Z/X-Zillions of enemy X- Blog | 遊々亭
Z/X-Zillions of enemy X- 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Z/X-Zillions of enemy X-に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Z/X担当アカウント@yuyutei_zx遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

青単サイクロトロン

    posted

    by 立花

    らいたいとる.jpg
    青単サイクロトロン
    新情報も出てきて盛り上がっていますね、こんにちは立花です。
    今回は新弾で強化されたサイクロトロンのデッキを紹介しようと思います。
    ド派手なデッキであり、うまく行けば6リソースで8面を埋めることもできるデッキです。
    テーマもイグニッションとこのゲームならではのデッキなので、是非お試しください。

    デッキレシピ
    =====deckstart===== @プレイヤー スタート-mtgcre http://yuyu-tei.jp/blogManager/mt.cgi?__mode=dashboard&blog_id=20 <==p04=10028@青@>*1 <==b25=10041@青@>*1 <==b25=10186@青@>*1 @メインデッキ(IG)-blue <==e10=10021@青@>*4 <==e07=10026@青@>*4 <==b27=10031@青@>*4 <==b21=10047@青@>*4 <==b25=10037@青@>*4 @メインデッキ(非IG)-green <==b25=10041@青@>*1 <==b22=10061@青@>*4 <==b27=10039@青@>*4 <==b15=10069@青@>*4 <==e10=10031@青@>*4 <==b25=10069@青@>*4 <==b22=10057@青@>*4 <==b22=10079@青@>*4 @ZXEX- <==p16=10021@青@>*1 <==b17=10077@青@>*1 <==e14=10125@灰@>*1 <==b20=10203@青@>*1 <==b19=10073@青@>*2 <==c18=10008@灰@>*2 <==b27=10144@青@>*2 <==b25=10185@青@>*4 =====deckend=====
    デッキコンセプト
     デッキの中心はもちろん<==b25=10185@青@IGOB><==b25=10186@青@雷鳥超>です。
    雷鳥超.jpg
    すべてのサイクロトロンにイグニッションを与えるこのカードの能力は多くのプレイヤーに夢を与える能力です。
    この<==b25=10185@青@IGOB><==b25=10186@青@雷鳥超>で出てくるカードを操作することができるカードがしっかりと用意されています。
    <==b25=10037@青@!gp!on> <==b27=10031@青@!gp!on>
    これらのカードを使いデッキトップに出したいサイクロトロンを配置し、イグニッションで展開をして制圧をしていきます。

    ゲームプラン
     狙うのはもちろんIGOBからの大量展開ですが、そのための準備として以下のことを行います。
    • 手札に<==b25=10037@青@VBサイクロトロン>、もしくは<==b27=10031@青@タウニー>+<==b22=10061@青@惺将サイクロトロン>、<==b27=10039@青@T.Birdサイクロトロン>といった展開札を用意する
    • ウェイカーレベルを3まで上げる
    上はIGOBからの展開をサポートするため、下は展開を行う上の条件ですね。

     ウェイカーレベル3は少し難しく感じますが実はIGOBのターンに3になれば良いのでそれほど難しくありません。
    よく行う展開は1から2ターン目のどこかでウェイカーレベルを上げるカードをプレイ、3ターン目に<==b19=10073@青@ルートヴィヒ>をプレイ、IGOBのターン前後でウェイカーレベルを3に上げるといった流れです。
    <==b19=10073@青@!gp!on!200>
    <==b25=10037@青@VBサイクロトロン>、そして<==b27=10031@青@タウニー>は出すカードをある程度狙い通りに行うために使用します。
    <==b27=10031@青@タウニー>はリソースリンクで登場させる事もできる上、出すカードをほぼ狙い通りに設定できるのでゲームプランのブレが少なくなります。
    <==b22=10079@青@!gp!on> <==b22=10057@青@!gp!on>
    これらのカードで狙って出していきたいサイクロトロンは<==b22=10061@青@惺将サイクロトロン>、<==b27=10039@青@T.Birdサイクロトロン>、<==e10=10031@青@剣帝サイクロトロン>の三種類です。
    <==b22=10061@青@!gp!on!200> <==b27=10039@青@!gp!on!200> <==e10=10031@青@!gp!on!200>
    <==b22=10061@青@惺将サイクロトロン>、<==b27=10039@青@T.Birdサイクロトロン>は共に追加の展開を行うことができます。
    <==b22=10061@青@惺将サイクロトロン>は破壊時という特殊な条件と展開できるカードの制限がありますが追加の除去とドローが強力で、中盤に1点取りたい時などにも使用したりします。
    他にもこのカードで<==b15=10069@青@双醒サイクロトロン>を登場→効果で<==b22=10061@青@惺将サイクロトロン>をバウンス→<==b21=10047@青@キヨミズ>を<==b25=10185@青@IGOB><==b25=10186@青@雷鳥超>効果で登場、<==b21=10047@青@キヨミズ>効果で再び<==b22=10061@青@惺将サイクロトロン>のような動きもできるので、実は一番使うサイクロトロンかもしれません。

    <==b27=10039@青@T.Birdサイクロトロン>は4以下全体バウンスと追加のイグニッションというこのデッキに非常にマッチした能力を持っています。
    追加のイグニッションによって他のサイクロトロンを更に展開することができます。
    パワーも9000と地味に高く、相手に破壊されにくいのも評価点です。

    <==e10=10031@青@剣帝サイクロトロン>は言わずもがな、大きいサイズと除去、絶界と相手にとって厄介この上ないカードです。
    IGOBの前に置いて相手にIGOBを破壊されにくくしたり、自分プレイヤースクエア横に置いてライフを取られにくくしたりと存在そのものが厄介なカードです。

     そしてフィニッシュプランの一つはもちろんシフト、<==b27=10144@青@カノープス>の出番です。
    <==b27=10144@青@!gp!on!200>
    サイクロトロンが全て絶界、そして場のサイクロトロンの数だけサイクロトロンを展開というこれでもかという大量展開能力です。
    実はこのデッキでは<==b25=10185@青@IGOB><==b25=10186@青@雷鳥超>の効果の関係上、ディンギルを絡めるとIGOBを1ターンで二回行うこともそれほど難しくなく、意外と狙って行うことができます。

    大型サイクロトロンを大量に展開し、勝利を目指しましょう。

    各カード解説
    ε17共鳴戦士タウニー
    <==b27=10031@青@!gp!on!200>
     最新弾で追加されたメタルフォートレスのIGアイコンです。
    序盤はドローによるコンボパーツや<==b25=10069@青@誓いイベント>を探すことが、後半はこのカード自身がコンボパーツとして機能するのでいつ使っても強いカードです。
    注意点としては<==b27=10144@青@カノープス>を使って盤面展開を行う際、このカードは絶界を持たないのでここを起点に相手に反撃される可能性がありますがそれでも使用頻度の大きいカードだと思います。
    T.Bird feat. サイクロトロン
    <==b27=10039@青@!gp!on>
     効果すべてがデッキと噛み合っている新規サイクロトロンです。
    全体バウンス能力により<==b16=10087@橙@エミクス>などの上から展開を行えるようになります。
    また、イグニッションで登場するのはプレイによる登場なので、このカードのプレイ時であるイグニッションを行う効果は問題なく発動し、これも<==b25=10185@青@IGOB><==b25=10186@青@雷鳥超>を噛み合っています。
    他にもこのカード自身を連鎖させて展開させ、最後に<==b25=10037@青@VBサイクロトロン>や<==b27=10031@青@タウニー>で再び仕込みを行うことも出来ます。
    "孤高誓装"雷鳥超
    雷鳥超.jpg
     テキストだけ見るとロマン溢れる能力に見えますが、仕込みを行えるカードの存在により強力な能力になっています。
    前項でも書きましたが、このカードで展開するのもサイクロトロンなのでディンギルで自壊→IGOBという動きが他のテーマ以上に容易に行えるので、シフトを狙いやすいのも大きな特徴です。
    サイクロトロンのサポートカードにイグニッションを行うカードが多く用意されているので、それらのカードとも相性が良いのも注目ポイントです。
    【運命剣臨】電脳械カノープス
    <==b27=10144@青@!gp!on>
     IGOBとは違い、派手さをこれでもかと求めたシフトです。
    サイクロトロンの数だけドローやその分の展開、挙句の果てには全サイクロトロンに絶界というワクワクを詰め込んだ能力です。
    IGOBの項目でも書いたように、サイクロトロン自体がシフトを狙いやすいので思ったより使う機会が多く、爽快感を体験することが出来ます。
    戦闘起動!サイクロトロン
    <==b25=10041@青@!gp!on>
     このデッキではメイン枠にも採用されているスタートカードです。
    1コストでイグニッションを1回行える能力が単純に強力であり、IGOBを組み合わせると実質1コストで1体展開していることになります。
    また、<==b27=10031@青@タウニー>やリソースリンクである程度狙ったカードを展開したり、チャージを節約して展開したりと実は活躍機会が多いカードです。
    雷鳥リソースリンク
    <==b22=10079@青@!gp!on> <==b22=10057@青@!gp!on>
     展開、バウンスとトップ操作とこれもデッキコンセプトと噛み合っています。
    <==b22=10079@青@絆イベント>の方は除去によってサイクロトロンを展開する場所を作りつつIGOBから出すカードを操作することができ、劣勢時のゲームメイクに一役買っています。
    <==b22=10057@青@サイクロトロン>の方は<==b27=10031@青@タウニー>などを展開することでコンボに使用するコストを減らしたりすることができます。
    また、この手のリソースリンクには珍しく絶界の付与により天敵の<==b18=10199@緑@娑伽羅>に対して強いのも評価ポイントです。

    改良するなら
     今回は<==b25=10185@青@IGOB><==b25=10186@青@雷鳥超>の効果を最大限活かすためにサイクロトロンで染めましたが、他のイグニッションをするカードを採用してみると楽しいと思います。
    最近だと白のカードにその手のカードが多いので、一度試して見てください。
    <==e09=10043@橙@!gp!on> <==b20=10101@橙@!gp!on>
    このデッキの方向性で行くなら、採用するサイクロトロンの種類や枚数を調整するのも良いと思います。
    <==e10=10029@青@!gp!on>
    終わりに
     今回はサイクロトロンのデッキでしたが、如何だったでしょうか。
    使ってみると意外と強くて面白く、くせになるデッキです。
    最近のカードが多いため集めやすいと思うので、是非お試しください。

    感想や意見、こんなデッキを見てみたい!!などは以下のフォームで送信をお願いします。

    感想箱へのリンク

    それでは、今回はこの辺りで。

ゼクスタ参加録vol.108 白単ガルマータ

    posted

    by フリッツ

    ゼクスタイトル.jpg
    ゼクスタ参加録vol.108 白単ガルマータ
    どうも、フリッツです。
    前回とは違った軸で<==b27=10073@橙@ミラクルディーヴァ ケィツゥー>を試してみたいと思います。
    なので、今回は【ガルマータ】を使いました。
    デッキレシピ紹介
    デッキ名:白単ガルマータ
    =====deckstart===== @プレイヤー スタート-mtgcre http://yuyu-tei.jp/blogManager/mt.cgi?__mode=dashboard&blog_id=20 <==b23=10225@橙@>*1 <==b25=10081@橙@>*1 <==b25=10190@橙@>*1 @メインデッキ(IG)-blue <==p21=10024@橙@>*4 <==e10=10042@橙@>*4 <==p20=10017@橙@>*4 <==e13=10052@橙@>*4 <==b25=10074@橙@>*4 @メインデッキ(非IG)-green <==e10=10059@橙@>*2 <==b20=10114@橙@>*4 <==b27=10073@橙@>*4 <==b20=10107@橙@>*4 <==e10=10049@橙@>*3 <==b26=10060@橙@>*4 <==b25=10108@橙@>*4 <==b20=10120@橙@>*4 @ZXEX- <==b26=10072@橙@>*4 <==p27=10001@橙@>*2 <==p23=10006@橙@>*2 <==b26=10140@紫@>*2 <==b25=10189@橙@>*4 =====deckend=====
    コンセプト
    <==b26=10059@橙@森に生きるドルイド サー・ガルマータ>、<==b27=10073@橙@ミラクルディーヴァ ケィツゥー>、<==b26=10140@紫@【大罪剣臨】暴食妃ベルゼブブ>を入れてから紹介してないので使用。
    <==e10=10103@橙@告げられし福音ミカエル>を入手できたので安定感もあります。
    <==b27=10073@橙@ミラクルディーヴァ ケィツゥー>を踏み倒して盤面を固めつつ攻めていきたいデッキです。
    <==b26=10059@橙@!gp!on!200> <==b27=10073@橙@!gp!on!200> <==b26=10140@紫@!gp!on!200>

    キーカード紹介
    森に生きるドルイド サー・ガルマータ
    <==b26=10059@橙@!gp!on!200>
    登場時にチャージのゼクスを回収可能で、相手のメインフェイズ開始時に相手の5コスト以下のゼクスをスリープしつつ、このカード以外の自分のゼクスのパワーを2000プラスできます。
    序盤の要で、IGフェイズに除去されなければそのまま相手の点取りを妨害していくことができます。
    <==b26=10071@橙@神討つ聖鎧ノシャック>から出せるのも強いです。
    ミラクルディーヴァ ケィツゥー
    <==b27=10073@橙@!gp!on!200>
    このデッキだと<==b26=10059@橙@森に生きるドルイド サー・ガルマータ>、<==e10=10041@橙@正覚の覇騎士サー・ガルマータ>、<==b25=10073@橙@勝鬨の雄叫びサー・ガルマータ>のどれかが出せます。
    それぞれ役割は別々ですが、<==e10=10041@橙@正覚の覇騎士サー・ガルマータ>、<==b25=10073@橙@勝鬨の雄叫びサー・ガルマータ>ならチャージ1枚のアド損を消しつつドローもできます。
    ガルマータをいっぱい並べて5000以下のダメージを封殺するのも単純に強いです。
    【大罪剣臨】暴食妃ベルゼブブ
    <==b26=10140@紫@!gp!on!200>
    シフト時にゼクスを1枚破壊しつつ、トラッシュからゼクスを2枚チャージか手札に加えることができます。
    チャージ2枚でIGOBしても、2回目以降のIGOBなら即シフトでチャージ4枚の状況を作り出せたり、連パンの起点になることができます。

    対戦結果
    1st 黒単ディアボロス ○
    アニムス.jpg
    相手の<==b17=10125@紫@骨海豚ボーンドルフィン>、<==b24=10119@紫@不思議の国のグラ>を<==b20=10107@橙@黄泉路を駆ける聖騎士サー・ガルマータ>でデッキ送りにして再利用を封じる。
    <==zp01=10047@紫@アニムス 華望の契り>を相手が引いていないらしく、IGOBしてこないうちに、<==e10=10059@橙@秩序の頂点サー・ガルマータ>で攻撃して勝利。
    2nd 白単メインクーン ×
    ニーナ.jpg
    <==b26=10059@橙@森に生きるドルイド サー・ガルマータ>でIGで出てきた<==b01=10089@橙@持ち逃げするメインクーン>をスリープさせ降臨条件を揃えるのを妨害しつつ耐える。
    見えない<==b23=10119@橙@メインクーンとニーナ 孔丘の絆>や<==b23=10099@橙@天満神猫メインクーン>、<==b26=10053@橙@至上の可愛さミヌエット>の能力を警戒しつつ、<==b25=10191@橙@"救済誓装"><==b25=10192@橙@ニーナ・シトリー>、<==b20=10204@橙@列神天使ガムビエル>などを突破していく。
    <==b20=10107@橙@黄泉路を駆ける聖騎士サー・ガルマータ>で耐えていましたが、<==b27=10146@橙@【運命剣臨】浄清星ガムビエル>を絡めた連続攻撃により敗北。
    3rd 青単リゲル ○
    あづみ.jpg
    勝負が長引きすぎて点はなかなか入らないし、お互いに4回IGOBする。
    <==b27=10073@橙@ミラクルディーヴァ ケィツゥー>で面を作り耐えようとするが、<==b01=10067@青@ソードスナイパー リゲル>がPSから点を取ってくるのがやっかい。
    結局<==b24=10185@青@"蒼天誓装"><==b24=10186@青@各務原あづみ>を使い切った相手がこちらの面を返しきれず勝利。

    今回の総評
    今回は2-1でした。
    <==b20=10113@橙@忠順なる騎士サー・ガルマータ>+<==b20=10119@橙@サー・ガルマータとミサキ 忠孝の絆>の絆リンクは強力ですが、こちらが5止めした場合に機能しなくなってしまうので、環境と相談して採用を検討しなおす必要があると感じました。
    抜くとしたら<==b25=10099@橙@たゆまぬ鍛錬サー・ガルマータ>、<==p26=10032@橙@新年の始まりイブキ>を入れることになるのかなと思います。

    それでは。

ケットシー・ガイド(4)

    posted

    by 缶烏

    ガイド(4).jpg
    ケット・シーガイド(4)
    前回からの続きです。
    今回はデュナミスデッキのカード解説とIGOB軸とは少し違ったカードを使う猫デッキの紹介をしていきます。

    デュナミスデッキ
    ディンギル
    大体全種類1枚ずつか、<==b27=10077@橙@カール>か<==p19=10040@橙@ディンギルクーン>2枚みたいな採用方法になることが多いディンギル枠です。

    ニャインライブズ カール
    <==b27=10077@橙@!gp!on>
    さようなら<==b16=10117@橙@スド>。こんにちは<==b27=10077@橙@カール>。

    <==b16=10117@橙@スド>よりマイナス値は少ないとはいえIGOBをワンパンするには十分な上に、チャージ除去も付いています。
    このカードの登場によってチャージを除去したいんだけど<==p17=10044@橙@アンキシャ>でチャージ2使いたくないなーみたいな場面や、<==b16=10117@橙@スド>でマイナス撒きたいけど盤面の猫が2体減るのキツいなみたいな場面が解決するのが本当に偉いです。特に前者は頻発するのでIGOBメインの今の環境なら<==b27=10077@橙@カール>2枚体制もアリだと思います。

    個人的にはデッキボトムに送っても、盤面に戻ってきやすい青のスタカをトラッシュにぶち込めるのが偉いなって思ってます。
    黒系や赤系デッキにスタカを再利用されやすいのは問題ですが...。

    対なる『鎮頂』アンシャル・キシャル
    <==p17=10044@橙@!gp!on>
    まあその問題を解決するのがこのカードなんですよね。
    赤系デッキや黒系デッキは、スタカをボトムに送らないとトラッシュからの踏み倒しや除外からの踏み倒しで、手間はかかりますがまたチャージに置けてしまいます。それを防ぐことができるため、<==b27=10077@橙@カール>が来てもこのカードは採用され続けるでしょう。

    そもそも、チャージを弾きながら盤面に3cを出せるという効果は、多面展開をして前に出ながら相手の妨害をしていくという猫デッキのコンセプトにとても合っています。
    多面展開+バニラや<==b27=10065@橙@音色クーン>という少し大きなサイズが出てくるというのは、相手がスタカの効果を使ったり、IGをヒットさせなければ基本的に殴り合いで抜けないため、チャージを弾くという効果が大きなアドバンテージになります。
    出せる3c以下のバリュー自体も、<==b20=10085@橙@タビーキャット>や<==b25=10075@橙@VBクーン>、<==b27=10065@橙@音色クーン>、LRなどの強力な効果を持ったもの、<==b25=10079@橙@スタカクーン>や<==b22=10091@橙@マーゲイ>といった相手が破壊したくないものと多岐にわたります。

    列神天使ガムビエル
    <==b20=10204@橙@!gp!on>
    連パン要員。

    自分のゼクスが破壊できます。出したターンで大抵殴り倒すのでチャージ上限が減る効果はあんまり活躍しないです。ハンデスが強かったことは一回もありません。
    まあ<==b27=10146@橙@シフトガムビエル>と合わせて相手のチャージ上限0にするのも楽しそう。なおどっちもフィニッシャー。まあ序曲みたいなライフ強くてチャージ使うデッキ相手には狙っても良いかもしれない。

    伏虎の『創造』ルル
    <==b23=10204@橙@!gp!on>
    <==e08=10096@灰@バール>が抜ける。

    他には<==b20=10085@橙@タビー><==b21=10107@橙@マヌル>スタートしたせいで7面しか埋められなさそうだなって思ったら、こいつを出しておくと大抵いい仕事してくれる。どうせチャージには<==b22=10091@橙@マーゲイ>となんかがいるので、そいつらを落として次のターンの<==b21=10107@橙@マヌル>のコストにしちゃおう。

    砂神の楼閣ルル
    <==e09=10057@橙@!gp!on>
    <==b25=10105@橙@誓い>を拾える。

    <==b21=10107@橙@マヌル>でライフ見て<==b25=10105@橙@誓い>が埋まってる時に出すことが多い。<==b21=10107@橙@マヌル>で見たライフはちゃんと覚えておこう!他の領域から<==b25=10105@橙@誓い>を確定で回収できる唯一の方法なので採用し得。
    あとかなり厄介な<==e09=10043@橙@アイコンマルキダエル>を処理できる。破壊以外の除去めちゃくちゃ少ないんすよね。

    神憑る猫の手メインクーン
    <==p19=10040@橙@!gp!on>
    ドローができる。

    2ドローと種族がとにかく偉い。6000マイナスはそこそこ偉い。サクッとアドバンテージを得られるので2枚積みたいところだけど、<==b27=10077@橙@カール>とシフトが来てエクストラ枠がひっ迫してきたので1枚しか要らないかも。新しく組む人には朗報かな?

    ウェイカー
    個人的にはどれも抜きたくないカードなんですよねー。けどどれか抜いたほうがいいのもわかるんすよねー。どいつもこいつも出す回数は本当に低いです。

    醒竜天使 白羊のマルキダエル
    <==b18=10115@橙@!gp!on>
    <==b25=10021@赤@モー・ショボー>と<==e02=10075@青@アクターレ>を倒しつつ1点取れる。※封神指定発表前に執筆。

    まあなんとなく察していただけると思うんですが、<==e02=10075@青@アクターレ>がすこぶるキツかったんですよね。12枚は5cが入っているので、出すこと自体はそこそこキツい程度なんですよ。出すのがそこそこキツいカードですこぶるキツいカード突破できれば上々じゃないですか?
    <==b18=10115@橙@マルキダエル>→<==b16=10103@橙@ニャインクーン>→<==b20=10085@橙@タビーキャット>5c猫みたいなブン回りパターンもあることですし、採用し得です。

    告げられし福音ミカエル
    <==e10=10103@橙@!gp!on>
    (運が良ければ)<==b25=10105@橙@誓い>を加えられる。

    <==b25=10105@橙@誓い>が加えられるのとジャイアントキリングができる点が優秀。
    問題点としては、猫に入るイベントは<==zp01=10074@橙@エヴォコネ>以外能動的に打つことが少ないカードなんですよね。まあ白いイベントなので当然っちゃ当然なんですけどね。

    そのため覚醒条件はかなりキツいです。けどこのカードが無いとトラッシュの<==b25=10105@橙@誓い>を拾えないのも事実。IGで<==b25=10105@橙@誓い>が4枚落ちた瞬間、エクストラのシフトはただの紙切れになり、<==b25=10075@橙@VB>もバニラにすら劣るカードになることを考えるとある方がいいカードだと思います。

    絶対なる猫王ミケ
    <==b19=10115@橙@!gp!on>
    リセットボタン(なお)
    簡単に言うとクーンの絆リンクを足して2で割ったみたいなカード。使い勝手は悪くないが、勝てるカードでは無い。

    実は、猫デッキが得意とする『小さいコストの生き物を展開して面制圧、殴りで対処しようとする敵をイベントなりサイズ差なりで妨害』戦略って猫デッキがやられたくないことそのまんまなんですよね。
    だけど、猫デッキで面が埋まった状態をなんとかできるカードって、IGOBかこのカードしかないんです。そういう多面展開してくるデッキは細かく動きながら点を取るので、このカードが内蔵している<==b02=10113@橙@市場>がまあそこそこ刺さってくれて、ある程度ダメージも抑えられるんですよね。
    けどそういう小型展開系のデッキって大抵なんらかの復帰ギミックがあることが多いので、<==b19=10115@橙@ミケ>で一掃しても再展開されながら<==b19=10115@橙@ミケ>倒されて上から1点って言われて2枚目の<==b19=10115@橙@ミケ>は無いので結局負けみたいな展開になりがち。
    だけど「IGがめちゃくちゃ当てられて8面埋められた」みたいな盤面にはもちろん有効。特に<==b20=10049@青@アルダナブ>大量ヒットとか。

    と言ってもここまでの評価はアグロ対策つまり守りのカードとしての評価。
    一方で、イベントを構える相手に対するアンチカードとしての評価は個人的にそこそこ高い。猫はIGで<==b20=10085@橙@タビーキャット>がヒットすればリソースを使わずに点を取りに行けるので、7リソ払ってウェイカーして相手が迎撃できなくなるのなら全然選択肢には入ってくると思う。
    環境にいるイベントでの迎撃を狙ってくるデッキの例としてはリゲルや序曲、ディンギルなど。そう少なくない数いるので、攻めのカードとしては結構採用したい寄りです。
    といってもリゲルとディンギルはそもそも壊滅的な相性差なんですよねー。リゲルは除去の質的にチャージをくれないので苦手。ディンギルはデッキの存在そのものが猫デッキを倒すために造られています。<==b21=10097@橙@サンダルフォン>とかいうカードで...

    ちなみに猫は出されても<==b25=10075@橙@VBクーン>2回打てれば溶けるからそんなにツラくない。<==b21=10107@橙@マヌル>も<==b23=10099@橙@天満クーン>も溶けないし。

    IGOBとシフト
    "救済誓装"ニーナ・シトリー
    10191.jpg
    10192.jpg
    チャージ1消費で1面破壊しながらデッキの上から猫を降らせる。ちょっとやりすぎじゃないですかね...。
    チャージ1消費で高確率で2面展開。ということはIGOBをディンギルの種にしてもう一回IGOBしても十二分にアドバンテージが取れるわけです。チャージ3用意する必要が無いのが本当に偉い......偉い.........。
    デッキ自体がディンギル主体な上にチャージ1消費なので1ターン残ると相手は大惨事です。<==b27=10065@橙@音色クーン>も来たことですし。

    出す場所としては<==b21=10107@橙@マヌル>やLRの前を塞ぐように出すのがいいです。それか<==b21=10107@橙@マヌル>やLRと横1列に自陣に並べるのもオススメです。その時はIGOBの前に7500以上を置くようにしましょう。

    【運命剣臨】浄清星ガムビエル
    <==b27=10146@橙@!gp!on>
    インクの染みと猫補充と猫射出ができる。普通に6リソで<==b25=10105@橙@誓い><==b25=10105@橙@誓い>って動いてシフトしてもPS5連パン。<==b24=10085@橙@ボブテイル>が絡めば最高7連パンまで伸びます。6パンできればアイコン1枚じゃ止まらないのでワンショットとしては十分使えるラインだと個人的には思っています。アイコン出ても<==b25=10075@橙@VB>で溶かせるのも強み。

    シフトが殴らないと猫射出できないので気を付けよう!!前に出るシフトって基本的にあんまり強くないので手札に<==b25=10105@橙@誓い>2枚あっても2ターンかけて点取りに行った方がベターです。
    シフト来る前から2回誓えばもう勝ちだったやんって言っちゃダメです。

    デッキバリエーション
    IGOB軸とは少し違うカードを採用する猫デッキの紹介です。

    ウェイカー軸
    <==b22=10087@橙@!gp!on!200> <==b25=10077@橙@!gp!on!200>
    <==b22=10087@橙@フラットヘッド>に<==b25=10077@橙@ミケ>も加わり、遂に2種類になったケット・シーのウェイカーオープン。それに加え、採用率No.1ケット・シーの称号をほしいままにする<==b18=10089@橙@トイガー>を軸にした猫デッキです。後述のモエガネ軸とのあいのこなんてのもあります。

    <==b22=10091@橙@マーゲイ>→<==b18=10089@橙@トイガー>→<==b16=10103@橙@ニャインクーン>で大展開の気持ちよさったらないですよ!<==b16=10103@橙@ニャインクーン>がPSに出せるのがとにかく偉いんだよなぁ...。
    <==b27=10065@橙@音色クーン>追加での躍進が期待できます。

    モエガネ軸
    <==b15=10067@青@!gp!on!200> <==b15=10023@赤@!gp!on!200>
    <==b15=10067@青@モーエ><==b15=10023@赤@ガネット>のリソリンを使って、攻めの時の面開けを行い連パン力を大幅に上げたデッキです。
    その連パン力はとてつもなく1ターンに4点取り切ることも容易です。猫ってまだ展開できるし、リソも余ってるけど盤面空いてないわーみたいな盤面に結構なるので、1cで2面を開けることのできる<==b15=10023@赤@ガネット>の効果はデッキとすこぶる相性がいいです。しかも破壊っていうのがまた良いんですよね。
    コツとしては<==b20=10085@橙@タビーキャット>を使うのは後からの方が強いです。

    ところがそれなりのウィークポイントもあります。中でもリソースに置くカードの取捨選択が一番のくせ者。リソリンに加え、<==b20=10085@橙@タビーキャット>の条件も達成しなければならないため、6リソ時に<==b15=10067@青@モーエ><==b15=10023@赤@ガネット>猫4枚というリソースを目指さなくてはならないというのがなかなかキツい。特に手札にモエガネがダブついてくると処理が難しいのは明確な弱点だと思います。あと猫が薄い。

    カール軸
    <==b23=10113@橙@!gp!on!200> <==b22=10085@橙@!gp!on!200>
    <==b23=10113@橙@組織の運転手イジアン>でカールファミリーを展開して、<==b22=10085@橙@アンダーボス ボンベイ>で大幅パンプ。今回の<==b27=10077@橙@ディンギルカール>と<==b27=10067@橙@新ハバナ>で結構強化されました。
    <==b23=10113@橙@イジアン>が<==b21=10107@橙@マヌル>から出せるのが楽しい!まあ連パン性能も無くて、展開力も<==b23=10113@橙@イジアン>頼りなところがあるので、まあファンデッキって感じですけどね。

    シャルラハロート軸
    <==b27=10099@紫@!gp!on!200>
    新弾の強カード<==b27=10099@紫@緋の爆炎シャルラハロート>を使って猫を破壊して、叩きつけようというデッキです。
    黒リソを払わずに黒いゼクスを盤面に叩きつけることができます。しかもチャージが2つも増える!!殴れる盤面が減るというデメリットはありますが、ディンギルを使わずに11000打点を叩きつけられるようになる事の方が猫的には大きなメリットです。

    更に黒絡みのディンギルである<==b17=10203@橙@無尽の『創造』ルル>と<==c16=10002@橙@限無栄盛の『創造』ルル>は数あるディンギルの中でも頭抜けた展開力を持ち、両方とも猫デッキとの相性が良いです。
    方やチャージの<==b16=10103@橙@ニャインクーン>を出しながらトラッシュのLRを出せる<==b17=10203@橙@無尽の『創造』ルル>。方やトラッシュの<==b23=10099@橙@天満クーン>を出しながらチャージの<==b16=10103@橙@ニャインクーン>を出せる<==c16=10002@橙@限無栄盛の『創造』ルル>。まあデュナミスの枠は無いんですが。

    果たしてどうやってトラッシュに置くか。イグニッション以外だと、<==e10=10043@橙@新世界クーン>と<==b21=10107@橙@マヌル>からチャージに置くというのがあります。そこそこ手間がかかり、別のブン回りの可能性を捨てることになるかもしれない方法です。



    というわけで僕の愛するケット・シーについての記事でした。

    初回限定BOX特典で<==p27=10001@橙@ミカエル>の流通量が増え、<==b27=10077@橙@カール>の参入で<==p19=10040@橙@ディンギルクーン>の枠が減りました。あとIGOBの上が<==b27=10154@橙@絵違い>で封入されています。それによってケット・シーデッキを作る上でネックだったデュナミスデッキの値段が少し下がることになるかもしれません。新弾でIGOBニーナの上や<==b27=10146@橙@シフトガムビエル>が当たった人はこれを機会に組んでみては?

    最後に今の猫デッキのレシピを見せて終わりにしたいと思います。

    デッキレシピ紹介
    デッキ名:ねこ
    =====deckstart===== @プレイヤー スタート-mtgcre http://yuyu-tei.jp/blogManager/mt.cgi?__mode=dashboard&blog_id=20 <==b20=10212@橙@>*1 <==b22=10091@橙@>*1 <==b25=10192@橙@>*1 @メインデッキ(IG)-blue <==b01=10089@橙@>*4 <==b15=10087@橙@>*1 <==b20=10085@橙@>*4 <==b25=10075@橙@>*4 <==b26=10053@橙@>*3 <==e10=10043@橙@>*4 @メインデッキ(非IG)-green <==b02=10113@橙@>*1 <==b16=10103@橙@>*4 <==b21=10107@橙@>*3 <==b22=10091@橙@>*3 <==b23=10099@橙@>*4 <==b24=10085@橙@>*2 <==b25=10079@橙@>*4 <==b25=10105@橙@>*4 <==b27=10065@橙@>*4 @ZXEX- <==b18=10115@橙@>*1 <==b19=10115@橙@>*1 <==b20=10204@橙@>*1 <==b23=10204@橙@>*1 <==b27=10077@橙@>*1 <==b27=10146@橙@>*1 <==e09=10057@橙@>*1 <==e10=10103@橙@>*1 <==p19=10040@橙@>*1 <==p17=10044@橙@>*1 <==b25=10191@橙@>*4 =====deckend=====

    ではでは。

Z/X初心者~中級者のためのルール講座

by 缶烏

READ MORE

Z/X 超買取強化カード紹介!!(2/8)

by -遊々亭- Z/X担当

READ MORE

【フリッツの大会参加録】記事まとめ

by フリッツ

READ MORE

【マツダのこんなデッキどうでしょう?】記事まとめ

by -遊々亭- Z/X担当

READ MORE

【にほんイチであそぼ】記事まとめ

by 缶烏

READ MORE