【ディーヴァ】シンプルイズベスト!赤単タウィル | WIXOSS Blog | 遊々亭
WIXOSS 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、WIXOSSに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@WIXOSS担当アカウント@yuyutei_wixoss遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【ディーヴァ】シンプルイズベスト!赤単タウィル

posted

by からばこ

タイトルトップ.jpg
【ディーヴァ】シンプルイズベスト!赤単タウィル
あけましておめでとうございます、からばこです。
新年一発目ということで、今回はディーヴァセレクション(ディーセレ)のタウィルデッキを紹介します。「INTERLUDE DIVA」環境でトップと呼ぶにふさわしい入賞率を誇る、シンプルな赤単デッキになっています。
この記事が公開される頃には、恐らく新アニメが放送され、ディーセレ第1弾「GLOWING DIVA」のカードもほとんど出揃っているかなと思います。環境の変わり目直前になりますが、おさらいも兼ねて、デッキを紹介していきましょう。

どんなデッキ?
センタールリグにタウィルを添えた、チーム「アンシエント・サプライズ」のデッキです。ウィクロスにおける赤色の特徴は、「速攻」「高火力(ダブルクラッシュやバニッシュ)」なので、最序盤から超火力を叩き出し、一気に決着を付けるのが目標になっています。
メインデッキは、<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>を除くメインデッキの全てのカードが赤になっています。センタールリグの<==wxdi00=10011@赤@タウィル=トレ>を筆頭に、<==wxdi00=10063@赤@マルス>や<==wxdi00=10099@赤@カーネリー>など、赤のカードに関する能力を持つカードが多く、それらの能力をしっかり使っていくためです。多くの色のカードを採用できるディーセレでは、かえって珍しいかもしれません。
タウィルデッキのもう一つの特徴として、「手札交換がたくさんできる」が挙げられます。ドローして、捨ててを繰り返し、欲しいカードや<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>を確実に引き込んでいけます。手札をどんどん入れ替えて、高い火力で攻めていきましょう!

=====deckstart===== @センタールリグ-mtgland <==wdi01=10006@赤@>*1 <==wxdi00=10007@赤@>*1 <==wxdi00=10009@赤@>*1 <==wxdi00=10011@赤@>*1 @アシストルリグ/ピース-mtgcre <==wdi01=10010@青@>*1 <==wdi01=10012@青@>*1 <==wxdi00=10029@青@>*1 <==wdi01=10001@緑@>*1 <==wxdi00=10033@緑@>*1 <==wxdi00=10037@緑@>*1 <==wxdi00=10003@青@>*1 <==wxdi00=10005@灰@>*1 @LB-mtgoth <==wdi01=10018@赤@>*3 <==wxdi00=10089@赤@>*4 <==wxdi00=10097@赤@>*2 <==wxdi00=10099@赤@>*3 <==wxdi00=10101@赤@>*4 <==wxdi00=10163@灰@>*4 @非LB-mtgside-blue <==wxdi00=10063@赤@>*4 <==wxdi00=10064@赤@>*4 <==wxdi00=10091@赤@>*4 <==wxdi00=10151@赤@>*4 <==wxdi00=10155@赤@>*4 =====deckend=====

代表的なカード
紅魔 ヘラ
<==wxdi00=10091@@!gp!on!200>
アタック時にパワー5000以下のシグニをバニッシュできます。ディーセレからウィクロスを始めた方に向けて説明すると、「パワー5000以下のシグニの正面に出し、アタック時に正面のシグニをバニッシュして、相手のライフクロスを1枚クラッシュする」という使い方になります。「アタックした時にシグニをバニッシュする」能力を持つシグニは、それだけで相手のライフクロスを狙うことができます。
<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>の場合は、能力を使うのに赤1エナがかかりますが、ディーセレにおいてこのコストは非常に軽いです。スペルはコストが重かったり、アシストルリグは使い切りという中で、場に出すだけでほぼ確実にダメージを与えられる<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>は非常に強力。パワー5000以下という数値は、ディーセレのほとんどのレベル1シグニと、ある程度のレベル2シグニを除去でき、序盤の要になります。もちろん後半も役に立ちます。
個人的には「インタールードディーヴァ最強シグニの一角」と言っても過言ではありません。必ず4枚採用し、ゲーム開始時の手札交換では、ぜひ手札に残したいですね。

紅天姫 マルス
<==wxdi00=10063@@!gp!on!200>
手札から赤のシグニを3枚捨てると「アサシン」を持ちます。正面にどんなパワーのシグニがいても関係なし。中盤から終盤まで、手札があればいつでも役立ちます。
とはいえ手札3枚の支払いは、なかなか苦しいものがあります。考えなしに<==wxdi00=10063@赤@マルス>を使い続けると、すぐに手札はすっからかんに。手札を使いたくない時はピースやアシストルリグでバニッシュするか、<==wxdi00=10064@赤@シュブニグラ>を使って攻めるといいでしょう。
個人的にはとどめの一撃によく使うイメージです。今回は4枚入れていますが、過剰かなと思ったら、2枚くらいまで減らしてもいいかもしれません。

紅魔姫 シュブニグラ
<==wxdi00=10064@@!gp!on!200>
アタック時にパワー12000以下のシグニをバニッシュできます。わかりやすくいえば「大きくなった<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>」で、使い方もだいたい同じです。使う場面や細かい使い方などはもっと異なりますが、雑に「デカい<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>」でいいです、多分。
異なる点は「出現時に赤3エナでダブルクラッシュ(ダブクラ)を持てる」という点です。先払いの3エナは非常に重く、「使っても相手のアシストルリグに阻まれるだけでは?」と思われがちで、実際そうなることが多い印象です。ただ、例えば「相手が早々にアシストルリグを使い切っていて、<==wxdi00=10064@赤@シュブニグラ>が絶対止まらない」時や、「相手のアシストルリグを予想した結果、ダブクラ<==wxdi00=10064@赤@シュブニグラ>は止められない」時などがチャンス。ライフクロスの差を一気に縮めたり、そのままゲームセットに持ち込んだりすることもできます。
アタック時の能力で十分強いので、こちらも最大の4枚です。アタック時の能力はチーム専用なので、他デッキでの運用は難しいのが残念。

ウムル=クリアー
<==wxdi00=10029@@!gp!on!200>
お互いに手札を捨て、自分は捨てた枚数プラス1枚、相手はマイナス1枚ドローします。狙いはもちろん、「相手の<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>を捨てさせる」ことです。
対戦中、相手が<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>を確実に持っていることがわかる場面があります。対にじさんじ(さんばか)では、<==wxdi00=10001@橙@スーパー・ヘルエスタセイバー>や<==wdi02=10029@橙@御伽原江良>の能力で。他のデッキでも、<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>のライフバーストや、スペル<==wdi01=10024@緑@複成>などで回収した直後などが挙げられます。その時に<==wxdi00=10029@青@クリアー>にグロウすれば、その<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>がトラッシュに捨てられ、こちらのルリグアタックが通りやすくなります。あわせて、相手のルリグを凍結することもできます。「相手のルリグアタックを1度止める」と置き換えることができるので、こちらの<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>を1枚節約できます。
全ての能力を使っても無色1エナと安く、アタックフェイズ・メインフェイズのどちらでも使いやすい1枚です。グローイングディーヴァでは、<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>を回収する白スペル「スタンド・アップ」も登場するので、まだまだ出番がありそうな予感。

