こくばバドレックスデッキ紹介 -頂への雪道を添えて-【ごぼ】 | ポケモンカードゲーム | トレカ通販・買取ならカードショップ -遊々亭-

こくばバドレックスデッキ紹介 -頂への雪道を添えて-【ごぼ】 | ポケモンカードゲーム

ポケモンカードゲーム 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ポケモンカードゲームに関する情報を配信していきます。 Twitterでも情報配信中です!
遊々亭ポケモンカードゲーム担当アカウント@yuyutei_pokemon遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

こくばバドレックスデッキ紹介 -頂への雪道を添えて-【ごぼ】

posted

by ごぼ

こくばバドレックスデッキ紹介 -頂への雪道を添えて-
こんにちは、ごぼです。
本日は直近のポケモンカードゲーム環境の中心になっているこくばバドレックスのデッキ紹介をさせて頂きます。
こくばバドレックスとのミラーも強く戦える構築になっていますのでぜひご覧ください。

以下デッキレシピになります。

デッキレシピ
こくばバドレックスVMAX
プレイヤー:ごぼ
=====deckstart===== @ポケモン- <==s06k=10036>*4 <==s06k=10037>*4 <==sm09a=10020>*2 <==s03a=10031>*1 <==s03a=10032>*1 <==sm09=10038>*1 <==sm09a=10016>*2 @グッズ-blue <==s01h=10052>*4 <==s06k=10060>*4 <==s04a=10254>*3 <==s01w=10057>*3 <==sccha=10016>*2 <==sm01m=10056>*2 <==s01w=10054>*1 <==sm01m=10053>*1 @サポート-orange <==s01w=10059>*4 <==s01h=10059>*3 <==s02=10092>*3 @スタジアム-green <==s06h=10069>*2 @エネルギー- <==sm-energy=10014>*13 =====deckend=====
大まかな採用カードなどは今使われているこくばバドレックスと大きな差はありませんが、<==s06h=10069@@頂への雪道>を2枚採用しているのが大きな差別点となります。
利点は大きく2個あります。

(1)ミラーマッチに強く出れる
<==s06k=10037!gp!on>
使用率が最も高いこくばバドレックスに対して要所で<==s06h=10069@@頂への雪道>を貼ることで相手の動きを止めることができる可能性が生まれ、先攻有利とされているミラーマッチを後攻からでも勝ち筋を追うことができます。
また頂への雪道を貼りながら<==s03a=10032@@マホイップVMAX>の「かざりつけ」も強力な動きの一つです。

(2)多くのデッキの動きを止めることができる
<==sm12a=10085!gp!on> <==s03=10053!gp!on>
今のデッキには<==sf=10005@@デデンネGX>や<==s03=10053@@クロバットV>など特性によりドローを進めるカードが多く採用されています。
<==s06h=10069@@頂への雪道>を貼りつつ、<==sccha=10016@@リセットスタンプ>を重ねたりすると多くのデッキタイプに対して行動を大きく制限することができます。
通常の形のこくばバドレックスデッキだと序盤のテンポロスによりエネルギー供給が追いつかず巻き返すことが困難ですが、このデッキタイプですと劣勢のゲームも巻き返せる可能性のあるデッキとなります。
また<==sm12=10065@@アルセウス&ディアルガ&パルキアGX>や<==sm09b=10029@@ルカリオ&メルメタルGX>を中心としたデッキに採用されている<==s01h=10044@@ザマゼンタV>もこのカードを貼ることで特性を無効化し突破することが可能です。

自分自身の【めいかいのとびら】も使えなくなってしまうのではという意見もあるかもしれませんが、特性【リセットホール】の<==sm09a=10020@@マーシャドー>を採用することで任意のタイミングで頂への雪道をトラッシュすることができ、再度【めいかいのとびら】を使うことが可能です。

流行りのこくばバドレックスを中心に採用したデッキでもミラーマッチを有利に進めることで、勝率を高めていくことができます。
テクニカルなデッキですが是非試してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

大型公式大会へ向けた準備と当日の過ごし方のお話【朗(あきら)】

by 朗(あきら)

READ MORE