【ディーヴァ】ひたすらに攻撃あるのみ!サイサイ採用カードジョッキー | WIXOSS|ウィクロス | トレカ通販・買取ならカードショップ -遊々亭-

【ディーヴァ】ひたすらに攻撃あるのみ!サイサイ採用カードジョッキー | WIXOSS|ウィクロス

WIXOSS 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、WIXOSSに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@WIXOSS担当アカウント@yuyutei_wixoss遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【ディーヴァ】ひたすらに攻撃あるのみ!サイサイ採用カードジョッキー

posted

by からばこ

タイトルトップ.jpg
【ディーヴァ】ひたすらに攻撃あるのみ!サイサイ採用カードジョッキー
こんにちは、からばこです。今回はカードジョッキーのデッキをご紹介します。
アニメでも絶賛活躍中のこのチーム。アニメでは「波状攻撃が得意なチーム」とありますが、カードでは「強烈なルリグアタック」が印象強いデッキです。<==wdi04=10014@橙@ENDLESS-PUNCHLINE>や<==wdi04=10005@橙@LION-3rdverse>の起動効果が代表的ですね。
今回はルリグアタックの強さは残しつつ、そんな「波状攻撃」にスポットを当てたデッキを作ってみました。メインデッキでもルリグデッキでも、次から次へと攻め続ける構築を目指しています。防御はあまり考えず、火力全開で行きましょう!

デッキレシピ
=====deckstart===== @センタールリグ-mtgland <==wdi04=10001@橙@>*1 <==wdi04=10003@橙@>*1 <==wdi04=10004@橙@>*1 <==wdi04=10005@橙@>*1 @アシストルリグ/ピース-mtgcre <==wdi04=10010@緑@>*1 <==wxdi01=10027@緑@>*1 <==wdi04=10013@緑@>*1 <==wdi04=10006@赤@>*1 <==wxdi01=10021@赤@>*1 <==wdi04=10009@赤@>*1 <==wdi04=10014@橙@>*1 <==wxdi01=10002@赤@>*1 @LB-mtgoth <==wdi03=10018@赤@>*2 <==wdi04=10024@橙@>*4 <==wxdi01=10057@橙@>*4 <==wxdi01=10069@橙@>*4 <==wxdi01=10091@赤@>*2 <==wxdi01=10177@灰@>*4 @非LB-mtgside-blue <==wdi03=10016@赤@>*4 <==wxdi00=10129@緑@>*3 <==wxdi01=10059@橙@>*4 <==wxdi01=10066@緑@>*2 <==wxdi01=10071@橙@>*4 <==wxdi01=10131@緑@>*3 =====deckend=====

どんなデッキ?
というわけで、<==wxdi01=10002@赤@SILENT ASSASIN>(以下:サイサイ)を採用したカードジョッキーです。メジャーな構築ですと、攻撃は<==wdi04=10009@赤@レベル2LOVIT>、<==wdi04=10014@橙@ENDLESS-PUNCHLINE>(以下:パンチライン)、<==wdi04=10005@橙@レベル3LION>起動効果の3段階によって行われますが、そこに<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>を加えた構築です。それとの違いを紹介していきます。
前述の通り、防御力は皆無です。もともとジョッキー、というよりアシストのWOLFとLOVITは、他チームのアシストルリグに比べ、防御性能があまり高くない印象です。防御を増やしたり、チームを解体するなど色々と考えていましたが、「もう全力で攻撃すればいいか!」と、<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>の採用に至りました。防御はライフバーストで行います。
また、<==wdi03=10024@赤@轟音の炎球>の採用を見送りました。<==wxdi01=10071@橙@チョウウン>などを除去できるという点は非常に優秀ですが、それ以上に、序盤に引いて場面に出せないシーンが目立ったためです。その分<==wdi04=10014@橙@パンチライン>のヒット率が下がりますが、気合いで当ててください。
防御をライフバーストで行ったり、<==wdi04=10014@橙@パンチライン>は運任せだったりと、不安定さが目立ちます。その分、最大値が出た時の爽快感はたまりません。そういうデッキが好きな方にはおすすめです。

主要カード紹介
SILENT ASSASIN
20210217 wx1.jpg
今回の主役。4エナで2面要求になります。正面にパワー12000以上のシグニがいる場合にアサシンを持つので、基本的にはレベル3以降の発動を想定しています。「ジョッキーは<==wdi04=10009@赤@レベル2LOVIT>、<==wdi04=10014@橙@パンチライン>、<==wdi04=10005@橙@レベル3LION>の3段階の要求」とありますが、<==wdi04=10014@橙@パンチライン>か<==wdi04=10005@橙@レベル3LION>に<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>を加えて使う、という運用ですね。4エナと重いですが、エナ不足は<==wxdi01=10131@緑@ムスザク><==wxdi00=10129@緑@ノコギリハギ>でフォローしています。
デッキそのものの継戦能力が非常に低いので、<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>単体で要求する機会はほぼありません。どちらかといえば、ルリグでの要求を増強するためのピースになります。

オサギツネ
<==wxdi01=10066@@!gp!on!200>
<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>をフォローするカード。主に出現時能力で、相手シグニのパワーを12000以上にします。
<==wxdi01=10057@橙@アークゲイン>の出番が多い昨今、相手の場にパワー12000以上のシグニがいないことはあまりないとは思いますが、好きなタイミングで<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>を使うための保険です。もしくは、赤や黒のライフバーストをケアするために、自分の他のシグニのパワーを上げるという使い方もあります。自動能力も<==wxdi00=10129@緑@ノコギリハギ>で発動できるので、いざという時はアタッカーとしての出番も。
1枚採用だとライフクロスに埋まった際に回収が難しいので、2枚の採用になっています。<==wdi03=10018@赤@カグツチ>でも拾えますが、<==wxdi01=10059@橙@Pロマピ>に使いたいですからね。

Pロマピ
<==wxdi01=10059@@!gp!on!200>
ジョッキーのエース。主にガード制約目当てで使います。<==wdi04=10014@橙@パンチライン>や<==wdi04=10005@橙@レベル3LION>での要求の際は、最低1面、基本2面並べておきたいところです。<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>を使えば、<==wxdi01=10059@橙@ロマピ>もアタッカーとして使えるのがいいですよね。エナコストを支払う際は、トラッシュにどんどん落として<==wdi03=10018@赤@カグツチ>で回収しましょう。ガード不可とはいわずとも、ガード制約は正義。

大まかな戦い方
ゲーム開始時の手札交換では、とにかくレベル1と<==wdi03=10016@赤@ランスロット>を確保します。状況によっては<==wdi04=10024@橙@グッド・ディグ>も抱えたいところ。
序盤は攻められるタイミングで、順番に除去カードを使っていきます。具体的には<==wdi03=10016@赤@ランスロット>と<==wdi04=10008@赤@LOVIT-SCRATCH>です。<==wdi04=10008@赤@LOVIT>は<==wxdi01=10071@橙@チョウウン>などのシャドウ持ちシグニに、その他には<==wdi03=10016@赤@ランスロット>を使いましょう。<==wxdi01=10027@緑@WOLF>でのエナチャージも忘れずに。
中盤以降はエナとの相談になりますが、<==wdi04=10009@赤@レベル2LOVIT>から切っていくことが多いです。どこかで防御を合わせられて何かしらは無駄打ちになりますが、あまり気にしないで下さい。「防御を使わせた」と思えば大丈夫です。
で、後は<==wxdi01=10002@赤@サイサイ>なり、<==wdi04=10014@橙@パンチライン>なり、<==wdi04=10005@橙@レベル3LION>を使ってFINです。難しいことは考えず、ひたすら攻め!攻め!でおしまいです。

デッキ改造のポイント
<==wxdi01=10002@赤@サイサイ><==wxdi00=10129@緑@ノコギリハギ>や<==wxdi01=10066@緑@オサギツネ>などのパーツを抜いて、<==wdi03=10024@赤@炎球>やバニラシグニを入れれば、普通のジョッキーになります。その際のピースは<==wxdi00=10005@灰@祝福の鍵の音>や<==wxdi01=10008@灰@きゅるりきゅるりら>などのリソース確保系や、<==wxdi01=10007@灰@TAP DOWN TAP>などの防御系がおすすめです。次弾だと「ゼノ・クラスタ」などもよさそうですね。
ジョッキーに限らず、明確な詰め手段を持ったデッキは、「極端に攻撃に寄せる」か、「防御力を上げ、詰めのためのターンを作り出す」のどちらかに寄せたほうがいいと考えています。前者は「やられる前に吹き飛ばす」で、後者は「耐え抜いて確実に止めを刺す」というイメージです。
また、レベル2のWOLFを<==wdi04=10013@緑@SYNC>から<==wxdi01=10029@緑@STREAM>にして、<==wxdi01=10066@緑@オサギツネ>でパワーを上げて自ターン中に除去する、なんてこともできます。防御0はスカスカにも程があったので今回は見送りましたが、防御性能の高いアシストルリグやピースの登場次第では、選択肢にいれていいと思います。

<==wxdi01=10057@橙@アークゲイン>は一見防御カードのように見えますが、どちらかと言えば「出現時能力で<==wxdi01=10059@橙@Pロマピ>などの必要カードにアクセスする」ためのカードと捉えているので、火力重視であるこの構築にも採用しています。もちろん、<==wxdi01=10057@橙@ゲイン><==wxdi01=10057@橙@ゲイン><==wxdi01=10071@橙@チョウウン>という盤面を作って、幻の1ターンを作り出すことも多いですし、<==wdi04=10014@橙@パンチライン>の成功率を上げるために出現時能力でレベル1を引っこ抜く、ということもあります。
ジョッキーの<==wxdi01=10057@橙@ゲイン>は攻防一体に活躍できるので、できれば使いたいな、というところです。なければ<==wdi03=10018@赤@カグツチ>を増やして延々と<==wxdi01=10059@橙@Pロマピ>を立てたり、<==wdi04=10019@橙@Cヤンデリア>などの場持ちの良いシグニで防御力を上げる、でもありです。次弾では更に優秀なシグニも登場しますし、「シグニで守り、ルリグで殴る」というコンセプトも魅力的だと考えています。

終わりに
というわけでカードジョッキーの紹介でした。ここからは個人的な思い出話を。
カードジョッキーを見るたびに、大学生の頃、親しい後輩が開いていたクラブイベントを思い出します。深夜帯ではなく日中で、初めての人も参加しやすく楽しめるという趣旨で、後輩が立ち上げました。もう8年以上も前のことです。
当日はカメラマンとしてお手伝いしました。アニメで奈々たちが集まっていたライブハウス「rabbit hutch」みたいな感じの会場で、色々な音楽を聞きながら、体を揺らしたり、時には踊ったり。楽しく充実した時間だったことをよく覚えています。治安も非常によく、DJ、VJはもちろん、MCだっていましたよ。
私も後輩も大学は卒業しましたが、イベントの血脈は受け継がれているそうです。最近はオンラインでDJの様子を配信するなど、エアウィクロスならぬ、「エアクラブイベント」が開かれていたりします。困難な世の中ですが、どのコミュニティも火を絶やさぬよう、試行錯誤しているんですね。

アニメウィクロスの楽曲はクラブ映えしそうです。「ENDLESS-PUNCHILINE」もですが、「Lostorage」あたり?世の中が何とかなったら、また行きたいなあ。
完全な余談でしたが、思い出補正を含めて、ジョッキーが結構好きだったりします。今後の強化にも期待!

それではまた次回の更新で。

ウィクロスの世界にレッツゴー!(まとめ)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

【キーセレクション】デッキ紹介まとめ

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

VSキーを使い倒そう!!(まとめ)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

買取強化カード掲載中!

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE