WIXOSS Blog | 遊々亭
WIXOSS 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、WIXOSSに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@WIXOSS担当アカウント@yuyutei_wixoss遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

[キーセレクション]【第299話】秘密結社「ウリスブラック」-前編ー

    posted

    by ねへほもん

    タイトルトップ.jpg
    【第299話】秘密結社「ウリスブラック」-前編ー
    どうも、ねへほもんです。
    もうすぐキーセレ弾「オルタナティブ」が発売しますね。
    最後はウリスのご紹介ですので、お付き合いいただければと思います。
    10108.jpg
    オルタナティブのカードリストも公開されました。合わせてみてください。

    参考(1):(構築済リスト
    参考(2):(オルタナティブリスト
    参考(3):(公式Twitter
    ルリグデッキ
    爆掃の閻魔 ウリス
    STLR 爆掃の閻魔 ウリス
    カード種類:ルリグ
    カードタイプ:ウリス
    色:黒
    レベル:4
    グロウコスト:黒0
    リミット:11
    【出】:あなたのトラッシュから[龍獣]のシグニを2枚まで手札に加える。
    【起】《ターン1回》トラッシュにあるカード1枚をゲームから除外する:対戦相手は、手札を1枚捨てないかぎり自分のエナゾーンからカード1枚をトラッシュに置く。
    【起】《ゲーム1回》ディスペア《コインアイコン》:あなたのライフクロスが0枚の場合、あなたのトラッシュから[龍獣]のシグニ1枚をライフクロスに加える。
    他のルリグに引けを取らず、強力なLv4ルリグが登場しました。
    自身もウリス使いのアカバネ先生がイラストを担当されています。

    出現時の龍獣回収、ターン1起動のランデスorハンデス、ゲーム1起動の回復と、いずれも強力な効果ばかりです。
    回収や必殺技の回復(LB込みで2点分の防御)は他ルリグでも見られましたが、ターン1起動のランデス効果が特徴的です。

    ディスペアによる回復があり、耐久力の高いウリスだと、決着までに8ターン程度掛かることが予想されますが、毎ターン起動すると、4から8ターン目の計5エナを削れる計算になります。(相手が手札維持を優先した場合)
    キーセレでは一般的にエナが余りがちですが、5エナ吹き飛ぶとなると話は別です。
    ウリスと対面した時には、エナの管理に気を付けましょう。

    魅惑の冥者 ハナレ
    ST 魅惑の冥者 ハナレ
    カード種類:キー
    色:黒
    コスト:コイン1
    【出】:あなたのデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く。その後、あなたのトラッシュから黒のシグニ1枚を手札に加える。あなたのルリグが[ウリス]の場合、追加で黒のシグニ1枚を手札に加える。
    【起】《ターン1回》手札を1枚捨てる:対戦相手のシグニゾーン1つを指定する。あなたの次のターンまで、指定されたシグニゾーンにあるシグニのパワーをそのシグニのレベル1につき、-2000する。
    ウリスの御供というべきキーが登場します。
    1コインキーによく見られる、2アドバンテージ獲得+αという構成になっています。
    +α部分がキーの破棄に関連する場合が多いですが、ハナレキーは毎ターン使える起動効果のため、<==spk01=10025@赤@ハッピー5>のアンコールコストに使用しやすいです。

    手札を捨てることで、そのシグニゾーンに置かれたシグニのパワーをレベル×2000だけ下げるというもの。
    大半のLv1シグニはパワー2000以下であるため除去でき、Lv2シグニもパワー4000以下のシグニは除去できます。
    Lv3,4まで上がるとパワーラインが一気に上がるため、ハナレキー単体で除去することは困難です。
    初手に出して手札を補充しつつ、2,3回除去効果を使い、機を見て<==spk01=10025@橙@ハッピー5>のアンコールコストにし、本命の2コインキーに繋げるという使い方になるでしょう。

    リーサル・ブラック
    LR リーサル・ブラック
    カード種類:アーツ
    色:黒
    コスト:黒4無2
    限定条件:なし
    使用タイミング:メインフェイズ、アタックフェイズ
    あなたのルリグが[ウリス]の場合、このアーツを使用するためのコストは《黒×2》減る。
    ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-12000する。あなたのトラッシュから黒のシグニ1枚を手札に加える。あなたのデッキの一番上のカードをライフクロスに加える。
    キーセレ版<==wx11=10039@紫@フォーカラー・マイアズマ>と言うべき、ウリスの新たな切り札が登場しました。
    こちらもイラスト担当はアカバネ先生です。

    コストは黒2無2で3つの効果を使える点で、<==wx11=10039@紫@フォーカラー>と共通しています。
    <==wx11=10039@紫@フォーカラー>と比べると、回復効果を持つのが特徴的です。
    ダメージという形で1エナ帰ってくるため、実質3エナでパワーダウン、回復の2点分を守れます。

    かなり好条件が重なる必要がありますが、このアーツで最終的には4点分を守ることも可能です。
    1. <==wxk01=10182@紫@ミミック>でトップに<==wxk01=10063@青@フック>を仕込む。
    2. 返しのターンのアタックフェイズでリーサルブラックを使用し、パワー-12000(1面防御)しつつ、<==wxk01=10063@青@フック>をライフトップに。(1点回復)
    3. 他の防御手段を使い、そのターンをノーダメージで耐える。
    4. 次のターンに<==wxk01=10063@青@フック>を踏ませる。(2面防御)
    <==wxk01=10182@紫@ミミック>、<==wxk01=10063@青@フック>を揃え、更に相手にデッキトップを変えられないという条件が重なるため、実現困難なのは事実です・・・
    コストは重くなりますが、このアーツ自体は限定条件が無いため、他のルリグであれば実行しやすくなるかもしれません。

    オールスターの<==wxd14=10001@紫@虚幸ウリス>に採用すると、非LBシグニがライフに埋まってもバニッシュLBが付くため、回復の防御効果が高まります。

    ブラッディ・ストライク
    ST ブラッディ・ストライク
    カード種類:アーツ
    色:黒
    コスト:黒3無3
    限定条件:なし
    使用タイミング:アタックフェイズ
    ターン終了時まで、対戦相手のシグニ2体のパワーをそれぞれ-15000する。(1体のシグニだけに使用することはできない)
    <==wdk07=10027@橙@ハーベスト・フォース>、<==wdk01=10006@赤@焚骨砕身>に次ぐ、6エナ2面除去アーツが登場します。
    パワーダウン幅は15000のため、大半のシグニは除去できます。
    ミラーでランデス合戦になった場合にエナが足りない可能性がある点は要注意です。

    サーベイジ・イリュージョン
    ST サーベイジ・イリュージョン
    カード種類:アーツ
    色:黒
    コスト:黒2
    限定条件:ウリス限定
    使用タイミング:アタックフェイズ
    ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-8000する。対戦相手の場にキーがある場合、あなたのトラッシュから[龍獣]のシグニ1枚を場に出す。そのシグニの【出】能力は発動しない。
    エマでも出てきましたが、相手の場にキーがある場合、2エナで2面防御できるアーツです。
    パワーダウン幅が8000であるため、Lv3シグニを除去し、Lv4シグニの前に龍獣を蘇生させることが想定されます。
    Lv4シグニにはアタック除去持ちが多く、対面次第では1面防御止まりとなる可能性があるため、過信は禁物です。

    Lv1シグニ
    幻竜 ナーガ
    R 幻竜 ナーガ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの一番上を公開する。それが[龍獣]のシグニの場合、それをエナゾーンに置く。
    ライフバースト:【エナチャージ1】
    例によってアタック時エナチャージ持ちです。
    デッキを掘り進める役割も兼ねており、トラッシュ枚数を参照するカードと相性が良いです。

    幻竜 ガルグ / 幻竜 チビドラ
    R 幻竜 ガルグ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:なし
    【出】手札から[龍獣]のシグニを1枚捨てる:カードを1枚引く。
    C 幻竜 チビドラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:なし
    【出】《黒》:あなたのデッキの一番上を公開する。それが[龍獣]のシグニの場合、それを手札に加える。
    こちらも例によって手札増強組です。
    うちガルグは後述のボラゴ、アン=ミラの能力を誘発でき、特にウリスとは相性が良いです。

    幻竜 ボラゴ
    C 幻竜 ボラゴ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:ウリス限定
    【自】:このシグニが手札かデッキからトラッシュに置かれたとき、対戦相手のパワー1000以下のシグニ1体をバニッシュする。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    手札かデッキからトラッシュに置かれた時に相手シグニをバニッシュする能力を持ちます。
    通常なら捨てる手段を用意する必要がありますが、ハナレキーがあれば一発解決です。

    低パワーの盤面なら2面焼ける可能性がありますし、Lv2パワー5000のシグニをハナレキーの4000ダウンと組み合わせて除去することも可能です。
    1ターン目にLv1シグニを切るのは勿体ないですが、後攻1ターン目であれば、グロウ時にボラゴを切ってコインを獲得し、ハナレキーで回収するという手があります。
    また、初手で引けていなくても、祈ればハナレキーの3枚落としでバニッシュ効果を使えることもありますw

    本当にハナレキーと相性が良いですね。

    幻竜 スクブス
    ST 幻竜 スクブス
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:ウリス限定
    【出】:あなたのデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く。この方法で[龍獣]のシグニが3枚トラッシュに置かれた場合、すべてのプレイヤーは手札を1枚捨てる。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    ウリスには珍しいハンデス効果を持ちます。
    成功してもお互い捨てるのみで、アドバンテージには繋がらないこと、サーバントを8枚入れた場合の成功率は、さほど高くないことに注意が必要です。
    ハンデス要員というよりは、手札・デッキからボラゴを捨てるためのカードと割り切った方が良いかもしれません。

    幻竜 ベビドラ
    C 幻竜 ベビドラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:なし
    【常】:あなたのトラッシュにカードが3枚以上あるかぎり、このシグニのパワーは+3000される。
    トラッシュが3枚以上あるとパワー5000になるシグニです。
    序盤から条件達成できるかが問題ですが、なんと後攻1ターン目から達成可能です。
    • グロウ時手札を1枚捨ててコイン獲得(1枚)
    • ハナレキー発動、トラッシュが3枚増え、うち2枚回収(2枚)
    • ハナレキー起動で手札を1枚捨てる(3枚)
    幻竜 エキドーナ
    R 幻竜 エキドーナ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:ウリス限定
    【自】:各プレイヤーのターン終了時、このシグニを場からトラッシュに置いてもよい。そうした場合、対戦相手のエナゾーンからカード1枚をトラッシュに置く。
    1対1交換でのランデス効果を持ちます。
    キーセレのLv1シグニが持って良い能力とは思えません・・・

    焼くエナはウリス側が選べるため、特定色のエナを狙い撃ちし、相手のアーツを腐らせることも可能です。
    ウリスを相手にした場合、マルチエナは多めに確保するか、特定色を要するアーツは早めに使うように意識しましょう。

    パワーが1000しか無く、相手ターンを生き残るのは困難であるため、基本的には自分のターン終了時にトラッシュに送ることになります。
    序盤に自分の盤面を空けると被ダメージが増えるのみですが、Lv4以降、お互いに3面要求を続ける状況であればあまり問題ないです。
    相手のエナが不足気味だと感じたタイミングで立て、Lv4ルリグの起動能力と組み合わせると相手にとっては厄介極まりないでしょう。

    また、序盤でも油断禁物で、エナが少ないとLv3へのグロウをスキップされる可能性があります。
    サーバントでガードする前に、エナが足りるかをきちんと確認しましょう。

    Lv2シグニ
    幻竜 コスド / 幻竜 ギヴル
    ST 幻竜 コスド
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:ウリス限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、手札から[龍獣]のシグニを1枚捨ててもよい。その後、パワーがこの方法で捨てたシグニのパワーの半分以下の対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    ライフバースト:【エナチャージ1】
    C 幻竜 ギヴル
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:なし
    【出】手札を1枚捨て、デッキの一番上のカードをトラッシュに置く:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-3000する。 (パワーが0以下のシグニはルールによってバニッシュされる)
    他ルリグでは重宝されるアタッカーですが、ウリスにはハナレキーがあり、優先度が少し落ちます。
    ハナレキーで除去できず、ギヴルのみで除去できるのはLv1のパワー3000バニラ程度です。
    ハナレキーだけでは除去の手が足りない場合には採用検討の余地がありますが、手札が足りるかが問題となりそうです。

    幻竜 ニーズヘッグ
    R 幻竜 ニーズヘッグ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのトラッシュに[龍獣]のシグニが10枚以上ある場合、【エナチャージ1】をする。
    【出】:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-1000する。
    ライフバースト:【エナチャージ1】
    序盤はパワーダウン、トラッシュが10枚以上貯まるとエナチャージと、長期にわたって活躍の見込める1枚です。
    パワー1000ダウンだけでは一見不足のようですが、Lv2のパワー5000、Lv3のパワー7000といった、ハナレキー単体では除去できないシグニを除去できるようになります。

    幻竜 ブラックドラゴン
    C 幻竜 ブラックドラゴン
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:ウリス限定
    【出】:対戦相手の場にシグニが3体ある場合、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-2000する。
    (パワーが0以下のシグニはルールによってバニッシュされる)
    ノーコストでパワー2000ダウン・・・めっちゃ強いです。
    単体でLv1シグニを除去できるだけではなく、ハナレキーと組み合わせてLv3のパワー8000まで除去できます。
    ハナレキーとノーコストパワーダウン効果は相性抜群ですね。

    幻竜 ラプトル
    R 幻竜 ラプトル
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:2
    パワー:5000
    限定条件:なし
    【自】《ターン1回》:このシグニが対戦相手のライフクロス1枚をクラッシュしたとき、《黒》を支払ってもよい。そうした場合、あなたのデッキの上から[龍獣]のシグニが3枚トラッシュに置かれるまでカードをトラッシュに置く。その後、この方法で[龍獣]のシグニを3枚トラッシュに置いた場合、あなたのトラッシュからレベル3以下の[龍獣]のシグニ1枚を手札に加える。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    ダメージを与えたときにシグニを回収する効果を持ちます。
    ウリスでは盤面空け効果が豊富であるため、効果を使えるチャンスは多いでしょう。

    Lv3シグニ
    幻竜 ベルゼブブ
    ST 幻竜 ベルゼブブ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:ウリス限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、手札から[龍獣]のシグニを1枚捨ててもよい。そうした場合、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-8000する。
    (パワーが0以下のシグニはルールによってバニッシュされる)
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    ハナレキーとノーコストパワーダウンは相性抜群と書きましたが、コストを払ってパワーダウンするこのシグニの評価は相性関係なく、単体マイナス8000まで来ると価値が跳ね上がります。
    大半のLv3シグニを除去できるため、ゲーム終盤まで活躍の機会があります。
    アタック時にコストを支払うため、特に詰めの1点要求で威力を発揮します。
    最低1枚は採用し、必要な場面で回収して使えるようにしたいですね。

    幻竜 ディナモ
    R 幻竜 ディナモ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:3
    パワー:5000
    限定条件:ウリス限定
    【常】:このシグニのパワーが8000以上であるかぎり、このシグニによってバニッシュされたシグニはエナゾーンに置かれる代わりにトラッシュに置かれる。
    【常】:このシグニはパワーが12000以上であるかぎり、【ランサー】を得る。
    (【ランサー】を持つシグニがバトルでシグニをバニッシュしたとき、対戦相手のライフクロスを1枚クラッシュする)
    【起】手札から[龍獣]のシグニを1枚捨てる:ターン終了時まで、このシグニのパワーをこの方法で捨てたシグニのパワーと同じだけ+(プラス)する。
    パワー7000以上の龍獣シグニを捨てることで、パワー12000以上のランサー・バニッシュ時トラッシュ送り持ちという強力なシグニになれます。
    Lv4シグニに対してランサーを通せるため、ライフを削る局面ではディナモが優秀な一方、詰めの局面ではベルゼブブが優秀です。

    幻竜 ヒュドラー
    R 幻竜 ヒュドラー
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:ウリス限定
    【出】《黒》《黒》:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-7000する。このターン、そのシグニがバニッシュされる場合、エナゾーンに置かれる代わりにトラッシュに置かれる。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)カードを1枚引く。(2)【エナチャージ1】
    黒2エナでパワーを-7000できます。
    コストは若干重いですが、終盤のエナの余った状況では影響が小さく、トラッシュ送りによる1エナ差が勝負を分ける場合もあります。
    ウリスは回収効果が豊富であるため、状況に応じて使い分けましょう。

    幻竜 キュリア
    ST 幻竜 キュリア
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:3
    パワー:8000
    限定条件:ウリス限定
    【常】:あなたのトラッシュに[龍獣]のシグニが5枚以上あるかぎり、このシグニのパワーは+4000される。
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのトラッシュに[龍獣]のシグニが10枚以上ある場合、対戦相手のデッキの上からカードを4枚トラッシュに置く。
    キーセレにも相手のデッキを削る手段が登場しました。
    リフレッシュが狙える場面で出したいですね。
    パンプ能力は条件が緩く、パワー12000とLv4シグニに相当するラインに到達できるのは優秀です。

    幻竜 サラマン
    C 幻竜 サラマン
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:3
    パワー:8000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがバニッシュされたとき、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-8000する。
    (パワーが0以下のシグニはルールによってバニッシュされる)
    バニッシュされた時にトリガーし、相手シグニのパワーを-8000できます。
    相手依存の面は否めませんが、今後能動的なバニッシュ手段が出れば評価は大きく変わるでしょう。

    幻竜 ドラマジ
    C 幻竜 ドラマジ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:なし
    【出】他の[龍獣]のシグニ1体を場からトラッシュに置く:あなたのトラッシュから《幻竜 ドラマジ》以外のレベル3以下の[龍獣]のシグニ1枚を手札に加える。
    他の龍獣シグニをトラッシュに置き、トラッシュから龍獣シグニを回収できます。
    場からトラッシュに置けるのがポイントで、出現時能力を使い終わったシグニをコストにすれば無駄がありません。

    Lv4シグニ
    幻竜 シファル
    SR 幻竜 シファル
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:ウリス限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの上から[龍獣]のシグニが8枚トラッシュに置かれるまでカードをトラッシュに置く。この方法で[龍獣]のシグニを8枚トラッシュに置いた場合、対戦相手のシグニゾーンからカード1枚をトラッシュに置き、カードを1枚引く。
    【出】ライフクロス1枚をトラッシュに置く:対戦相手は、自分の場からシグニ1体と自分のエナゾーンからカード1枚をトラッシュに置く。
    ライフバースト:あなたのトラッシュから[龍獣]のシグニを2枚まで手札に加える。
    悪魔のSRシグニとして登場したルシファルが、龍獣でもSRシグニとして登場しました。
    アタック時の自動能力が特に強力で、アタックが通れば1面トラッシュ送り+1ドローという大きなリターンが得られます。
    龍獣シグニをデッキから8枚トラッシュに置くという条件が厳しいため、1ターンに複数体の効果を使うのは難しそうです。

    出現時はライフをトラッシュに置くという重いコストを払うことで、相手シグニとエナを1枚ずつトラッシュに送れます。
    コストであるため支払いは任意で、基本的には使用しませんが、Lv4ルリグのランデス効果と組み合わせるとトドメの一手となる可能性があるため、使う側・使われる側共に念頭に置くべき効果と言えます。

    幻竜 ファブニル
    SR 幻竜 ファブニル
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:なし
    【出】《黒》:あなたのデッキからレベル1、レベル2、レベル3、レベル4の黒のシグニを1枚ずつ探してトラッシュに置き、デッキをシャッフルする。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    【起】《黒》場にあるこのシグニをゲームから除外する:あなたのトラッシュからすべての黒のカードをデッキに加えてシャッフルする。
    ライフバースト:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-10000する。
    SRシグニその2です。
    出現時に黒1コストで1面バニッシュし、更にデッキ再生効果を持っています。

    シファルがアタック時除去であるため、メイン・アタック時の除去のタイミングに応じて使い分けましょう。
    <==wxk03=10040@赤@モリアーティ>等、残すと厄介なシグニをファブニルで焼き、薄くなったデッキを起動で厚くしてからシファルでアタックするというのが使用の一例です。

    ファブニル自身に限定がなく、出現時に落とすシグニも黒であれば龍獣以外でも良いため、<==wxk01=10112@紫@オレオレ>を落として追加の除去を狙う等、他ルリグ・他クラスとの組み合わせも可能です。

    幻竜 アン=ミラ
    ST 幻竜 アン=ミラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:ウリス限定
    【自】《ターン2回》:ガードステップ以外であなたが手札を1枚捨てたとき、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-6000する。
    【出】手札から[龍獣]のシグニを1枚捨てる:あなたのトラッシュからレベル3以下の[龍獣]のシグニ1枚を場に出す。
    ライフバースト:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-12000する。
    こちらは構築済デッキのエースシグニです。
    ターン2の自動能力は、先攻4ターン目でハナレキーと組み合わせれば相手の盤面を壊滅させられ、それ以降でも2回使えばパワー12000のシグニを除去できます。
    出現時の蘇生先は、詰めの盤面ならベルゼブブ、手札を捨てる回数が足りないならガルグがおススメです。

    LBのパワー-12000は、実は龍獣シグニの中で最も強力な防御LBであるため、ディスペアの回復先の第一候補となるでしょう。

    幻竜 ペイモン
    ST 幻竜 ペイモン
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:4
    パワー:10000
    限定条件:ウリス限定
    【出】《黒》:あなたのデッキの上からカードを4枚トラッシュに置く。その後、あなたのトラッシュから[龍獣]のシグニ1枚を手札に加える。
    同じく構築済デッキのシグニで、こちらは回収効果に特化しています。
    除去効果を持たないLv4シグニは盤面を圧迫しがちなので、基本的にはアン=ミラが優先されるかと思います。

    幻竜 ドラゾン
    C 幻竜 ドラゾン
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:4
    パワー:10000
    限定条件:なし
    【起】《黒》《ダウン》:あなたのデッキの一番上のカードをトラッシュに置く。それが[龍獣]のシグニの場合、対戦相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
    脅威のハンデス効果持ちシグニです。
    ランダムハンデスであるため、返しのターンに負けそうという場面で起動し、サーバントを捨てさせて逆転勝利を狙うことができます。
    フレーバーテキストに合わせ、「ま~だ終わってな~い・・・。」と呟きながら一発逆転を狙いましょうw

    幻竜 ドラーミー
    C 幻竜 ドラーミー
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精生:龍獣
    色:黒
    レベル:4
    パワー:10000
    限定条件:ウリス限定
    【自】:あなたのメインフェイズの間、このシグニが手札かデッキからトラッシュに置かれたとき、あなたのルリグが[ウリス]の場合、【エナチャージ1】をしてもよい。そうした場合、このメインフェイズを終了する。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    前代未聞、自分のメインフェイズを終了させる能力を持つシグニです。
    効果自体は単純で、手札から捨てられた時に1エナチャージでき、その効果を使えばメインフェイズが終了するというものです。
    盤面形成を終えた後に、ハナレキーで1面空けつつエナチャージし、アタックフェイズに入るというのが基本の使い方になるでしょう。

    ブラック・ドラゴン・ウェーブ
    R ブラック・ドラゴン・ウェーブ
    カード種類:スペル
    色:黒
    コスト:黒3無1
    限定条件:ウリス限定
    このスペルを使用するためのコストはあなたのトラッシュにある[龍獣]のシグニ5枚につき、《黒×1》減る。
    以下の3つから1つを選ぶ。
    (1)あなたのトラッシュから[龍獣]のシグニを2枚まで手札に加える。
    (2)対戦相手のすべてのシグニをバニッシュする。
    (3)対戦相手は自分のエナゾーンにあるカードが6枚になるように、エナゾーンからカードをトラッシュに置く。
    コストが重い代わりに、3種の強力な効果を持つ1枚です。
    龍獣2体回収、全面焼き、エナ削りと、全て選びたくなる効果ですが、最も価値ある効果を選択しましょう。
    ちなみにこのカードと組み合わせることで、エクシード2で3面防御が可能になるキーが存在します。
    それは・・・
    コード・ピルルク APEX KEY
    LR コード・ピルルク APEX KEY
    カード種類:キー
    色:青黒
    コスト:コイン1青/黒1
    【常】:あなたのルリグは以下の能力を得る。
    【起】《ターン1回》《アタックフェイズアイコン》エクシード2:あなたのトラッシュにあるスペル1枚をコストを2倍支払って使用する。このターン、それがチェックゾーンから別の領域に移動される場合、代わりにゲームから除外される。
    【自】《ターン1回》:あなたがスペル1枚を使用したとき、《無》を支払ってもよい。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    Lv5ルリグの<==wx14=10002@青@APEX>と同様、相手ターンにスペルを使用できます。
    ここで注意したいのが、コストを2倍支払うという部分です。以下の裁定を覚えておきましょう。

    Q.《コード・ピルルク APEX KEY》によるエクシードでトラッシュにある<==spk01=10027@赤@祝福の五光>を選びました。対戦相手のコインが4枚の時にこの<==spk01=10027@赤@祝福の五光>の使用するためのコストはいくつになりますか。

    A.《無×2》です。「コストを2倍支払って使用する」というのはカードに書かれているコストに、さらにコストを追加して使用することを意味します。そのため、エクシードによって支払うコストは《赤》×4《無》×2ですが、<==spk01=10027@赤@祝福の五光>自身のコスト軽減によって《赤》×4が減りますので、使用するためのコストは《無》×2となります。

    要は、「コストを倍にしてから軽減する」ということです。
    このスペルの場合、まず黒6無2にコストが倍増してから、龍獣の数に応じてコストが減ります。
    全面バニッシュは非常に魅力的ですが、エナコストがかなり重そうですね・・・
    <==spk01=10025@橙@ハッピー5>による除外も難敵ですし、なかなか実現は難しそうです。


    いかがでしょうか?
    手札増強、盤面空け、<==spk01=10025@橙@ハッピー5>で破棄して1面防御と、ハナレキーが八面六臂の活躍を見せるため、特に下級シグニはハナレキーとの相性を考慮し構築を決める必要がありそうです。
    例によって、後編ではサンプルレシピをご紹介します。
    後編もお楽しみに(^^)/

[キーセレクション]【第298話】ジャンクション・システム-後編-

    posted

    by ねへほもん

    エマタイトル.jpg
    【第298話】ジャンクション・システム-後編-
    さて、今回は前編に引き続き、エマを取り上げます。
    サンプルレシピをご紹介しますが、発売直後に使うデッキのご参考となれば幸いです。

    余談から入り恐縮ですが、題名の「ジャンクション・システム」の由来が分かる方はいらっしゃいますか?
    エマのシグニ名で「GF」という2文字を見た時にピンと来ました。

    「ガーディアン・フォース」

    FFVIIIにおける、召喚獣の呼び名です。
    もしや約ネバに関係があるのではと思って確認してみたら、こちらは「グレイスフィールド」でした。残念。

    「ジャンクション」はGFを装備するという意味で、FFVIIIの中心となるシステム用語ですが、英単語としては「連結」「結合」という意味を持ち、高速道路の合流地点に用いられます。
    前編でご説明した通り、エマはシグニを次々と入れ替え、アタック回数を積み重ねる動きを得意としています。
    複数のシグニアタックを繋げるという意味で、エマにも通じるものがあると思い、「ジャンクション」を今回の記事のタイトルに採用しました。

    1.デッキレシピ
    ルリグデッキ
    ルリグ アーツ
    1枚 エマ レベル0
    1枚 エマ レベル1'
    1枚 エマ レベル2'
    1枚 エマ レベル3''
    1枚 エマ レベル4
    1枚 GF ノーマン&レイ
    1枚 プロミス・フリーダム
    1枚 サドゥン・クエスチョン
    1枚 <==spk01=10025@橙@セレクト・ハッピー5>
    1枚 <==wdk08=10008@赤@血晶魔杖>
    メインデッキ
    非LB LB
    4枚 GF リュック
    4枚 GF レイノミガワリ
    4枚 <==wxk01=10214@灰@サーバント O2>
    4枚 GF ウーゴ冒険記
    1枚 <==wxk01=10212@灰@サーバント D2>
    3枚 GF 神話の本
    2枚 GF 機械工学と人類の歩み
    2枚 GF ハンガー
    1枚 GF ナイラ
    2枚 <==wxk01=10222@灰@サーバント O4>
    2枚 GF カンテラ
    3枚 GF ハウス
    3枚 GF 最初の朝
    1枚 GF イザベラ
    4枚 ネクスト・フューチャー
    2.レシピ解説
    血晶魔杖
    <==wdk08=10008@赤@!gp!on>
    キーすらコインを使わず、コインの使いどころが無いため採用しました。
    バニッシュ耐性に弱いですが、他にバニッシュ手段を入れていないため、耐性持ちが出れば他で守り、3面バニッシュを狙える場合に<==wdk08=10008@赤@魔杖>で守ると使い分ければ良いでしょう。
    1エナで3面守れるようになり、アーツ全体の所要エナも計5エナとかなり軽めに抑えられました。
    浮いたエナをどうするかは、レシピを見ればお分かりいただけると思います!

    GF ウーゴ冒険記
    R GF ウーゴ冒険記
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、このシグニを場から手札に戻してもよい。そうした場合、あなたの手札からレベル3の[英知]のシグニ1枚を場に出す。そのシグニの【出】能力は発動しない。
    前編で書いた通り、単体で「ウーゴ冒険記→神話の本→ハウス→最初の朝」と4体アタックに繋げられるため、Lv4で立てるだけで実質1点要求となります。
    連パンの起点として最重要であるため当然の4投です。

    逆に他のパーツは、連パン開始時に手札に1枚ずつあれば良いため、採用枚数を3枚に抑えました。
    神話の本・ハウスもアタック開始時に立てる可能性がある一方、最初の朝を立てることはほぼ無いため、優先順位はウーゴ冒険記>神話の本=ハウス>最初の朝となります。
    連パンパーツが揃いづらければ神話の本・ハウスを4枚に増やす、パーツがあふれるようであれば最初の朝を2枚に減らすといったように、実際に回しつつ微調整してください。

    GF 機械工学と人類の歩み / GF ハンガー
    R GF 機械工学と人類の歩み
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの一番上を公開する。それが[英知]のシグニの場合、それをエナゾーンに置く。
    R GF ハンガー
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン三度目の場合、【エナチャージ1】をする。
    ライフバースト:エナチャージ1
    見ての通り、ネクスト・フューチャー4投とぶっ飛んだ構築になっているため、消費エナを賄う目的で採用しています。
    悩みに悩んだ結果、2枚ずつという微妙な採用枚数となっていますが、一応理由はあります。
    まずハンガーですが、3回目のアタックはターン1しか訪れず、被っても片方しかエナチャージできないという欠点があるため、枚数を増やすほど持て余す可能性が高まります。

    一方の機械工学ですが、こちらも重複して盤面に立て、かつデッキトップが英知以外の場合は両方エナチャージできません。
    ネクスト・フューチャーを4枚積む都合上、機械工学を外す可能性は比較的高いです。
    機械工学とハンガーを1体ずつ立てるのが最も効率的だと考え、2枚ずつ採用し、状況に応じ使い分ければ良いと判断しました。

    GF カンテラ
    C GF カンテラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、手札からレベル3以下の[英知]のシグニを1枚捨ててもよい。その後、この方法で捨てたシグニと同じレベルの対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)対戦相手のレベル1以下のシグニ1体を手札に戻す。(2)【エナチャージ1】
    Lv3のアタッカー兼ウーゴ冒険記のアクセス先として採用しました。
    4回目のアタックは最初の朝を優先したいため、発信機壊し機よりはカンテラを優先。
    0面空け、ウーゴ冒険記×3の盤面でアタックに入った場合、2面は最初の朝でバウンスすることができますが、残り1面を除去する手段が難しいため、カンテラが必要となります。
    ウーゴ冒険記×3の攻撃が素通りした場合、1面はウーゴ冒険記→神話の本→ハウス→最初の朝、次に中央でウーゴ冒険記→神話の本→ハウス、最後にウーゴ冒険記→カンテラとアタックすれば、ハウスの追撃を含めて4点通せます。

    GF イザベラ
    ST GF イザベラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたの他のシグニ1体を場からトラッシュに置いてもよい。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    【出】白2:あなたのデッキから《GF イザベラ》以外の[英知]のシグニ1枚を探して場に出し、デッキをシャッフルする。
    ライフバースト:対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。
    クローネは関係なく、単純にアタック時除去要員として採用しました。
    例えばウーゴ冒険記が足りず、1面に神話の本を立ててアタックした場合、ウーゴ冒険記2面のアタックを止められてしまうと、最大アタック数は3となり、ダメージを通すことが困難になります。
    そこでイザベラを入れておくと、神話の本から入れ替えて出すことでダメージを通せます。

    勿論、隣2面が除去されるとイザベラ単体でダメージは通せませんが、ダメージを通せる機会が増えるのは間違いないです。
    1枚入れておき、相手に応じてLv4エマで回収して使うのが良いでしょう。

    SR ネクスト・フューチャー
    カード種類:スペル
    色:白
    コスト:白4
    限定条件:エマ限定
    次のアタックフェイズの後に、追加のアタックフェイズを加える。この方法で加えたアタックフェイズ開始時、あなたのすべてのシグニをアップする。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)カードを1枚引く。(2)対戦相手のレベル3以下のシグニ1体を手札に戻す。
    エマの防御面数をカウントすると、合計10面防御で、最低ラインを満たしているが、固いとは言えない水準です。
    強度には限界があるため、攻めを厚くし、ゲームスピードを早める必要があると考え、ネクスト・フューチャー4投に至りました。 4枚採用といっても、全て使う訳ではなく、1ゲーム中に2回使うことを想定しています。

    4枚入れておけば、通常ドローで2枚は引けるでしょうし、無ければライナでサーチすれば問題ありません。
    勢いで4枚採用としましたが、連パンパーツを手札に溜める都合上、被ると邪魔になるため、フューチャー3・ライナ2枚等、必要に応じ調整は必要かと思います。

    3.回し方
    Lv3まではレイノミガワリでダメージを通し、手札が余るようならカンテラでもダメージを狙います。
    Lv4にグロウしたターンはノーマン&レイで2面バウンスが入るため、残り1面をレイノミガワリ・カンテラ・イザベラで空け、連パンパーツは温存した状態で3面要求し、最後のルリグアタックで連パンの準備を整えます。
    以降はウーゴ冒険記×3、若しくはウーゴ冒険記×2+神話の本orハウス(手札にイザベラ)という布陣でアタックを繰り返します。
    連パンパーツが切れそうなタイミングで<==wdk08=10008@赤@魔杖>の3面除去を使い、手札を回復する余裕を持てれば、Lv4エマの手札補充能力で十分立て直せるでしょう。

    4.入手しやすい?お手軽レシピ
    最後に、発売当初に使えそうな、お手軽レシピをご紹介します。
    殆どが構築済デッキとオルタナティブのR・LC以下で組めます。
    ルリグデッキ
    ルリグ アーツ
    1枚 エマ レベル0
    1枚 エマ レベル1'
    1枚 エマ レベル2'
    1枚 エマ レベル3''
    1枚 エマ レベル4
    1枚 GF ノーマン&レイ
    1枚 ハーベスト・フォース
    1枚 サドゥン・クエスチョン
    1枚 <==spk01=10025@橙@セレクト・ハッピー5>
    1枚 <==wdk08=10008@赤@血晶魔杖>
    メインデッキ
    非LB LB
    4枚 GF リュック
    4枚 GF レイノミガワリ
    4枚 <==wxk01=10214@灰@サーバント O2>
    3枚 GF シーツロープ
    3枚 <==wxk01=10212@灰@サーバント D2>
    2枚 GF レイカジ
    4枚 GF ハンガー
    2枚 <==wxk01=10222@灰@サーバント O4>
    4枚 GF カンテラ
    2枚 GF ギルダ
    4枚 GF イザベラ
    4枚 GF クローネ
    戦い方も単純で、相手シグニを次々とバウンスし、毎ターン3面要求を決めるのみ。
    シンプルな割にはなかなか戦えると思いますよ!
    蓋を開けてみないとどのルリグが強いか分からないため、筆者自身、このデッキで様子見しつつ、本命のデッキを決めようと考えています。

    イザベラ&クローネを軸に攻めるのは構築済と同様であるため、リリースパーティーでエマに慣れてから、次のステップとして使うという位置づけでいかがでしょうか。
    以上になります。
    レシピを2つご紹介でき、充実した内容になったのではないかと思います。
    2つ目は本当に安く組めるので、とりあえず持っておくと選択肢が増えて面白いのではないでしょうか。

    最後はウリスですね。
    新弾発売後にずれ込む反面、個々のカードを画像付きでご紹介できるため、見栄えはより良いものにできるかと思います。
    次回もお楽しみに(^^)/

[キーセレクション]【第297話】ジャンクション・システム-前編-

    posted

    by ねへほもん

    エマタイトル.jpg
    【第297話】ジャンクション・システムー前編ー
    どうも、ねへほもんです。
    新弾発売まで2週間を切り、全貌が明らかになりつつあります。
    今回は3ルリグに絞るだけあって、各ルリグの新規カードが多いです。
    自分が使うルリグは勿論、他のルリグのカードも把握しておき、対面の動きを予想できるようになりたいですね。

    さて、前回はウムルをご紹介しましたが、今回は「エマ」を取り上げます。
    ema.png
    エマは新規ルリグで、週刊少年ジャンプ連載作品「約束のネバーランド」の主人公です。
    今年の1から3月までアニメが放送されており、タイムリーなタイミングで登場しました。

    では、注目の新規ルリグのカードを見ていきましょう。
    また、オルタナティブのカードはTwitter等で順次紹介されていますので、合わせてみてください。

    参考(1)(構築済デッキ
    参考(2)(公式Twitter

    ルリグデッキ
    エマ レベル4
    STLR エマ レベル4
    カード種類:ルリグ
    カードタイプ:エア
    色:白
    レベル:4
    グロウコスト:白0
    リミット:11
    【自】:このルリグがアタックしたとき、あなたの場に《GF ノーマン&レイ》がいる場合、白1を支払ってもよい。その後、この方法で白1を支払った場合、あなたのトラッシュから[英知]のシグニ1枚を手札に加える。
    【自】:このルリグがアタックしたとき、あなたの場に[英知]のシグニがある場合、カードを1枚引く。
    【出】:あなたのルリグデッキから《GF ノーマン&レイ》1枚を場に出す。
    構築済デッキ収録のLv4ルリグです。
    エマは初心者向けのデザインを意図しているのか、2つの手札補給能力を持ち、動きの安定性を高めてくれます。
    公式裁定でも出ていますが、2つの自動能力が同時にトリガーした場合、好きな順序で解決することができます。
    実戦的には、「1ドロー→1ドローの結果を見て、トラッシュから回収するか否かや、回収するシグニを選択」という流れで進めるのが基本となるでしょう。

    また、出現時にノーコストでキー(効果は後述)を1枚出すことができます。
    普通に出すとコイン1枚+白2コストを要するため、基本的にはLv4グロウ時に出すことになるでしょう。
    一部のキーセレデッキでは、序盤に<==wxk02=10033@青@ソウイキー>等の軽いキーを出し、その後エクシードを使うキーに貼り換えることがあります。
    エマではLv4グロウ時にキーを出すことになるため、軽いキーを採用する場合には、4グロウ前に無駄なく破棄できるキーを選択しましょう。

    GF ノーマン&レイ
    ST GF ノーマン&レイ
    カード種類:キー
    色:白
    コスト:コイン1白2
    限定条件:エマ限定
    【常】:あなたのルリグは以下の能力を得る。
    【起】《アタックフェイズアイコン》エクシード2(このルリグの下からカードを2枚ルリグトラッシュに置く):ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体は「アタックできない。」を得る。
    【出】:対戦相手のシグニを2体まで手札に戻す。
    Lv4エマのグロウ時に出せ、Lv4エマの自動能力の条件も兼ねるキーです。
    効果は非常にシンプルで、シグニアタックを2回分止めることができます。
    また、出現時に2面バウンスする効果も持っており、Lv4にグロウしたターンの除去を補助してくれます。
    どのルリグでも役立つ効果であるため、他ルリグで1コイン+白2エナ払って使うことも考えましたが、よく見るとエマ限定でした。

    プロミス・フリーダム
    LR プロミス・フリーダム
    カード種類:アーツ
    色:白
    コスト:白3無1
    限定条件:なし
    使用タイミング:メインフェイズ、アタックフェイズ
    あなたのルリグが[エマ]の場合、このアーツを使用するためのコストは白2減る。
    対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。あなたのデッキから白のシグニ1枚を探して公開し手札に加え、デッキをシャッフルする。ターン終了時まで、対戦相手のルリグ1体は「アタックできない」を得る。
    LRアーツで、筆者の中でエマの評価が大きく上がった1枚です。
    シンプルな効果ばかりですが、腐ることがなく、対応範囲が広いです。
    1面バウンスという防御性能は勿論、サーチ・ルリグ止めも1枚でこなします。

    次弾ではウムルがデッキの上から3番目にシグニを送り込んでくることから、シャッフルを挟んでデッキの順序を変えられるサーチ効果の重要性が増します。
    ルリグ止めは、グズ子・ピルルクでのルリグアタックによるダメージを抑えられるため、キーセレなら1枚は欲しい効果です。
    エマミラーでは、ルリグアタック時のシグニ回収を防げるため、タイミングを選んで使えば、相手の戦力補給を妨害することができます。

    サドゥン・クエスチョン
    ST サドゥン・クエスチョン
    カード種類:アーツ
    色:白
    コスト:白2
    限定条件:エマ限定
    使用タイミング:アタックフェイズ
    ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体は「アタックできない。」を得る。対戦相手の場にキーがある場合、追加でターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体は「アタックできない。」を得る。
    白2コストで2面を守れる可能性を秘めた1枚。
    キーセレでは高い確率で<==spk01=10025@橙@ハッピー5>が採用されており、最終盤ではキーが場に残らない可能性が高いため、早めに消費するようにしましょう。
    相手がLv4にグロウした直後辺りで、1番目に使う防御アーツと位置付けておけば、腐ることは少ないでしょう。

    Lv1シグニ
    GF 機械工学と人類の歩み / GF ハンガー
    R GF 機械工学と人類の歩み
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたのデッキの一番上を公開する。それが[英知]のシグニの場合、それをエナゾーンに置く。
    ライフバースト:エナチャージ1
    R GF ハンガー
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン三度目の場合、【エナチャージ1】をする。
    ライフバースト:エナチャージ1
    アドバンテージ獲得組です。
    後攻1ターン目から使える機械工学の方が活躍頻度は高そうですが、ハンガーはパワー2000というメリットがあります。
    他のLv1シグニや環境と相談しつつ、どちらを採用するかを決めればよいでしょう。


    GF スケッチブック / GF マスターキー
    C GF スケッチブック
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:なし
    【出】白1:あなたのデッキの一番上を公開する。それが[英知]のシグニの場合、それを手札に加える。
    R GF マスターキー
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン一度目の場合、カードを1枚引き、手札を1枚捨てる。
    こちらは手札増強&入れ替え組です。
    後述するレイノミガワリにエナを残したいため、他ルリグ以上にスケッチブックは使いづらいかもしれません。

    GF レイノミガワリ
    C GF レイノミガワリ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:エマ限定
    【出】白1:対戦相手のレベル1のシグニ1体を手札に戻す。
    相手のLv1シグニを手札に戻すという、シンプルかつ強力な能力を持ちます。
    3ターン目まではLv1シグニが場に出てくるため、活躍の機会は多いですが、序盤はグロウやコイン獲得用にエナを確保する必要があるため、構築段階からエナの管理について考慮する必要があります。

    GF リュック
    C GF リュック
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:2000
    限定条件:なし
    【常】:対戦相手のターンの間、このシグニのパワーは+3000される。
    キーセレにも<==wx01=10105@橙@ラウンド>互換が登場しました。
    エナより手札が不足しがちなキーセレにおいて、相手ターンにパワー5000になれるLv1シグニの存在は貴重です。
    限定が無いため、他ルリグでの活躍も期待できます。

    GF ナイラ
    ST GF ナイラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:1000
    限定条件:エマ限定
    【出】手札から[英知]のシグニを1枚捨てる:あなたのデッキから白のスペル1枚を探して公開し手札に加え、デッキをシャッフルする。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    スペルサーチという、他のカードにはない特異な能力を持ちます。
    最後にご紹介しますが、実はエマ限定のSRスペルが収録されます。
    ナイラを1枚採用しておくと、シグニサーチのカードを経由してスペルをサーチすることができて便利です。

    GF コニー
    ST GF コニー
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:1
    パワー:3000
    限定条件:エマ限定
    なし
    史上初の限定付きバニラシグニです。
    約ネバの世界観を大事にするため、登場人物には限定を付けたということですかね。
    将来相手シグニのコントロールを奪うカードが出れば、限定条件を持つことがメリットになるかもしれませんね。

    Lv2シグニ
    GF ウーゴ冒険記
    R GF ウーゴ冒険記
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、このシグニを場から手札に戻してもよい。そうした場合、あなたの手札からレベル3の[英知]のシグニ1枚を場に出す。そのシグニの【出】能力は発動しない。
    エマのメインギミック「連パン」に関連する1枚です。
    ウーゴ冒険記からどんな後続が出てくるかは、エマを使う上でも相手にする上でも重要ですので、きちんと押さえておきましょう。
    詰めの盤面で出すと相手の警戒を誘えるため、Lv2ながら終盤まで活躍が見込める1枚です。

    GF ペットロケット
    R GF ペットロケット
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:2
    パワー:5000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン四度目の場合、このシグニをアップする。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    連パンの終着点となる1枚です。
    初めから場に居ると、ウーゴ冒険記等、アタック数を増やすシグニを妨害することで、同時にペットロケットの効果を封じることができます。
    初めはウーゴ冒険記等を盤面に並べ、後でペットロケットに入れ替え、四度目のアタックで殴るのが理想的ですが、Lv2シグニは後出しできないという難点があります。
    連パンの動きを狙うのであれば、後述するLv3シグニを採用した方が成功率が高いでしょう。

    GF シーツロープ
    C GF シーツロープ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:エマ限定
    【出】白1:対戦相手のレベル2のシグニ1体を手札に戻す。
    レイノミガワリと異なり、こちらはLv2シグニをバウンスできます。
    Lv2シグニの多寡はルリグによって大きく異なるため、活躍できるかは相手依存の面が強いです。
    当然ながら、Lv2シグニの方が性能の高いシグニが多く、バウンスすることで出現時能力を再利用される可能性がある点に注意しましょう。

    GF オニゴッコ
    C GF オニゴッコ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:2
    パワー:3000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン三度目の場合、カードを1枚引く。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    ハンガーと同様の条件で、こちらはアタック時にドローすることができます。
    シグニが3体並ぶのは2ターン目以降のため、実はハンガー・オニゴッコで使用可能になるタイミングは同じです。
    Lv1シグニがどの程度必要か、エナと手札のどちらが必要かを比較し、どちらを採用するかを決めると良いでしょう。

    GF インスタントカメラ
    C GF インスタントカメラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:2
    パワー:5000
    限定条件:なし
    【常】:対戦相手のターンの間、このシグニのパワーは+3000される。
    リュックと同様の能力を持ち、こちらは相手ターンにパワー8000になれます。
    ウムルのトロニスに殴り負けない等、パワー7000と8000には大きな差があるため、いざという場面で活躍するかもしれません。

    Lv3シグニ
    GF 神話の本
    R GF 神話の本
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、このシグニを場から手札に戻してもよい。そうした場合、あなたの手札からレベル4の[英知]のシグニ1枚を場に出す。そのシグニの【出】能力は発動しない。
    ウーゴ冒険記と同様の能力を持ち、こちらはLv4へ繋げられます。
    Lv2のウーゴ冒険記がこのカード経由でLv4シグニに化ける可能性があると考えると、相手にとっては大きな脅威になります。
    連パン用のシグニを手札に抱えておく必要がありますが、Lv4エマの回収効果を使えば安定して確保できるでしょう。

    GF 発信機壊し機
    R GF 発信機壊し機
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:8000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン四度目の場合、このシグニをアップする。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)カードを1枚引く。(2)【エナチャージ1】
    ペットロケットのLv3版です。
    テキストはペットロケットと同じですが、Lv3でウーゴ冒険記から出せるという利点を考えると、こちらが優先されるでしょう。
    パワーが8000あるため、Lv3以下のシグニを殴って除去し、アップして1点ダメージを与える動きを狙いやすいのも評価できます。

    GF カンテラ
    C GF カンテラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:なし
    【自】:このシグニがアタックしたとき、手札からレベル3以下の[英知]のシグニを1枚捨ててもよい。その後、この方法で捨てたシグニと同じレベルの対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)対戦相手のレベル1以下のシグニ1体を手札に戻す。(2)【エナチャージ1】
    出現時ではなく、アタック時除去持ちのため、ウーゴ冒険記から出すことで不意の除去を叩き込めます。
    発信機壊し機だとアタックが四回目という条件があり、隣のシグニを妨害されると達成できなくなる可能性がありますが、カンテラは回数制限がなく、除去の確実性が高いです。
    ここまで書けば、ウーゴ冒険記の攻撃を通してはいけないことがお分かりいただけたかと思います。
    アタック回数を増やしつつ、自身が除去持ちのシグニに化けると二役をこなす、恐ろしい1枚です。

    GF バーコードペン
    C GF バーコードペン
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:8000
    限定条件:なし
    【出】手札から[英知]のシグニを1枚捨てる:あなたのデッキからレベル3以下の[英知]のシグニ1枚を探して公開し手札に加え、デッキをシャッフルする。
    出現時に使えるサーチ効果を持ちます。
    1枚採用しておくと、Lv4エマの回収効果でバーコードペンを拾え、気軽にデッキのカードにも触れるようになります。

    GF ギルダ
    ST GF ギルダ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:エマ限定
    【出】手札を1枚捨てる:対戦相手のレベル3以下のシグニ1体を手札に戻す。
    ライフバースト:カードを1枚引く。
    カンテラと異なり、こちらは出現時のバウンスです。
    ウーゴ冒険記と併用できない一方で、盤面埋めのアーツ等と組み合わせると、防御面数を増やすことができます。
    今後出るアーツ次第で強化が見込める1枚です。

    GF アンナ
    ST GF アンナ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:3
    パワー:7000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、【エナチャージ1】をする。
    ライフバースト:【エナチャージ1】
    アタック時エナチャージという、シンプルにアドバンテージを稼げる能力を持ちます。
    あって困ることは無いため、枠があれば採用したいですね。

    Lv4シグニ
    GF ハウス
    SR GF ハウス
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:エマ限定
    【常】:このシグニは中央のシグニゾーンにあるかぎり、「【自】:あなたのターン終了時、このターンにシグニが4回以上アタックしていた場合、対戦相手にダメージを与える。」を得る。
    【自】:このシグニがアタックしたとき、このシグニを場から手札に戻してもよい。そうした場合、あなたの手札から《GF ハウス》以外のレベル4のシグニ1枚を場に出す。そのシグニの【出】能力は発動しない。
    ライフバースト:手札を1枚捨てる。対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。
    エマ限定のSRシグニで、連パンの終着点にも中継地点にもなれる1枚です。
    ウーゴ冒険記からアタック回数を稼ぎ、最後はハウスで追加ダメージを入れるのが理想の動きですが、周りのシグニが除去されると、アタック回数が足りない可能性があります。
    その場合は、ハウスを手札に戻し、更に別のシグニに入れ替え、アタック回数を4回に到達させることも可能です。
    連パンは相手の妨害を受けやすい動きであるため、柔軟な動きを可能とするハウスはエマの中核を担う1枚と言えるでしょう。

    ちなみにハウスから出せるシグニはLv4シグニなら何でもよく、英知シグニに限りません。
    <==wx22=10026@赤@ファイトラ>等、他クラスのシグニにも活躍の機会があるため、色々考えてみると面白いかもしれません。

    GF 最初の朝
    SR GF 最初の朝
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:なし
    【常】:あなたの他のすべてのシグニのパワーは対戦相手の効果によってマイナスされない。
    【自】:このシグニがアタックしたとき、そのアタックがこのターン四度目であなたのルリグが[エマ]の場合、以下の3つから1つを選ぶ。
    (1)あなたのトラッシュからシグニ1枚を場に出す。(2)対戦相手のシグニを2枚まで手札に戻す。(3)カードを3枚引き、【エナチャージ3】をする。
    ライフバースト:あなたのトラッシュから白のカード1枚を手札に加える。
    ハウスと並び、エマの連パンギミックを支えるLv4シグニです。
    パワーダウン耐性を付与できるため、黒デッキ相手には積極的に立てていきたいです。
    他のシグニにしか耐性を付与できませんが、最初の朝を2面並べれば全面をパワーダウンから守れます。

    自動能力は3つの中から好きなものを選べ、四度目のアタックを是非とも任せたい1枚です。
    アタック4回というとハードルが高そうですが、「ウーゴ冒険記→神話の本→ハウス→最初の朝」と進めれば、1面のアタックが通れば4回殴ることができます。
    特に狙いたいのは蘇生効果で、相手の除去で真ん中のシグニゾーンが空いていれば、ハウスを蘇生して追加ダメージを狙えます。

    GF コンパクト
    SR GF コンパクト
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:なし
    【常】:対戦相手のレベル1以下のシグニの【出】能力は発動しない。
    【自】:このシグニがアタックしたとき、正面のシグニ1体をトラッシュに置いてもよい。そうした場合、対戦相手は手札からシグニ1枚を場に出してもよい。
    ライフバースト:カードを1枚引く。あなたのライフクロスが4枚以下の場合、追加で【エナチャージ1】をする。
    出現時能力封じとアタック時に発動する自動能力を持ちます。
    限定条件がありませんが、このシグニをフルに活躍させたいならピルルクがオススメです。
    フルハンデスを決めればアタック時トラッシュ送りという強力な除去効果持ちに化けますし、相手がトップドローで引いたLv1シグニの出現時能力を潰すこともできます。

    GF ホンブツーシン
    C GF ホンブツーシン
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:10000
    限定条件:エマ限定
    【起】ダウン:あなたのデッキからレベル3以下の[英知]のシグニ1枚を公開し手札に加え、デッキをシャッフルする。
    バーコードペンと同様、サーチ効果を持ちます。
    サーチ役は使用後にリムーブされることが多いため、どうせリムーブされるならコストが要らないホンブツーシンの方が使いやすいでしょう。

    GF レイカジ
    C GF レイカジ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:10000
    限定条件:なし
    【出】白1:あなたの場に[英知]のシグニが3体ある場合、対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。
    3面英知シグニがある場合という緩い条件で1面バウンスすることができます。
    但しレイカジが被ると、3体目に並べたレイカジしかバウンス効果を使えないため、採用枚数には注意が必要です。

    GF イザベラ / GF クローネ
    ST GF イザベラ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:12000
    限定条件:エマ限定
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたの他のシグニ1体を場からトラッシュに置いてもよい。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    【出】白2:あなたのデッキから《GF イザベラ》以外の[英知]のシグニ1枚を探して場に出し、デッキをシャッフルする。
    ライフバースト:対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。
    ST GF クローネ
    カード種類:シグニ
    カードタイプ:精像:英知
    色:白
    レベル:4
    パワー:10000
    限定条件:エマ限定
    【出】:あなたの場に《GF イザベラ》がある場合、対戦相手のシグニ1体を手札に戻す。
    こちらは構築済デッキ収録のカードです。
    イザベラでクローネを場出しすることで、クローネ出現時とイザベラアタック時の2面除去が簡単に決まります。
    この2枚はセットで採用することになり、デッキの枠を食います。
    もし採用するのであれば、上述の連パンギミックとは手を切り、シンプルなビートダウンデッキにするのが良いでしょう。

    (おわりに)必殺の1枚
    SR ネクスト・フューチャー
    カード種類:スペル
    色:白
    コスト:白4
    限定条件:エマ限定
    次のアタックフェイズの後に、追加のアタックフェイズを加える。この方法で加えたアタックフェイズ開始時、あなたのすべてのシグニをアップする。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)カードを1枚引く。(2)対戦相手のレベル3以下のシグニ1体を手札に戻す。
    タマと同様の連パンギミックに続き、マユの追加ターンを彷彿とさせる1枚が登場しました。
    こちらはスペルであるため、エナが続く限り、気合を出せば毎ターンでも使うことができます。(さすがに厳しいですかね・・・?)

    エマと対面した時の話ですが、どうやって対処すれば良いのでしょうか?
    実は汎用カードで影響を軽減することが可能です。そう、<==spk01=10025@橙@セレクト・ハッピー5>です。
    <==spk01=10025!gp!on>
    追加アタックフェイズにシグニがアップするため、ダウンアーツには強いですが、<==spk01=10025@橙@ハッピー5>等のアタック止めには弱いです。
    アタックフェイズ終了時ではなく、ターン終了時までアタックを止めるため、1回目のアタックフェイズで使えば、2回目のアタックフェイズまで止めることができます。
    という訳で、エマと対面した時は<==spk01=10025@橙@ハッピー5>を温存しましょう。
    逆にエマ側としても、追加アタックフェイズはそう簡単に決まらないため、1枚のみの採用とし、チャンスがあればナイラでサーチして使う程度で良いでしょう。
    逆転の発想で、《ネクスト・フューチャー》1点狙いの4投とし、追加アタックフェイズでトドメを刺せるまで連打する構築も面白そうです!

    いかがでしょうか?
    連パンという特殊な動きを操るエマを理解する上で、少しでも助けとなれば幸いです。
    筆者自身、記事を書きながら理解を深めたため、とにかく慣れるまでテキストに触れ、発売されたらデッキを回すのが理解の近道かと思います。

    後編ではサンプルレシピをご紹介します。
    イザベラ&クローネ軸も、お手軽2面バウンスで強そうですが、やはり固有ギミック「連パン」を使ってみたいので、ハウス&最初の朝、何よりウーゴ冒険記を軸とした構築をご紹介します。
    後編もお楽しみに(^^)/

ざっくり分かるデッキの組み方講座

by からばこ

READ MORE

ルリグ別デッキレシピまとめ【キーセレクション】

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

買取強化カード掲載中!

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

ブロガーQ&A まとめ

by Q&A

READ MORE

ダメージ品購入のやり方!

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE