【デッキ紹介】デウス:ビースト【前編】 | WIXOSS|ウィクロス | トレカ通販・買取ならカードショップ -遊々亭-

【デッキ紹介】デウス:ビースト【前編】 | WIXOSS|ウィクロス

WIXOSS 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、WIXOSSに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@WIXOSS担当アカウント@yuyutei_wixoss遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【デッキ紹介】デウス:ビースト【前編】

posted

by しみずき

タイトルトップ.jpg
【デッキ紹介】デウス:ビースト
1.はじめに
お久しぶりです。しみずきです。
WELCOME BACK DIVA〜selector〜》リリースされましたね。
推しである《花代》のセンタールリグが採用されると勘違いしていた為、肩透かしを食らったという情弱エピソードがあります。

今回はディーヴァグランプリ参戦に際して使い始め、今やお気に入りのセンタールリグとなっている《デウス》デッキの最新版を紹介します。
<==wxdi04=10023@紫@!gp!on>
2.デウスへの見解
本ブログで、ディーヴァセレクションの本格的なデッキ解説は今回が初になります。
ですので、まずは《デウス》に対する僕の見解から紹介します。

突然ですが《デウス》のセンタールリグ、<==wxdi04=10023@紫@デウス・スリー>ってメッチャ強くないですか?
個人的にはディーセレ界で最強のルリグだと思っています。

その理由を僕なりに紐解いた結果、「ディーセレにおいて最もシグニを活かせるルリグ」だからという解釈に至りました。
これに関して<==wxdi04=10023@紫@デウス・スリー>の有する能力について順に解説します。

1.ソウルによる除去の付与
ディーセレというフォーマットのシグニ群は、徹底的に多様性を抑えられている印象を受けます。
具体的には"アドも取って除去もできる"、"耐性もってて除去もできる"といった万能なシグニは一部を除いて存在しません。いたとしてもエナ効率が悪い場合が殆どです。

その点、このデウスは全てのシグニに除去能力を付与することができます。
その為、本来であればデッキのある程度の枠をアタッカー用のシグニに割かれるところを、好きに弄ることができます。
そのおかげで多種多様のシグニが採用候補に挙がり、デッキの構築の自由度が非常に高くなっています。

この点は《デウス》のデッキタイプが純粋《DXM》で組まれたものだけでなく、原子のシグニを採用しハンデスに寄せた《原子デウス》や、<==wxdi04=10064@橙@聖天姫 エクシア>や<==wxdi04=10086@橙@コードメイズ アントネスト>で盤面強度を増した《白デウス》などいろいろな構築の《デウス》が活躍していることからも伺えますね。

また、除去のタイミングを選ばない点も非常に優秀です。
グロウ時要求持ちルリグ(<==wxdi06=10025@赤@遊月>や<==wxdi00=10023@青@ウムル>など)を引き合いに出してみましょう。
先攻時は対戦相手のパワーラインも低い為、このターンは手持ちのシグニだけで軽く除去ができたなぁ......という試合はそこそこ発生すると思います。
そのモニョリ感が無いのも、タイミングフリーのソウルによる除去の強みです。
他にもトップデックで引いた札に応じて、必要なソウルを選択できるので無駄がありません。

2.ゲーム1による任意のシグニ3枚回収
ピース1枚をコストにする代わりに、ゲームに与える恩恵は非常に大きいです。
ざっと書き出すとこんな感じ。
  • ゲームの再現性向上
  • ハンデス耐性
  • 複数枚のシグニを要求されるコンボの成立
  • 少数採用のシグニのピンポイントでの運用
順に解説すると、3枚回収を行うことで、1ターン分は狙った盤面を作ることができます。
中でも相手の盤面強度も上がり、要求が難しくなる3ターン目以降の盤面に対する最適盤面を組みやすくなります。
この点は、総ゲームターン数が少なく、各ターンの出来栄えが勝敗に直結するディーセレクションにおいては非常に優秀です。

次にハンデス耐性は言わずもがなです。
選択肢を奪うことで此方のダメージレースを遅らせる目論見をご破算にできます。

そして僕がメチャクチャ評価しているのが残りの2点です。

僕自身のカードゲームの嗜好として、"ピンポイントのメタカード"や"条件は難しいけど必殺のコンボ"みたいな相手の意表を突く行為が大好きです。
本来であれば再現性の面で諦めたりするのですが、埒外の回収効果をもつ《デウス》なら話は別。
環境に刺さってるメタカードやコンボをデッキのバランスを大きく損なう事無く搭載できてしまいます。

このようにシグニ本来の良さを徹底的に活かす姿はディーセレ界の司 英二(食劇のソ○マ)と言っても過言ではありません。
第1席なのも納得ですね。

唯一の欠点は環境最強防御の<==wdi07=10010@紫@デウスシールド>が使えない位です。
3.環境考察
次にデッキを考える上で意識した点をまとめてみました。大きく分けて3つになります。
長きに渡ってディーセレを遊んでいる皆様には当たり前の内容ばかりですが、しばしお付き合いください。
1.流行りのデッキ
WELCOME BACK DIVA〜selector〜》発売後の環境は以下のデッキが台頭している印象です。
僕が知らないだけで他にもありかもしれませんがご容赦下さい。

◎耐久デッキ
<==wdi08=10004@橙@奏月の巫女 タマヨリヒメ>の盤面強度マシマシルリパンデッキ
◎ハンデスデッキ
《原子デウス》、<==wxdi06=10028@青@コード・ピルルク・xi>
◎速攻・ビートデッキ
《純エクス》、《純デウス》
これ等のデッキと対等以上に渡り合える様なデッキにしたいところです。

2.パワーライン
ディーヴァセレクションにおいてデッキに搭載できる防御面数は基本的に"4"前後です。
これは、どのルリグをセンターにおいても無理なく準備できる数字でもあります。
その為、デッキとしての防御性能の差別化のカギはシグニが握っています。

シグニの持つテキストの中で最もシンプルにゲームに影響するのがパワーラインです。
僕が現環境で重要になってくると考えているパワーラインは以下の3つ。

◎5000超え
ディーセレ除去界の2大巨頭<==wdi03=10016@赤@紅将 ランスロット><==wxdi00=10091@赤@紅魔 ヘラ>の除去ラインです。
その為、このパワーラインを超える事により、赤入りデッキの序盤の攻めを抑えられる可能性が出てきます。

また、ほぼ全ての点要求可能なレベル2シグニはパワー5000以下に設定されています。
<==wxdi05=10151@紫@凶将 カエサル><==wxdi01=10097@赤@羅星 カリーナ><==wxdi05=10157@紫@羅原 BP>など。
その為、"レベル2シグニで点要求する"="レベル2シグニに点要求される"というジレンマが発生します。
この辺は開発の絶妙なバランス調整が伺えますね。

◎8000超え
《NoLimit》以外が使用する<==wdi03=10024@赤@轟音の炎球>のバニッシュラインです。
このラインを超えることで、基本的にレベル2以下の攻防においてメインデッキでの除去を受けなくなります。

<==wxdi04=10149@紫@小装 イペタム><==wxdi04=10098@赤@幻竜 クエレペ>などのレベル1除去持ちLBがバニッシュできるラインです。
環境で見かける《エクス》での採用率の高い<==wdi07=10018@赤@コードライド カモツ>もこのラインです。
このパワーラインを超えることで、これ等のLBが発動した際に被害を受けにくくなります。

◎12000超え
  • レベル3シグニのパワーライン
  • <==wxdi01=10139@紫@凶魔 バアル><==wxdi03=10149@紫@凶天 サブナック>などのコストを支払う系の除去持ちLB
  • 最優秀アシストルリグと名高い<==wdi07=10014@紫@マキナスマッシュ>の除去ライン
  • <==wxdi04=10023@紫@デウス・スリー>のレベル2ソウルによる除去ライン
など他にもありそうですが、ゲームへの影響度が高いのはこのあたりでしょうか。

