【近松】22弾公開カード先行レビュー(2) | ファイアーエムブレム サイファ Blog | 遊々亭
ファイアーエムブレム サイファ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ファイアーエムブレム サイファに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ファイアーエムブレム サイファ担当アカウント@yuyutei_fe0遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【近松】22弾公開カード先行レビュー(2)

posted

by 近松

FE0新弾コラム.jpg
【近松】22弾公開カード先行レビュー(2)
こんにちは!遊々亭@サイファ担当です!

今回は10月1日に発売する最新弾『英雄たちの凱歌』封入のカードについて、
現段階でのレビューを執筆いただく企画です!
今回は近松さんのレビュー第2弾としてメダリオン・神器・ヒーローズのカードについて公開いただきました!

蒼炎と神剣の英傑 アイク

自ターンに他の緑のユニットの数だけ、アイクの戦闘力は+10されます。

アイクが相手の主人公を攻撃した時に戦闘力が100以上あれば、主人公以外の敵を1体撃破出来る「奥義 天空」、 更に敵が主人公しかいない場合は「奥義 天空」の撃破対象は主人公となります。

戦闘力100になっていて主人公を攻撃すれば問答無用で1体撃破出来ます。相手の主人公を移動出来るユニットがいればアイクを活かしやすくなりますね。 戦闘力は<==b20=10102@@アスタテューヌ>や<==b20=10081@@2cリュシオン>で補助したり、緑以外でも<==b13=10019@@ニルス>や<==st11=10009@@無色4cロイ>でも100になるので、様々な構築が生まれそうです。 勿論、緑主人公の横に出撃させれば最低でも80になっています。相手の戦場が主人公しかいない場合はキルソードとなる為、緑と対面した時にはオーブに細心の注意を払いたいです。
暁光を纏いし巫女 ミカヤ

サイファで長年使ってきた主人公カードが、最終弾もSRで登場。嬉しいです!

「暁を願う心」は退避のミカヤを1枚成長させると+30し、ミカヤが成長する度に、手札が4枚以下なら1枚ドローが出来ます。

シンプルなスキル内容ですが、無償ドローがあるだけでも強力なカード。手札が減りやすい主人公のサブアタッカーとして無理なく採用させやすいカードだと思います。 また、従来通り主人公運用でも勿論活躍させやすいはずです。ミカヤ自身が90打点のアタッカーになれるので、ミカヤが支援失敗しても打点は通りやすく、今まで以上にアタッカーとしての役割が大きくなりました。

気に入っているカード・キャラのひとりなので、いつかまた新ミカヤ軸のデッキの記事を書きたいなと思っております。
傭兵団の才子 セネリオ・蒼炎の軍師 セネリオ

1cは自分のターンにアイクの戦闘力を+10させます。1cセネリオがいるだけで4cアイクは戦闘力90になる為、 もう1体緑のユニットがいればアイクの「奥義 天空」が発動可能となります。魔術の紋章であるのも採用させやすいポイント。

5cは<==b15=10015@@マリク>のようなバウンス+ハンデス能力。撃破耐性を持つユニットでも貫通して処理出来るのは強力です。 ハンデスも6枚以上という条件付きですが、1裏で2ハンデスというコストパフォーマンスの良さで妨害が出来ます。 緑では貴重なハンデス役なので、従来の緑のデッキとは異なるタイプを構築出来るかもしれません。
災いを断つ烈剣 エリウッド

「魂を継ぐ烈火の剣」は味方を行動済みにする度にエリウッドは+10され、破壊するオーブが1枚増えます。 また、エリウッドの攻撃が回避されると支援カードをそのまま出撃出来ます。 撃破トリガーと回避トリガーを両立しているアタッカーなので、主人公に攻撃すれば既に出撃しているユニットで支援しない限り、どちらかのスキルを活かす事が出来ます。 5cと少々重いので尖らせた構築での運用をしてみたいです。

優情と雷剣の姫 エイリーク

前衛にエイリークと他に2体以上いる時に、無償で1ドローできる「優王女の聖祈」がエイリークの目玉。 達成させるのも非常に容易な条件ですので、構築を寄せればほぼほぼ毎ターンドローが狙えます。 本当にシンプルですが、非常に評価の高いスキルのひとつ。

また、お互いのターンに1回だけ支援失敗をやり直す事が出来ます。こちらもコストは必要無く、少しでも支援負けを減らせます。 主人公はどうしてもデッキ内の枚数が多くなりがちなので、避けたくても避けられない主人公の支援失敗もケア出来ると思うと便利なサポートスキルですね。

至高の光で世を照らす者 ギネヴィア

最後のLISカードです。
「神将器 アーリアル」は紫の絆カードを1枚裏返す度に+20。2回以上起動すると、3枚デッキトップを見た後に好きな順番で2枚置き直せます。

例えば<==b09=10060@@アル>主人公の場合、3枚の中から竜人とアルのカードがあれば竜人+アルを仕込めるので、アルの攻撃で絆を仕込みながら確定で再攻撃が可能となります。 デッキは選びますが、アルや<==b21=10071@@レイヴァン>などの一部のデッキでは絶大なシナジーを発揮します。
春めく皇女 ヴェロニカ

支援30の無色カード。「春の歓び」ではヴェロニカを無限エリアに置くことでドローソースになります。 ヴェロニカが無限エリアにあると相手の主人公のシンボルが失われるという変わった特殊スキルがあり、 <==b16=10077@@サナキ>対策などの役割があります。サナキの他にも、主人公の竜人や運命を封じたり、
CP<==b18=10001@@ベレト>・<==b19=10024@@ソティス>を使えなくさせるという対策にもなり得ます。

相手のターン終了時に相手の手札が3枚以下なら、ヴェロニカは退避エリアに移動します。 特にサナキだとこの制約が重く、ヴェロニカを1回無限エリアから離れさせるだけでも一苦労です。

支援30なのでデッキに採用しやすく、3ターン目にCCさせないデッキだと特に採用の候補に上がるでしょう。 竜人の無い茶色の<==b18=10004@@エーデルガルト>や<==b18=10019@@ディミトリ>などの主人公ですと無理なく3ターン目にヴェロニカを出撃しやすいです。 特定の主人公の対策にならなくとも、手札交換だと割り切り出撃させても良いかもしれません。

【担当】以上、22弾公開カード先行レビュー(2)でした! 近松さんありがとうございました!!

FE0 超買取強化カード紹介!!(9/16)

by -遊々亭- サイファ担当

READ MORE

9/1~9/15 売り上げランキング

by -遊々亭- サイファ担当

READ MORE