双 ブースターパック 第3弾 新弾レビュー【神嶋】 | 戦国大戦TCG Blog | 遊々亭
戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

双 ブースターパック 第3弾 新弾レビュー【神嶋】

posted

by 神嶋

New-一押しロゴ-双3弾-神嶋-1226.jpg
双 ブースターパック 第3弾
新弾レビュー
みなさん3弾してますか?
発売日に唐突に公開された望月千代女もけっこう驚きました。

■気になるカード、オススメしたいカードを教えて下さい!
◇絶姫
<==s3.0=10016!gp!on!200>

武将カードになった<==s1.0=10005@青@流雪>です。

基準値割れとはいえ2コスト武将なので、チャンプアタック・チャンプブロック・表国力にも使うことができ利便性が大幅に増しています。フィニッシュにしか使わないのでコストが1上がっているのはさほど困ることはないでしょう。

【回想】能力なので、<==s1.0=10005@青@流雪>で特に強かった反撃で手札に加える点を継承しています。双環境で相手の捨札に触る手段は今のところありません。

手札に来すぎてしまうと捨札に送るのにひと手間必要になってしまうのが唯一の欠点です。しかし武将カードなので、攻城が通されたら無双連撃、あるいは配備時に疾風怒濤で送ることもできます。

国力10枚で表が3枚以上あれば、配備、疾風怒濤、捨札があればメイン能力起動、待機武将にぶつけて撤退させることで計2枚を捨札に送り回想2回でちょうど10コストを使い切ってフィニッシュを狙えます。

◇島津義弘
<==s3.0=10036!gp!on!200>

紅で一番のオススメカードは事前レビューでご紹介した<==s3.0=10040@赤@張遼>なので、今回は別のカードをチョイスしてみました。

<==s1.0=10050!gp!on!150> <==s3.0=10040!gp!on!150> <==s2.0=10039!gp!on!150>

紅の5コスト武将はいまや選り取り見取り状態であり、固有候補だけでも4種類以上います。

義弘は【貫通】持ちですが直接戦闘能力は【先制】が発動しない限り大したことはありません。3兵種はけっこう厳しい条件です。やはり確定時に誘発する武力変更能力が義弘に期待する効果でしょう。

<==s1.0=10049!gp!on!150> <==s3.0=10039!gp!on!150> <==s3.0=10030!gp!on!150>

召喚兵や低コストで撤退時能力持ちの武将と組み合わせるのが強力です。さらに待機攻撃まで可能な<==s3.0=10030@赤@豊臣秀吉>が最高の相方と言っていいでしょう。

紅にとって貴重な高コスト鉄砲兵であることも見逃せません。
島津義弘は全体的に強力ですが、誘発能力の起動コストが使ってみるとかなり重いため、若干上級者向けのカードかもしれません。

◇劉封
<==s3.0=10055!gp!on!200>

一見すると地味な能力と【長槍】を持っているだけの4コスト武将です。
もちろん3500で長槍という基本スペックの時点でそこそこ以上には強いのですが、この武将の本当の強さは誘発能力の有用さにあります。

この能力を相手視点で言い換えると「敵武将は1ターンに1回、ノーコストで+1000か+1500されるかもしれない」です。

このゲームに慣れている人ほど、主力武将が戦闘を仕掛けたときに戦闘計略を打たれて一方的に撤退する苦汁を味わっています。なので相手に国力が立っていないときを見計らって攻撃したり疾風怒濤したりするプレイングが身に染みているわけですが、敵陣に劉封がいるとそのようなチャンスが一切ありません。

当然、受けるときだけでなく攻めるときにも有効です。特に<==s1.0=10078@緑@今川義元>の疾風怒濤など国力を使い切りがちなタイミングで便利です。さらに裏国力から回収した<==s1.0=10059@緑@避けられぬ戦い>を手札に加えておくと、「かもしれない」から「+2000される」に切り替わり厄介この上ありません。

◇二階堂阿南
<==s3.0=10077!gp!on!200>

3コスト3000/3000と基準武力を満たしながら、強めの能力を2個持っています。

配備時の1攻城ダメージは、3ターン目の時点ではほとんどデメリットとも言えないような些細な代償でカードを引くことができ強力です。受けた攻城ダメージから反撃がめくれることも多々あり、そうすると配備時に2枚分アドバンテージを取れてしまいます。

撤退する他の武将の身代わりになる誘発能力もかなり有用です。
相手からすれば、本当に撤退させたい武将の前に二階堂を撤退させなければならず二度手間もいいところです。意外とこのための1コスト構えるのも難しいのですが、それだけのリターンは見込めるでしょう。

難点はダブルシンボルであることと、黒の3コストが優秀すぎて枚数に余裕があまりないことくらいです。非常に高水準でまとまった武将カードであり、黒を使うなら是非とも採用したいところです。

■評価の上がった過去弾のカードはありますか?
<==s2.0=10087@紫@張角>はみんな書くと思うので別のカードにしました。

◇小喬
<==s2.0=10014!gp!on!200>

現時点で、おそらく蒼でもっとも手軽に山札から複数のカードを落とすことができるのが<==s2.0=10014@青@小喬>です。
手札か山札から落ちたときシリーズ、回想、捨札除外と蒼は捨札利用のオンパレードなので、捨札を肥やすことの価値はかなり高くなっています。
もちろん女性武将を回収する部分が小喬の本質なので、なるべく拾えるよう女性を少なくとも20枚、できれば25枚程度採用したデッキで使うようにしましょう。

◇麋竺
<==s1.0=10069!gp!on!200>

【臣下】との絡みもあり、3弾になっても翠の高コスト武将は当主に寄りがちです。
先ほど紹介した<==s3.0=10055@緑@劉封>は持っていると思わせるブラフこそが重要なのですが、いざ本当に使うためには当然手札に計略がないといけません。そして戦闘計略については持っていることがバレているほうが強いことが往々にしてあります
翠には他にも計略を拾える武将カードが複数いるとはいえ、1コストという軽さは他に類を見ません。武将を横に並べることの価値が高い色であることや、<==ex-s1.0=10081@緑@夏侯月姫>でサーチ可能な点など色々とメリットがあります。

◇常陸の不死鳥
<==s2.0=10073!gp!on!200>

3コストかかるとはいえ3枚のドローは驚異的な枚数です。
もともと強かったカードではありますが、<==s3.0=10080@紫@袁紹>がどちらの能力でも手札を要求してくるため、袁紹をより強く使うために重要性が増しました。
3ターン目に袁紹、4ターン目にこれを使用すると手札枚数は大抵6枚以上になり、敵陣の3コストを焼くことができます。

また、今弾では<==s3.0=10079@紫@武田信玄>など配備の次ターン国力を要求してくる武将が色々と追加されています。追加国力を支払うと本来予定していた固有武将の配備ができなくなるため、余った国力を消費するのに3コストはなかなか悪くありません。

■お気に入りのイラストカードを教えて下さい!
◇ジャック・ザ・リッパー(TR)
<==s3.0=10087!gp!on!200>

柚希きひろ先生のイラストかわいくて好きです。
カードの性能も文句なしの強さ!

■最後に一言お願いします!
3弾環境はこれまでの弾と比べ勢力間の実力差が小さい、というよりも全勢力が強くなったと感じています。
皆さんもお気に入りの勢力や武将を使ってみてください。


それでは今年も1年お世話になりました。
来年もよろしくお願いします!

買取強化カード紹介!! 【更新日:1/13更新】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

【初心者向け記事】戦闘についてのいろは【前編】

by 睦月

READ MORE

【初心者向け記事】戦闘についてのいろは【後編】

by 睦月

READ MORE

【初心者向け記事】デッキ構築の基礎講座

by 神嶋

READ MORE

国力配備の基本的な考え方について

by 神嶋

READ MORE

『戦国大戦TCG双』 体験会レポート

by シード@炎舞

READ MORE