大まかな戦い方
ゲーム開始前の手札交換では、レベル1シグニや<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>に加え、<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>を残しておきます。ゲーム開始後の1ターン目は、<==wxdi00=10155@赤@パンダダ><==wxdi00=10151@赤@ブロンズ>などを場に出します。手札がイマイチだったら、<==wdi01=10012@青@ウムル=ドロー>や<==wxdi00=10005@灰@祝福の鍵の音>でドローしましょう。
こちらがレベル2にグロウしたターンは、<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>で相手のライフクロスを狙います。相手の場のシグニのパワーが高ければ、<==wxdi00=10033@緑@アト=キラー>でバニッシュすればOKです。
レベル3にグロウした後は、<==wxdi00=10063@赤@マルス>や<==wxdi00=10064@赤@シュブニグラ>で戦っていきます。<==wxdi00=10011@赤@タウィル=トレ>の起動能力で<==wxdi00=10063@赤@マルス>などの戦力や<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>をしっかり確保し続けましょう。<==wxdi00=10003@青@アンシエント・エコー>やライフバーストも活かしながら、絶え間なく3面要求(全てのシグニで相手のライフクロスをクラッシュできる状態の俗称)をし続けたいですね。

エナの色に気配りする必要はありませんが、<==wxdi00=10037@緑@アト=ファインダー>の能力のために、異なるクラスのシグニ3枚をきちんと置いておきましょう。序盤のグロウや<==wxdi00=10091@赤@ヘラ><==wxdi00=10064@赤@シュブニグラ>のコストの支払いでは、エナゾーンで被っているクラスのカードを払うことをおすすめします。
細かいカードの使い方は、バトルの展開で変わっていきますが、とにかくアグレッシブに攻めていきましょう!

デッキ改造のポイント
アシストウムルの<==wxdi00=10029@青@ウムル=クリアー>は<==wdi01=10013@青@ウムル=ダウン>でもOKです。わかりやすい防御能力なので、<==wxdi00=10029@青@クリアー>が使いにくければ<==wdi01=10013@青@ダウン>にしてもよいです。またウムルを<==wxdi00=10025@青@フリーズ>と<==wxdi00=10027@青@ブレイク>にして、よりアグレッシブに攻めるのもありでしょう。アシストアトは<==wxdi00=10033@緑@キラー><==wxdi00=10037@緑@ファインダー>が使いやすいです。
ピースは<==wxdi00=10003@青@アンシエント・エコー>はほぼ必須。<==wxdi00=10005@灰@祝福の鍵の音>は<==wxdi00=10006@灰@アサルト・ケルベロス>にしても大丈夫ですが、手札の確保という意味でも<==wxdi00=10005@灰@祝福>がオススメです。もし<==wxdi00=10006@灰@ケルベロス>にする場合、アシストウムルは<==wxdi00=10029@青@クリアー>がおすすめ。相手の手札を見て<==wxdi00=10163@灰@サーバント #>の有無を知り、<==wxdi00=10029@青@クリアー>を使うタイミングを選べます。

メインデッキですが、<==wdi01=10018@赤@トビエル>や<==wxdi00=10099@赤@カーネリー>などの枚数は微調整できます。また、<==wxdi00=10089@赤@ビュレト>の能力を使いやすくするために<==wxdi00=10093@赤@ホタルマル>を入れてもいいかもしれません。赤のカードは今後も、ノーリミットのヒラナとカードジョッキーのラビットが赤ルリグとして登場するため、それらのカードの中から使いたいものが出るかもしれませんね。
逆に<==wxdi00=10063@赤@マルス>や<==wxdi00=10091@赤@ヘラ>などは、ヒラナやラビットを採用したデッキでも活躍するかもしれません。これらのルリグが気になる方は、今のうちに買っておくといいかも?

終わりに
というわけでタウィルの紹介でした。各カード紹介については、これまで以上にわかりやすく書きました。くどいと感じられたかもしれませんが、ディーセレを機にウィクロスを始めた方を意識し、丁寧に書いたつもりです。
世の中の状況もあり、またもウィクロスパーティーやセレモニーが中断されます。致し方ないことですが、新カードが一気に増え、アニメも放映され、ディーセレも盛り上がりそうな状況での中断は心苦しい限り。
リモートで対戦したり、じっくりデッキを研究したりと、そう遠くないであろう春に備えておきましょう。私は新アニメがとにかく楽しみです。

ではまた次回の更新で。

ウィクロスの世界にレッツゴー!(まとめ)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

【キーセレクション】デッキ紹介まとめ

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

VSキーを使い倒そう!!(まとめ)

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

買取強化カード掲載中!

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE