【ぱられる】蒼炎と神剣の英傑 アイク主人公デッキ | ファイアーエムブレム サイファ Blog | 遊々亭
ファイアーエムブレム サイファ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ファイアーエムブレム サイファに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ファイアーエムブレム サイファ担当アカウント@yuyutei_fe0遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【ぱられる】蒼炎と神剣の英傑 アイク主人公デッキ

posted

by ぱられる

para_ike.jpg
蒼炎と神剣の英傑 アイク主人公デッキ
どうも、ぱられるです。

22弾発売しましたね。最後かと思うと悲しいですが、出揃ったカードプールで可能な限り遊び倒したいと思っています。
今回の記事はアイクです。僕は蒼炎、暁が一番好きで何度かアイクデッキにチャレンジしています。しかし、デッキタイプが好みじゃなくて崩してばかりでした...。最後のアイクは使いやすく強い!をカード化した蒼炎のアイクらしさが出ている印象です。
よろしければ最後までお付き合いください。

蒼炎と神剣の英傑 アイク主人公のデッキ

  1. 主人公としてのアイク

  2. デッキ紹介

  3. 終わりに

1.主人公としてのアイク

<==b22=10011!gp!on>

自ターン中、戦闘力100を維持して戦うワントップタイプ

このアイクを簡単に説明すると『戦闘力100以上の状態』で『相手主人公を攻撃』すると追加で敵のユニット1体(主人公含む)を撃破するスキルを持ったカードです。スキルについて、絆を使用するものはありません。
強みは相手の主人公も撃破できることです。神速回避不能な撃破を攻撃とは別に押し付けますので疑似的な2回攻撃となります。また相手のオーブが無ければ、攻撃した瞬間にゲームに勝利します。
 
耐久が高いわけではなく射程も1であるため、短期決戦で戦う主人公と考えてデッキを作ればよさそうです。ポイントとなるのは『戦闘力100以上の状態』をつくること、『相手主人公を攻撃』することの2つです。

戦闘力を100を維持するためのサポート

『戦闘力100以上の状態』については、アイク自身のスキル「伝説のラグネル」で満たすことができます。

「伝説のラグネル」は他のメダリオンの味方1体につき、+10される効果です。 なので単純にメダリオンの味方を3体盤面に出せば良いのですが、3体となると出撃コストも手札も要求されます。 理想を言えば、3ターン目にCCしたターンからフルパワーで戦いたいですよね。

メダリオンのカードには、1体で2体分のパンプを補うカードや0コストで出撃できるカードが存在しますので主なカードを紹介。

1体で2体分のパンプを補うカード
傭兵団の才士 セネリオ
<==b22=10058!gp!on>

自ターン中、アイクの戦闘力を+10してくれますのでいるだけで+20となります。
魔術の紋章もあり、隙の無いカードです。
厳しき黒天馬 タニス
<==b16=10084!gp!on>

成長することで味方に+10パンプすることが出来ます。
戦闘力30の射程1であるため、自身の必殺札を持たないと攻撃に参加しにくいのが欠点です。

0cで出撃出来るカード
暁の女神 アスタテューヌ
<==b20=10102!gp!on>

0cで手札消費せずに+10を追加するのでアイクを使うのであれば必須であると考えます。
序盤に退避を肥やしながら手札入れ替えするのでCC事故を回避するカードとしても使えます。

両方の役割を持つカード
勇心の白翼王子 リュシオン
<==b20=10081!gp!on>

CCまたは成長した時に同時出撃可能でさらにアイクへ+10できます。
戦闘力50以上のカードは攻撃できないので盤面にも残りやすいユニットになります。
3ターン目CCタイミングに上述の「暁の女神 アスタテューヌ」とあわせることで盤面0からでも『奥義 天空』発動状態に繋がります。

相手主人公を攻撃するためのサポート

アイク主人公全般に言えることですが、主人公を攻撃した時に発動するスキルが多いです。
どの型においても相手は主人公に攻撃されないように警戒して動くことが多くあります。
後衛にいる主人公を攻撃するためには、敵の移動スキルもしくは壁となっている敵ユニットの処理が必要です。

敵移動スキルを持つカード
皇帝を護りし神翼 シグルーン
<==b16=10081!gp!on>

支援も高く、敵移動が簡単にできること。また、盤面に2体出撃できるスキルもありアイクのサポートとしては申し分ないカードです。
<==b20=10081@@リュシオン>や<==b16=10084@@タニス>も出撃できるので次のターンの戦闘力100も補助してくれます。
クリミアの心 エリンシア
<==b20=10077!gp!on>

こちらも支援30で敵移動を持つカードです。
いるだけで相手のユニットの攻撃を抑制する防御も兼ねたカードです。
成長したユニットとして使えるのでサブの乗り先として<==b20=10060@@新たな伝説を創る者 アイク>を採用している場合に活躍が見込めます。

敵ユニットの処理を確実にするカード
ひだるき大賢者 イレース
<==b14=10114!gp!on>

敵が何体いようが手札がある限り撃破できるカードです。
1絆1ドローの手札還元スキルも役に立ちます。
静かなる凄風 セネリオ
<==b17=10069!gp!on>

撃破耐性があっても関係なく処理できるデッキバウンスを使えるカードです。
序盤から相手のオーブを破壊して4枚以上の手札を相手に持たせることでカードを引けなくする効果も合わせて強力です。
蒼炎の軍師 セネリオ
<==b22=10057!gp!on>

こちらは手札へのバウンスですが、バウンスさせて相手の手札を増やした後にハンデスする<==b21=10043@@ハピ>と似たような役割です。

『奥義 天空』は相手の主人公を撃破できるように立ち回る

上で敵移動と敵処理の2つを挙げましたがどちらがいいの?となるかと思います。

私は敵処理スキルを持ったカードをおススメします!

アイクデッキを実際に組んでみて、回した感じは『奥義 天空』で主人公を撃破できるように立ち回る方が強いと感じました。 スキル自体がちょっと特殊な神速回避不可攻撃なので序盤から主人公へ圧力をかけれるようにした方が勝ちに直結しやすかったです。

主人公以外の敵を撃破しながら戦うのであれば、<==b05=10101@@蒼炎の勇者 アイク>でいい気もしますし、腰を据えてじっくり戦うなら<==b12=10001@@蒼焔の神将 アイク>が適しています。 アイクにしては成長を必要としない所からも序盤の支援失敗も少なくなり、主人公への打点も安定します。

2.デッキ紹介

緑無アイク
=====deckstart===== @キャラクター- <==b12=10005>*1 <==b22=10011>*4 <==b14=10090>*3 <==b22=10058>*4 <==b17=10069>*3 <==b20=10081>*4 <==b20=10102>*4 <==b12=10016>*3 <==b22=10061>*4 <==b22=10013>*1 <==b14=10116>*2 <==b14=10114>*3 <==b16=10082>*3 <==b16=10081>*4 <==b16=10084>*3 <==b20=10083>*1 <==b21=10103>*3 =====deckend=====
乗ったターンからゲーム終了まで『奥義 天空』を発動できるように小粒を意識した構築です。 1,2ターン目の出撃は3ターン目に残せるような手札(回避が多い、相手の射程持ちが少なそうなど)の場合は積極的に出撃します。 そうでない場合はアイクの攻撃から魔術の紋章10枚、運命の紋章3枚で<==b20=10102@@アスタテューヌ>と<==b20=10081@@リュシオン>を揃えにいきます。

<==b12=10005@@1cのアイク>は撃破時に<==b22=10058@@1cセネリオ>、<==b14=10116@@イレース>、<==b12=10016@@ミカヤ>をパンプすることで次のターンまで残しやすくするために+Xを採用しています。 セネリオはお互いに戦闘力をカバーし合えるので序盤から圧力をかけられます。

闇雲に手札を使うのではなく、アイクが必ず100になるように調整しながら戦います。
絆は<==b14=10114@@イレース>か<==b16=10081@@シグルーン>を1,2回、詰めに<==b21=10103@@スカビオサ>を1回使うことになります。

CC後は上級のユニットで脇を処理して、アイクで主人公を集中して攻撃します。 だいたい6~7ターン目にキルターンになることが多いですが、相手によってはこちらのオーブが持たないので詰めに入る前に<==b16=10082@@シグルーン>や<==b20=10083@@ハール>で一度アイクを下げられるようにしています。

絆3枚と重く見えがちなスカビオサの再行動はアイクの攻撃を1回増やすコストとしては十分です。 1cと緑の味方を出しながら隙間で出せる支援30の魔術であること、シグルーンから出せることが強みで使い勝手は悪くないです。

やることは単純ですが、手札が増えにくく絆置きや魔術の紋章で捨てる手札の取捨選択が意外とシビアです。 まずは次のターンに横のユニットが生存していない前提でアイクの『奥義 天空』を発動させるためにどのカードが必要か考えてデッキを回すのがコツになります。

3.終わりに

最終弾にしてようやくアイクを思う存分使っています。
どうすれば詰めることができるかを考えて、動きが上手くかみ合うと最高に気持ち良いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

FE0 超買取強化カード紹介!!(11/26)

by -遊々亭- サイファ担当

READ MORE

11/1~11/15 売り上げランキング

by -遊々亭- サイファ担当

READ MORE