双2弾 デッキ紹介「黒」【神嶋】 | 戦国大戦TCG Blog | 遊々亭
戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

双2弾 デッキ紹介「黒」【神嶋】

posted

by 神嶋

New-一押しロゴ-双2弾-デッキ紹介「黒」.jpg
双2弾 デッキ紹介「黒」【神嶋】
今回は(今回も?)黒のデッキをご紹介します。
前回の記事に掲載したシンプルな構成よりも複雑で、若干難易度が高いかわりにアドバンテージを取りやすい構築になっています。

デッキレシピ
=====deckstart===== @武将-orange <==s2.0=10066@紫@>*4 <==s2.0=10062@紫@>*1 <==s2.0=10089@紫@>*4 <==sst04=10012@紫@>*4 <==s2.0=10075@紫@>*4 <==s2.0=10081@紫@>*4 <==s2.0=10082@紫@>*4 <==s2.0=10085@紫@>*2 <==s2.0=10086@紫@>*4 <==s2.0=10088@紫@>*4 <==sst04=10014@紫@>*2 <==s2.0=10090@紫@>*4 @計略-mtgcre <==s2.0=10065@紫@>*2 <==s2.0=10069@紫@>*4 <==s2.0=10073@紫@>*3 =====deckend=====
(奥義)
<==sst03=10017@灰@平蜘蛛釜>
<==sst02=10017@灰@初花肩衝>
<==sst01=10017@灰@羽扇>

双2弾環境について
<==s2.0=10009!gp!on> <==s2.0=10039!gp!on> <==s2.0=10058!gp!on>
1弾から既存の3色は様々な強化カードを得ています。
不足していたコスト帯や苦手だったところを埋めるカード、強みをさらに強くするカードなど色々ありますが、1弾環境の構築で若干の不自由さを感じていた部分はかなり解消されています。
いくつか例を挙げると、以下のコスト帯は選択肢がだいぶ豊富になりました。
  • 蒼の6コスト武将
  • 紅の1コスト武将
  • 翠の2コスト武将
また、黒スターターに封入されている新奥義はいずれも独自性の強い効果を持つものの汎用性に乏しく、あまり採用率は高くないようです。
現時点では、1弾環境の有力なレシピに強化カードを搭載したデッキが多く使われている印象です。

黒の立ち位置
現状の黒は、自城壁破壊などのコンセプトはあるものの敵陣を崩す手段に乏しく、バウンス・疲弊・特殊ダメージを備える表3色に比べ若干苦しい立ち位置にあります。

<==s2.0=10090@紫@呂布>という崩し手段、というよりもフィニッシャーを持っているため戦えないこともないのですが、その呂布もアンチカードである<==s1.0=10072@緑@桃園結義>が自然にデッキに組み込まれているため、特に翠に対しては苦しい戦いを強いられます。

黒は武将のスペックは比較的高く(特に<==s2.0=10075@紫@張梁>は抜きん出て強いです)、序盤は優位を取りやすいです。しかし6ターン目以降、翠や紅が<==sst03=10017@灰@平蜘蛛>を絡めて自陣を一掃してきた返しに取れる有効な選択肢が少なく、そのまま押し切られてしまいがちです。

そこで今回は、黒でも採用できる平蜘蛛釜コンボを用意しました。

カード解説
松永久秀
<==sst04=10012@紫@!gp!on>
彼がこのデッキの陰の主役です。

序盤に引いた場合は2ターン目に配備しても構いません。<==s2.0=10081@紫@賈ク>とのコンボで実質的に攻撃宣言時ワンドローになりますし、敵陣に低コストのキーカードが出てきた場合は5-6枚割って撤退させながら13枚ある反撃を期待する使い方もできます。当然リスキーですが黒ならではの豪快さでなかなか楽しいです。

さらに重要なのが<==sst03=10017@灰@平蜘蛛釜>とのコンボです。自陣武将が0体の状況からでも、奥義を使用し<==sst04=10012@紫@松永久秀>の疾風怒濤から攻撃宣言時能力で自城壁を3枚以下に調整しつつ高武力武将にぶつけることで、3000以下すべてと高武力武将3体を撤退させることができます。
これは疾風怒濤が要求されるとはいえ強力な切り返し手段です。

もちろん普通に使っても、終盤ならば兵力4000と相打ちすることが可能なので頼りになります。

上杉輝虎
<==s2.0=10088@紫@!gp!on>
上述のようにボードを取り返すのには四苦八苦する黒ですが、<==s2.0=10086@紫@董卓>や<==s2.0=10073@紫@常陸の不死鳥>によってカードアドバンテージ差は付きやすくなっています。
その差をさらに広げてくれるのが<==s2.0=10088@紫@上杉輝虎>です。配備時の1枚ハンデスは地味ながら有効で、特に手札の少ない蒼や翠にはかなり効きます。その効果を4500攻城2という「ボディの優秀な」武将が持っているというのが重要で、手札と盤面両方にプレッシャーをかけることで勝利に近付くことができます。

手札2枚を要求されるとはいえ「再起」能力も強力です。疲弊で戻ってくるため相手の盤面によってはそのまま殴り倒されてしまいますが、疾風怒濤などに対してはかなりの抑止効果があります。

三巻の書、常陸の不死鳥
<==s2.0=10069@紫@!gp!on> <==s2.0=10073@紫@!gp!on!200>
<==s2.0=10069@紫@三巻の書>は黒にとって貴重なテンポ獲得手段です。手札は失いますが強力な武将を早出しすることにより盤面を強固にしたり、本来は不可能な5コストと6コストの同時配備を行ったりすることができます。
早出しする武将はスペックが一気に上がる4ターン目の5コスト、または5ターン目の6コストがおすすめです。2ターン目の3コスト配備は強いのですが、(このデッキの3コスト武将の構成上)表2をその時点で置かなければならないので難しいです。

失った手札を補充する手段として<==s2.0=10073@紫@常陸の不死鳥>も採用しています。3コストは若干重いですが3ドローは圧巻です。表国力もこの計略を使用するために払ったものを裏にすればさほどのテンポロスにはなりません。中盤に<==sst04=10012@紫@松永>の疾風怒濤を無理矢理探すためにも使います。

天下統一戦レポート
細部がほんの少し違いますが、公式イベント天下統一戦にこのデッキで参加してきました。

1回戦 翠 先手 勝ち
<==sst03=10005@緑@!gp!on!200>
先手で2ターン<==sst04=10012@紫@松永>、3ターン<==s2.0=10081@紫@賈ク>の理想的な流れ。
後手3ターン目に<==sst03=10005@緑@真田幸村>が出てきたので松永6枚割りで撤退させる。
相手の<==sst03=10017@灰@平蜘蛛釜>である程度返されるも押し切り勝利。

松永スコア:対象真田幸村、6枚割り、反撃3枚

2回戦 紅 後手 勝ち
<==s1.0=10045@赤@!gp!on!200> <==s1.0=10053@赤@!gp!on!200>
2ターン目は<==s1.0=10045@赤@花舜夫人>と<==sst04=10012@紫@松永>を出し合う。
相手の3ターンが<==s1.0=10053@赤@細川夫人>からドローでエンドだったため、返しに<==s2.0=10089@紫@貂蝉>配備から松永を4500にして細川夫人を焼きながら疲弊を取って一気にボードを奪取。
5ターン三巻から<==s2.0=10088@紫@輝虎>を配備したあと、2ターン連続で輝虎を引いてきたため無双連撃を押し付けてお互い城壁0枚に。
数ターン武将を並べ合ったあと、10ターン目に<==s2.0=10073@紫@不死鳥>から<==s2.0=10090@紫@呂布>に辿り着いて勝利。

松永スコア:対象細川夫人、5枚割り、反撃1枚

3回戦 翠 後手 負け
<==s2.0=10057@緑@!gp!on!200> <==s2.0=10058@緑@!gp!on!200> <==s1.0=10083@緑@!gp!on!200>
後手なのでリスクを取り、1ターン目三巻から<==sst04=10012@紫@松永>配備。
相手の先手2ターンは<==s2.0=10057@緑@穆皇后>。
<==s2.0=10081@紫@賈ク>があったためワンパンスルーしたあと3ターン目に5枚割り。4ターンを何もせずエンドする相手に城壁を殴りまくり2対2までもっていく。しかし忍びの教えが2枚めくれる。
5ターンに配備された黄忠を手札からは咎めることができず、受けてくれることを期待して攻城するもすべてスルー。返しの<==sst03=10017@灰@平蜘蛛>で全滅し自城壁0枚、敵陣<==s2.0=10058@緑@黄忠>と<==s1.0=10083@緑@劉備>でなすすべなく敗北。

松永スコア:対象<==s2.0=10057@緑@穆皇后>、5枚割り、反撃1枚

4回戦 蒼 もらい先手 勝ち
<==s1.0=10028@青@!gp!on!200> <==s2.0=10020@青@!gp!on!200>
初手を見てみると平均コストが6(56667)。
とりあえず表で置きながら低コストを引くことを祈ると、<==s2.0=10081@紫@賈ク>、<==s2.0=10075@紫@張梁>2枚、三巻と引けたので5ターン<==s2.0=10075@紫@張梁>無双連撃と<==s2.0=10069@紫@三巻><==s2.0=10088@紫@輝虎>疾風怒濤でボードを取る。返し<==s1.0=10024@青@程普>の疾風怒濤で<==s1.0=10028@青@孫堅>がめくれ、2体返されて自陣輝虎のみに。
こちらは<==s2.0=10086@紫@董卓>、<==s2.0=10090@紫@呂布>、戻された董卓+<==sst04=10012@紫@松永>。相手は<==s2.0=10020@青@孫策>、孫堅、<==s2.0=10019@青@長政>から孫堅再配備と展開し勝負ターンはこちらの先手9ターン目。奥義はお互い未使用だが相手奥義はほぼ<==sst02=10017@灰@初花肩衝>と読めている状態。

【敵陣】城壁2枚、武将すべて待機
孫策、孫堅、浅井長政

【自陣】城壁5枚、国力表5裏4
上杉輝虎、呂布、松永久秀

まず<==sst04=10014@紫@袁紹>を配備して能力を使用。輝虎攻城を孫堅受け撤退からの初花肩衝。ここで松永を戻されるとプラン崩壊だが狙い通り袁紹を選択してもらえた。
呂布で攻城し通って城壁0枚に。<==sst03=10017@灰@平蜘蛛釜>を使用してから松永が3枚割って長政を撤退させながら攻城。袁紹効果で武力3000になっているため、孫策と孫堅どちらで受けても、孫策能力を使用しても撤退時2000点とあわせて2体とも撤退させられる形になる。
相手は董卓の能力で表2になっており、次ターンの落城を阻止できず勝利。

松永スコア:対象<==s2.0=10019@青@浅井長政>、3枚割り、反撃1枚

ということで3-1、オポーネント届かずでした。
松永は疾風怒濤はしていないものの、全試合で活躍してくれました。

黒でデッキに迷っている方はぜひお試しください。
それではまた次回!

買取強化カード紹介!! 【更新日:10/4更新】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

戦闘計略について

by 睦月

READ MORE

デッキレシピ【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

初心者向けセオリー解説【まとめ】

by 初心者講座

READ MORE

ゲームプレイ指南書【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE