【流転の華獲得レシピ解説】2弾環境グッドスタッフ紅【試合レポもあるぞ】 | 戦国大戦TCG Blog | 遊々亭
戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【流転の華獲得レシピ解説】2弾環境グッドスタッフ紅【試合レポもあるぞ】

posted

by 睦月

New-一押しロゴ-2弾環境-紅.jpg
【流転の華獲得レシピ解説】
2弾環境グッドスタッフ紅
皆さんこんにちは!睦月です。

今回は9/22に開催された称号戦'流転の華'。
3連勝し称号を獲得することが出来ました!

つまりデッキ紹介&当日レポ記事ってことですね。

デッキレシピ
紅グッドスタッフ
=====deckstart===== @武将-orange <==s1.0=10049@赤@>*4 <==s2.0=10022@赤@>*2 <==s2.0=10032@赤@>*4 <==s1.0=10045@赤@>*3 <==s1.0=10053@赤@>*4 <==s1.0=10037@赤@>*3 <==s1.0=10030@赤@>*4 <==s1.0=10050@赤@>*4 <==s2.0=10039@赤@>*4 <==spromo=10006@赤@>*3 <==sst02=10012@赤@>*4 <==sst02=10014@赤@>*4 <==s1.0=10052@赤@>*4 @計略-mtgcre <==sst02=10004@赤@>*3 @奥義- <==sst03=10017@灰@>*1 =====deckend=====
基本的なコンセプトは'高武力で長期戦を制す'。これは天下統一戦の時に使用したときから変更はありません。
黒という勢力が追加されましたが、やはり長期戦は紅の独壇場です。

2弾から採用されたカードは3枚です。どれも地味ながらも確実にデッキパワーの上昇に貢献してくれました。
1枚づつ解説していきましょう。

奥村安
<==s2.0=10022@赤@!gp!on!200>
1ターン目には基準値武力を持つ武将として扱え、終盤では瞬発力のある崩し力として使える。
いわゆる'賞味期限の長い'武将です。

今まで紅には1コスト武力2000の武将がいませんでした。
これがどういうことかというと翠相手の後攻だと<==s1.0=10065@緑@恭雲院>の裏目が常に存在し、序盤から城壁を削られる一方的な展開を生む一因となっていました。
能力なしとはいえ、ついに1コスト2000の武将が来たことには大きな意味が存在します!

崩し力については今更語る必要もないほど重要な要素ですね。
特に<==s1.0=10052@赤@夏侯惇>の城壁攻城から始まりがちな終盤の攻めをいきなり武将を攻撃出来るようになった点は見逃せません。

また、ミラーで4ターン目に配備することで相手の<==s1.0=10053@赤@細川夫人>を取ることが出来れば大きなアドバンテージ差を生み出すことが出来ます。
細川夫人で疲弊状態の武将がいるのでチャンプで守り切ることは難しいです。
口羽通良
<==s2.0=10032@赤@!gp!on>
2弾カードレビューでもイチオシさせていただいた武将です。

2コストは選択肢が多く悩ましいコスト帯となっています。
しかし、それでも僕はこの口羽を最優先とした理由があります。
①シングルシンボルである
このデッキ3ターン目最強のカードは<==s1.0=10053@赤@細川夫人>です。
手札の量も質も高めることにより、疾風怒濤を狙いやすくなり勝利に大きく近づきます。
そのため細川夫人との噛み合いが最も優先すべきだと考えています。

細川夫人はシングルシンボル(1-2)で配備出来るため、裏置きを優先し強引に引きに行くことが出来ます。
そのためにも2コストにはシングルシンボルであることが望ましいです。
攻城力が高い<==s1.0=10029@赤@安国寺恵瓊>、終盤不要になれば手札交換として使える<==s2.0=10034@赤@陳宮>はダブルシンボルなので今回のコンセプトとは合致しません。
そのためこの2枚の採用は見送りました。

勿論、攻城力を重視するデッキや召喚兵を大量に配備するデッキだと採用されることもあります。
大切なのは'自分の考えたコンセプトに合致しているか?'という点です。
②兵力が2500である
紅が最も苦手とするデッキは翠だと感じています。
それならば翠を意識した武将を採用し、その相性差を埋めてやりましょう。

兵力が2000と2500の差は翠からすれば大きな差があります。
例えば、<==s1.0=10081@緑@徳川家康>の配備時効果で撤退させるためには1体多く配備する必要がある等です。

紅のコンセプトとして武将の横並びがありますので、戦線能力が高い武将からチョイスしてやりましょう!
③賞味期限が長い
繰り返しお伝えさせていただいているのは、それだけ皆さんに重要性をわかっていただきたいからです。

双環境ではまだカードプールが狭く、大きなコンボが少なく長期戦になりがちです。
そのため配備ターン以外にも活躍の場があるカードの価値は非常に高いと感じています!

同じように<==s1.0=10045@赤@花舜夫人>も賞味期限の長い武将で、こちらは<==s1.0=10022@青@長尾為景>などのカウンターとして役立ちます。
しかし、紅が蒼ではなく翠を苦手としてるため返し力の高い口羽を優先して4枚採用したというのが理由になります。


このようにカード1枚の採用理由を掘り下げていくのもTCGの醍醐味の一つです。
皆さんもデッキを見直してみて何故自分はこの枚数カードを採用したのか?を考えてみてください!
毛利秀元
<==s2.0=10039@赤@!gp!on>
1弾環境で採用されていた<==s1.0=10051@赤@夏侯淵>と比べ、攻城力こそ劣るものの崩し力と戦闘力に優れています。

正直に言えば、紅最強の5コストは<==s1.0=10050@赤@長宗我部元親>です。
それならば秀元は元親を引かないときに出てくる代打カードなのでしょうか?

答えは'NO'です!

紅という勢力は返し力に乏しく、疾風怒濤を絡めなければ返すことが出来ない盤面が多々あります。
そのため盤面配備するのではなく手札で温存して隙をつくというプレイも必要になってきます。

5ターン目に元親を配備しても成果を上げる前に崩されそうなときは秀元の武力の高さが頼もしく、戦場の維持を手伝ってくれます。
また、先攻6ターン目に<==spromo=10006@赤@戸次鑑連>を配備し5コストと3コストを疲弊状態にし秀元で上から攻撃するパターンも強力です!

デッキの最大点の動きは小早川隆景→長宗我部元親疾風怒濤であることは1弾から変わりません。
しかし、秀元の登場により平均点を大きく引き上げてくれています!!

紅は2弾になり確実に強化されました。
1弾環境では厳しい戦いが多かったですが、今後は紅を中心に環境が変わる...かもしれませんね。


それでは称号戦当日のレポートです。

称号戦レポート
1回戦:バランス黒 奥義:初花肩衝 先攻
先攻を取って
12345からの<==s1.0=10050@赤@元親>疾風怒濤!67からの<==s1.0=10052@赤@夏侯惇>無双連撃!!

...いやふざけてるわけではないんです。先攻でブン回りました。
あまりに引きが強すぎて気持ちよくなっていました。

2回戦:焼き翠 奥義;平蜘蛛釜 先攻
先攻を取って
123...はスルー!4567<==s1.0=10052@赤@夏侯惇>無双連撃!!

...いやふざけてるわけではないんです。先攻でブン回りました(2回連続2回目)。
相手さんも回りが悪く、<==sst03=10017@灰@平蜘蛛釜>を使ったターンに撤退したのは<==s1.0=10050@赤@長宗我部元親>のみ。
かなり運に恵まれた試合で気持ちよくなっていました。

決勝:バランス黒 奥義:初花奥義:初花肩衝 先攻
とてもお世話になっている主君の方との対戦。しかしこの睦月容赦せん。

先攻を取って
123...はスルー!4567<==s1.0=10052@赤@夏侯惇>無双連撃!!

...いや以下略。

という訳で運に恵まれまくって'流転の華'獲得!
これでも勝ちは勝ちじゃい!!

正直、ツキまくっていたのですがほとんど同じレシピの金魚屋本舗さんも称号を獲得!
デッキの強さは証明できたかと感じています。

10/20に開催される天下統一戦の参考になれば幸いです。


それでは今回はここまでです。またね!!

買取強化カード紹介!! 【更新日:10/4更新】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

戦闘計略について

by 睦月

READ MORE

デッキレシピ【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

初心者向けセオリー解説【まとめ】

by 初心者講座

READ MORE

ゲームプレイ指南書【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE