『第3回 あなたにストーンギフト!「大会レポート(1) リーフィアVMAX」』 | ポケモンカードゲーム | トレカ通販・買取ならカードショップ -遊々亭-

『第3回 あなたにストーンギフト!「大会レポート(1) リーフィアVMAX」』 | ポケモンカードゲーム

ポケモンカードゲーム 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ポケモンカードゲームに関する情報を配信していきます。 Twitterでも情報配信中です!
遊々亭ポケモンカードゲーム担当アカウント@yuyutei_pokemon遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

『第3回 あなたにストーンギフト!「大会レポート(1) リーフィアVMAX」』

posted

by もっさ

『第3回 あなたにストーンギフト!「大会レポート(1)リーフィアVMAX」』
はじめに
ごきげんよう、もっさ(Twitter:@Mawssa2000)です。
冬期休暇の間にできるだけ記事を書いておきたいと思っていましたが、長期休暇というのは毎年あっという間に過ぎますね。

さて、今回はPTCGOで開催された参加者46名の海外自主大会において優勝できましたので、そのデッキリストと、その紹介というよりは大会全体を通してのレポートを行っていこうと思います。
使用デッキはリーフィアVMAXのデッキでした。
<==s06a=10003!gp!on> <==s02=10093!gp!on>
ガラル鉱山と合わせて使うことによって大火力を省エネで出すことができるデッキですね。
進化前の<==s06a=10002@@リーフィアV>がしっかり初ターンに着地できれば、特性【りょくかさいぼう】で安定した盤面形成ができることが魅力です。
また、中打点非ルールのデッキなどに対しては、回復付きの「ダイリーフ」も強力です。

今回デッキ紹介ではなく大会レポートにした理由としては、リーフィアVMAXというデッキの客観的な評価が関係しています。
このデッキは今流行している<==s08=10040@@ミュウVMAX>に対して先攻を取れてやっと5分とれるかとれないかくらいだと考えています。他のデッキにも共通することですが、早期からリーフィアVを2枚は準備できないと、圧倒的高火力でVMAXが一撃されてしまった際に追いつくことができません。
加えて、「くさむすび」というワザは相手のバトルポケモンの逃げるエネルギーに依存します。ミュウVMAXの逃げるエネルギーは0なので、これまた火力が出ません。そんな中で、優勝できた要因は、デッキの構築や私のプレイスキルではなく、試合中のお相手の対応にありました。

デッキリスト
リーフィアVMAX
プレイヤー:もっさ
=====deckstart===== @ポケモン- <==s06a=10002>*4 <==s06a=10003>*3 <==s08b=10056>*4 <==s04a=10061>*4 <==s08b=10060>*2 <==s04a=10063>*1 <==s08b=10148>*1 @グッズ-blue <==s04a=10252>*4 <==s08b=10209>*4 <==s07d=10057>*3 <==si=10477>*4 <==s07r=10059>*1 <==si=10470>*1 <==s08b=10193>*1 <==s08b=10203>*1 <==s08b=10189>*1 <==s05r=10064>*1 @サポート-orange <==si=10524>*3 <==s08b=10245>*2 <==s08b=10242>*3 <==s08b=10227>*1 @スタジアム-green <==s02=10093>*3 @エネルギー- <==s-energy=10010>*5 <==s08b=10289>*3 =====deckend=====
以下がリストとなります。
大会の形式は大まかに言うと、予選10試合で上位4名が残りその後総当たりするというルールでした。
BO1で、デッキは非公開、デッキタイプのみの開示でした。
「ガラル鉱山」は4枚あるに越したことはないです。

大会レポート
試合数が計13試合で、全試合が後攻。戦績は10勝3敗でした。
勝敗の内訳は、

勝ち
<==s08=10040@@ミュウVMAX>4回
<==s05r=10051@@れんげきウーラオスVMAX>2回
<==sgg=10002@@ゲンガーVMAX>2回
<==s08=10035@@パルスワンVMAX>1回
<==s01h=10044@@ザマゼンタV>+<==s04a=10218@@ザシアンV>1回
<==s07d=10001@@スイクンV>+<==s07d=10004@@ルンパッパ>1回

負け
<==s08=10040@@ミュウVMAX>2回
<==s01h=10044@@ザマゼンタV>+<==s04a=10218@@ザシアンV>1回

でした。
正直、ザマゼンタVが入っているデッキに対してはかなり不利を取る構築になっていますし、ミュウVMAX以外の相手は5分以上取れているデッキだったので、順当な戦績だと思います。
よって不利を取る中でも今回勝ち越す事が出来たミュウVMAX戦について触れていきます。

1回戦 ミュウVMAX 〇
<==s08=10040@@!gp!on!200>
全試合後攻だったので、以下省略します。
<==s08b=10056@@メッソン>スタートで後攻から<==s06a=10002@@リーフィアV>を2枚用意して、エネルギー手張りと特性【りょくかさいぼう】で2面準備して番を返します。
海外環境では<==s08=10017@@オドリドリ>の採用が減っていて、「ダイリーフ」2回で<==s08=10040@@ミュウVMAX>を落とすプランも取れるのですが、先2でエネルギーを固めたリーフィアVが落とされてしまうとエネルギーのテンポが追いつかないので、2面で準備して次のターンに<==s08=10069@@ゲノセクトV>を倒すことを目指します。
このようにしておくと、以下の分岐が発生します。

第一に、前のメッソンがそのまま倒されたとき。すぐさま2体の<==s06a=10003@@リーフィアVMAX>をたて、サイド1-3-3のプランを相手に押し付けます。
ここで1匹でもVが進化できず残ってしまうと、相手に1-2-3ときれいにサイドを取られて負けてしまいます。

第二として、<==s08b=10242@@ボスの指令>でどちらかのVが落とされてしまった場合。
この時は2-3-3を押し付けるためにもう一匹リーフィアVを置く必要があります。
上記のような形で、リーフィアVは3枚使う試合も多いので、4枚採用必須だと思います。

今回はメッソンが取られたのでそのままボスの指令で<==s08=10069@@ゲノセクトV>を3回とって勝ち。
その際、裏を取るプランを取ったことによって、相手の<==s08=10100@@フュージョンエネルギー>が盤面から消えることがなくなってしまうので、<==si=10477@@クラッシュハンマー>で1枚でもエネルギーをトラッシュにおくり、<==s08=10048@@メロエッタ>の「メロディアスエコー」でVMAXが一撃で倒されないように立ち回りました。

3回戦 ミュウVMAX ×
<==s08=10040@@!gp!on!200>
お相手も<==safir=10025@@クラッシュハンマー>を採用していたために、上記の分岐パターンが崩れてしまい、2ターン目から<==s06a=10002@@リーフィアV>が取られ用意が間に合わず負け。
<==s07d=10063@@キバナ>を使うと殴れはするのですが、相手が<==s08=10040@@ミュウVMAX>だと、<==s08b=10242@@ボスの指令>+「くさむすび」が要求されているため、キバナでは要求を満たすことが出来ません。その他のデッキに対しては有用なシーンが多いです。

4回戦 ミュウVMAX ×
<==s08=10040@@!gp!on!200>
今度は<==s08b=10189@@うねりの扇>が相手のデッキに採用されていて、またしても上記の分岐プランを遂行できず負けてしまいました。
また、海外環境ではめずらしく<==s08b=10238@@ピオニー>が1枚だけ採用されており、<==s06a=10003@@リーフィアVMAX>が<==s08=10092@@パワータブレット>複数枚使用によって綺麗に落とされてしまいました。

6回戦 ミュウVMAX 〇
<==s08=10040@@!gp!on!200>
相手のデッキには、入れ替え札が3枚、<==s01a=10069@@トレーニングコート>が2枚、基本超エネルギーが2枚でした。
非公開制なので試合の時点では分からない情報でしたが、こちらの出だしが芳しくなく<==s06a=10002@@リーフィアV>を1枚しか用意できない中で、お相手が<==s08=10091@@バトルVIPパス>をプレイするために、<==s07r=10059@@ポケモンいれかえ>を消費しているところに着眼します。
その結果、スタートした<==s08=10069@@ゲノセクトV>が逃げれず2ターン目に攻撃出来なかった上、その後<==s08=10100@@フュージョンエネルギー>が2枚ついた<==s08=10040@@ミュウVMAX>を「ダイリーフ」2回で倒したところで、相手の盤面は後ろの<==s08=10039@@ミュウV>に2枚フュージョンエネルギーがついている状態でした。
相手が初動のバトルVIPパスを探しに行く過程でトレーニングコートを1枚プレイしていたので、<==s02=10093@@ガラル鉱山>の方が母数が多く、後続のリーフィアもいなかったので、<==s08b=10242@@ボスの指令>を<==s08=10069@@ゲノセクトV>に連打する方針に切り替えました。
その結果、<==safir=10025@@クラッシュハンマー>でたまたま2回表がでて、後続のミュウVMAXが攻撃できなくなりつつ前のゲノセクトVを逃がさなければならない状況を作り、相手のリソースが尽きて山札切れ勝ちをしました。相手のいれかえが上手くいけば完全に負けていた試合でした。

9回戦 ミュウVMAX 〇
<==s08=10040@@!gp!on!200>
上述した分岐プランを狙いたかったのですが、今回もVを1匹しか用意できませんでした。
ただお相手が、初手で<==spromo-200=10082@@ウッウロボ>を使って4枚ある入れ替え札のうち1枚、そして前の<==s08=10069@@ゲノセクトV>を逃がすためにもう一枚消費しました。加えて<==s01a=10069@@トレーニングコート>の枚数は1枚でした。 とはいえお相手の場には既に手張りをした<==s08=10039@@ミュウV>がいて、バトル場にはゲノセクトV、ベンチにももう一匹。そのような中で無理やりフュージョンシステムで多く引きにいく必要はあまりありません。
今回は完全に山札切れプランを狙って【うらこうさく】で<==safir=10025@@クラッシュハンマー>を2枚持ってくる戦法を取り、相手が動けなくなったため、勝つことができました。

12回戦(決勝2戦目) ミュウVMAX 〇
<==s08=10040@@!gp!on!200>
<==safir=10025@@クラッシュハンマー>を採用している相手との再戦でした。
お相手がクラッシュハンマーで4回表を決めてしまったことで、こちらは完全に止まってしまったどころか、初ターンに2枚基本草エネルギーを<==si=10524@@博士の研究>で切ることになってしまったこともあって、エネルギーが無く何も出来なくなってしまいました。
しかし、相手も<==s08=10096@@カミツレのきらめき>+手張りでバトル場の<==s08=10069@@ゲノセクトV>を無理やり逃がしたターンがあり、<==s01a=10069@@トレーニングコート>も残っていない状況だった為、こちらも再び<==s02=10092@@ボスの指令>+クラッシュハンマーで山札切れプランを狙います。
これでお互い何もできなくなり、山札の枚数と<==s08b=10060@@インテレオン【クイックシューター】>がこちらに残っていたことから相手が投了しました。

結果、お相手のリソース管理のミスなどもあり、私は優勝できました。
<==s08=10040@@ミュウVMAX>というデッキは所謂「縦引きのデッキ」です。ドローしようと思えば特性【フュージョンシステム】でガンガンドローできますし、気持ちよさもあるでしょう。
しかし、「多く引く」ことはいつでも「良いこと」なのでしょうか。「多く引く」ために手札をトラッシュした際、トラッシュしたものは本当に必要のないものなのでしょうか。
特に「いれかえ札」や「スタジアム」は大切で、今回は関係なかったですが、<==s06h=10069@@頂への雪道>を相手にした場合、「スタジアム」は安易にプレイしてしまうとそれを張り替える要求が上がりますし、<==spromo-200=10082@@ウッウロボ>をプレイせずに我慢しておけば、それがスタジアムに変わるかもしれません。【フュージョンシステム】でたとえ1枚しかひけなくても、それが最善手ということは大いにありえます。

【フュージョンシステム】で多く引く工夫としてベンチに多くのフュージョンポケモンを置くことも考えられます。
それも同様で、例えば沢山並べすぎた結果、<==s07d=10001@@スイクンV>の「ブリザードロンド」の火力が上がってしまい、負けてしまうこともありえます。
よって慎重になるべきプレイとなります。

おわりに
いかがだったでしょうか。今回も短い記事でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
リーフィアの記事と思いきや、初心者の方向けの<==s08=10040@@ミュウVMAX>の記事に最後はなってしまいました。
ただ、「ミュウVMAX」というデッキはミスをしなければ環境トップのパワーをたたきだすポテンシャルがあると思います。
私も日々このデッキを回してはミスをして泣いていますが、極める価値のあるデッキだと思います。それでは。

大型公式大会へ向けた準備と当日の過ごし方のお話【朗(あきら)】

by 朗(あきら)

READ MORE