双 ブースターパック3弾 発売前レビュー | 戦国大戦TCG Blog | 遊々亭
戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

双 ブースターパック3弾 発売前レビュー

posted

by 神嶋

New-一押しロゴ-前3弾.jpg
双 ブースターパック3弾
発売前レビュー
こんばんは、神嶋です。

私は普段はあまり(全カードが出揃う前に)新規カードを評価したり語ったりといったことはしないのですが、今回は非常に衝撃的な強さを持つカードが公開されましたので、書かせてもらうことにしました。

ご紹介するのは紅の新PT張遼です。



スペック
ダブルシンボルの5コスト4000/4000で攻城力1です。
城1なのは物足りませんが、無条件で奇襲を持っているため攻城力が削られているのはやむなしと言えるでしょう。そもそも双のカードプールに5コスト4000奇襲は(3弾に他にいなければ)この張遼しか存在しません。

疾風怒濤の存在により、勢力問わず配備即攻撃による切り返しは可能になりました。しかし疾風怒濤はそこそこ厳しい手札条件をクリアした上でのいわば上振れ行動であり、手札の消費や計略で返り討ちにされるリスクなども吟味した上で行わなければなりません。
やはり高コスト基準値持ち武将が最初から奇襲を持っているというのは非常に重要なポイントであり、その色に存在するというだけで相手の判断を難しくさせることができます。

新特技【陽動】
1回制限で、自ターンの戦闘確定時にお互いその戦闘でダメージを受けなくすることができます。

発動するかしないか、自分に選択権があるのがこの特技のミソといえます。たとえば張遼が4500に受けられたとき、撤退させたくないと思えば発動すればよいですし、ジャック・ザ・リッパーなどで追い焼きして倒したいと思えば普通に戦闘すればよいです。

一見すると低コスト武将が持っている方が強そうな特技です。しかし、張遼の場合は攻城成功時能力および奇襲とあわせて持っていることが重要で、対戦相手の選択肢をかなり強く制限することができるのです。

誰に能力を使うのか?
単独では4000奇襲というだけなので、このカードを強く使うためには相方が必要になります。
相性のいい武将は沢山いると思いますが、ここでは双環境に絞り、パターン別に特に優秀と思われる相方をご紹介します。


戦闘確定時または攻撃勝利時効果を持つ武将
<==s1.0=10056@赤@!gp!on>
【陽動】は自身よりも強い武将との確定時に使うのが基本ではありますが、チャンプブロックされたときにあえて使うこともできます。迎撃されていれば疲弊状態で戦闘が終了しますし、攻城が成功すれば待機攻撃によって戦闘することができます。
よって、強力な戦闘勝利時効果持ちを相方にするのが張遼の最も強い使い方です。

現状のカードプールでは、紅の攻撃勝利時そのものが割と希少で<==s1.0=10056@赤@PT曹操>や新カードの関羽くらいしかいません。いずれ強力なものが追加されたら張遼の評価はさらに上がるでしょう。

コスト帯基準武力を超えることができる武将
<==s1.0=10050@赤@!gp!on> <==sst02=10012@赤@!gp!on>
待機攻撃がいくら強力であっても、相討ちではさほど美味しくはありません。一方的に勝利してこそ強い効果といえます。
コストや手札を必要とせず、配備コストの基準武力を超えることのできる号令や攻撃宣言時能力持ちは有力な相方となります。

特に<==s1.0=10050@赤@長宗我部元親>は張遼と一緒にいる時点で+1000以上が確定し、5コストどころかほとんどの7コスト武将に対しても上から叩けます。

攻撃宣言時に誘発する効果を持つ武将
<==s1.0=10030@赤@!gp!on> <==s1.0=10052@赤@!gp!on>
待機攻撃は敵陣の戦力を削ぎ落とすのが強いわけで、やはりと言うべきでしょうか、紅のお家芸「敵武将の疲弊」効果を持つ武将が現時点で最優の相方となりそうです。

たとえば先手5ターン目、自陣が<==s1.0=10030@赤@小早川隆景>のみ、敵陣が(騎兵以外の)3000と3500の2体だったとします。
張遼を配備して攻城、隆景の効果で3500を疲弊させます。相手は迎撃しても通しても3000の武将を失うことになります。

<==s1.0=10052@赤@夏侯惇>が絡むとさらに酷いことになります。まず張遼が攻城、通ったら夏侯惇に待機攻撃を与えて迎撃要員を疲弊させながら4500先制で敵陣の主力を刈り取りにいきます。張遼が迎撃された場合は、チャンプブロックならそのまま倒し4000以上なら陽動を宣言してそこを夏侯惇で倒しに行きましょう。
もし待機攻撃を得た夏侯惇が無双連撃できればゲームセットです。


いずれのパターンにも言えることですが、張遼絡みの待機攻撃コンボの強さは、毎ターン手札消費なしに繰り返せるという点にあります。疲弊武将が残るため奇襲や疾風怒濤、あるいは奥義が残っていれば返すことができますが、ただ武将を配備してエンドするだけでは延々とハメられ続けます。

おわりに
今回ご紹介した張遼以外にも、3弾の収録カードは強力なものが揃っているようです。
公式Twitterで先行公開されていますが強いカードが多く、具体的に挙げるには多すぎるくらいです。

そんな3弾はまもなく発売されます。私も楽しみにしています!

【初心者向け記事】戦闘についてのいろは【前編】

by 睦月

READ MORE

【初心者向け記事】戦闘についてのいろは【後編】

by 睦月

READ MORE

【初心者向け記事】デッキ構築の基礎講座

by 神嶋

READ MORE

国力配備の基本的な考え方について

by 神嶋

READ MORE

『戦国大戦TCG双』 体験会レポート

by シード@炎舞

READ MORE