デッキ紹介 五等分の花嫁 | ヴァイスシュヴァルツBlog | 遊々亭
ヴァイスシュヴァルツ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ヴァイスシュヴァルツに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ヴァイスシュヴァルツ担当アカウント@yuyutei_wstcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

デッキ紹介 五等分の花嫁

posted

by りんたろー

デッキ紹介 五等分の花嫁
りんたろーです。今回は五等分の花嫁のデッキを作ったので紹介していこうと思います。
各5人の連動を組み合わせることによって構築やプレイングが大きく変わるタイトルなので組み合わせを試すのが楽しかったです。

デッキレシピ
=====deckstart===== @レベル0-1 <==5hy=10003@橙@>*4 <==5hy=10193@赤@>*4 <==5hy=10161@緑@>*3 <==5hy=10194@赤@>*3 @レベル1- <==5hy=10085@赤@>*4 <==5hy=10023@赤@>*2 <==5hy=10126@赤@>*2 <==5hy=10187@緑@>*4 @レベル2- <==5hy=10185@緑@>*2 <==5hy=10202@赤@>*1 <==5hy=10077@緑@>*1 <==5hy=10201@赤@>*1 @レベル3- <==5hy=10129@橙@>*4 <==5hy=10131@橙@>*4 <==5hy=10195@赤@>*2 <==5hy=10070@緑@>*1 @クライマックス- <==5hy=10090@赤@>*4 <==5hy=10153@橙@>*4 =====deckend=====

扉連動+チョイス連動
今回紹介するデッキタイプは4ルックを使う<==5hy=10085@赤@扉連動>と2点ショットを2回打つ<==5hy=10129@橙@チョイス連動>を組み合わせたデッキタイプになります。安定度が高く山札の自由度もあるので使いやすいデッキとなっております。

カード解説
<==5hy=10003@橙@!gp!> ショートカット 中野 一花

0レベを支える重要カード。連動の使い回しやパンチ数の増加、被ダメ軽減等に使用します。ストックを追加でブーストできるカードがほぼないため序盤のコスト数が終盤にも響くためテンポを作る重要なカードとなっています。

<==5hy=10193@赤@!gp!> 五等分の花嫁 中野 五月

相殺+1以上控え暁。
序盤で手札が切れて控え室を肥やせるアタッカーです。序盤では使用しない3レベや2レベのキャラを切って1レベのアタッカーを取ったり控え室に落としたりします。自身に相殺がついているためアタッカーとしても腐ることがほぼなく、舞台において相殺が取れればダイレクト面が取れ打点も優勢に進めることができます。

<==5hy=10161@緑@!gp!> 最悪のタイミング 中野 五月

序盤のハンドカットとクライマックスを取りに行くのに使えます。主な役割は緑発生です。集中のバリューを上げたり手札に貯めている<==5hy=10129@橙@3連動>を残しながらアタッカーを確保したりするのに使います。

<==5hy=10085@赤@!gp!> 五つ子の五女 中野 五月

4ルックで山札を早期に崩して<==5hy=10131@橙@早出しヒール>に備えます。複数回連動を打ってハンドを稼ぎつつ山をコントロールしましょう。扉連動なところが最も価値が高い部分です。

<==5hy=10131@橙@!gp!> 五等分の花嫁 中野 一花

3レベではコストを9コスト貯めたい関係上2レベやヒールになるべくコストをかけたくないのでぴったりの早出しですね。3連動のキル打点までヒールで粘って連動で一気に詰めるのが理想ムーブとなります。手札にある使わないカードをヒールに変えていきましょう。リフレッシュ後に手札のドラ付きのカードをカットすることでチョイスを捲った場合のケアも大切です。

<==5hy=10129@橙@!gp!> 鳴り止まぬ想い 中野 一花

今回はチョイス連動を採用しました。採用の一番の魅力は何といっても破壊力が抜群なところ。一気にゲームを終わらせることができるのはかなり高評価です。打点を消す防御札には弱いものの、キャンセル要求値が高くお手軽に2.3面狙えるので、圧縮される前に相手に倒しましょう。全体的に早いゲームで動いても最後まで連動につなげるように様々なカードを入れているので工夫して使ってみてください。
連動組み換え候補
<==5hy=10067@緑@@!gp!> 五つ子の四女 中野 四葉

ゲームのスピードと打点を扉よりも早く高くできます。デッキのコンセプトにはこちらのほうがあっていますが今回は安定を考えて扉を使用しています。1レベの<==5hy=10159@緑@中学生>と連動の相性が良く、手札が消えないことで連動も安定するのでデッキパワーが増します。<==5hy=10132@橙@収録中>や後列の<==5hy=10166@緑@宝反応>を入れてさらに手札を安定させて使いたいです。

<==5hy=10236@青@!gp!> 五等分の花嫁 中野 三玖

連動を成功させるために必要なクライマックスを安定して供給できる門がポイント。<==5hy=10259@青@イベント>を使用することで山札の上を見ながら択を選べるのも高評価でした。また、連動が山抜きで圧縮貢献、自身のパワーが6000あるのも強く単体スペックなら一番強いと思います。初期案では一番魅力的なため使っていましたが、3連動のクライマックスは握って離さないことが多く門が必要ではないことが分かったため変更しています。

<==5hy=10192@赤@!gp!> 浴衣姿 中野 五月

ヒール+115+リバース連動。こちらも単体スペックは高く2面連動の破壊力はそこそこ高いと思います。リバースさせなければいけない点を除けば安定感も良く高評価なのですが、ネックな点が抜けきれず使用を諦めました。<==5hy=10129@橙@チョイス連動>がリバースを必要とせず、ストックを作ることができる点を評価し、今回はチョイス連動を使用することに決めました。

<==5hy=10234@青@!gp!> 踏み出す一歩 中野 三玖

相手の山札を崩せるヒールの連動。書いていることは強く相手のリフを近づけ山札の上を確定させる動きができます。バーンはおまけ程度ですが、相手がトップチェックなどを使いボトムに仕込んだ確定キャンセルを消せる点は評価が高かったです。盤面でのラインが高くはなく連動を打った次の打点がクライマックスを貼った分しか増えないので、1ターンで倒し切ることが難しかったため使用を諦めました。8門で打点を押して行き1ターンで問題なくゲームが終わる試合であれば強いと思います。初期案では<==5hy=10129@橙@チョイス連動>と合わせて2つの詰めルートを持つデッキを調整していましたが、だいたい一花を探して打っていたため今のデッキへ変更していきました。
回し方
五等分の花嫁は初心者にもお勧めしやすいデッキとなります。各レベル帯でやることが明快で相手キャラのリバースが不要なため相手の助太刀などによる妨害もほぼ受けないので気にしなければならない点が少ないです。

0レベ
<==5hy=10003@橙@霞>を中心にゲームメイクをし1レベの<==5hy=10085@赤@連動>を集めます。マリガンは基本連動もセットでキープします。<==5hy=10193@赤@0相殺>で控えを作りしっかりチョイスのケアもしていきましょう。<==5hy=10194@赤@集中>は控えにドラがない時や連動が手札にない時は積極的に使いゲームスピードを調整しましょう。
<==5hy=10003@橙@!gp!on!200> <==5hy=10193@赤@!gp!on!200>
1レベ
相手を割りつつ<==5hy=10085@赤@連動>を決め<==5hy=10131@橙@ハンドカットヒール>を集めましょう。連動は<==5hy=10003@橙@霞>などで使い回すことができるなら積極的に使用し、手札の枚数と質を少しでも高めていきましょう。基本の発生は赤からですが、黄色から発生させることで2レベからのヒールが安定しやすくなるため色発生は注意して行いましょう。
<==5hy=10085@赤@!gp!on!200> <==5hy=10090@赤@!gp!on!200>
2レベ
相手に合わせたキャラの展開を行います。基本は<==5hy=10131@橙@ハンドカットヒール>で十分ですが、<==5hy=10085@赤@1連動>を使い回して手札を増やしコストを温存したり、2レベの各キャラで相手に負担をかけたりします。
あと何ターンでゲームエンドができるかを逆算しコストの調整を行いましょう。連動が3面できるときはなるべく3面を打てるようにコストを温存し、2面でも倒せそうな試合は1点でも多くヒールしてみてください。
<==5hy=10131@橙@!gp!on!200> <==5hy=10185@緑@!gp!on!200>
3レベ
連動打って倒すだけです。打点差がついてどうしても勝てない場合は3連動を後列に残して面を空けて1ターン耐える動きをする時もありますが、ほかのデッキと違い山札が強くないため耐えることが難しいので注意が必要です。
<==5hy=10129@橙@!gp!on!200> <==5hy=10153@橙@!gp!on!200>
おわりに
いかがだったでしょうか。今回紹介した連動はプールの一部分のため、ほかにもできることがたくさんあると思います。
圧縮が難しいタイトルのためどうしても舞台のラインを大幅に上げるか、打点で押し切る構築になることが多いと思いますが、気軽に使えて楽しめる上に勝ち方が分かりやすいタイトルになると思います。
もっと面白いデッキ構築があるかもしれないと思いますので是非探してみてください。

WS 超買取強化カード紹介!!(10/2)

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

【遊々亭WS対戦動画】 第70回 魔法少女リリカルなのは VS Re:ゼロから始める異世界生活

by 動画

READ MORE

【遊々亭WS対戦動画】まとめ

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

新弾レビューまとめ

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

WSタイトル別デッキ倉庫

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

【初心者の方へ】プレイするにあたって、気をつけたい3つのこと 前編 【デッキの組み方、選びかた】

by こへい

READ MORE

「デッキが回る時と回らない時~勝敗の波について~」

by さおり

READ MORE

アカツキって何!?今日から使えるヴァイス俗称、略称まとめ

by さおり

READ MORE