター)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE