2019年前期型 MRプリズマ☆イリヤ デッキ紹介 | ヴァイスシュヴァルツBlog | 遊々亭
ヴァイスシュヴァルツ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ヴァイスシュヴァルツに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ヴァイスシュヴァルツ担当アカウント@yuyutei_wstcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

2019年前期型 MRプリズマ☆イリヤ デッキ紹介

posted

by こへい

kohei_midashi.jpg
2019年前期型
MRプリズマ☆イリヤ デッキ紹介
お久しぶりです、こへいです。

昨年はこれといって結果の残らないまま、1年間を終えてしまいました。結果を残している方と比べて足りないと思うところはいくつかあるので、より研鑽していきたいところです。
昨年は2月頭からほぼ全ての期間ひなろじをメインに回していたのですが、その間もライフワーク()であるプリズマイリヤの研究だけは欠かさず続けていました。
昨年1年で、デッキタイプも何度も変遷していました。順に紹介すると、
  • 【1】宝スタンバイ型(<==fpi3.0=10005@緑@9500士郎>早出し)
  • 【2】扉スタンバイ型(<==fpi3.0=10049@赤@クロヒール>+<==fpi2.0helz=10075@青@アイリ>)
  • 【3】ドラ8(<==fpi3.0=10045@緑@王の財宝>+<==fpi2.0helz=10045@赤@ローアイアス>)
  • 【4】門スタンバイ型(スコンバイ)
  • 【5】扉スタンバイ型(ヒール8投)
ほぼ共通しているのが、スタンバイ+<==fpi3.0=10049@赤@銀色に沈む街クロ>の採用ですね。
<==fpi3.0=10049@赤@!gp!on!200>
最後に書いた扉スタンバイ型が、現在使用しているものです。
今回はその扉スタンバイ型についてご紹介していきたいと思います。

デッキレシピからですね。

デッキレシピ
kohei_deck.jpg
=====deckstart===== @レベル0-1 <==fpi2.0helz=10058@青@>*4 <==fpi3.0=10059@赤@>*4 <==fpi3.0=10105@緑@>*1 <==fpi3.0=10009@緑@>*1 <==fpi2.0helz=10051@青@>*1 <==fpi2.0helz=10005@赤@>*1 <==fpi=10005@赤@>*1 @レベル1- <==fpi2.0helz=10022@赤@>*4 <==fpi2.0helz=10063@青@>*4 <==fpi3.0=10055@赤@>*3 @レベル2- <==fpi3.0=10107@青@>*2 <==fpi3.0=10097@青@>*1 <==fpi2.0helz=10064@青@>*2 <==fpi3.0=10063@赤@>*1 <==fpi2.0=10075@青@>*2 <==fpi2.0helz=10024@赤@>*1 @レベル3- <==fpi3.0=10049@赤@>*4 <==fpi3.0=10003@緑@>*4 <==fpi2.0helz=10052@青@>*1 @クライマックス- <==fpi3.0=10075@赤@>*4 <==fpi2.0=10035@赤@>*4 =====deckend=====

※<==fpi3.0=10107@青@雪下の誓い イリヤ>は<==fpi2.0=10059@青@ルヴィア邸の大浴場で 美遊>でも代用可能です。

コンセプト
面取り&ヒール、そんなヴァイスの一番基本的な動きを重視したデッキです。
序盤から中盤は<==fpi2.0helz=10022@赤@ラッキーガールクロ>、中盤から終盤は主に<==fpi3.0=10049@赤@銀色に沈む街クロ>で面を取りつつ、殴っていきます。
<==fpi2.0helz=10022@赤@!gp!on!200> <==fpi3.0=10049@赤@!gp!on!200>
<==fpi3.0=10049@赤@銀色に沈む街クロ>で倒せない相手が実質いないので、盤面に依存したデッキは特に得意としています。例を挙げるなら、ひなろじとかはまさに絶好のカモでした。
まだ環境が安定していない時期であるため、仮想敵はそこまでは考えていませんが、面取り回復耐久を得意とするデッキ同士であれば、打ち負けないと思います。
弱点は、1ターンに3つまでしか増やせないストックによるところのアグロデッキへの耐性のなさ、どう頑張っても1ターンに4パンまでしかできないこと&相手の山への干渉能力のなさ、頼りがいのある防御札がない、といったところです。弱点多すぎですね!

強いところは、<==fpi3.0=10049@赤@銀色クロ>、<==fpi2.0helz=10063@青@暁>、<==fpi3.0=10107@青@疑似リフ>、<==fpi2.0helz=10052@青@上位応援>、<==fpi2.0helz=10058@青@正面移動>があることでしょうか。また、ほぼ全ての盤面に対しての回答があること、50枚ほぼ全部が終盤まで役割を持てているところも長所ですね。あとはイラストが強すぎるところ。

カードについては後述します。

実際にしばらく回していますが、思い出除去のあるデッキ相手でも戦えました。<==saore=10102@橙@SAO>、<==darlifra=10060@緑@ダリフラ>などがそうですかね。うっかり除去後列を早出ししてくれた場合は<==fpi2.0helz=10064@青@助太刀>によるボトム除去を狙い、3に上がったあとは、渋々ですが自ターンに<==fpi3.0=10049@赤@クロ>をバウンスすることで繋いでいきます。

0から3までわりと継続的に盤面を取っていけるので(但し0は枚数の問題もあり貧弱です)、ハンドリソースを集中などで無理に取りにいかずとも、キャラが返ってくることで余裕を持たせることができます。
特に序盤から中盤の1の<==fpi2.0helz=10022@赤@ラッキーガールクロ>の手札アンコール+7500は心強く、行きの<==fpi3.0=10055@赤@2000パンプ>や<==fpi2.0helz=10064@青@美遊助太刀>の存在もあって、相当頼りになるはずです。

最終的にはヒールなどで稼いだターンで相手を先に4レベルに上げることを目標とします。守備よりなデッキであることは間違いないです。

回し方、意識することについて
ストックをとにかく無駄遣いしないこと、を念頭に置きましょう。1ターンに3しか貯まらない前提のストックなので...どれだけここを積んで山を作っていけるかが勝敗を分けます。各トップチェックの効果を使い、ストックボトムがなるべくキャラになるように立ち回りましょう。ストック量がそのまま、<==fpi3.0=10049@赤@クロ>によるヒール量に結びつきます。

山を削ることは、幸い<==fpi2.0helz=10063@青@浴衣イリヤ>や<==fpi3.0=10055@赤@3落下イリクロ>がストックをかけずに行ってくれます。集中を実行するのは、基本的にはストックを綺麗にしたいときくらいです。<==fpi3.0=10107@青@疑似リフ>に触りたいときなどにも使いはします。

マリガン
0以外切ります。<==fpi2.0helz=10022@赤@7500クロ>が初手で切れたときなどは<==fpi3.0=10075@赤@スタンバイ>を残したりもします。7500クロを2面立てることが序盤の理想的な立ち回りなので、引きすぎた場合は考えます。
<==fpi2.0helz=10022@赤@!gp!on!200> <==fpi3.0=10075@赤@!gp!on!200>
0レベル
枚数を見ればわかると思いますが苦手なレベル帯です。先攻なら基本的にはドローエンドです。<==fpi2.0helz=10022@赤@クロ>を落とせている&<==fpi3.0=10075@赤@スタンバイ>がある場合は、基本的には前列に出してしまって良いです。
引きづらいものは引きづらいので、マリガンでどう動けるかに依存してしまうのがこのデッキの弱みでしょう。

不利を軽減しているのが上記のクロを出す動きと、正面移動の<==fpi2.0helz=10058@青@美遊>です。特に正面移動の美遊は、ゲームのテンポを落とし、プリヤの得意なスローゲームの土俵に持ち込んでいけます。

環境への噛み合いも良く、3500という数値から、流行りの<==kancolle=10193@青@霞>互換に対してわりと強気に配置していけます。こちらのカードと1のクロのラインと合わせて、デッキとして<==kancolle=10041@橙@島風>系の効果に強くなっています。
<==fpi2.0helz=10058@青@!gp!on!200> <==fpi2.0helz=10022@赤@!gp!on!200>
1レベル
<==fpi2.0helz=10022@赤@7500のクロ>を配置するだけです。後列と合わせて返しに8000から8500になります。ペルソナの<==p5=10064@緑@後列>やバンドリの<==bd2.0=10118@青@リサ>のような除去だけ気をつけましょう。
1周目の山札は状況によりますが、CXが2、3枚でも残っているうちは下手に触らないのが昨今の定石(のはず)です。ストックを温存しつつ、もらったダイレクトの枠などで<==fpi2.0helz=10063@青@浴衣イリヤ>等を使用して山を綺麗に回していきましょう。<==fpi3.0=10075@赤@スタンバイ>で登場させるのは、基本的にはアンコ付与の<==fpi2.0=10075@青@サファイア>になります。

<==fpi2.0helz=10063@青@!gp!on!200> <==fpi2.0helz=10022@赤@!gp!on!200>
2レベル
相手のデッキを見て、<==fpi2.0helz=10022@赤@7500のクロ>で戦い続けられそうなら1の延長で頑張ります。<==fpi3.0=10075@赤@スタンバイ>を引いたり噛んだりした場合には、<==fpi3.0=10049@赤@銀色クロ>を配置していきましょう。ストックをそこそこ積めていれば、当然山札の枚数も減っているはずなので、集中等による<==fpi3.0=10107@青@疑似リフ>のループが容易になります。

<==fpi3.0=10003@緑@美遊>ですが、基本的には早出しでの登場はさせません。控え室を3枚増やしてでも見返りがある、という場合は出します(少なくとも返ってくる場面であること)。

主な仕事は<==fpi2.0helz=10052@青@後列>と合わせての14000ラインの形成と、2レベルの後半から4に上がるリスクをケアするパターンですね。
<==fpi3.0=10097@青@ランサー>に<==fpi2.0=10075@青@アンコール>を付与して戦えるデッキもなかなかないので、そのあたりもこのデッキの強みにはなります。現環境で仮想敵がパッと思いつきませんが、TPの<==imc2nd=10080@青@しぶりん>とかは得意な相手ですね。相手が早出し前提のデッキであれば、アンコ付与をいかして先に出してしまってもオツです。
<==fpi2.0=10075@青@!gp!on!200> <==fpi3.0=10097@青@!gp!on!200> <==fpi3.0=10107@青@!gp!on!200>
3レベル
良くも悪くもヒールするだけです。基本的には<==fpi3.0=10049@赤@クロ>を配置して、<==fpi2.0=10075@青@アンコ付与>で盤面に常駐させて常にダイレクトをもらいます。
行きでアンコールしたとしてもクロが効果でハンドに戻るので、手札は切れづらいです。キャラ不足で困るようなことはほぼほぼないでしょう。
<==fpi2.0helz=10052@青@後列>込みの、<==fpi3.0=10003@緑@運命の鎖美遊>の14000も頼もしい数値なので、特に先上がりさせたリライトの<==rwanime=10078@青@静流>などにはこちらを立てたいところです。

SAO対面の先上がりでは敢えて両端にクロを配置して、1面思い出除去をもらったとしても、1枚はハンドに戻しつつダイレクトを2面稼ぎ、<==fpi2.0helz=10052@青@後列>と合わせて<==saoos=10044@緑@盾>を打つパターンを完全に消すことができます。
<==fpi3.0=10003@緑@!gp!on!200> <==fpi3.0=10049@赤@!gp!on!200> <==fpi2.0helz=10052@青@!gp!on!200>
こんなところですかね。書き足りないくらいですがこのあたりで...

各主要カードの紹介
<==fpi3.0=10049@赤@!gp!on> 銀色に沈む街 クロ

もうプリズマイリヤの代名詞といってもいいくらいの必須カードです。
ストックとターンが続く限りヒールし続けられます。
相殺が効かない相手というのが相当限られる(<==darlifra=10083@赤@ダリフラの集中>での効果付与等?)ので、盤面から消せない相手がほとんどいません。相手ターンの4レベルキャラ相手には<==fpi2.0helz=10064@青@美遊拳>が回答になっています。
<==fpi2.0=10075@青@アンコール>を付与したときの動きが秀逸で、行きで相手のキャラを倒しつつ、アンコールで盤面に残してもう一度キャラを倒してダイレクトをもらうことができます。
相手のターンに割られた場合は、ダメージを見て手札に戻らないことを選び、ストックを温存したりもできます。
手札に戻ってくることから、<==fpi3.0=10075@赤@スタンバイ>で出し得なのも見逃せません。強いです。
<==fpi2.0helz=10058@青@!gp!on> ひとりじゃない 美遊

上でも記述しましたが、昨今の<==kancolle=10193@青@霞>互換(というか0の3パン)に対しての札になります。美遊を倒そうとすればパンチ数が減り、数多くアタックしようとすれば美遊が生還しやすく、どちらのパターンでも良いことがある、という強いテキストです。3500ある、というのが肝ですね。

デメリットが発動してしまう場合でも手札アンコールや<==fpi2.0helz=10063@青@暁互換>の手札コストに出来る為、気になりません。<==fpi2.0=10009@赤@一時撤退クロ>ではリスクがある割に倒されるパターンが多かったので、こちらがオススメです。後半後列に待機させて、ダイレクトを消せたりするところも見逃せません。
濡れた制服イリヤ&着ぐるみパジャマ&マジカル☆アイドルクロ
<==fpi2.0helz=10051@青@!gp!on> <==fpi3.0=10009@緑@!gp!on> <==fpi2.0helz=10005@赤@!gp!on>
トリコロール集中。オシャレではなく、役割が違うので分けて入れています。
  • イリヤ・・・返しのラインの底上げ、前列でパンプできるのが強い
  • 美遊・・・集中として個人的に一番使いやすい
  • クロ・・・事故・リスク軽減要因、ライン底上げ要因
主に<==fpi3.0=10107@青@疑似リフ>に触るためや、手札の質がどうしても不安な時に、集中の効果は使うことになります。
疑似リフの性質上、当然山札に戻らず控え室に置かれていることが多いので、美遊集中が常駐していると疑似リフループが安定します。

但しプリヤの後列は2レベルあたりからケンカし始める(<==fpi2.0=10075@青@手アン付与>or<==fpi2.0helz=10052@青@濡れ美遊>、スタンバイで出た<==fpi3.0=10049@赤@銀色クロ>等)ので、集中をずっと置いておくのが苦しくなってきます。
ダイレクトが空いていればそこに配置し、返しに必要ならアンコールするのが良いでしょう。イリヤの強いところは、その場面でもパンプの仕事ができるところです。

<==fpi3.0=10059@赤@!gp!on> 本気の威嚇 クロ

トップチェック兼0アタッカー。
0アタッカーと言いつつ、しっかり1レベルのキャラにまで触れるスペックをしているのがとても素敵です。
基本的に行き4500がいらない場面ではマーカーは入れません。1パン目にCXを噛まないことを優先したいからです。
綺麗なストックを多く積めるかどうかで後半の粘りが変わってくるので、このカードもどうしても抜けないカードです。

<==fpi2.0=10036@赤@!gp!on> 魔力供給(ホロ)

扉はお好みです。<==fpi2.0=10013@赤@対応>の性能もけして悪くはないのですが、使用頻度が低かったので抜いてしまっています。
<==fpi2.0helz=10047@赤@医療行為>でも<==fpi2.0=10002@赤@夏休み>でも<==fpi2.0helz=10046@赤@トールハンマー>でも。私はこのCXが一番好きですね!!
不採用カードの説明
<==fpi2.0helz=10093@青@!gp!on> 世界の片隅で君の名を

何で去年プリヤを握っていなかったかというと、詰めらしい詰めもなく防御札らしい防御札もなく、それでいて3-0から普通に負けるからなんですよね。
どうしても3-0から一瞬で4になるのが嫌で入れていたカードです。<==fpi=10033@青@カレスコ>軸では強かったです。
<==saoos=10044@緑@盾>が欲しいです。カード名は是非、ローアイアスでお願いします。

<==fpi=10035@青@!gp!on>
<==fpi=10033@青@!gp!on>
Kaleidoscope美遊&イリヤ

不採用カードというか、不採用デッキですね。
カレスコ+電源(スコンバイ)は未だに可能性を感じるデッキです。数あるスタンバイの中でも、これだけアドを取っていくのはプリヤならではですね。
単純にカードの動きを楽しむだけなら、こんなに楽しいデッキもないですね。また組みたくなってきました^^;
そういえば記事では紹介していなかった気がします。機会がありましたらまた。

<==fpi2.0=10007@赤@!gp!on> スィーツバトル勃発!クロ

0の枚数と、移動+<==kancolle=10193@青@霞>互換の流行りを見て切りました。ここ最近は使用していないですね。
リバースコストだけでリソースを稼いでいく霞互換は本当に強いですねー。ミリマスを組んでみて思いました。

<==fpi3.0=10011@緑@!gp!on> 寝起きの様子 イリヤ&田中

ほぼほぼ無条件の相手ターン4000L1です。中盤以降も必ず4000L1で立つため、相手のシステムのサイドアタックを許さず、割られず返ってくることもあるでしょう。

個人的に、パワーしか書いていないカードが好みではないので入れていません。<==fpi3.0=10059@赤@本気の威嚇クロ>はほぼ帰ってきませんが、田中はそうそう割られないでしょう。0がデッキの弱点ではあるので、入れても良いかなと思っています。緑だし。

以上です。

プリヤはどのデッキタイプで組んでもとにかく動きが楽しいので、始めたばかりの人にも自信をもってオススメできるタイトルです。
可愛いですしね^^

FGOのプリヤイベントで気になった、という方にぜひ、ヴァイスも始めて欲しいなと思います。漫画アニメはもちろんですけどね。



ここまでご覧になってくださり、ありがとうございました。

WS 超買取強化カード紹介!!(2/20)

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

【遊々亭WS対戦動画】 第51回 ガンゲイル・オンライン VS ダーリン・イン・ザ・フランキス

by 動画

READ MORE

【遊々亭WS対戦動画】まとめ

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

新弾レビューまとめ

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

WSタイトル別デッキ倉庫

by -遊々亭- ヴァイス担当

READ MORE

【初心者の方へ】プレイするにあたって、気をつけたい3つのこと 前編 【デッキの組み方、選びかた】

by こへい

READ MORE

「デッキが回る時と回らない時~勝敗の波について~」

by さおり

READ MORE

アカツキって何!?今日から使えるヴァイス俗称、略称まとめ

by さおり

READ MORE

WGP2018で勝ち上がったデッキについて

by K

READ MORE