このラインを超える恩恵の具体例としては以下の通り。
  • <==wxdi01=10060@赤@紅将姫 ノブナガ>が対面頻度の高い<==wdi07=10014@紫@マキナスマッシュ>の上から2打点を叩き込める
  • 《原子デウス》の切り札<==wxdi05=10071@青@羅原姫 H2O>が場持ちの良さを活かして活躍している
ここは意識されることが多いパワーラインだと思います。

攻撃的/防御的なデッキを考えるにしても、この辺のラインを意識する/しないでは、ゲームを通してのダメージレースで1〜2点位の差がついてくると思います。

3.疑似防御シグニ
防御面数が少ないこのフォーマットにおいて、シグニが1点分でも防御に貢献してくればお祭り騒ぎです。
その為、盤面強度重視のデッキでは防御に貢献してくれるシグニを多面展開することで無理やり機能させてくる訳です。
それこそルリグ自身がダメージソースとなれる<==wdi08=10004@橙@奏月の巫女 タマヨリヒメ>は、シグニによる要求を捨ててでも、盤面をガチガチにしてきます。
相手の要求を遅らせて足を引っ張ることで、自分のキルターンまで引きずり込んでいる訳です。

ちょっと脱線しましたが、疑似防御になり得るシグニの代表例は以下の4系統。
これも簡単に特徴をおさらいしましょう。

◎除去耐性持ち ex.羅原姫 H2O / 羅植姫 ラベンダー / 凶天姫 ヴァルキリー
<==wxdi05=10071@青@!gp!on> <==wxdi06=10084@橙@!gp!on> <==wxdi02=10073@紫@!gp!on>
  • 基本的に相手のメインフェイズの除去には強い
  • 相手ターン中のみ/パワーマイナスで貫通など、穴がそれぞれ存在
  • だいたい《アサシン》で貫通
◎シャドウ ex.聖天姫 アークゲイン
<==wxdi01=10057@橙@!gp!on>
  • 基本的に相手のターンのみ
  • 防御アシストやLBによる除去に弱い。
  • やっぱり《アサシン》で貫通
◎聖天姫 エクシア
<==wxdi04=10064@橙@!gp!on>
  • 環境最強オンリーワン置き防御
  • 防御アシストやLBによる除去に弱いが生き残れば非常に厄介
  • 除去に反応して確実に1面防御になれる。
  • しかし《アサシン》で貫通
◎放置すると防御に ex.聖魔 サキュ コードメイズ アントネスト 幻水姫 シィラ
  • 普通にメインフェイズ除去に弱い
  • <==wxdi04=10064@橙@エクシア>と組み合わせることで真価を発揮
  • 《アサシン》に強い


この中で注目したいのが、<==wxdi04=10064@橙@聖天姫 エクシア>と放置すると防御系シグニの組み合わせです。
<==wxdi04=10064@橙@エクシア>の弱点となる《アサシン》を<==wxdi06=10100@橙@聖魔 サキュ>等がカバーしてくれます。
この為、相手の防御アシストやLBによって盤面が除去されない限りには確実に1面分の防御として機能します。
また、現在は"除去できる1面防御"+"除去できない多面防御"というアシスト構成が流行しています。
ですので、上記の盤面を2ターン以上キープできれば、それ以降は継続的に防御面数を稼いでくれます。

ディーセレクションにおける点数要求は決して安くないですし、これらの要求を超えた上に相手の防御アシストが構えています。
またこの手のデッキは<==wxdi06=10007@橙@イノセント・ワンピース>によって防御手段をかさ増ししていることもあり、舐めて掛かるとガッツリ時間を稼がれてしまいます。

この点もデッキ構築をする上で意識したい点ですね。

後半に続きます。

ウィクロスの世界にレッツゴー!(まとめ)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

人気のあのカードについて教えて!シリーズまとめ

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

買取強化カード掲載中!(キーセレクション/オールスター)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE