星を視る者 グローブ・メイガス エラッタに関して | ヴァンガード Blog | 遊々亭
ヴァンガード 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ヴァンガードに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ヴァンガード担当アカウント@yuyutei_vg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

星を視る者 グローブ・メイガス エラッタに関して

posted

by タカギ

星を視る者 グローブ・メイガス エラッタに関して
ご無沙汰しています。タカギです。
今回は2019年7月10日より適用された「月煌竜牙」にて収録された<==gbt05=10004@@星を視る者 グローブ・メイガス>のエラッタに関してのお話です。
<==gbt05=10004!gp!on>
星を視る者 グローブ・メイガスのエラッタ
さて2019年7月10日よりエラッタの項目が追加されました。星を視る者 グローブ・メイガスも今回のエラッタの対象の一つで大きな能力変更が行われました。今回はそんなグローブ・メイガスの効果について確認をしていければと思っております。

まずどんなエラッタがされたのか見ていきましょう。

修正前
【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたの「メイガス」を含むハーツカードがあるなら、山札の上から1枚見て、山札の上に置いてよい。(山札の1番上のカードを見たいときにいつでも見ることができる)

修正後
【自】【(V)】:あなたのユニットが(V)か(R)に登場した時か、あなたのトリガーゾーンにカードが置かれた時、あなたの「メイガス」を含むハーツカードがあるなら、山札の上から1枚見て、山札の上に置いてよい。


効果の大筋としては変わらず、オラクルシンクタンク、メイガス軸によく見受けられるデッキトップの確認の効果になります。しかし、今回のエラッタによって永続効果であったのが自動効果になりました。これによりグローブの運用の仕方が大きく変わってくる事になりました。

CEOアマテラスに関して
<==vbt01=10007@@!gp!on>
新規のスタンダードで登場した<==vbt01=10007@@アマテラス>には山札を見るとパワーが上がる効果があります。以前の効果のグローブの場合、永続効果でのデッキトップ確認効果でした。その為何度山札の上を確認しても1回とカウントされる処理でした。
しかし、今回のエラッタにより<==gbt05=10004@@星を視る者 グローブ・メイガス>の自動能力が発動し、解決される度に、CEO アマテラスの自動能力は発動するようになりました。
CEO アマテラスの「あなたのターンに効果であなたの山札を見た時」を誘発条件とする自動能力は、前述の通り1つの効果で何枚見た場合でも、適用されるパワーは+5000となります。
ただし、新たにプレイされた能力の効果であれば、新たな1つの効果のため、再度誘発条件を満たすことになります。よって既に、星を視る者 グローブ・メイガスの効果により、CEO アマテラスの自動能力が発動していても新たに星を視る者 グローブ・メイガスの効果が使用されると、CEO アマテラスの効果は再度発動する処理となります。

よって今までは1回の能力上昇であったのがリアガードを置くたびにグローブの効果が発動します。さらにドライブチェックを3回行った場合、グローブの効果は3回発動します。よってリアガードを置いた回数とドライブチェックをした回数の合計分アマテラスのパワーは上昇します。

ドライブチェックとグローブのタイミングに関して
ここが特に大きな変化かと思います。
以前のグローブの効果ではどんなタイミングでもデッキトップの確認が出来ました。これによりメリットの大きさはあるのですが効果の複雑化を招くこともありました。

今回のエラッタにより あなたのトリガーゾーンにカードが置かれた時 という誘発条件を満たし発動した<==gbt05=10004@@星を視る者 グローブ・メイガス>の効果は、トリガーゾーンにカードが置かれた後に発生するチェックタイミングにて解決されるようになりました。
この解決はトリガー効果が実行された後の時点にて行われます。なので
  • トリガーチェック→トリガー効果発動→トリガーのパワーを振る、トリガー効果の解決→グローブのデッキトップ確認効果の解決
という処理順になります。
例えばグローブのアタックに対して相手がいわゆる2枚貫通を提示しましました。1枚目のドライブチェックがトリガーでした。以前までの効果ですと、いつでもデッキトップの確認ができた為トリガーの振る先を決める前に次のトリガーであるデッキトップの確認が出来ました。なので1枚目のトリガーはとりあえず待機でグローブの効果を発動、それにより次のデッキトップがトリガーの場合1枚目のトリガーをグローブに振り2枚目のトリガーもグローブに振り貫通といった処理が可能でした。しかし、今のグローブの効果では1枚目のトリガーを完全に解決した後の効果解決になるので前述の方法は使えなくなりました。

また、ドロートリガーに関してですが、ドロートリガーのトリガー効果が実行された後のチェックタイミングにて、星を視る者 グローブ・メイガスの山札の上から1枚見て、山札の上に置いてよい という効果は解決されるため、ドロートリガーによりカードを引いた後の山札の上から1枚を見るという処理になります。なので以前のようにドライブチェック終了後にデッキトップを確認次のターンのダメージトリガーはどうなっているかという確認は可能です。


今回のエラッタにより弱体化した部分もありましたが<==vbt01=10007@@アマテラス>のようにメリットになった部分、そして分かりやすく単純になった部分もあります。みなさんもメイガス軸に触れる機会があったら今回のエラッタのことを思い出していただけると幸いです。



今回は以上となります。ありがとうございました。

VG 超買取強化カード紹介!!(8/29)

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

VGデッキ倉庫

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

【遊々亭ヴァンガード対戦動画】かげろうVSロイヤルパラディン

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

新弾コラム『トライアルデッキ』まとめページ

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE