プレシャスメモリーズ Blog | 遊々亭
プレシャスメモリーズ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、プレシャスメモリーズに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@プレシャスメモリーズ担当アカウント@yuyutei_pm遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

【くろ】ミクとゆかいな仲魔たち

    posted

    by くろ

    20201113_225180.jpg
    「ミクとゆかいな仲魔たち」
    どうもこんにちは!

    先日、俺ガイルと魔劣のブースター、そしてガルパンの2校のスリーブの制作が発表されましたね。
    3月にも、まだ作品は発表されていないもののスリーブが発売されるようで、新規カードが楽しみといったところでしょうか。

    そして何より!
    ようやく大きなイベントが決定しました! めでたい! ありがたい!
    1月には恒例のニューイヤーイベント、2月から5月にはプレメモパーティ、そしてそれ以降にはプレメモフェスタと、例年のイベントスケジュールが戻ってくるようです。

    私としても、ようやくミックスに本腰を入れて取り組む理由が出来て嬉しい限りです。
    全国大会2連覇の夢に向けて頑張ります!

    ......え? スケジュール的に次の全国大会は恐らく5月?
    5月ってことは、私、もしかしてクソ忙しくて大会に出てる暇が無い時期?


    ......嘘だッ!!!(泣)


    さてそんな事はさて置き。
    いや全然そんな事なんていう些細な事ではないし置いておきたい事でもないけれど、さて置き。

    べべべ別にそんな悲しかったり辛かったりしてないし、さて置き。

    だから一旦置くって言ってんだろいい加減にしろ自分!
    出られない可能性が高いってだけで出られないって決まった訳じゃないんだから今は取り敢えず置いておくんだよ!!

    だから、取り敢えず、それは置いといて!!!(血涙)

    今回の記事は、11月に発売される初音ミクのスリーブのカードについて、ミックス視点で気になったカードをご紹介していきたいと思います。
    ミックスでは見過ごせないカードが存在し、全国大会で使われる可能性が高いと思われるカードがありましたね!
    ミックスに詳しい方もそうでない方も、お読み頂いて考察の助けにしてもらえれば幸いです。

    では改めて今回も。
    くろです、よろしくおねがいします。

    -ミク-
    2ドローミク(P0-47 初音ミク)
    P-047  初音ミク
    キャラクター コスト:2 ソース:3 AP:- DP:- 色:緑
    このカードが登場した場合、カードを2枚引く。[アプローチ/両方]:《休》キャラ1枚は、活動状態になるとともに、ターン終了時まで〔我慢〕を得る。その場合、このカードをゲームから取り除く。
    今ではすっかりお馴染みとなった2ドロー効果のカードですね。
    今回はアプローチ両方でキャラ1枚に活動状態にしつつ我慢を付与するという効果を持っています。

    この効果は見て通りシンプルに盤面維持と守りにおいて強いですよね。
    シンプルイズベスト、シンプルイズジャスティス。

    しかしシンプルでありながらも、面白い点もありました。
    指定するキャラが自分のキャラとは書いていない為、相手のキャラを対象にする事も出来るという部分です。
    妨害に参加してきた相手の<==gurashi1.0=10208@青@美紀>を対象にして、退場させないといったようなプレイングが想像されます。
    前回の記事で少しだけ触れた、雑魚パンチを牽制し得るカードと言えるかもしれません。

    2アドミク
    P-058  初音ミク
    キャラクター コスト:2 ソース:3 AP:- DP:- 色:緑
    このカードが登場した場合、EXデッキから『初音 ミク』のカードを2枚まで抜き出し、手札に移す。[アプローチ/両方]:《休》このターン、イベントカードがプレイされている場合、カードを2枚引く。その場合、このカードをゲームから取り除く。
    <==ach1.0=10194@赤@るん>のほぼ互換ですね。

    今では数多くの単体で2アドを取るカードが存在しますが、ミックスにおいてもっとも汎用的で利便性が高かったのはるんでした。
    やはり出したターンに効果を使う事ができる為、アドをすぐ稼げるというのは凄まじい強さがあったと思います。

    その互換が出るというのは、なかなかにミックス的にえげつない事なのでは?と感じざるを得ない、というのが感想です。

    その上で、なんとミクのEXには、後述する魔のカードが存在するというのですから、このカードの持つポテンシャルは恐ろしいと言えるでしょう......。

    一応、緑である為、どのデッキでも採用出来るほど簡単に使えるカードではない、というのが唯一の救いでしょうか。

    割り込ミク
    P-067  初音ミク
    キャラクター コスト:4 ソース:3 AP:- DP:- 色:緑
    [メイン/割り込み]:《休》相手のプレイ中のイベントカード1枚を無効にする。その場合、このカードをゲームから取り除く。[アプローチ/割り込み]:《休》相手のプレイ中のイベントカード1枚を無効にする。その場合、このカードをゲームから取り除く。
    メインとアプローチの両方のイベント割り込み能力を持った、これまたなかなかえげつない1枚です。

    強いイベントを多く使えるミックスにおいては、あらゆるイベントを止め得るカードである為、様々なゲーム展開を引き起こしてくれそうな印象を受けました。

    緑の4コストである為重く見えますが、俺好きの以下のカード等のおかげで緑が大きく強化されているので、実はそんな事は無かったりします。
    <==oreski1.0=10087@緑@!gp!on!150> <==oreski1.0=10101@緑@!gp!on!150>
    また、最近では4コストのカードにシナジーのあるカードちらほらと追加されていますし、もしかするとそろそろ4コストデッキが本格的に環境入りするかもしれませんね。

    -リンレン-
    5コスリンレン
    P-048  鏡音 リン&鏡音 レン
    キャラクター コスト:5 ソース:3 AP:70 DP:80 色:黄
    〔コンビ〕〔アクティブ〕このカードは、メインエリアのキャラ数上限に含まれない。このカードがアプローチした場合、自分の「鏡音 リン」または「鏡音 レン」3枚につき、相手のキャラ1枚を休息状態にする。
    条件無しのメインエリアの上限に含まれないキャラがまた増えましたね。

    コンビである事が実質条件みたいな部分はありますが、最近のキャラの場出しのしやすさを考えると、コンビであるというのはそれ程制限のかかるテキストではないと思われます。
    どちらかというと、アプローチした際の相手のキャラを休息にできる効果がリンレンが3の倍数枚居ないといけないという方が、辛い部分ですね。

    とは言えリンレンはそもそもミックスで強いカードは少なく無く、リンレンミックスは組む価値があるかもしれません。

    -ルカ-
    5コスルカ
    P-050  巡音 ルカ
    キャラクター コスト:5 ソース:3 AP:70 DP:80 色:赤
    このカードが登場またはアプローチした場合、デッキの上から3枚を見て、その中からカード1枚を手札に移す。その後、残りのカードを捨て札にする。[メイン/自分]:《0》自分の「巡音 ルカ」1枚を捨て札にする。その場合、このターン、自分の全ての「巡音 ルカ」は、+30/+30を得る。
    サーチをしつつ捨て札肥やしも出来るという器用なカードです。

    捨て札に置かれた場合に発動する効果を持ったカード達と相性がいい為、合わせてデッキを組みたいと思えるカードですね。

    アプローチフェイズに入ってから<==steinsgate1.0=10029@赤@自由登場オカリン>でデッキトップ2枚を積み込んで、このルカでアプローチする、というのはシンプルに強く、奇襲性が高い戦略として面白そうだと感じました。
    積み込むカードはこの辺りでしょうか。
    <==ach1.0=10213@青@!gp!on!150> <==zombi1.0=10055@青@!gp!on!150> <==emanga1.0=10065@橙@!gp!on!150>
    -MEIKO-
    5コスMEIKO
    P-054  MEIKO
    キャラクター コスト:5 ソース:3 AP:70 DP:80 色:赤
    このカードがアプローチした場合、自分の捨て札置き場にある『初音 ミク』のイベントカード1枚を手札に移す。[アプローチ/自分]:《0》このターン、イベントカードがプレイされている場合、自分の「MEIKO」1枚は、ターン終了時まで〔突破30〕を得る。
    アプローチに参加するだけで捨て札のミクのイベントを回収できるという、しれっと凄いことを言っているおねーさんです。

    <==miku1.0=10158@緑@ポルッカ>や<==miku2.0=10177@青@深海少女>等、ミックスでも強いイベントがミクには沢山ある為、使い勝手が良い上に、自身の効果で突破も得られてアタッカーとしても活躍出来る万能カードと言えるでしょう。

    EX4コスMEIKO
    P-055  MEIKO
    キャラクター コスト:4 ソース:0 AP:- DP:- 色:赤
    〔EXカード〕このカードが、自分の「MEIKO」がいる状態で登場した場合、カードを2枚引く。[アプローチ/両方]:「MEIKO」▶このターン、相手のキャラが2枚以上退場している場合、相手に1ポイント与える。4枚以上退場している場合、代わりに2ポイント与える。
    アプローチ中に相手のキャラを複数枚退場させる事でポイントを与える事が出来るカードです。

    4枚退場させれば2ポイント与えられるという点が強く見えますが、それよりもこの効果はアプローチ両方で使えるという点がミックスにおいては可能性を感じさせてくれました。

    強い自由登場やAP/DPを操作するカード、またアプローチを強要するカードなどを駆使して、相手のターン中に勝つという動きが可能になるかもしれません。

    相手ターン中に相手に7ポイント目を入れて勝つ......。
    いやぁ、ロマンですよねぇ......。

    -KAITO-
    フレンダKAITO
    P-075  KAITO
    キャラクター コスト:2 ソース:0 AP:50 DP:0 色:青
    〔EXカード〕〔自由登場〕このカードは、「KAITO」のコストとして使用する場合、発生コスト+3を得る。このカードが登場した場合、使用コストが1以下の相手のキャラ1枚を捨て札にする。
    さて、問題の魔のカードです。

    なんで?
    なんでなん??

    なんで2アドるん互換がある作品のEXに、フレンダ互換を出してしまったん???

    しかも青だから使いやすさにおいてはフレンダを超えていて、尚且つAPが50で相手と相打ちが取りやすく、DPは0で退場出来やすいという破格のステータス。

    更にその上、KAITOのソースとして使う場合には+3ソースを得る為、るん互換ミクからこのKAITOを2枚持ってきて、片方を切りつつ片方を出すという動きまで出来てしまうというこの始末...。

    フレンダもびっくりだし2アドるんもびっくりだよ!

    リストを見た時に「うっそだろおい」と思わず口にしてしまっていました...。

    KAITOは元からサーチが優秀な上に今回で場出しも増えて、連パン数もかなりの数を簡単に出せるという、ミックスでもかなり強いキャラになったというのに、それらの新規カードを差し置いてこのカードだけを紹介しようと思うくらい、このカードはスペックの高いカードだと思います。

    イラストは可愛い顔してる癖にやる事なんて鬼畜なんだ...。

    -最後に-
    以上、ミクのスリーブで気になったカード達の紹介でした!

    今回は3つもスリーブが出るという事でカードは多く、またキャラや作品に囚われない汎用的なカードが見受けられ、ミックス目線でも面白い強化だと思います。
    今回はある程度汎用性のあるカードのみを紹介したのでこれだけになってしまいましたが、紹介しなかったカード達もミックスでうまく使う事は可能で、とても良いスリーブだと感じました。

    しかもスリーブのイラストそのものも3つともとても綺麗で、是非買いたくなるようなスリーブでしたね。

    シングル組まないから買う予定は無いという人も、もしミックスに興味があれば購入されてはいかがでしょうか?
    汎用的なカードが多いという事もありますし、各キャラでキャラ寄せミックスも組めそうなので、少し過去のカードを買い足すだけで割とミックスが組めるんじゃないかと思います。

    そんな訳で、ミックス的にもお勧めなミクスリーブのご紹介でした!


    次回はネタデッキの紹介記事の予定です!
    令和プレメモのパワーカードを使いつつも、「そんなカードあったの?」と思えるような大昔のカードも使った、個人的に面白く思っているデッキです。お楽しみに!

    では今回はこのくらいで。
    お読みいただきありがとうございました!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII ブースター 予約受付中!

    posted

    by -遊々亭- プレメモ担当

    midashipm1019.jpg
    ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII ブースター 予約受付中!

    こんにちは、遊々亭@プレメモ担当です!

    プレシャスメモリーズ最新弾「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」予約受付中です!



    プレシャスメモリーズ最新弾「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」

    12月18日発売



    商品説明

    プレシャスメモリーズ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」
    2020年12月18日(金)発売!

    ■カード画像は魅惑のイラストが大集合!
    各種版権イラスト等をたっぷりと収録しています。

    ブースターパックにはスペシャルレアカードとして、
    出演キャストの箔押しサインカードが封入予定!

    ■他の追随を許さない超強力なキャンペーン
    ポイントチケットを集めて応募すると、ストレイジボックスや
    プロモーションカードなどオリジナルグッズが「必ず」貰える
    キャンペーンを実施します。

    目玉は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」の
    出演キャストによる直筆サインカードを企画中!
    ファン垂涎のアイテムばかりです。

    商品仕様

    【BOX】

    20パック入り

    【パック】

    カード8枚入り(+ポイントチケット1枚(10点)がランダム封入)

    カード全100種類以上からランダムに8枚封入
    スペシャルレアカードとして、出演キャストの箔押しサインカードを封入


    「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」の予約はこちらからどうぞ!


    遊々亭公式Twitter、プレメモ担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 プレメモ担当Twitter】@yuyutei_pm_s

【御坂】傷物語 青キスショット軸 デッキ紹介

    posted

    by 御坂

    20201106225180.jpg
    傷物語 青キスショット軸 デッキ紹介
    こんにちは。御坂です。

    今回は先日発売された「傷物語」から、青キスショット軸デッキを紹介します。
    前回紹介した羽川軸を調整していたら、自然と青キスショット軸ができていました。
    羽川軸に<==kizugatari1.0=10013@青@06-007 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>を採用すれば、点を通した時の圧力はあるものの雑に妨害されるだけで捌かれてしまう弱点を解消できると思い調整しました。

    <==kizugatari1.0=10013@青@06-007 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード!gp!on>

    その後、だったらまだ組んでいない青キスショット軸をストレートに組もうと思い今回の記事を書くに至りました。

    横並びがスムーズで回していて楽しいデッキに仕上がったと思います。

    デッキレシピについて
    青キス
    =====deckstart===== @キャラクター-red <==bake1.0=10087@緑@01-053 千石 撫子>*1 <==nise1.0=10050@緑@03-031 阿良々木 月火>*1 <==monogatari1.0=10180@緑@03-045 阿良々木 暦>*1 <==nise1.0=10106@青@03-062 羽川 翼>*1 <==nise1.0=10111@青@03-065 忍野 忍>*4 <==nise1.0=10121@青@03-070 貝木 泥舟>*1 <==nise1.0=10128@青@03-075 忍野 忍>*2 <==nise1.0=10139@赤@03-083 阿良々木 月火>*1 <==nise1.0=10207@青@P-021 羽川 翼>*1 <==monogatari2nd1.0=10024@青@04-014 貝木 泥舟>*2 <==monogatari2nd1.0=10085@橙@04-057 八九寺 真宵>*1 <==monogatari2nd1.0=10131@緑@04-090 千石 撫子>*1 <==monogatari1.0=10211@緑@P-036 阿良々木 月火>*1 <==kizugatari1.0=10003@赤@06-002 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*4 <==kizugatari1.0=10007@赤@06-004 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*3 <==kizugatari1.0=10013@青@06-007 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*4 <==kizugatari1.0=10015@青@06-008 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*4 <==kizugatari1.0=10025@青@06-017 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*4 <==kizugatari1.0=10045@青@06-037 羽川 翼>*4 <==kizugatari1.0=10051@青@06-040 羽川 翼>*4 <==kizugatari1.0=10105@緑@06-090 忍野 メメ>*1 @イベント-blue <==bakesp=10065@緑@お化け屋敷>*4 <==nise1.0=10175@青@偽物語>*2 <==kizugatari1.0=10001@赤@傷物語>*4 <==kizugatari1.0=10117@青@睡眠>*4 @EXカード-orange <==kizugatari1.0=10009@赤@06-005 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*2 <==kizugatari1.0=10023@青@06-015 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*1 <==kizugatari1.0=10024@青@06-016 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*2 <==kizugatari1.0=10037@赤@06-029 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*2 <==kizugatari1.0=10040@青@06-032 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*2 <==kizugatari1.0=10041@青@06-033 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*1 <==kizugatari1.0=10042@青@06-034 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*1 <==kizugatari1.0=10043@青@06-035 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード>*2 <==kizugatari1.0=10060@青@06-048 羽川 翼>**2 =====deckend=====
    https://t.co/UFqjKn4n7l

    やりたいこと
    各種キスショットでスムーズに点を通し、数ターンでの勝ちきりを目指します。

    回し方
    初動はこのくらい並べば最高ですね。
    最悪でも<==kizugatari1.0=10015@青@06-008 キスショット>から<==kizugatari1.0=10023@青@06-015 キスショット>を設置しておきたいです。
    20201106_1_201810202PM_playseats_調整後_サポートエリア2枠分.jpg
    マリガン基準は<==nise1.0=10111@青@03-065 忍野 忍>、<==kizugatari1.0=10003@赤@06-002 キスショット>、<==bakesp=10065@緑@お化け屋敷>がいずれか2種あれば基本的にはキープで問題ないと思います。
    また、後攻スタートの場合は<==kizugatari1.0=10051@青@06-040 羽川 翼>、<==monogatari2nd1.0=10024@青@04-014 貝木 泥舟>もひとつの基準として考えたいです。
    この2種は基本的に不利な後攻スタートでも試合の流れをひっくり返すきっかけにできるので、意識的に使っていきたいですね。

    最終盤面は以下を目指したいです。
    各種青キスショットの横に<==kizugatari1.0=10007@赤@06-004 キスショット>を設置し、妨害しても点を通しても有利な状況となるように心がけましょう。
    20201106_2_201810202PM_playseats_調整後_サポートエリア2枠分.jpg
    アプローチ時の参考としては<==kizugatari1.0=10043@青@06-035 キスショット>がいる状態から<==kizugatari1.0=10023@青@06-015 キスショット>で殴り、点を通ったら<==kizugatari1.0=10043@青@06-035 キスショット>の効果を使い、いったん捨て札に送った後、<==kizugatari1.0=10023@青@06-015 キスショット>の効果で捨て札から釣り出し、次のアプローチが通った時にも2ドローできるような構えを整えたいですね。

    また、アプローチ時には比較的手札が余りがちになるので、余裕があるときは一度<==kizugatari1.0=10013@青@06-007 キスショット>の効果を使った後で自由登場圧殺などで一度どかし、<==kizugatari1.0=10003@赤@06-002 キスショット>から再度出して1ターンに2度バーン効果を使うなどして効果的に点を詰めていきたいです。

    注意点として、このデッキはシャッフルする手段がないため、<==nise1.0=10111@青@03-065 忍野 忍>で下に送ったカードはある程度覚えておきたいですね。
    最低でも初めのサーチで下に送ったカードの内容は覚えておきたいです。
    試合の後半に<==nise1.0=10111@青@03-065 忍野 忍>を出すとサーチ対象が薄い部分に当たる場合もあり失敗しかねないので......

    採用カードについて
    前回の記事で消化したカードもありますので、簡単に紹介します。

    06-004 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード
    <==kizugatari1.0=10007@赤@!gp!on!200>
    このデッキは青キスショット軸ですが、これだけは汎用的に使えると思い採用しています。
    基本的にはアプローチで負けず、点を通した場合もEXデッキからさらにパンチ数を増やせるのでとても便利な1枚です。
    また、対とあるの美琴軸のことを考えたときに強引を持っていることが役に立つと思いました。

    P-036 阿良々木 月火
    MGS_P-036.jpg
    基本的にはサポートエリアに置いておき、さすがに使うかと思ったタイミングか除去される予兆を感じた場合に効果を使用しましょう。

    03-112 偽物語
    10175.jpg
    <==bakesp=10065@緑@お化け屋敷>で捨て札が肥えがちになるので、捨て札に触れるカードを増やしてみました。
    柔軟な動き方ができ、便利な1枚だと思います。

    不採用カードについて
    06-006 キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード
    <==kizugatari1.0=10011@@!gp!on>
    手札が恒久的に増やせる便利な1枚ですが、少しタイミングが遅いと感じたことと、今のところはリソースがカツカツになると感じたこともないためいったん不採用にしています。

    01-094 私の秘密
    10149.jpg
    赤キスショットと違い、1ターンで7点詰められるデッキではないので今は不採用にしています。
    枠が開けば採用したいですね。

    おわりに
    このデッキを使用して(細部は微妙に異なりますが)先日行われた公式イベントのスイスドロー大会に参加してきました。
    4戦あり、
    グランベルム  後攻 勝ち
    赤キスショット 後攻 勝ち
    佐天初春    後攻 勝ち
    赤キスショット 後攻 勝ち

    でした。
    全試合後攻でしたが、単純に引きが強かったこと、
    加えてバウンス羽川と貝木自由登場でゲームの流れを変えられたこともあり、運よく全勝できました。

    フェイスシールドとマスクを着けての試合は少し息苦しいと感じる部分もありますが、情勢的に仕方ないですね。
    来月もできれば参加しようと思います。

    以上、宜しくお願い致します。

販売ランキング(ー20200430まで)

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

プレシャスメモリーズ 買取強化カード紹介(2020/04/08更新)

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

デッキレシピ記事 一覧

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE