ブースターパック 第11弾 新弾レビュー【神嶋】 | 戦国大戦TCG Blog | 遊々亭
戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

ブースターパック 第11弾 新弾レビュー【神嶋】

posted

by 神嶋

New-一押しロゴ-11弾-神嶋.jpg
ブースターパック 第11弾 新弾レビュー
■新しい特技が追加されましたが、注目の特技などありましたら教えてください!
注目しているのは【連舞】と【乱舞】です!
どちらも翠の追加特技で無双連撃に関するものですが、その性質は正反対と言っていいほど違っています。

【連舞】で回収のために支払う緑コストは、一度でも試してみればわかりますが非常に重いです。無双連撃はいわゆるテンポスイングなので、そこで緑を支払ってしまうのは本末転倒ともいえます。
その分リターンは大きいですし、国力を回復させる武将も用意されているので上手く使いたいですね。

【乱舞】は逆に、手札を投げ捨てて何度でも無双連撃をすることができます。翠には手札の補充手段がさほどないため、<==11.0=10069@緑@おりょう>の能力を何度当てられるかが重要になりそうです。

■気になるカード、オススメしたいカードを教えて下さい!
足利義満
<==11.0=10066!gp!on!200>

実質的に「攻撃宣言時1000点ダメージ」の上位互換能力を備えています。敵陣に加えて自陣にも依存しますが2000点以上を飛ばせる可能性もあり、<==11.0=10067@青@高師直>をはじめとして今弾過去弾問わず様々な武将とシナジーを形成する、11弾環境の蒼デッキで主軸となる武将カードといえるでしょう。

非常に強力な武将ですが、配備コストがトリプルシンボルなため国力の置き方に若干シビアさが求められます。特に5コスト帯の固有武将については、2種8枚以上かつトリプルシンボルは片方までにしておくことを推奨しています。
理由は、4ターン目に国力が表2裏2だったとき手札に5コスト武将が引けていなかった場合、裏置きから5コストを探しに行けるかどうかが勝負の分かれ目になってしまうためです。

竹中半兵衛
<==11.0=10017!gp!on!200>

ご存知の通りカードゲームのアドバンテージにはいくつかの種類があり、中でも代表的なものはハンドとボードです。
ハンドアドバンテージはつまりカードを引くこと、ボードアドバンテージは盤面に武将を並べることです。ゲームのデザインの都合上、これらのアドバンテージを同時に得る行動は強くなりすぎるため、ほとんどの場合で1枚のカードでは両立しないようになっています。

もうおわかりですね。<==11.0=10017@赤@竹中半兵衛>はハンドとボードを1枚のカードで得ることができるのです。
そのかわりに号令なし攻城力1と5コストとしては低いスペックになっていますが、補って余りあるほど能力が優秀です。

街亭の攻防
<==11.0=10042!gp!on!200>

このカードも、形は違えどハンドとボードを同時に得るカードです。
1回目は計略+馬謖の2枚7コストを使って王平1枚を手札以外から配備し5コストを踏み倒しますので、手札プラマイ0コスト+1の得です。
これが2回目以降になると、馬謖を出すだけで王平が湧いてくるため手札+1コスト+5と爆発的なアドバンテージになります。

<==8.0=10037!gp!on!150>

とはいえ4コストの置計のために4ターンを実質パスすると中盤戦が厳しくなります。そこでおなじみ<==8.0=10037@緑@今川義元>の出番。踏み倒した<==11.0=10042@緑@街亭の攻防>を使って<==9.0=10039@緑@王平>を踏み倒しましょう。

張良
<==11.0=10076!gp!on!200>

ついに黒にもやってきました、独自性能の超強力システム武将!
<==11.0=10076@紫@張良>の入れ替え能力には様々な使い道があります。

1.低コストを高コストに入れ替える
2.高コストを入れ替え迎撃不可を与える
3.国力ブースト

国力ブーストについて少し詳しく。武将を国力に送ったあと3コスト以下の黒の武将を配備するのは強制ですが、送り込んだ武将カード以外に該当する表国力がない場合は配備されず、結果として国力ブーストになります。
このとき1回目に送り込む武将を<==btl3.0=10089@緑@原田左之助>のような黒以外の低コスト武将にしておくと、2回目のブーストも可能になります。

ついでのように持っている君主を常時-1000する能力は、<==btl2.0=10178@赤@源義経>などの戦闘能力を大幅に削ぐため刺さる相手には劇的に刺さります。
反面、自陣の<==btl2.0=10159@紫@呂布>や<==btl2.0=10156@紫@董卓>の武力も下がることになります。<==btl2.0=10159@紫@呂布>は能力の特性上それでも採用は揺るがないでしょうが、5コスト3500の君主は一考の余地があります。

■評価の上がった過去弾のカードはありますか?
阿国
<==10.0=10031!gp!on!200>

今回最も評価の上がったカードはおそらくこれでしょう。
どんなデッキに入ってもおかしくないくらい刺さります。

<==11.0=10020!gp!on!150> <==11.0=10042!gp!on!150> <==11.0=10080!gp!on!150>

11弾の【置計】は非常に強力で、放置すると負けてしまう可能性が高いものばかりです。<==10.0=10031@紫@阿国>は現環境では数少ない、それらに対処することが可能なカードです。

<==11.0=10066!gp!on!150>

敵陣と同じコストの武将がいるのが条件となりますが、<==11.0=10066@青@足利義満>の能力で一時的に除外した敵武将を山札に戻してしまうことで除去したのと同じ結果を得ることができます。

また<==11.0=10010@青@紅蓮陣>や<==8.0=10037@緑@今川義元>など捨札を経由してアドバンテージを得るカードも様々使われていますので、手軽に捨札に触ることができるのも見過ごせません。

岩倉具視
<==10.0=10005!gp!on!200>

街亭デッキは<==11.0=10039@緑@馬謖>を配備した回数だけ有利になるため、翠のカードで無理なく<==11.0=10039@緑@馬謖>の回収を可能とする<==10.0=10005@緑@岩倉具視>の評価はさらに上がりました。
大抵のデッキは50枚中40枚程度は武将カードであるため、裏国力に置かれているカードも大部分は武将のはずです。計略の回収はそれはそれで美味しいですし、ハズレは布陣をめくってしまった場合くらいでしょう。
■お気に入りのイラストカードを教えて下さい!
長勝院
<==11.0=10021!gp!on!200>

<==11.0=10063@青@勾当内侍>も非常に強力なカードですが、個人的にはこちらを推します!

■最後に一言お願いします!

今年もあと1ヶ月を残すのみとなりました。
12月はみなさんお忙しいことと思いますが、久しぶりの公式イベントも開催されるためしっかり準備していきましょう。

それでは次回の記事をお楽しみに!

買取強化カード紹介!! 【更新日:12/7更新】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

戦闘計略について

by 睦月

READ MORE

デッキレシピ【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

初心者向けセオリー解説【まとめ】

by 初心者講座

READ MORE

ゲームプレイ指南書【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE