【大会レポート】リセ竜王戦2019【タマーMAX】 | Lycee Blog | 遊々亭
Lycee 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Lyceeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Lycee担当アカウント@yuyutei_lycee遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【大会レポート】リセ竜王戦2019【タマーMAX】

posted

by タマーMAX

【大会レポート】リセ竜王戦2019【タマーMAX】
どうもタマーMAXです。
というわけで、リセの竜王戦に参加してきました。結果として、初代竜王を取ることができました。
調整に付き合ってくれた皆様本当にありがとうございました。
色々と書きたいことがあるので、今回は竜王戦のレポと雑感。
次の記事で、デッキの動かし方の応用編あたりを書いていきたいなと思っています。

デッキレシピ
5Cヤマト デッキ
=====deckstart===== @リーダー-green <==aquaplus1.0=10031>*1 @EX2-red <==aquaplus1.0=10001>*4 <==aquaplus1.0=10003>*4 <==aquaplus1.0=10005>*4 <==aquaplus1.0=10008>*4 <==aquaplus1.0=10011>*4 <==aquaplus1.0=10015>*4 <==aquaplus1.0=10032>*3 <==aquaplus1.0=10048>*3 <==aquaplus1.0=10050>*1 <==aquaplus1.0=10066>*4 <==aquaplus1.0=10071>*4 <==aquaplus1.0=10087>*4 <==aquaplus1.0=10088>*4 <==aquaplus1.0=10198>*4 <==aquaplus1.0=10197>*4 <==aquaplus1.0=10184>*4 =====deckend=====

竜王戦で使用した構築になります。
<==aquaplus1.0=10050@@シノノン>を1枚にしましたが、ゆず日をみるなら多めに入れたくはあるのですが、ミラーを考えた時に<==aquaplus1.0=10048@@キウル>や<==aquaplus1.0=10197@@Pウルサラ>などの方が活躍するので<==aquaplus1.0=10048@@キウル>の4枚目でも良かったかもしれません。

環境の変化
<==aquaplus1.0=10198@@!gp!on!200>
8月から<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>がヤマトのデッキに入ってきました。単純にゴミ箱からキャラを出せるので強いカードであるのですが、それ以上にプレイングに大きく変化を及ぼしました。

①ウコンによる移動プランの強化
<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>という間単に入れ替われる先が生まれた事により、これまで詰めでしか使いにくかった<==aquaplus1.0=10088@@ウコン>が中盤の打点の応酬で使うことができたり、序盤に<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>の位置を変えたりと移動プランにかなりの幅ができました。

②SRウルサラプランの強化
<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>で<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を回収する動きが凄く強いのですが、これまで<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>は序盤ではコストで切ることになってしまうカードであった為、上手くできないことも多かったと思います。
<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>がでたおかげで序盤に切った<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>を簡単に場に出すことができるようになったので、かなり<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>による除去プランをとりやすくなったと思います。

③後攻でのサイドルルティエプランの強化
ミラーの後攻などでサイド<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>をして、中央の相手の<==aquaplus1.0=10031@@ハク>を受けるという配置を行う場合、これまでは中央DFの<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>や<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>などがあがった場合に跡地を任せらられるDP4のカードがイマイチだったのですが、その場所にすっぽり<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>が入ってきました。
おまけに<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>などを釣ってくることができます。後攻での明確な勝ち筋になるので、このパターンの練習は結構やりました。

④除去メタとしてのネコネ
<==aquaplus1.0=10031@@ハク>を回収する手段がこれまで厳しい部分があったのですがそれが容易になった為、返し手として<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>を握っていれば一気に逆転出来る事も多くなりました。
特にミラーでの<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>の回収からの受けは、相手の<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>プランに対する回答になるのでハンドにある場合はできるだけキープしていきたいカードになります。

他にも、<==aquaplus1.0=10015@@マロロ>がいっぱい出せるようになったとか色々あるのですが大きく戦術に影響を与えたのは4つかなと感じています。
パターンの広がりにより、7月までのヤマトと比べて取れる選択肢が増えた為、ハンドを見てしっかりとプランを決めていくのが重要になりました。
もちろんトップドローに頼ることも多いですが、8月から新環境になっていたと気づいて練習しているかしていないかは大きな差になったのではないかなと思っています。

マリガン
<==aquaplus1.0=10008@@!gp!on!200>
基本的には、前回の記事と変わらず<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>を探してのマリガンにしております。
<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>からの展開がこのデッキの基本である事は変わっておりません。
ミラーも7月までは<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を置けば基本的に勝てたのですが、<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>による返し手が生まれてしまっているためリスクが格段に上がりました。勝負手にはなるのですが、読み負けると一気に形勢が不利になってしまいます。

レポート 予選
一回戦 トゥスクル 先攻 ○
先攻、<==aquaplus1.0=10031@@ハク><==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>からスタート。先攻2ターン目に、<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>登場からダブルアクセルで<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>登場で<==aquaplus1.0=10031@@ハク>が6点。
相手、ハンドがよろしくなく後攻3ターン目に素だし<==aquaplus1.0=10135@@ウィツァル>。一回<==aquaplus1.0=10135@@ウィツァル>の攻撃を貰いましたがこちらの打点はほぼ通っていたので殴りきって勝ち。

二回戦 ヤマト 先攻 ×
先攻、<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>スタート。相手が、<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>、<==aquaplus1.0=10031@@ハク>、<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>。返し<==aquaplus1.0=10031@@ハク>登場でドローするも<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>引けず。
<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>は構えて返す。お互い殴りあいながら中盤で<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>でダメージ6にした<==aquaplus1.0=10031@@ハク>を<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>でキャッチされる。
<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>キャッチしたならと。<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>のSPを足して、<==aquaplus1.0=10001@@Pクオン>で相手DFの<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>を殴って相打ちしてもらって<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>除去を次ターンに<==aquaplus1.0=10031@@ハク>に打って少しロングターンを目指すがスルーされる。
そんなこんなで最後、<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>引けば勝ちで打点で落ちてしまう。
ここで諦めてしまったのですが、実はまだ負けてなくて。

相手のデッキ8枚 自分のデッキ3枚
190821 rise2.jpg
190821 rise1.jpg
この状況で次のターン相手がSP1を足せない場合、<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>が一方的に殴れるので相手が2枚になり勝ちだったので諦めるには早すぎました。
冷静に盤面を見る事ができていれば気づけたので、練習が足りなかったと感じました。

三回戦 アイギス雪 後攻 ○
後攻で、<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>→<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>。相手に、<==aigis1.0=10005@@ナナリー>で除去を食らうも<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>と出せていたので徐々に盤面が有利になっていったのでリソース差で勝ちました。

ここまでが予選です
ミスプレイで負けてしまいましたが、気持ちを切り替えて予選で負けておいて良かったと思うことにしました。
普通ならここで優勝の目はないのでプラス思考。

レポート 決勝
一回戦 VA雪 後攻 ○
相手先攻、<==va1.0=10049@@神奈備命>→<==va1.0=10018@@SRかなで>(他にもイベント)。
後攻、<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>。登場対応で<==va1.0=10135@@ハンドソニック>。
VA雪は、相手ターンに除去を打つと自分ターンのイベントが厳しくなるのでお祈り。
<==va1.0=10136@@翼の少女>から<==va1.0=10047@@ことみちゃん>が出る。その返しで、<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>追加で+-0で4点殴る。
次のターン、相手はイベントを引けなかったようでしたので勢いが消えて1ターン待って<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>着地で勝負ありでした。

二回戦 ヤマト 後攻 ○
相手、先攻<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>。後攻でサイド<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10011@@SRクオン>中央DF→<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>。相手が<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>で構えている感じ。
<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>連打するゲームにする予定で相手の<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>の枚数を超える方向で考える。
相手も<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>でてくるが打点リードを奪っている分をいかして先に一気にデッキを削って、<==aquaplus1.0=10005@@SRネコネ>で盤面を受けに回す方向でいく。
相手の詰め札がそこまでなくそのまま勝ち。

三回戦 ヤマト 先攻 ○
先攻 <==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>→<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>。
相手、<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>→<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>。<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>登場<==aquaplus1.0=10031@@ハク>除去エンド。<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>で<==aquaplus1.0=10031@@ハク>が復帰。
ドローで<==aquaplus1.0=10048@@キウル>を引けて<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>を変換して<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>の打点を通すふりをして1点、<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>を<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>に変換で6点殴る。
どうせ止まってるので<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>を<==aquaplus1.0=10198@@Pネコネ>に変換して<==aquaplus1.0=10197@@Pウルサラ>をAFに準備することでダメージ勝負でこちら5点、相手4点の状態を狙う。
思惑が成功してAFの<==aquaplus1.0=10197@@Pウルサラ>→<==aquaplus1.0=10197@@Pウルサラ>に変換、次のターンに殴った<==aquaplus1.0=10197@@Pウルサラ>が<==aquaplus1.0=10087@@アトゥイ>に変換できてかなりの打点を<==aquaplus1.0=10197@@Pウルサラ>で確保できる。
その打点を担保にして詰めに向けてハンドの<==aquaplus1.0=10088@@ウコン>用に<==aquaplus1.0=10032@@ムネチカ>を置いて、<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>も置いて詰めの準備。そのまま勝ち。
Pウルサラの動き
190821 rise7.jpg
190821 rise3.jpg
190821 rise8.jpg
190821 rise4.jpg
190821 rise9.jpg
190821 rise5.jpg
四回戦 ゆず日 先攻 ○
先攻で、<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>→<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>。ハンドがイマイチの為この選択肢で。
相手の返しが、<==yuzu2.0=10079@@Rレナ>、<==yuzu2.0=10091@@アリス>。
<==aquaplus1.0=10066@@ノスリ>追加で6点殴って<==aquaplus1.0=10003@@SRウルサラ>待機。
相手が<==yuzu2.0=10014@@SR茉子>を追加。相手が殴りの<==yuzu1.0=10013@@ガイヤール>追加でアグレパンチ。
こちら7点殴ってマロ登場→マロに変換で相手の<==yuzu1.0=10013@@ガイヤール>と<==yuzu2.0=10079@@Rレナ>を起きれない状況に追い込んで<==yuzu2.0=10014@@SR茉子>をDFにださせて打点を0にする。
次以降も打点を3点しか貰わないのでそのまま勝ち。

五回戦 ヤマト 先攻 ○
先攻で<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>→<==aquaplus1.0=10031@@ハク>。相手は<==aquaplus1.0=10008@@ルルティエ>も<==aquaplus1.0=10071@@オシュトル>も出てこず<==aquaplus1.0=10031@@ハク>単独END。
そのまま勝ち。

六回戦 ヤマト 後攻 ○
相手先攻で、<==aquaplus1.0=10031@@ハク>、<==aquaplus1.0=10069@@オシュトル(ハク)>。返しがこの盤面。
190821 rise10.jpg
190821 rise6.jpg
勝ち。
まとめ
というわけで決勝は自分の理想的な初手に対して相手が上手く展開出来なかった試合も多く優勝することができました。
ミラーの練習は先月のGPが終わってからトータルで100時間近くしてきたと思います。
プレイングが良くなった部分もありますが、ここまでやったという自信が一番強かったと思います。
練習に付き合ってくれた友人には本当に感謝です。
次の記事では、ヤマトのミラーや序盤の動き何かを書いてみたいと思っています。

それではノシ

Lycee Overture 買取強化カード紹介!!(9/18更新)

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

始めよう、Lycee overture! まとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

とある魔術の禁書目録IIIカードレビューまとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE