【大会レポート】リセオープン東京【タマーMAX】 | Lycee Blog | 遊々亭
Lycee 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Lyceeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Lycee担当アカウント@yuyutei_lycee遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【大会レポート】リセオープン東京【タマーMAX】

posted

by タマーMAX

【大会レポート】リセオープン東京【タマーMAX】
チーム決定まで
時はさかのぼる事、4月某日。日本の某所で行われた遊々亭動画撮影会にて誰かが発言した
「遊々亭ブロガーでチームを組んで大会出てみたいね」
という誰かの発言から6人集まりそうだしいけるのではという話から始まりました。

話し合いの中で、銀府3人チームが組みたいとの意見があったのでそこまで拘りのない
緋色、楓月、タマーMAX
の3人で組むことになりました。(敬称略)

緋色は快諾してくれたのですが

楓月「またタマーと組むん?飽きた」

との電話での言葉・・・心にくる。
いきなりのチーム不協和音である。

チーム内 デッキ構成
  • 緋色:雪、月
  • タマー:日、雪、月
  • 楓月:?
という感じで初期は進みます。オールラウンドにデッキが使える楓月の存在はチーム戦においてはかなり頼りになると前回から感じていましたが今回もとても感じています。

大阪フェスタ後
  • 緋色:雪
  • タマー:日
  • 楓月:月、花
これで固定して調整に入りました。前回のフェスタでオーガスト日単でそこそこ勝てたのと撮影会でも結構勝てた事もあり、この時点でオーガスト日単で出ることに決めていました。好きなデッキを使わしてくれて二人ともありがとう(試合後の飲み会 では何だかんだ4-2ぐらいしてくれるだろうという信頼もあったようなので尚更申し訳ない)

前日、19時頃に突如、楓月からの連絡「このデッキ使いたい」 デッキ見てないけど了承。ここまで来たら使いたいデッキのがきっと勝てると思ってるので、それで行こうという話しに。

大会がはじまるギリギリまで花単と迷っていましたが...

下手だなぁ楓月君、欲望の解放のさせ方が下手。楓月君が本当に使いたいのはこっち月宙
zawa moon.jpg zawa space.jpg
チーム内のデッキがついに決定。
  • 緋色監督:雪単ミックス
  • 楓月コーチ:月宙ミックス
  • タマー選手:日単オーガスト
で行く事に、当日の実況などを詳しく知りたい人は私のツイッターをさかのぼって見ていただければと思います。

使用デッキ
オーガスト限定構築日単 デッキ
タマーMAX
=====deckstart===== @EX2-red <==august1.0=10013>*4 <==august1.0=10094>*4 <==august1.0=10084>*4 <==august1.0=10082>*2 <==august1.0=10001>*4 <==august1.0=10085>*4 <==august1.0=10092>*4 <==august1.0=10091>*4 <==august1.0=10093>*3 <==august1.0=10087>*3 <==august1.0=10086>*4 <==august1.0=10108>*4 @EX1-blue <==august1.0=10014>*4 <==august1.0=10095>*4 <==august1.0=10090>*4 <==august1.0=10107>*4 =====deckend=====

撮影会の時からの変更点は
<==august1.0=10083@@古杜音>2枚→<==august1.0=10082@@シャロン>2枚
にしただけで、EXが少し気になったのと<==august1.0=10083@@古杜音>を殆どプレイしなかった事もあって<==august1.0=10082@@シャロン>の採用としました。

対戦レポ
一回戦 VS オーガスト日単 先攻 ×
  先攻、<==august1.0=10013@@凪>エンド。相手は、<==august1.0=10086@@金魚>、<==august1.0=10092@@茉理>。お互いに落ち物を落としながらの盤面展開、この状態で進むと<==august1.0=10013@@凪>がいるのと先攻分でこちらが有利なのでいけるなと思っていた時に対戦相手が<==august1.0=10083@@古杜音>をプレイ俺の<==august1.0=10014@@鈴木さん>が一方的にやられる状態に
180604 rise2.jpg
180604 rise1.jpg
それでもまだいけると思っていたのですが、次の相手の一手
180604 rise3.jpg
180604 rise4.jpg
中央DF<==august1.0=10088@@かなで>!!SP2で両サイドを生き残らせることができ、更には<==august1.0=10013@@凪>と相打ちが取れるという最強の一手。初めてSP2を3枚並べてDFを作るという状況に遭遇してかなり動揺しました。
<==august1.0=10083@@!gp!on!200> <==august1.0=10088@@!gp!on!200>
どっちも全部抜いたからってこんな所で牙を剥いてくるとは。とほほ・・・。
<==august1.0=10083@@古杜音>がいるせいでこちらはDMGをあげても意味ない状態、相手は3回のDMG+1状態の<==august1.0=10092@@茉理>効果を一方的に受け、<==august1.0=10088@@かなで>が「ステップ」から上がってきて殴られた分もあり10点差 をつけられての大敗となりました。

二回戦 VS 花単ミックス 後攻
<==august1.0=10086@@金魚>からスタートする事ができたのですが、ハンドに<==august1.0=10090@@翠>3枚、<==august1.0=10014@@SR鈴木>3枚と来てしまい。デッキから落ちるのを期待できない状態に。<==august1.0=10091@@美琴>→<==august1.0=10095@@レイチェル>→<==august1.0=10090@@翠>→<==august1.0=10014@@鈴木>と1枚ずつ<==august1.0=10086@@金魚>で仕込み展開していく。相手がトップからキャラが埋まらないターンもあり打点をかなり先行できたのでそのまま押し切り。

三回戦 VS 雪単ミックス 先攻 ×
先攻で<==august1.0=10086@@金魚>、<==august1.0=10092@@茉理>スタート。ハンドに<==august1.0=10013@@凪>を抱えていたので、除去されても何とかなるはずだった・・・。相手、<==yuzu1.0=10004@@寧々>→<==fgo2.0=10024@@翁>で<==august1.0=10086@@金魚>が除去される。盤面には<==august1.0=10092@@茉理>のみ。<==august1.0=10092@@茉理>、正面にリース。
ドロー EX1 2枚!!
<==august1.0=10013@@凪>が出ない・・・。
何とか打点だけはくらいつきながら進行していくが、<==august1.0=10028@@フィアッカ>の打点カット2回分が取り返せず負け。

四回戦 VS 日単ミックス 先攻 ×
左AF <==august1.0=10001@@P鈴木> エンド!!
隣の二人にすでに平謝り。
相手、<==kamihime1.0=10024@@ソル>から<==fgo1.0=10010@@ネロ>。打点だけは、<==august1.0=10090@@翠>素だし「アグレッシブ」などで食らいつきながら何とか終盤に持ち込む。トップ勝負に持ち込んだまではいいのだけど相手の盤面にいる<==yuzu1.0=10014@@SRエリナ>が強く、トップで引いたキャラをDMG-2で運用できてしまう強みが出てしまい。差し込みあいで負け。

五回戦 VS 宙単ミックス 後攻
相手、先攻で<==fgo2.0=10075@@ジャンヌオルタ>。このキャラは<==august1.0=10014@@SR鈴木>を是非合わせたいキャラなので、<==fgo2.0=10075@@ジャンヌオルタ>側に<==august1.0=10086@@金魚>を置きながら<==garupan1.0=10010@@SR西住 みほ>を警戒して出す。その後も、落ちものを落としながら相手のキャラとの交換をしていき、中央<==august1.0=10001@@P鈴木>、相手中央<==fgo1.0=10063@@レオニダス>になり、<==august1.0=10091@@美琴>をつもったタイミングで<==august1.0=10086@@金魚>を<==yuzu1.0=10087@@長光>と相打ちさせて
180604 rise6.jpg
180604 rise5.jpg
デッキ枚数、ハンド枚数が同じ状況で盤面をこの状態にして後は<==august1.0=10014@@SR鈴木>、<==august1.0=10090@@翠>が落ちればほぼ勝てるというような状況に持ち込みました。<==august1.0=10107@@砥ぎ>をハンドに持っていたので中型で<==august1.0=10091@@美琴>を止めにくるパターンもケアできていたので負け筋は少なかったと思います。

六回戦 VS 花単ミックス(リーダー有) 先攻 ×
落ちものもしっかり落とせて、うまく盤面を展開するが相手もうまく盤面を作ってきて打点を通させてくれない、お互い硬直状態になりそうな所で残りデッキがお互い12枚。相手がしばらくハンド数枚で動いておりキープしていた1枚だったので<==yuzu1.0=10117@@リラックス>である可能性があったので少し無理をしてハンド1枚を使わせにいく。

3ターン前から「オーダーチェンジ」の詰めを考えていたので積み込みを行っており。
2回ドローで残り8枚。
下4枚が
<==august1.0=10107@@砥ぎ>
オダチェン付与の<==august1.0=10094@@柚香>
アグレの<==august1.0=10090@@翠>
<==august1.0=10095@@レイチェル>

になってるので<==august1.0=10094@@柚香>で2点、<==august1.0=10107@@砥ぎ>×2で6点、
加えて<==august1.0=10092@@茉理>がいるので7点の詰めを用意。

相手2回目のドローから、<==bb1.0=10055@@ルールメイカー>「エンゲージ!!!」アタック1点回復

オダチェン予定の<==august1.0=10092@@茉理>の列は、一方を取ってしまいさらに1点回復されるぞ???

タマちゃんの負け負け~

結果発表
2-4でした!!!


そして、チームの結果

6-0でした!!!


2-4プレイヤーがいるチームが優勝するという旧リセでも一回あったぐらいの珍事が10年ぶりに起きてしまいました。

個人戦績
  • 緋色監督:○○○○○○ 6-0
  • 楓月コーチ:×○○○○ 5-1
  • タマー選手:×××× 2-4
本当に、すみませんでしたぁぁぁ
おんぶにだっこで優勝させて貰い本当にありがたい限りです。

終わりに
個人成績はとても残念な結果に終わりましたが、チームとしては二人の活躍で優勝できました。遊々亭チームとして参加し成績を残せた事がうれしく思います。
僕は、負けてたのでチームメイトに申し訳なさはありましたが、対戦が楽しくてしかたありませんでした。時には対戦中なのに冗談を交えながら対戦する事ができ対戦した方々にも感謝しかありません。

普段の大会とは、少し違ったノリで対戦できるチーム戦は定期的にやって欲しいなと思いつつ次のチームでは足を引っ張らないように今からリセの練習をしていきたいと思います。

最後にチームメイトの緋色監督、楓月コーチとでちんさん・エースさん・らじおさんの銀府チームの3人からコメントをいただきましたのでここでご紹介させていただきます。

緋色監督
「選手を勝たせるのが監督の仕事だと考えていたので、今回の結果には満足しています。」
「楓月コーチが負けてしまったときに勝利を挙げてくれたタマー選手の活躍は非常に輝いていました。」
「これからも選手として超えなくてはならない壁がたくさんあると思いますが、タマー選手なら必ず乗り超えていけると信じています。」
「これからの更なる活躍を楽しみにしています。」

楓月コーチ
「冒頭でご紹介にあずかりました楓月です。タマーMAXさんとは活動地域が遠く離れているので普通は接点が無いのですが、みんな元全一などのテーマでチームを作った時に接点ができて何度か同じチームで参加していて、今回は遊々亭ブロガーというテーマでチームを組み、タマーMAXさんと同じチームで出るのは4回目となりました。数少ないチーム戦の機会なのでもっと他の人と楽しみたいです、タマーMAXさんは飽きました。」
「今回、チーム内で月か花の担当となり、月単は先駆者の研究によりデッキの大半の部分で誰が組んでも変わらないテンプレのような物が出来上がっているので、月宙と花単の研究に時間を割いてチーム戦を迎えました。」
「月宙という、強さが未知数の流行りでないデッキをチーム戦という場に持ち込むのを許してくれてありがとう。あと、一人で全勝でもチーム戦は優勝できないので、たとえ2勝4敗だとしても、チーム戦で優勝できたのはタマーがいてくれたからです、ありがとう。」
「次のチーム戦は緋色君も自分も別のチームで出ると言っていて、あの、前回チーム戦で優勝のタマーMAXさんがフリーになっているので、タマーMAXファンのみんなは今が誘うチャンスですよ!」

でちん
「遊々亭のメンバーが壇上に登れて何よりです。自分は奮いませんでしたので、次回は結果を残せるよう、頑張ります。改めておめでとうございます!」

カツラギエース
「遊々亭チームの優勝、めでたいですね!私はでちんさん、らじおさんとチームを組ませていただき、チームは4-2、私個人は5-1となかなかの結果を残せましたが、チーム内の負け方の噛み合わせで入賞には届きませんでした。」
「実は銀符律時代から合わせてチーム戦に出たことが初めてで、入賞には届きませんでしたが、とても楽しめました。また出たいですね。」
「最後にもう一度、緋色さん、楓月さん、タマーMAXさん、本当におめでとうございます!」

らじお
「ブロガーの先輩達の輝かしい戦績に我々も大変嬉しいです。お互いを信じ合う姿勢を見習いたいです。」
「それはともかく、今回のチーム戦は参加チーム50を超え、普段の大会よりかなり盛り上がって楽しかったです。今後もチーム戦の開催自体が増えたり、名古屋大阪でも行われたりするのに期待してます。」

長くなってしまいましたがこの辺でノシ
タマーMAX選手の次回作にご期待下さい!!

Lycee Overture 買取強化カード紹介!!(7/11更新)

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

始めよう、Lycee overture! まとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

アクアプラス1.0カードレビューまとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE