WIXOSS 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、WIXOSSに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@WIXOSS担当アカウント@yuyutei_wixoss遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

【第254話】熱盛!!!

    posted

    by ねへほもん

    ユヅキキー.jpg
    【第254話】熱盛!!!
    どうも、ねへほもんです。
    新弾まで1週間を切り、楽しみな気持ちでいっぱいです。
    オールスター・キーセレ共に環境を大きく変えてくれることを期待しています。

    1.ピックアップカード
    先日ビカムユーアイヤイキーの2枚をご紹介しましたが、新弾の僕の新兵器を語る上で、外せないカードがもう1枚ありました。
    今回のキーカードはこちらです!

    燃盛 遊月・鍵
    ST 燃盛 遊月・鍵
    カード種類:キー
    色:赤
    コスト:コイン2
    【常】:あなたのルリグは以下の能力を得る。
    【起】エクシード1(このルリグの下からカードを1枚ルリグトラッシュに置く):このターン、対戦相手はレベル1のシグニで【ガード】ができない。
    【出】:対戦相手のエナゾーンから無色のカードを2枚までトラッシュに置く。
    【起】このキーを場からルリグトラッシュに置く:対戦相手のエナゾーンからカード1枚をトラッシュに置く。

    あつもりぃ!!!!!

    (※正しくは「もえさかり」と読みます)

    ランデスの名手こと遊月のキーが登場します。
    全てのルリグにランデスの能力を付与する、必殺の効果を持ちます。

    1つ目はエクシード1で起動でき、そのターン中にLv1でのガードを妨害するというもの。
    盤面に立てることを考慮し、Lv1のサーバントが採用されることが基本ですが、今後のサーバントのLv分布に影響を与えるかもしれません。
    後、ターン1制限が無い点も地味に重要です。
    ガード妨害目的だけであれば、1回使えば十分なのですが、ターン1制限が無い利点を活かした構築を後程お見せします。

    2つ目はキーの出現時に相手の無色エナを2枚までトラッシュに置くというもの。
    これにより、マルチエナ依存の多色アーツの採用率が低下するかもしれません。

    3つ目はキーをルリグトラッシュに置くことで、相手のエナを1枚トラッシュに置くというもの。
    削るエナには色指定がなく、ピンポイントにエナを削ることで相手の防御プランを崩すことができます。

    サーバントやアーツの採用に影響を与えうる1枚ですが、次に実際の活用法を見ていきましょう。

    2.遊月キーの活用法
    遊月キーはあらゆるルリグにランデスの可能性を与える強力な1枚ですが、発動にはコイン2枚と相応のコストが要求されます。
    コインが2枚あれば、<==promo-100=10087@橙@アイドル>互換の防御&サーチ効果を付与できる<==wxk01=10007@橙@ドーナキー>が使えるのですから、そのコストに見合った活躍をさせる必要があります。

    まずキーセレで採用する場合、防御回数が限られる中で貴重なルリグデッキの枠やコインを消費するのですから、早い決着を見据えたゲームプランと組み合わせる必要があります。
    基本通り、<夜明の巫女 タマヨリヒメ>と組み合わせてルリグのダブクラを叩き込む、<==wdk03=10007@緑@大願成就>のエナを与えない除去と組み合わせて攻撃の精度を高める等が考えられます。

    次にオールスターですが、必殺の詰め補助として使用することが基本となるでしょう。
    マルチエナを飛ばせるという点では、このカードと相性抜群です。

    因果応報
    <==wx11=10033@緑@!gp!on>

    <==wx11=10033@緑@応報>+遊月キーで、あらゆるルリグが緑子の全エナ除去を再現できるようになります。
    アイヤイと組み合わせ、<==wx13=10030@緑@スイングライド>で一気に走り抜ける、カーニバルと組み合わせ、<==wxd21=10007@赤@自由自罪>でダブクラ等を付与したシグニで突撃する等、様々な活用法が考えられます。

    次にサンプルレシピをご紹介しますが、最後の起動効果で1エナ確実に飛ばせる効果に着目しました。

    3.サンプルレシピ
    ルリグデッキ
    ルリグ アーツ
    <==wdk02=10005@青@> 1
    <==wxk01=10025@青@> 1
    <==wx01=10025@青@> 1
    <==wx01=10023@青@> 1
    <==wxk01=10002@青@> 1
    燃盛 遊月・鍵 1
    <==wx09=10016@青@> 1
    <==wx10=10005@赤@> 1
    <==promo-100=10069@青@> 1
    《ビカム・ユー》 1
    メインデッキ
    非LB LB
    <==promo-300=10013@橙@> 4
    <==wx03=10039@赤@> 1
    <==wx01=10075@青@> 3
    <==wx20=10067@青@> 2
    <==wxk01=10182@紫@> 1
    <==promo-200=10007@青@> 4
    <==wx01=10153@青@> 3
    <==wx04=10149@青@> 1
    <==promo-400=10078@灰@> 1
    <==promo-300=10088@赤@> 4
    <==wx02=10057@青@> 3
    <==wx10=10183@灰@> 2
    <==wx19=10035@橙@> 1
    <==wx12=10147@赤@> 1
    <==wx05=10043@赤@> 2
    <==wx01=10051@青@> 3
    <==wx09=10025@青@> 2
    <==wx13=10053@青@> 1
    <==wx02=10105@青@> 1
    基本ムーブ
    《ビカム・ユー》でLv4へ先乗り→<==wx09=10016@青@V@C>&<==wx01=10075@青@シャークランス>で手札を貯め込み、<==wx05=10043@赤@アヴェンジャー>でライフクラッシュ→<==wx10=10005@赤@龍滅>・遊月キー・<==promo-100=10069@青@ロック・ユー>でアーツを妨害しつつ〆
    <==wx09=10016@青@!gp!on!120> <==wx01=10075@青@!gp!on!120> <==wx05=10043@赤@!gp!on!120> <==wx10=10005@赤@!gp!on!120> <==promo-100=10069@青@!gp!on!120>

    4.カード紹介
    アロス・ピルルク TETRA
    <==wxk01=10002@青@!gp!on!200>
    Lv4へグロウしたターンに決着を付けるため、ルリグ性能には拘らず、グロウコスト0の<==wxk01=10002@青@TETRA>を採用しました。
    ちなみに<==wdk02=10001@青@TET>も有力で、「2回目のリフレッシュ直前まで回す→アタックフェイズのルリグアタック時に1ドローして2回目リフに入る」という動きをすると、ルリグアタック自体が通る前にターン終了となってしまいますが、リフレッシュ直後のデッキが厚い状態で次のターンに入ることができ、気持ちよくV@Cをぶん回すことができます。
    この構築は一撃必殺型ですが、耐久力のある腹筋アロスであればプランもアリかと思います。

    燃盛 遊月・鍵
    ST 燃盛 遊月・鍵
    カード種類:キー
    色:赤
    コスト:コイン2
    【常】:あなたのルリグは以下の能力を得る。
    【起】エクシード1(このルリグの下からカードを1枚ルリグトラッシュに置く):このターン、対戦相手はレベル1のシグニで【ガード】ができない。
    【出】:対戦相手のエナゾーンから無色のカードを2枚までトラッシュに置く。
    【起】このキーを場からルリグトラッシュに置く:対戦相手のエナゾーンからカード1枚をトラッシュに置く。
    以前は「<==wx10=10005@赤@龍滅>+<==wx19=10005@赤@謳金>+<==promo-100=10069@青@ロック・ユー>」が文字通りの黄金パターンでしたが、赤エナが5枚必要で、実現には高いハードルが存在していました。
    赤エナになるのは主にウェポンシグニですが、ウェポンシグニはアヴェンジャーで投げるために手札に抱える必要があり、エナに置きづらく、赤を5枚揃えるのが大変でした。
    そこで、<==wx10=10005@赤@龍滅>後のランデスを遊月キーにすることで、所要エナが減り、より多くのウェポンシグニを<==wx05=10043@赤@アヴェンジャー>用に手札に抱え込むことができるようになります。

    手弾 アヤボン
    <==wx03=10039@赤@!gp!on>
    <==wx05=10043@赤@アヴェンジャー>で投げられるウェポンであると同時に、詰めのダブクラ要員になれます。
    遊月キーのエクシードにターン1制限が無いことがポイントで、エクシードを4枚全部捨てることでアヤボンのダブクラを補助することができます。
    小砲 アルマイル
    <==promo-300=10088@赤@!gp!on>
    <==wx05=10043@赤@アヴェンジャー>だけでは奪えるダメージに限界があるため、序盤の点取り要員として採用しています。
    従来は、相手より先にグロウするため、先攻での使いづらさが目立っていましたが、《ビカム・ユー》の加速グロウが解決してくれました。
    具体的には、先攻2ターン目のグロウを飛ばし、相手と同じLv1としてアルマイルでダメージを通し、4ターン目のグロウフェイズでLv3へグロウ、その後《ビカム・ユー》でLv4へグロウという形で追いつけます。


    幻水 ヒナニギス / 幻深水姫 デメニギス / 超罠 ミミック
    <==wx20=10067@青@ヒナニギス!gp!on!200> <==wx13=10053@青@デメニギス!gp!on!200> <==wxk01=10182@紫@ミミック!gp!on!200>
    ここまで読まれた方は、1つ疑問を持たれているかもしれません。

    「龍滅→遊月キー起動→ロックユーだと、相手に3エナ残るから、アイドル等で止められるのでは?」

    そこで、相手を2エナまで削れる必殺技を採用しました。
    手順は以下の通りです。

    (事前準備:トラッシュに<==wx13=10053@青@デメニギス>、手札に<==wx20=10067@青@ヒナニギス>・<==wxk01=10182@紫@ミミック>・<==wx19=10035@橙@ノイヴァン>or<==wx12=10147@赤@スヴァローグ>)
    (1)<==wx09=10016@青@V@C>で十分ぶん回し、最後に<==wxk01=10182@紫@ミミック>を出す
    (2)3ドロー後の3枚戻しで、デッキトップに<==wx19=10035@橙@ノイヴァン>or<==wx12=10147@赤@スヴァローグ>を設置
    (3)<==wx10=10005@赤@龍滅>(回復&エナ削り)→遊月キー起動(1ランデス)を使用し、アタックフェイズに突入
    (4)開始時に<==wx20=10067@青@ヒナニギス>効果でライフトップの<==wx19=10035@橙@ノイヴァン>or<==wx12=10147@赤@スヴァローグ>が割れ、ルリグ効果消しor1ランデスを決めてから<==promo-100=10069@青@ロックユー>

    このデッキでは枠の都合上で断念しましたが、<==wx08=10045@緑@トオン>を採用している場合には、(2)の山戻しで2枚目に配置すると、
    「<==wx10=10005@赤@龍滅>で1枚目の<==wx12=10147@赤@スヴァローグ>がライフトップに移動→<==wx20=10067@青@ヒナニギス>で1枚目の<==wx12=10147@赤@スヴァローグ>をクラッシュしつつ2枚目の<==wx08=10045@緑@トオン>がライフトップへ」となり、ライフトップに<==wx08=10045@緑@トオン>を仕込むことも可能です。

    このデッキでは<==wx20=10067@青@ヒナニギス>を2枚採用しているため、<==wx12=10147@赤@スヴァローグ>で相手を2エナまで削りつつ、<==wx19=10035@橙@ノイヴァン>で相手のルリグ能力を消すことが可能です。
    ルリグデッキを攻撃に全振りしており、防御性能皆無の構築ではありますが、ここまで詰め性能が高ければ十分でしょう。

    いかがでしょうか?
    <==wx05=10043@赤@アヴェンジャー>でLBを無視して盾をバリバリ割るのはなかなか快感かと思います。
    オールスターデッキの記事ばかり書いてきましたが、新弾後はキーセレも組む予定ですので、そちらもお楽しみに(^^)/

販売ランキング【キーセレクション編】

    posted

    by -遊々亭- ウィクロス担当

    WX販売ランキング.jpg
    販売ランキング【キーセレクション編】
    こんにちは、遊々亭WIXOSS担当です!

    今回も販売ランキングをお届け致します。
    紹介するランキングは【キーセレクション編】
    どのカードが人気カードだったのか早速チェックしていきましょう(^_^)/

    販売ランキング【キーセレクション編】 TOP5
    <==wxk01=10005@紫@!gp!on> 第5位
    <==wxk01=10005@紫@>
    使用タイミング【メインフェイズ】【アタックフェイズ】
    あなたのトラッシュからシグニ1枚を手札に加える。この方法で黒のシグニを手札に加えた場合、このカードをルリグデッキに戻し、このターン、あなたは《インサイダー・サルベージ》を使用できない。
    第5位は<==wxk01=10005@紫@>
    トラッシュからシグニを回収できるアーツです。
    黒シグニを手札に加えるとこのカードがルリグデッキに戻るので、毎ターン安定して盤面展開をすることができますね!
    <==wx22=10026@赤@!gp!on> 第4位
    <==wx22=10026@赤@>
    【自】:このシグニがドライブ状態になったとき、あなたは《赤》《赤》を支払ってもよい。そうした場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    【自】:このシグニがアタックしたとき、対戦相手のパワー7000以下のシグニ1体をバニッシュする。このシグニがドライブ状態の場合、代わりに対戦相手のパワー12000以下のシグニ1体をバニッシュする。
    ライフバースト:どちらか1つを選ぶ。(1)カードを1枚引く。(2)対戦相手のパワー10000以下のシグニ1体をバニッシュする。
    第4位は<==wx22=10026@赤@>
    相手シグニをバニッシュする効果を持っているシグニです。
    ドライブ状態なら最大限効果を発揮させることができますが、実は限定条件がなく7000以下バニッシュならアタックするだけで効果が使えます!
    <==wxk01=10068@紫@!gp!on> 第3位
    <==wxk01=10068@紫@>
    【自】:このシグニがアタックしたとき、あなたは数字1つを宣言する。その後、あなたのデッキの一番上のカードをトラッシュに置く。それが宣言した数字と同じレベルのシグニの場合、ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-10000する。
    【出】:ターン終了時まで、レベルが偶数の対戦相手のシグニ1体のパワーを-5000する。
    ライフバースト:ターン終了時まで、対戦相手のシグニ1体のパワーを-12000する。
    第3位は<==wxk01=10068@紫@>
    アタック時と出現時に加えて、ライフバーストでもパワーマイナス効果が発動できるシグニです。
    トップ操作が得意なグズ子ならアタック時効果は問題なく発動できますね!
    <==wxk01=10112@紫@>などと組み合わせて複数の面空けが可能です。
    <==wxk01=10063@青@!gp!on> 第2位
    <==wxk01=10063@青@>
    【常】:あなたの手札が0枚であるかぎり、このシグニは対戦相手の効果によってバニッシュされない。
    【出】手札を2枚捨てる:あなたのデッキの上からカードを5枚公開する。その中から[悪魔]のシグニを2枚まで場に出し、残りをトラッシュに置く。
    ライフバースト:対戦相手のシグニを2体までダウンし凍結する。
    第2位は<==wxk01=10063@青@>
    バニッシュ耐性とシグニ召喚効果を持っています。
    ピルルク限定のカードなのですが、ライフバーストで複数面守れるということで<==wxk01=10182@紫@>+<==wxk01=10046@緑@>などと組み合わせ他のルリグでも使用されているのを見かけます!
    <==wxk01=10064@青@!gp!on> 第1位
    <==wxk01=10064@青@>
    【出】《青》:あなたの手札が0枚であなたのターンの場合、対戦相手のシグニ1体をバニッシュする。
    【起】《ターン1回》《青》:カードを1枚引く。
    ライフバースト:カードを1枚引く。あなたのライフクロスが4枚以下の場合、追加で【エナチャージ1】をする。
    第1位は<==wxk01=10064@青@>
    出現時のバニッシュ効果と起動効果で手札補充ができるシグニです。
    余ったエナを手札に変換できるのはかなり優秀ですね!
    限定条件がないものポイントですね。


    以上販売ランキングでした!
    それでは、次回もお楽しみに~(´∀`*)ノシ
    遊々亭公式Twitter、WIXOSS担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 WIXOSS担当Twitter】 @yuyutei_wixoss

【第253話】連パンとエナ補給

    posted

    by ねへほもん

    【第253話】連パンとエナ補給

    どうもです。
    新弾まで2週間を切り、早く新しい武器が追加されないかとウズウズしています。

    1.カード紹介
    では早速、今回のキーカードをご紹介するとします。
    こちらです!
    アイヤイ★ディール
    LC アイヤイ★ディール
    カード種類:キー
    色:緑
    コスト:コイン1
    【常】:対戦相手のルリグがレベル2以上であるかぎり、あなたのルリグは以下の能力を得る。
    【起】【ターン1】エクシード2(このルリグの下からカードを2枚ルリグトラッシュに置く):ターン終了時まで、あなたのシグニ1体は「【自】:【ターン1】:このシグニがアタックしたとき、このシグニをアップする。」を得る。
    【常】:あなたがエナコストを支払う際、このキーを場からルリグトラッシュに置くことで好きな色のエナ2つを支払える。
    筆者が世界を共に戦ったアイヤイがキーとして新登場しました。
    色々活躍できそうな効果を2つ持ちます。

    1つ目は、ルリグに「シグニに連パンを付与する」という能力を与える効果です。
    <==wx13=10030@緑@スイングライド>ばりの動きがどのシグニでも可能になるという、大きな可能性を持つ効果です。

    2つ目は、エナコストを支払う際に、このキーをトラッシュに置くことで好きな色のエナを2枚分支払えるというもの。
    単純に2エナ分のアドを稼げる時点で強力ですが、好きな色のエナとして扱えるため、無理にサーバントを入れずとも他色のアーツを使いやすくなります。

    2.相性の良い使い方
    連パン界の新星こと「アイヤイキー」ですが、具体的にどのようなデッキと相性が良いのでしょうか?
    端的に言うと、

    止めデッキ
    です。

    理由は色々ありますが、

    アタックの通りやすさ
    いくらシグニに連パン効果を付与したところで、アーツ等で止められては意味がありません。
    相手の防御性能はLv4以降跳ね上がるため、早めに仕掛けることが重要です。

    ターン1縛り
    連パンを付与できる回数にはターン1制限があります。
    エクシードを消費する能力のため、Lvが高いほど使える回数が多いのは勿論ですが、結局ターン1なら止めデッキで1回使う程度で十分です。

    エナ補給
    速攻で勝負を決める止めデッキの方が、短期間で多くのエナを必要とするため、エナを補給できる効果の恩恵が大きいです。
    増えたエナで相手の防御手段を奪い、連パンを確実に通すのが基本的な使い方です。

    3.サンプルレシピ
    アイヤイキーは可能性を感じる1枚ですが、どう使えばいいものか?
    どんな原石も、活躍できる場を与えないと輝けません。

    どのデッキに入れようか・・・?

    考え込んでいると、昔のデッキがふと頭をよぎりました。
    2止めリメンバ.jpg
    =====deckstart===== @ルリグ-mtgland <==promo-400=10069@青@>*1 <==wx17=10029@青@>*1 <==promo-100=10046@橙@>*1 @アーツ-mtgcre <==wx10=10005@赤@>*1 <==wx19=10005@赤@>*1 <==sp27=10010@赤@>*1 <==wx14=10014@赤@>*1 <==promo-100=10069@青@>*1 <==wx20=10006@緑@>*2 @LB-mtgoth <==wx01=10049@赤@>*2 <==wx07=10065@青@>*4 <==wx20=10056@赤@>*4 <==wx10=10113@赤@>*2 <==wxd21=10021@赤@>*4 <==promo-300=10088@赤@>*4 @非LB-mtgside <==wx15=10129@赤@>*2 <==wx03=10039@赤@>*2 <==wx11=10143@緑@>*4 <==wx18=10106@赤@>*4 <==wx09=10039@赤@>*4 <==promo-400=10078@灰@>*4 =====deckend=====
    「ダブクラ連パントウタク」

    決まってしまった。
    (勿論上記レシピはルール改定前なので、ここからカスタマイズする必要があります。)

    つまりこうだ。
    1. <==wx20=10056@赤@トウタク>or<==wx03=10039@赤@アヤボン>2体+もう1体の盤面を立てる
    2. ダブクラ持ちにアイヤイキーで連パン付与
    3. <==wx10=10005@赤@龍滅>+<==wx19=10005@赤@謳金>+<==promo-100=10069@青@ロック・ユー>でアーツを封じてアタック
    4. ダブクラ&連パン持ち(4点)+ダブクラ(2点)+もう1体(1点)で6点ショット!
    2止めリメンバには、「LBに弱い」という弱点がありました。
    相変わらずLB耐性はありませんが、要求点数を増やすことで、防御LB1回を踏み越えて4点からショットを決められます。
    まさにゴリ押し。

    ですが先ほど記載したとおり、ここからカスタマイズする必要があり、ポイントを書いておきます。

    ルリグデッキ
    当然ながら、アイヤイキーにはコインが1枚必要なため、Lv1ルリグは<==wdk02=10004@青@アロス・ピルルク MONO>に決まります。
    <==wdk02=10004@青@!gp!on>
    また、詰めに使う<==wx10=10005@赤@龍滅>+<==wx19=10005@赤@謳金>+<==promo-100=10069@青@ロック・ユー>の3枚セットも確定枠です。
    エナを伸ばしつつ、原子シグニを置いてLv2へのグロウを確実にするできる<==wx20=10006@緑@共存共栄>もほぼ必須で、それにアイヤイキーが加わり、残り2枠が自由枠です。

    アイヤイキーと<==wx03=10039@赤@アヤボン>の相性が良く、エクシード2と2エナ追加効果で一気に3枚もルリグトラッシュを肥やせ、後は上述した<==wx10=10005@赤@龍滅>+<==wx19=10005@赤@謳金>+<==promo-100=10069@青@ロック・ユー>と<==wx20=10006@緑@共存共栄>を使えば丁度7枚でダブクラ条件を満たせます。
    オリハルティア
    <==wx09=10039@赤@!gp!on>
    以前は「1ターン目に<==wx20=10006@緑@共存共栄>で原子&<==wx01=10049@赤@アダマス>を置く→<==wx01=10049@赤@アダマス>をコストに2枚目の<==wx20=10006@緑@共存共栄>を使用」という動きで、自然に<==wx01=10049@赤@アダマス>をトラッシュに置けていましたが、1枚のみになったため、アダマスを安定してトラッシュに置くことが困難になりました。
    空いたアーツ枠に<==wxk01=10018@赤@焦身成仁>等を投入して<==wx01=10049@赤@アダマス>を落とす手段を増やすか、<==wx09=10039@赤@オリハル>に頼らない除去手段を入れるかの対応が必要となります。

    原子シグニ
    <==wx22=10058@青@!gp!on!200>
    <==wx22=10058@青@羅原 Nh>は限定なし、LB持ちのLv1原子シグニであり、今まで泣く泣くLv2の<==wx07=10065@青@N>を入れていた頃より地味に強化されています。
    出現時能力は100%外れるため、バニラ同然なのは相変わらずですが・・・


    いかがでしょうか?
    可能性を感じる一方で、アーツ1枚制限で、<==wx09=10039@赤@オリハルティア>が使いづらくなったのが大きく、構築の方向性を模索しています。
    構築のポイントを列挙したのみですが、皆さんの構築のヒントになれば幸いです。

    まだ見ぬ新弾のカードに思いをはせつつ、新弾のアイデアを練っている状況です。
    また何か思いついたら記事にしたいと思います。
    ではまた(^^)/

遊々亭WIXOSSブロガー対戦動画まとめ【キーセレクション】

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

ルリグ別デッキレシピまとめ【キーセレクション】

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

買取強化カード掲載中!

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE

ブロガーQ&A まとめ

by Q&A

READ MORE

ダメージ品購入のやり方!

by -遊々亭- ウィクロス担当

READ MORE