天覇への道in香港 参加レポート | 戦国大戦TCG Blog | 遊々亭
戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

天覇への道in香港 参加レポート

posted

by シード@炎舞

New-一押しロゴ-天覇-シード.jpg
天覇への道in香港 参加レポート
みなさんこんにちは、シード@炎舞です。
9月30日に行われた、天覇への道in香港に日本の代表の一人として参加してきましたので、その時のレポートを書かせていただきたいと思います。

デッキ編
合戦パック3発売直後に大阪で行われた称号戦「剣豪」に参加した後感じたのは、
前環境と変わらず除外呉、合肥義経、才気煥発翠がメタの中心になっていて新機軸のデッキは上位には入ってきていないということでした。
そのためその3種類の中からどれかを選ぼうと思ったのですが

合肥義経:中盤戦には強いが中盤に<==10.0=10038@赤@合肥城の結束>+<==btl2.0=10178@赤@源義経>コンボを決めないと後半はジリ貧になりがち
除外呉:全体的な安定感があるが武力は低め
グッドスタッフ翠:手札は少なくなりがちだが、武力面で後半戦で特に強い

とそれぞれ一長一短でどれを使うか悩みましたが、最終的には一番使うのに慣れているグッドスタッフ翠を使うことにしました。
デッキレシピ
グッドスタッフ翠
=====deckstart===== @武将-orange <==9.0=10037@緑@>*2 <==btl=10155@緑@>*2 <==10.0=10005@緑@>*2 <==btl3.0=10093@緑@>*2 <==btl2.0=10186@緑@>*3 <==sp2.0=10069@緑>*3 <==9.0=10069@緑>*4 <==btl2.0=10188@緑>*2 <==8.0=10037@緑>*4 <==btl2.0=10104@緑@>*2 <==10.0=10073@緑@>*2 <==9.0=10041@緑@>*4 <==7.0=10092@緑>*2 <==10.0=10043@緑>*2 @計略-mtgcre <==6.0=10099@緑@>*4 <==1.0=10098@緑@>*3 <==10.0=10030@緑@>*3 <==sp1.0=10044@緑@>*1 @布陣-blue <==7.0=10095@緑@>*3 =====deckend=====

過去に組んだデッキを制限改訂に合わせてチューンした結果こうなりました。
新カードの<==btl3.0=10093@緑@藤堂平助>はコストバランス的に1、2コストに2枚枠を割きたいとなった時に色々試した結果、一番しっくりきたので採用しました。
<==btl2.0=10120@青@孫尚香>に一方を取れ、<==sp1.0=10061@青@呂蒙>に焼かれずに、尼子や<==5.0=10041@橙@犬塚>と対面した時もプレッシャーを与えられると感じました。
また、6コストも<==btl3.0=10030@緑@張飛>や<==10.0=10028@緑@南部晴政>など相性のいいカードを色々試しましたが、カードパワーの高さでやはり<==10.0=10073@緑@吉田松陰>になりました。

大会編
香港の環境は日本に比べるとより高コストが多く、後半戦を意識した環境のようでした。
また日本の剣豪獲得者が蒼3翠1だったのに対して、香港ではベスト8の時点で蒼1、紅3、翠4と蒼は1人しかおらず、紅は合肥義経はおらず毛利島津2人と魏が1人とかなり環境が違うことが伺えました。

ちなみに大会の運営の方式も少し違って、時計を置いたり他の試合を観戦することが禁止だったりなど日本よりも厳しい印象でした。

1戦目 グッドスタッフ翠 先手 ◯
4ターン目に<==9.0=10069@緑@坂本龍馬>をプレイできたものの、山札の中には<==btl2.0=10188@緑>西郷隆盛1枚しかなく、<==btl2.0=10186@緑@木戸孝允>は全て城壁に埋まっているというハプニングが起きてしまっていました。
おかげで龍馬の国力入れ替え効果をロクに使うこともできませんでした。
その後はお互いに<==10.0=10073@緑@吉田松陰>を出しては除去してという戦いになっていましたが、最終的には相手が1度吉田松陰の効果で<==1.0=10098@緑@姫の拒絶>を回収し忘れたことと、こちらがきっちり相手の盤面をバウンスし続けて城壁を詰めれたので最後は城壁差で勝利しました。

2戦目 グッドスタッフ翠 先手 ◯
相手の方のデッキは<==sp2.0=10084@緑@岡部元信>などが入っていてやや置計に寄っている印象でした。
こちらの2ターン目の最高の動きである<==btl3.0=10093@緑@藤堂平助>に対して、相手も2ターン目に同武力の<==btl3.0=10091@緑@沖田総司>を出してきて出鼻をくじかれましたが、4ターン目に坂本龍馬を出した後、5ターン目に龍馬で攻撃して召喚兵を出しながら<==6.0=10099@緑@才気煥発>を捨てて今川義元を出して才気煥発を貼るというあまりやりたくないプレイで盤面を固めていきました。
その後、相手が岡部元信を出したものの1枚も置計がめくれず、こちらは馬超をちらつかせながら龍馬の出した召喚兵で攻城していき、最終的に<==btl=10155@緑@松姫>+<==1.0=10098@緑@姫の拒絶>+<==10.0=10073@緑@吉田松陰>効果でもう1体バウンスと、合計3体を一気にバウンスしてそのまま落城させました。

3戦目 毛利島津 先手 ◯
こちらは公式の物では無いのですが動画を上げてくださっている方がいるのでよければご覧ください。
戦国大戦TCG天覇への道in香港 準決勝戦

<==sp2.0=10069@緑@甲斐姫>、<==9.0=10069@緑@龍馬>、<==8.0=10037@緑@今川義元>とテンポよく並べることができましたが、
相手も<==9.0=10012@赤@尾崎局>、<==9.0=10013@赤@雪窓夫人>、<==sp2.0=10043@赤@川上久朗>、<==6.0=10054@赤@島津豊久>とかなり順当に並べてきました。
とはいえやはりこちら側の方が<==7.0=10095@緑@真田丸>を含めてバウンス要素がかなり多いので、並べるのが重要な島津毛利に対してはかなり有利と言えます。
盤面を作られても<==7.0=10092@緑@家康>を出して低コストを全て持って行ったり、こちらの盤面が崩されたと思ったら<==9.0=10041@緑@馬超>で取り返したりとかなり好き放題できました。
特に最後は相手がひたすら4コスト以下を出してくれたので、馬超+真田丸でひたすら盤面を取り続けることで勝利しました。

4戦目 伏兵魏 先手 ×
こちらも動画を上げてくださっている方がいらっしゃいます。
戦国大戦TCG天覇への道in香港 決勝戦

序盤は一進一退といった感じだったたものの、後半に大量展開されて巻き返されてしまいました。
最新環境での伏兵魏との対戦経験がほとんど無かったのも一つの原因かと思いますが、
決め手となったのは相手の<==10.0=10038@赤@合肥城の結束>を警戒する余り、<==sp1.0=10044@緑@麒麟児の誓>を消極的に使ってしまったことと、<==btl2.0=10064@赤@張春華>の国力が三国志限定の時の効果を忘れていたのが敗因だと思います。

そんなわけであと1勝というところで優勝を逃してしまいました。
来年こそは優勝を目指して頑張っていきたいと思います。

買取強化カード紹介!! 【更新日:12/7更新】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

戦闘計略について

by 睦月

READ MORE

デッキレシピ【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

初心者向けセオリー解説【まとめ】

by 初心者講座

READ MORE

ゲームプレイ指南書【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE