【じょーじ】プレメモカーニバル2019 スプリングで使用した「STEINS;GATE」デッキ紹介 | プレシャスメモリーズ Blog | 遊々亭
プレシャスメモリーズ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、プレシャスメモリーズに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@プレシャスメモリーズ担当アカウント@yuyutei_pm遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【じょーじ】プレメモカーニバル2019 スプリングで使用した「STEINS;GATE」デッキ紹介

posted

by じょーじ

20190321_225180.jpg
プレメモカーニバル2019 スプリングで使用した「STEINS;GATE」デッキ紹介
おはようございます。じょーじです。
今回はプレメモカーニバル2019 スプリングで使用した、「STEINS;GATE」のデッキを紹介したいと思います。
まずはデッキリストをどうぞ。

デッキレシピ
STEINS;GATE
=====deckstart===== @キャラクター-red <==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>*4 <==steinsgate1.0=10005@赤@01-003 牧瀬 紅莉栖>*2 <==steinsgate1.0=10021@赤@01-017 岡部 倫太郎>*4 <==steinsgate1.0=10027@赤@01-022 岡部 倫太郎>*2 <==steinsgate1.0=10028@赤@01-023 岡部 倫太郎>*4 <==steinsgate1.0=10030@赤@01-025 岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10039@赤@01-033 秋葉 留未穂>*1 <==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>*1 <==steinsgate1.0=10052@緑@01-043 椎名 まゆり>*2 <==steinsgate1.0=10071@緑@01-059 漆原 るか>*1 <==steinsgate1.0=10072@緑@01-060 漆原 るか>*4 <==steinsgate1.0=10077@緑@01-065 漆原 るか>*1 <==steinsgate1.0=10082@緑@01-070 漆原 るか>*1 <==steinsgate1.0=10083@緑@01-071 漆原 るか&椎名 まゆり>*2 <==steinsgate1.0=10096@橙@01-082 阿万音 鈴羽>*1 <==steinsgate1.0=10102@橙@01-088 橋田 至>*1 <==steinsgate1.0=10111@青@01-096 桐生 萌郁>*1 <==steinsgate1.0=10112@青@01-097 桐生 萌郁>*1 <==steinsgate1.0=10121@青@01-106 天王寺 綯>*1 <==steinsgate1.0=10143@緑@P-002 牧瀬 紅莉栖&椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10147@赤@ST-004 牧瀬 紅莉栖>*1 <==steinsgate1.0=10150@赤@ST-007 岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10151@赤@ST-008 岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10154@赤@ST-011 フェイリス・ニャンニャン>*1 <==steinsgate1.0=10158@緑@ST-015 椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10162@緑@ST-019 漆原 るか>*2 @イベント-blue <==steinsgate1.0=10123@赤@STEINS;GATE>*4 <==steinsgate1.0=10126@緑@トゥットゥルー♪>*1 <==steinsgate1.0=10128@赤@未来ガジェット研究所>*4 <==steinsgate1.0=10135@赤@7月28日>*3 <==steinsgate1.0=10177@緑@まゆりビンタ>*4 @サポート-green <==steinsgate1.0=10142@赤@ドクペ>*1 @EXカード-orange <==steinsgate1.0=10020@赤@01-016 牧瀬 紅莉栖>*1 <==steinsgate1.0=10023@赤@01-018 岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10025@赤@01-020 岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10026@赤@01-021 岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10043@赤@01-037 牧瀬 紅莉栖&椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10057@緑@01-046 椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10063@緑@01-052 椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10065@緑@01-054 椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか>*1 <==steinsgate1.0=10073@緑@01-061 漆原 るか>*1 <==steinsgate1.0=10127@赤@オペレーション・スクルド>*1 <==steinsgate1.0=10132@橙@オペレーション・ウルド>*4 =====deckend=====
STEINS;GATE内の強いカードをかき集めた感じのデッキです。

「改変」という、STEINS;GATE独自のキーワードテキストがあり、
(「改変する」は「デッキの上から1枚をゲームから除外する」という行動の省略語となります)
「改変する」効果を持つキャラクターで除外ゾーンにカードを貯めて、除外ゾーンにあるカードを手札に加えたり、除外ゾーンの枚数が多いほどパワーアップするキャラを使ったりして戦います。


使用感は「ガルパンのアンチョビ軸と、全国大会で使っていたはいふりのデッキを足して1.5くらいで割った」
......という表現が適していると思います。
わからなかったら前のデッキレシピ記事を読んでください!(?)


ではでは、デッキの解説ですが、まず、このデッキのメインアタッカーを3枚紹介します。

01-002 牧瀬 紅莉栖
<==steinsgate1.0=10003@赤@!gp!on!200>
6コストの大型アタッカーです。
素のAPDPが80/70とかなり高く、〔突破30〕を持っているので、DP50以下の相手に妨害されても貫通してポイントを与えることができます。
また、改変時1ドローの効果を持っており、登場後3ターンほど経てばこのカードを登場させるのに使った手札よりも多い枚数引くことができます。
アタッカーとしてだけではなくドローソースとしても大変優秀なカードですね。

絶対に初手で出したいカードです。

01-058 漆原 るか
<==steinsgate1.0=10070@緑@!gp!on!200>
5コストのEXカード。
自分のターン中、「岡部 倫太郎」1枚につき+10/+10され、APが100以上なら、相手のイベントカードの対象にならなくなります。
元々の70/70あるので、「岡部 倫太郎」が3体いれば常にイベントカードの対象になりません。
場の岡部の枚数が少ない場合でも、APを+できる効果を持つカードを使うことで、簡単にAPを100以上にできます。
<==steinsgate1.0=10072@緑@01-060 漆原 るか> の効果で場に出すことができるので、実質コスト2の〔アクティブ〕持ちみたいな使い方ができるのもGOODです。

01-061 漆原 るか
<==steinsgate1.0=10073@緑@!gp!on!200>
4コストのEXカード。
自分の「漆原 るか」名称が妨害されたら、そのキャラをもう一度アプローチ可能な状態にする効果を持っています。
<==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか> だけでなく、このカード自身が妨害されたときにも発動するので、相手の場によってはこのカードを場に出すだけでも、相手に大きなプレッシャーを与えることができます。
また、4コストで「漆原 るか」1体に、「自分の除外されているカードの枚数」以下のコストを持つキャラには妨害されない効果を付与することも可能です。
終盤には、除外されているカードが10枚近くになることも多く、この効果を使えば、並大抵のキャラでは妨害できない状態になります。
序盤~終盤まで、頼りになるアタッカーです。

続けて、このデッキの重要カード3枚をさらっと紹介です。

ドクペ
<==steinsgate1.0=10142@赤@!gp!on!200>
今時では珍しい実用性のあるサポートカードです。初音ミクの<==miku2.0=10183@緑@ネギ>っぽいカードです。
コストを払うことで、このカードがセットされているキャラを連続アプローチすることができます。

まゆりビンタ
<==steinsgate1.0=10177@緑@!gp!on!200>
1コストのイベントカード。イラストも原作的に超重要なシーンですね。
キャラ1体に〔我慢〕を付与し、自分のポイントが5枚以上なら、そのキャラを活動+連続アプローチ可に。
5ポイント以上受けていないと活動にできない、という不便さはどうしても目立ちますが、防御にも攻撃にも使えるイベントカードです。

01-036 中鉢博士
<==steinsgate1.0=10042@赤@!gp!on!200>
1コストのキャラカード。このデッキの最重要人物です。
このターン中、2ポイント以上受けていたら、フェイズを強制終了できます。
現在のアプローチが通ったら勝ち、という状況でも、そのアプローチを中断させ、ターンを終了させることができる最強の防御カードです。
<==steinsgate1.0=10003@赤@紅莉栖>が妨害で退場しそうな場面でこのカードを登場させると、アプローチを強制終了させて<==steinsgate1.0=10003@赤@紅莉栖>を守ることもできます。熱いですね。
このカードをこのデッキの最重要人物としたのは、このカードさえあれば、必ず、5ポイント以上のポイントを受けている状態でターンを開始することができるためです。
<==steinsgate1.0=10177@緑@まゆりビンタ>の連続アプローチ効果を確実に使えます。

このデッキのコンセプト
上の6枚でなんとなく察している方もいるかもしれませんが、ざっくり言うと
「6ダメージ目を受けたターンに<==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>を使ってターンを強制終了させ、返しの自分のターンに、イベントの対象にならない<==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか> に、<==steinsgate1.0=10073@緑@01-061 漆原 るか> の効果を付与し、<==steinsgate1.0=10142@赤@ドクペ>と<==steinsgate1.0=10177@緑@まゆりビンタ>を使って連続アプローチをさせて、1ターンに合計6ポイントを与えよう」

というようなコンセプトです。

この動きをするためには、序盤に相手に1ポイント以上与えるのと、終盤に大量に手札や除外が必要なので、序盤のアタッカーになり、手札も稼げる<==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>も主要カードの1枚になっています。

マリガン基準
手札に<==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>と、改変できる0コストのキャラがいれば大体OKです。

序盤の動き
<==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>を登場させ、<==steinsgate1.0=10039@赤@01-033 秋葉 留未穂> などで改変することで、手札と除外ゾーンを増やしていきます。
自分のキャラがアプローチをするタイミングまでの間に、<==steinsgate1.0=10072@緑@01-060 漆原 るか> を登場させて、除外ゾーンが5枚以上ある状態を目指します。

中盤の動き
手札と場を整えながら、<==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>や、<==steinsgate1.0=10072@緑@01-060 漆原 るか> の能力で場に出したキャラでアプローチし、相手にポイントを与えていきます。

ダメージが与えづらい場合でも、<==steinsgate1.0=10083@緑@01-071 漆原 るか&椎名 まゆり> や<==steinsgate1.0=10052@緑@01-043 椎名 まゆり>などを駆使してなんとか1点は与えるようにしましょう。
ここで与えたポイントに応じて、終盤の詰めが楽になります。

また、終盤までに、
  1. メインエリアに<==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖><==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか> <==steinsgate1.0=10073@緑@01-061 漆原 るか> の3枚があり、
  2. 手札と除外ゾーンが7枚くらいあり、
  3. 手札に<==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>と<==steinsgate1.0=10102@橙@01-088 橋田 至>がある
状態を目指しましょう。

終盤の動き
コンセプト通りの動きを目指します。

6ポイント受けた状態で<==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>を使って相手のターンを終了させ、自分のターンに入ったら、<==steinsgate1.0=10102@橙@01-088 橋田 至> を登場させ、相手の手札を確認して、確実に勝てる方法があるかを探します。
確実に勝てる方法がある場合は、それを目指していきましょう。
わからなかった場合は、
  1. <==steinsgate1.0=10177@緑@まゆりビンタ>と<==steinsgate1.0=10142@赤@ドクペ>がすべて手札か除外ゾーンに置かれるまで、改変能力やドローなどを使ってデッキを掘り進め、
  2. 除外ゾーンにある<==steinsgate1.0=10177@緑@まゆりビンタ>を<==steinsgate1.0=10028@赤@01-023 岡部 倫太郎> などで使用可能な状態にし、
  3. APを100以上にした<==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか> に<==steinsgate1.0=10073@緑@01-061 漆原 るか> の能力を付与し
  4. <==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか> でたくさんアプローチしましょう!




というわけでSTEINS;GATEのデッキ紹介でした。


プレメモカーニバル2019 スプリングの時は、この<==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>を登場させた返しに6点与える動きを止められるタイトルが少なく、
また、特定条件下のみであったり、採用率の低いカードを使わなければならなかったりで、初見で対応できそうなのは中鉢博士が入ったSTEINS;GATEくらいでした。


ですが、現在は「ポプテピピック」の<==poptepi1.0=10091@緑@01-079 ピピ美>や<==poptepi1.0=10120@緑@子守り>、「はたらく細胞」の01-040 好酸球、とらドラ!の<==toradora1.0=10128@緑@01-081 高須 竜児>など、手軽に<==steinsgate1.0=10070@緑@01-058 漆原 るか> を止められるカードが増えているので、6点を一気に詰める動きは難しくなっています。


しかし、それらがある状態でも、<==steinsgate1.0=10025@赤@01-020 岡部 倫太郎>を駆使して<==steinsgate1.0=10073@緑@01-061 漆原 るか> の効果を2体に付与したり、<==steinsgate1.0=10052@緑@01-043 椎名 まゆり>も駆使して単純なアプローチ数を増やしたりすれば、終盤に3~4点を与えることは可能です。
中盤までになるべく多くポイントを与えるようにし、<==steinsgate1.0=10102@橙@01-088 橋田 至> で相手の手札を見る際に、相手を倒しきれる方法を焦らずに考えることで、今後の環境も最前線に戦うことができると思います。
本当に強いデッキなので、是非、一度使ってみてください。

ではでは、今回はこのあたりで。

フレームアームズ・ガール ブースター/スターター予約受付中!

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

プレシャスメモリーズ 超買取強化カード紹介!!(7/2)

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

デッキレシピ記事 一覧

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE