ここで赤壁の大火 | 三国志大戦 Blog | 遊々亭
三国志大戦 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、三国志大戦に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@三国志大戦担当アカウント@yuyutei_san遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • 動画
  • ニュース
 

ここで赤壁の大火

posted

by 或椿

sekiheki0910.jpg
ここで赤壁の大火
この前のソシャゲのガチャの引きが良く筆が進んでいる或椿です。

バージョンアップで次にくるであろうカードを考えて、今でも悩みの一つである<==2.5=10012>対策をひたすら考えていたのですが、修正内容を見て新デッキの登場をひたすら待つ状態。
(ここで<==2.5=10004@@UC夏侯威>の緊急修正は加味されていないことを謝罪しておきます)

心が折れない程度にこのバージョンを遊んでいきましょう。

さて今回はバージョンアップ考察ではなく自分が旧大戦シリーズから現代にかけて一番苦手なカードとそのデッキについて書いていこうと思います。
このカードはどんなデッキを握っていてもワンチャンで文字通り全てを灰にされるので自分のみならずかなりの方が苦手意識があるんじゃないかなー。

それは<==1.0=10048>
<==1.0=10048!gp!on>
個人的には<==1.0=10015>と<==1.0=10048>のニ択で相当悩みましたが、今回は<==1.0=10048>になりました。

<==1.0=10048>はどの環境下でも一定のデッキを滅ぼせる力はあると個人的に思っておりまして。
以前流行した<==1.2=10026>とかはかなり滅ぼせていたのでは?フルコン環境下でもかなり活躍の場があり、相手が士気12の状況や終盤でくるなら『赤壁の大火』ニ連打で全てを灰燼に帰すことも可能ですしね。(同知力に50%以上のダメ)

知力を下げる計略で<==1.0=10200>、<==1.2=10027>といった相方がいるとダメージの確殺も狙えて、同時に計略効果時間も減少するため封印したも同然なので、相手が法具【再起の法】なら再起ずらしをして使った士気分時間を稼いでもっかい同じことをすればいい。なお今度は容赦なく焼かれる模様。

他の法具でも知力ダウンが続いていれば焼いてそこで試合が決まるため、知力ダウン系統の計略が入ると我慢大会で有利になるんですよね。
デッキサンプル
赤壁快進撃デッキ
sekihekikaisingenki.png
LE2孫策 SR周瑜 UC宋謙 R徐夫人 SR2小喬
1コス枠2人は龍玉の<==1.2=10097@@復刻小喬>だったり<==1.2=10075@@LE2孫策>の将器【突撃術】と相性の良い<==2.5=10025@@R2大喬>、<==2.1=10095>を入れて城を殴れるようにしたりとプレイヤーの好みに合わせて変えれるのがこのデッキの強みでもある。なんなら<==1.0=10175>を<==1.2=10017@@SR2周姫>にして特技「魅力」単の形もあります。
開幕
ではまず簡単に特技「伏兵」の説明を。
処理は迅速に。開幕で「伏兵」を処理しておかないと、次の戦闘でその「伏兵」のダメで弱い箇所ができて戦闘に負け内乱を取られたり、城を殴られやすくなります。
踏まれなければコスト落ちで戦っているようなものだが踏ませれば無士気で相手の兵力を削るか撤退に追い込めるって改めて考えるとヤバい特技なんですよね。

んで、<==1.0=10048>の場合だと単純に高火力のダメ計持ちで「伏兵」があるということ。
デッキの性質上「魅力」持ちが多く踏むのに時間がかかれば、踏んだと同時に『赤壁の大火』が飛んできて一気に不利な状況に落ちやすく、仮に高知力で処理しても伏兵ダメ+『赤壁の大火』のダメージで吹き飛びます。

無理してでも敵陣深くに探りにいけば<==1.2=10075@@LE2孫策>が周り込んできて「伏兵」を処理する前に部隊を取られて<==1.0=10048>を隠されてしまい、前に出れなくて<==1.2=10075@@LE2孫策>の征圧を眺めてるだけでございます。
<==1.2=10075@@LE2孫策>が近づいてくる=踏ませたと同時に倒すため<==1.0=10048>がいる、の可能性もあるのでどうしても踏みたければ<==1.2=10075@@LE2孫策>の位置を常に把握しながら探しにいきましょう。
それと踏みと同時に飛んでくる計略が『赤壁の大火』ともう一つ『小覇王の快進撃』もケアしないといけません。
槍兵が撤退している状態での『小覇王の快進撃』は止めようがないし、張り付かれてもマウントに移行されても、部隊が落とされてしまうと、こちらのカウンターが遅れて相手の士気がまた溜まってしまう辛い展開になります。
なので開幕の<==1.0=10048>の処理だけは本当に気をつけないといけません。
中盤
中盤以降も<==1.0=10175>の将器【復活減少】の投げ捨てを効率よく処理しないといけません。
<==1.0=10175!gp!on!150>

騎兵は迎撃一回で『赤壁の大火』ぼぼ確殺ラインにされてしまうから、そうなると一旦城に下げて回復して~なんてしてると敵陣にいったときにはまた復帰!の台詞ととも出場にでてくるし、将器【突撃術】持ちの<==1.2=10075@@LE2孫策>に突撃されても同じように怖い!帰ろうとなるわけで。
ぐだぐだしてると士気を溜められて、法具【再起の法】を選んでいても、こっちが士気を使う→『赤壁の大火』→撤退確認して法具【再起の法】→攻めたとこを法具【連環の法】で止められ~の法玉【知略】~『赤壁の大火』で終わり。
そのため燃やされるのを覚悟で兵力回復を待たずに突っ込む度胸試しでいく流れと、迅速に流れ作業のように兵力を削りに荒らしにきたところを処理して無駄に兵力を削られずにスグにラインを上げれる状況作りも大事になります。

そして一番頭を悩ませる原因が法具【再起の法】にせざるおえないということ。兵力が回復する計略をデッキに入れてるならともかく、それがない場合法具【増援の法】法玉【知力】を持っていかないと攻めきれないし、法具【連環の法】を相手に残されてると詰まされる流れになるため【増援の法】を選びたい!その気持ちは痛いほどわかる・・・
しかし法具【増援の法】もなるべく我慢して使いたいけど、『赤壁の大火』の圧を考えると早めに使わされるし、待てば同時押しのリスクもある。しかも早めに使うと【増援の法】の回復量を半分近く捨てることになりますので効果的に【増援の法】を使えないのがまたいやらしい。
号令連打封じの<==1.0=10200>の計略『嫉妬の眼差し』+『赤壁の大火』もあるし、なんなら法具【連環の法】で槍出しを封じての『小覇王の快進撃』で全滅落城コースでーす。

しかしあれです。
<==1.2=10075@@LE2孫策>がいるから<==1.0=10048>が活きるし、<==1.0=10048>がいるから<==1.2=10075@@LE2孫策>が活きると2人はプリキュアならぬ2人は断金お互いなくてはならない相方なのがまた史実通りでまたこれが凄くいい。
1コス枠にお互いの嫁さんまで入るからやるしかないよこれは。

今回はこのへんで。それではまた。

サイドジャストローダー スリム 取り扱い開始!!

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【注目カード】『孫呉の礎』"R1周瑜"編

by 弘介

READ MORE

Ver.2.50C 環境激変新バージョン エラッタ武将&スタンプキャンペーン注目武将紹介!

by 虎斗

READ MORE

今日も一日がんばるぞい

by 或椿

READ MORE

三国志大戦デッキ 倉庫【Ver2.10B】

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【Ver1.20】動画まとめ

by 動画

READ MORE

三国志大戦 初心の章 まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE