ポケモンカードゲーム Blog | 遊々亭
ポケモンカードゲーム 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ポケモンカードゲームに関する情報を配信していきます。 Twitterでも情報配信中です!
遊々亭ポケモンカードゲーム担当アカウント@yuyutei_pokemon遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

ポケカブ!第三話「エースバーンVMAX」

    posted

    by まーにん

    ポケカブ!三話「エースバーンVMAX」
    こんにちは!まーにんです。
    今回はVMAXライジングに収録されているエースバーンV・VMAXの構築記事になります。

    前回のインテレオンでは書き忘れたのですが、エースバーンV・VMAXについてふわっと説明。

    まずエースバーンVです。
    <==s01a=10016!gp!on> エースバーンV
    HP210 炎タイプ
    特性フィールドランナー
    場にスタジアムが出ているなら、このポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。

    炎炎無 ぐれんきゃく 140
    3エネ140ダメージの使いやすいワザとスタジアムがあると逃げるエネルギーがなくなる優秀な特性持ち。


    次にエースバーンVMAX。
    <==s01a=10017!gp!on> エースバーンVMAX
    HP320 炎タイプ
    炎無 カウンター 30+
    前の相手の番に、このポケモンが受けたワザのダメージと同じダメージ追加。

    炎炎無 ダイカエンダマ 170
    相手のバトルポケモンをやけどにする。
    320と高いHPからのカウンターが強いですね。「カウンター」は受けたダメージを回復してもダメージを受けたという情報は残り、カウンターのダメージに乗ります。
    「ダイカエンダマ」も3エネで170ダメージ+やけどと強力で、汎用性の高い<==sm12a=10085@@デデンネGX>・<==sm12=10035@@オドリドリGX>を1撃で倒すことができます。


    続いてデッキレシピです。

    デッキレシピ
    エースバーンVMAX
    プレイヤー:まーにん
    =====deckstart===== @ポケモン- <==s01a=10016>*4 <==s01a=10017>*3 <==sm10a=10004>*1 <==sm09a=10016>*2 <==sm12a=10038>*2 <==safir=10001>*2 <==sm09=10015>*2 <==sm09a=10020>*1 <==sm08a=10034>*2 @グッズ-blue <==s01h=10052>*4 <==safig=10033>*4 <==s01w=10056>*2 <==sm10=10083>*2 <==sb=10014>*3 <==sm05m=10060>*2 <==s01w=10052>*1 @サポート-orange <==s01w=10059>*3 <==sb=10021>*4 <==sm12=10089>*2 @スタジアム-green <==sm10a=10050>*3 @エネルギー- <==sm-energy=10011>*11 =====deckend=====
    不採用カードについて
    ビクティニ◇
    <==sm06a=10004!gp!on>
    LO(ライブラリーアウト)に対して強いので環境などに居ると思ったら入れてみましょう。
    入れるなら<==s01a=10016@@エースバーンV>を減らしてもいいかもしれません。

    ビクティニV
    <==safir=10005!gp!on>
    「ひろがるほのお」はトラッシュからエネルギーを加速できるので他にはない役割がありますね。
    「エネバースト」も相手に依存しますがかなりのダメージが出る時もあります。
    これも<==s01a=10016@@エースバーンV>との入れ替え候補。

    ヒートファクトリー◇
    <==sm08=10093!gp!on>
    炎エネをトラッシュすれば3枚引ける。シンプルに強い。
    <==sm10a=10050@@巨大なカマド>が2枚で足りると思ったら巨大なカマドと入れ替え候補。

    プラン
    先攻の場合は、<==sm12a=10281@@溶接工>を引きに行って、2ターン目に<==s01a=10017@@エースバーンVMAX>に進化してダイカエンダマで攻撃、
    後攻の場合は、溶接工もしくは<==sm12a=10038@@ボルケニオン>の「フレアスターター」で<==s01a=10016@@エースバーンV>に炎エネルギーをつけ、2ターン目にはVMAXに進化してダイカエンダマで攻撃する事を目指しましょう。
    後攻を取ると溶接工を無理に引きに行かなくてよくなるので「溶接工が引けない!攻撃できない!」なんて事がなくなります。かなり心の安定剤です。
    あとは状況に応じて<==sm12=10089@@マオ&スイレン>で回復しながらカウンターしたり、速攻をしかけて<==sm09=10015@@キュウコン>の【きゅうびのいざない】でベンチの<==sm09a=10016@@デデンネGX>や育て途中のポケモンを狙っていきましょう。

    不採用カードの項には書いていませんが、<==sm10=10007@@レシラム&リザードンGX>、<==sm08a=10023@@アブソル【あくのはき】>、<==sm10=10037@@ミュウ【ベンチバリア】>など環境に合わせたカードを入れるのも◎

    今回は以上になります。
    それではまた!バイバイ!

「VMAXライジング」注目の一枚はこれだ!【ごぼ】

    posted

    by ごぼ

    VMAXライジング注目の一枚はこれだ!
    こんにちは。ごぼです。

    先日、自己紹介記事を投稿させて頂きましたが、本格的に遊々亭様のポケカブログにて記事を挙げさせていただくのは今回が初となります。
    至らぬ点があるかと思いますが、ご覧いただけると幸いです。

    ちょっと遅くなってしまいましたが、新弾VMAXライジングの中で私が最も注目しているカードを紹介、解説させて頂きたいと思います。
    是非ご覧いただけると嬉しいです。

    今弾で最も注目しているカードはパルスワンVになります。

    <==s01a=10031!gp!on!300>

    2つのワザが非常に優秀です。

    1つ目のワザ「そうでん」は1エネで技を使うことが可能で、且つエネルギーを1匹だけでなく複数のポケモンに分散してつけることが可能でリスクを分散することができます。
    これにより様々なデッキでの採用が検討できるようになると考えられます。
    主だったデッキですと<==sm12a=10072@@ピカゼク>を中心としたデッキへの採用や<==sm11b=10036@@レシゼク>等のデッキへの採用が考えられます。

    2つ目のワザ「ライトニングストーム」は盤面の雷エネルギー×30と非常に強力で、盤面にエネルギーが比較的溜まりやすいデッキへの採用が考えられます。チャージアップの<==sm12a=10115@@アーゴヨン>を絡めたデッキ等は良い例になります。
    雷タイプのポケモンは<==sm12a=10293@@サンダーマウンテン◇>や<==sm12a=10086@@カプ・コケコ◇>によりエネルギー消費へのリカバリーが行いやすいことがより後押しとなっていること、似たような技をもった<==sm12a=10172@@レックウザGX>と異なり2エネで技が使え、サンダーマウンテン◇を出せば1エネで技を使える点が強力かと思います。


    上記の利点を踏まえ、パルスワンVを採用した具体的なデッキレシピの紹介をさせていただきます。

    【ピカゼク+パルスワン】
    =====deckstart===== @ポケモン- <==sm12a=10072>*2 <==sm10a=10008>*1 <==salig=10011>*3 <==s01a=10031>*1 <==sm12a=10085>*2 <==sm12a=10156>*2 <==sm12a=10111>*1 <==s01h=10049>*1 <==sm12a=10086>*1 @グッズ-blue <==s01h=10052>*4 <==sm12a=10204>*4 <==sm12a=10208>*4 <==sb=10007>*3 <==sm12=10083>*2 <==sb=10002>*2 <==sm11a=10052>*1 <==sm12a=10240>*1 <==sm08b=10220>*2 <==s01w=10056>*1 @サポート-orange <==s01w=10059>*4 <==s01h=10059>*3 <==sm12a=10273>*2 <==sm12=10087>*1 @スタジアム-green <==sm12a=10293>*1 @エネルギー- <==s-energy=10004>*9 <==sm08b=10272>*2 =====deckend=====
    <==sm12a=10072!gp!on> <==s01a=10031!gp!on>
    比較的スタンダードな<==sm12a=10072@@ピカチュウ&ゼクロムGX>の構築を基にパルスワンVを採用した形となります。

    パルスワンVを採用したことによりプレイングの幅が大きく広がったと言えるでしょう。


    (1)序盤の安定感&選択肢の増加
    ピカゼクデッキは後攻1ターン目にフルドライブを目指すのが主でしたが、パルスワンVの登場により着地点をワザ「そうでん」にすることも可能になりました。

    無理に後攻1ターン目のフルドライブを使おうとし、デデチェンジ等で<==sm12a=10204@@エレキパワー>や<==sm12a=10208@@カスタムキャッチャー>を使いたくない場面で消費してしまったりするケースは多かったかと思いますので、盤面や相手に応じて選択肢を増やせることは強力だと思います。

    また中盤や終盤にも「そうでん」を絡めることで盤面にエネルギーがなくなってしまってもリカバリーが行いやすくなります。

    <==sm10b=10001@@モクロー&アローラナッシーGX>の「トロピカルアワーGX」や<==sm05plus=10010@@パルキアGX>の「ゼロパニッシュGX」への解答の1つにもなり得ます。


    (2)ピカゼクデッキの最大打点UP
    パルスワンVの「ライトニングストーム」は自分の場の雷エネルギー×30+10ダメージを与えるのでフルドライブ等を使用して場にエネルギーが増えれば増えるほど打点がUPします。

    <==sm12a=10086@@カプ・コケコ◇>でも盤面のエネルギーを増やすことができ、ピカゼクデッキが与えることのできる最大打点のUPは相手へ大きなプレッシャーを与えることができると考えられます。


    【ほっぺすりすり+パルスワン】
    =====deckstart===== @ポケモン- <==s01a=10031>*2 <==sm12a=10086>*1 <==sm08b=10064>*3 <==sm08a=10009>*4 <==sm11b=10016>*3 <==sm11b=10017>*2 @グッズ-blue <==s01h=10052>*4 <==sm12a=10230>*2 <==sm12a=10208>*4 <==sm11a=10052>*1 <==sb=10013>*4 <==sb=10007>*2 <==smj=10015>*2 <==s01w=10054>*1 @サポート-orange <==s01w=10059>*2 <==sm12a=10273>*4 <==s01a=10065>*1 <==sm11b=10047>*1 <==s01h=10059>*2 @スタジアム-green <==sm12a=10293>*1 @エネルギー- <==s-energy=10004>*14 =====deckend=====
    <==sm08b=10064!gp!on> <==sm11b=10017!gp!on> <==s01a=10031!gp!on>
    <==sm08b=10064@@パチリス>のワザ「ほっぺすりすり」で盤面にエネルギーを貯め、<==sm11b=10017@@ライチュウ>のワザ「パワフルスパーク」で攻撃して行くデッキにパルスワンVを採用した形です。「ライトニングストーム」は自分の雷エネルギー×30+10なのでライチュウの「パワフルスパーク」より1エネルギーにつき10ダメージ+αの打点UPになります。2回「ほっぺすりすり」を使用すると手張り込みでエネルギーの数は10枚ほどになるのでかなりのダメージが期待できます。


    【レシゼク】
    =====deckstart===== @ポケモン- <==sm11b=10036>*2 <==s01a=10031>*3 <==sm12a=10089>*1 <==sm12a=10085>*2 <==salig=10011>*1 <==safir=10005>*1 <==sm12a=10086>*1 <==s01h=10049>*1 <==sm11a=10022>*1 @グッズ-blue <==s01h=10052>*4 <==sm12a=10222>*4 <==sm12a=10208>*4 <==sm11a=10052>*2 <==sb=10007>*3 <==sm12a=10234>*1 <==sm12a=10240>*1 <==s01w=10057>*1 @サポート-orange <==sm12a=10281>*4 <==s01w=10059>*3 <==sm12a=10273>*2 <==s01a=10065>*1 @スタジアム-green <==sm12a=10291>*2 <==sm12a=10293>*1 @エネルギー- <==s-energy=10002>*9 <==s-energy=10004>*5 =====deckend=====
    <==sm11b=10036!gp!on> <==s01a=10031!gp!on>
    <==sm11b=10036@@レシラム&ゼクロムGX>を中心としたデッキにパルスワンVを採用した形になります。

    「そうでん」は山札のなかにある雷エネルギーを持ってきて好きなようにつけることができるため、複数のポケモンをベンチで用意することができます。

    炎エネルギーは<==sm12a=10291@@巨大なカマド>や<==sm12a=10234@@炎の結晶>でサーチが可能ですが、雷エネルギーは具体的な雷専用サーチカードがない(<==smpromo-300=10058@@エネルギースピナー>等は存在)ため、パルスワンVの「そうでん」で雷エネルギーを山札の中から確実に盤面に供給できる点が特に優れています。


    【パルスワンアーゴヨン】
    =====deckstart===== @ポケモン- <==s01a=10031>*4 <==sm08b=10092>*3 <==sm10b=10032>*1 <==sm12a=10115>*4 <==sm10b=10034>*2 <==sm12a=10086>*1 <==s01h=10049>*1 <==sm12a=10085>*1 @グッズ-blue <==s01h=10052>*4 <==sm12a=10208>*4 <==sm11a=10052>*1 <==sb=10007>*2 <==sm12a=10204>*3 <==sm12a=10220>*2 <==sm12a=10240>*1 <==s01w=10057>*1 @サポート-orange <==sm12a=10273>*4 <==sm09=10086>*2 <==s01h=10059>*2 <==s01w=10059>*1 @スタジアム-green <==sm08b=10262>*2 <==sm12a=10293>*1 @エネルギー- <==s-energy=10004>*13 =====deckend=====
    <==s01a=10031!gp!on> <==sm12a=10115!gp!on>
    シティリーグでも既に結果を出し始めているパルスワンVと<==sm12a=10115@@アーゴヨン>を組み合わせたデッキです。

    アーゴヨンの特性【チャージアップ】で盤面にエネルギーを貯めつつ、「ライトニングストーム」で相手へ大ダメージを狙って行くデッキになります。

    イメージ的には<==sm12a=10050@@ズガドーンGX>+アーゴヨンと似ていますが、ズガドーンGXと異なりワザを使用するにあたりエネルギーの消費がない為、後続が続きやすく、高打点が連発しやすい利点があります。



    今回はパルスワンVを採用した4つのデッキレシピを紹介させて頂きました。

    いかがだったでしょうか。

    器用な立ち回りが可能になる「そうでん」とかなりの打点を期待できる「ライトニングストーム」により今後様々なデッキへの採用が期待できるかと思います。


    ここまでご覧頂きありがとうございました。


    次回もご覧頂けると嬉しいです。

ポケカブ!第二話「インテレオンVMAX」

    posted

    by まーにん

    ポケカブ!第二話「インテレオンVMAX」
    こんにちは、まーにんです!

    2/7に最新弾VMAXライジングが発売されました。
    ポケットモンスター・ソード、シールドの御三家と呼ばれるポケモンのVMAXが話題ですね。
    それぞれ考察したのですが、今回はその中からインテレオンV・VMAXについての構築記事となります。

    デッキレシピ
    インテレオンV・VMAX
    プレイヤー:まーにん
    =====deckstart===== @ポケモン- <==s01a=10022>*4 <==s01a=10023>*3 <==s01h=10016>*1 <==s01h=10015>*1 <==sm12a=10094>*1 <==s01a=10010>*1 <==s01a=10011>*2 <==sm09a=10016>*2 <==sm10b=10020>*1 <==sm12a=10185>*1 <==sm10b=10019>*1 @グッズ-blue <==s01a=10063>*2 <==s01w=10057>*2 <==sm01s=10053>*4 <==s01h=10052>*4 <==sm11a=10053>*3 <==s01w=10052>*2 <==sm12a=10240>*2 @サポート-orange <==sm11b=10044>*2 <==sm12=10089>*1 <==s01w=10059>*4 <==sm09a=10051>*2 <==sb=10019>*3 @エネルギー- <==sm11=10090>*2 <==sm-energy=10012>*9 =====deckend=====
    採用カードについて
    インテレオンV、インテレオンVMAX 4-3
    <==s01a=10022@@!gp!on!200> <==s01a=10023@@!gp!on!200>
    コンセプトなのでこの枚数。

    ユキハミ、モスノウ 1-1
    <==s01h=10015!gp!on> <==s01h=10016!gp!on>
    <==sm12a=10065@@ケルディオGX>の奇襲用。デッキが回らなくなるのでラインは1-1。

    ミュウ(ベンチバリア) 1
    <==sm12a=10094@@!gp!on!200>
    <==s01a=10011@@タルップル>や<==s01h=10016@@モスノウ>、傷付いた<==s01a=10023@@インテレオンVMAX>を守るため。
    サイコパワーで確定数をずらす事が出来て結構強い。

    カジッチュ、タルップル 1-2
    <==s01a=10010!gp!on> <==s01a=10011!gp!on>
    <==sm11b=10044@@イツキ>を使う事でたねポケモン限定の疑似<==smf=10019@@フラダリ>、イツキが無くてもマイターン疑似<==sm08=10081@@ポケモンキャッチャー>チャンスが生まれるとの事で1-2。
    かなりゲームエンドに持っていくことが多いです。<==sm11b=10043@@ピッピ人形>などにも効果的。

    デデンネGX 2
    <==sm09a=10016!gp!on>
    デッキを回すエンジンとして採用。

    カプ・レヒレ 1
    <==sm10b=10020@@!gp!on!200>
    ズガドーン系に対してサイドレースに勝つために採用。2枚でもいいかも。。。

    ケルディオGX 1
    <==sm10b=10019@@!gp!on!200>
    水といえばこの人(諸説)

    たっぷりバケツ 2
    <==s01a=10063!gp!on>
    安定したエネルギー供給が出来るグッズ。強い。

    ふうせん 2
    <==s01w=10057!gp!on>
    にげ0がいないため採用。

    クラッシュハンマー 4
    <==sm01s=10053!gp!on>
    強い。たまに<==sm11b=10044@@イツキ>で確定させる事もあります。

    リセットスタンプ 2
    <==sm10a=10046!gp!on>
    <==sm11b=10044@@イツキ>、<==s01w=10059@@博士の研究>などでサポート枠を使うため<==s01h=10059@@マリィ>のかわりに多めの2枚。

    マオ&スイレン 1
    <==sm12=10089!gp!on>
    <==s01a=10023@@インテレオンVMAX>の高HPを活かすために採用。2枚でもいいかもしれないです。

    ウィークガードエネルギー 2
    <==sm11=10090!gp!on>
    <==sm12a=10072@@ピカゼク>と<==s01h=10019@@モルペコV>に滅ぼされないために採用。初手に欲しい。

    不採用カード
    カメックス&ポッチャマGX
    <==sm11a=10016!gp!on>
    ケルディオGXと入れ替え候補。

    対流行のデッキについて
    三神ザシアン
    <==sm12=10065!gp!on> <==s01w=10046!gp!on>
    三神ザシアン側は基本的に一枚エネルギーを剥がされると厳しいため、<==s01a=10023@@インテレオンVMAX>のハイドロスナイプ(上技)と<==sm01s=10053@@クラッシュハンマー>でテンポロスさせつつダメージを与えていくことが出来るこのデッキは相性がいいです。
    基本的に相手側はたねポケモンしかいないので<==s01a=10011@@タルップル>で詰めていけます。三神、ザシアンV、非GX・Vと倒してサイドを取り切りましょう!

    超ミュウミュウ
    <==sm12a=10090!gp!on> <==sm12a=10091!gp!on>
    <==sm11=10029@@ミュウツー&ミュウGX>と対面した際は、序盤にサイド1枚、<==s01a=10011@@タルップル>が成功したタイミングで<==sm09a=10016@@デデンネGX>などサイド2枚取って、最後に<==sm10b=10019@@ケルディオGX>のGXワザでTAG TEAMを倒す事を狙います。
    <==sm12a=10107@@カラマネロ>でエネルギーが補給されてしまうので正直厳しいですが、HP320を生かしてうまく立ち回りたいですね。(懇願)

    ピカチュウ&ゼクロムGX
    <==sm12a=10072!gp!on>
    これが問題です。
    弱点を突かれるためかなり不利なマッチなのですが、<==sm11=10090@@ウィークガードエネルギー>、<==sm10b=10019@@ケルディオGX>、<==sm12=10091@@混沌のうねり>などでうまく妨害できれば勝てます。
    TAG TEAMを避けて<==sm12a=10085@@デデンネGX>・<==sm12a=10089@@ゼラオラGX>などのポケモンGX・Vを3枚サイドを取るプランもしくはTAG TEAM、デデンネGX、非GX・Vを狙っていきましょう。でもやっぱりキツイ!

    流行デッキに対するプランに関してはこんな感じです。

    以上!!!

デッキ紹介記事 まとめ

by -遊々亭- ポケモンカード担当

READ MORE

大型公式大会へ向けた準備と当日の過ごし方のお話【朗(あきら)】

by 朗(あきら)

READ MORE

「はじめよう!ポケモンカード!」まとめ

by -遊々亭- ポケモンカード担当

READ MORE