プレシャスメモリーズ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、プレシャスメモリーズに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@プレシャスメモリーズ担当アカウント@yuyutei_pm遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

【ありか】PMカーニバル2018 Spring参加レポート

    posted

    by ありか

    こんにちは、ありかです。
    これから、3on3の記事を連投します。
    はじめに
    チーム構成
    今回のチーム戦は、元ジャックさん(以下:師匠)に声をかけていただき、

    チーム名:山梨プレメモ道場
    先鋒:元ジャック@ノゲゼロ
    中堅:ありか@エロマンガ先生
    大将:ムウタ武士(たけし)@美琴

    という感じのチームで参加しました。

    現環境と「3on3」という特性を併せたポイント及び考察は以下の通りです。
    1. 「エロマンガ先生と対面しない確率」は、「対面する確率」の2倍(単純に考えると)
    2. エロマンガ先生以外に勝てるデッキを3人握れば勝ち越せる
    3. エロマンガ先生は実際多そう
    全面的に先生を警戒した考えです。
    というのも、「<==emanga1.0=10141@赤@居留守>」や「<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>」が刺さるデッキにはぶっ刺さり、一方的なゲームをされてしまうといった懸念があり、安易なデッキ選択は難しいと考えていました。
    そのため、チーム全体で俯瞰して使用デッキを考える必要があったと思います。

    僕個人として、上記ポイントを抑えるのであれば...

    「先生に勝ち目もあって、かつ他のタイトルに安定して勝てるデッキを握りたい」

    と思い、まず「対先生」に於いて、既存のタイトルでは何が勝てるか、何をすれば勝てるかを考えました。結果として、
    • SHIROBAKO
    • ゆん
    という僕のお気に入りタイトルが2つほど候補に挙がりました。

    この2デッキの詳細は別の記事で書こうと思っていますので今回は割愛しますが、この子たちは僕の手に馴染んでいて、かつ先生にもワンチャンスがあるという程度には仕上がりました。
    ①の裏を返すと、「先生に絶対勝てて先生以外に勝てないデッキ」は確率上2勝4敗となってしまうため、あまり先生にはこだわらず、広く勝てるのが理想かなと思いました。

    「自分が先生に対面した場合、他2人は先生と対面していない」という根本的な部分もあり、対面したらおとなしく他2人に勝ってもらおう、という考えを共有していました。

    デッキ選択
    ただ、先述の通り、「チーム全体で使用タイトルを調整する」というコンセプトもあり、僕のチーム戦前夜までデッキは未確定のままでした。

    師匠と調整の最中、師匠のノゲゼロが異常なまでに強く、僕の先生、美琴、ゆん、アンチョビがぼっこぼこにされ、かろうじてSHIROBAKOでワンパン届かず、というところで勝ち切れただけとなり、相も変わらず「師匠は全勝する」というチーム戦における最適解に辿り着いてしまった感があり、あとは残り2枠となりました。

    ムラタさんとの調整では、僕が先生を使って全勝したこともあり、改めて「先生やばい」という再認識のもとで「チームに1人先生は入れ得」といった風潮から、3人の中で一番先生を研究していた僕が先生を握ることになりました。
    ただ、研究といってもあくまでも「ゆんやSHIROBAKOの調整相手として」であり、まだ広く使えない、ミラーの経験が浅いといった不安もありましたが、旧タイトルには驚異的な制圧をかけられることもあって、「ミラーは50%のギャンブルだと思って握る」という解釈の上でデッキを選択しました。

    師匠「ありかくんが一番エロマンガ先生慣れてるよね」
    僕「2週間ずっとエロマンガ見てましたからね」

    ・・・なんといういかがわしい発言。
    無意識のうちに恐ろしい言葉を発せされるプレシャスメモリーズというゲームは早く<==emanga1.0=10141@赤@居留守>に(ここから先は何者かに消されている...)。

    デッキレシピ
    デッキレシピはこちらです。

    先生
    プレイヤー:ありか
    =====deckstart===== @キャラクター-red <==emanga1.0=10001@赤@>*2 <==emanga1.0=10003@赤@>*2 <==emanga1.0=10007@赤@>*4 <==emanga1.0=10009@赤@>*1 <==emanga1.0=10015@赤@>*2 <==emanga1.0=10020@赤@>*3 <==emanga1.0=10022@赤@>*1 <==emanga1.0=10023@赤@>*1 <==emanga1.0=10033@赤@>*3 <==emanga1.0=10034@赤@>*3 <==emanga1.0=10040@赤@>*2 <==emanga1.0=10059@橙@>*3 <==emanga1.0=10186@赤@>*3 <==emanga1.0=10187@赤@>*2 @イベント-blue <==emanga1.0=10118@赤@>*4 <==emanga1.0=10120@赤@>*4 <==emanga1.0=10122@赤@>*1 <==emanga1.0=10127@橙@>*3 <==emanga1.0=10132@橙@>*4 <==emanga1.0=10140@赤@>*4 <==emanga1.0=10141@赤@>*4 <==emanga1.0=10181@赤@>*4 @EXカード-orange <==emanga1.0=10005@赤@>*2 <==emanga1.0=10012@赤@>*3 <==emanga1.0=10032@赤@>*1 <==emanga1.0=10042@赤@>*3 <==emanga1.0=10077@青@>*1 <==emanga1.0=10104@緑@>*2 <==emanga1.0=10108@緑@>*2 <==emanga1.0=10114@緑@>*1 =====deckend=====

    先生はショット能力が高いため、「<==emanga1.0=10141@赤@居留守>でグダらせてアド差で殴りきる」というイメージで、回しやすさと早期決着を狙った構築です。

    早いうちから<==emanga1.0=10042@赤@6c>で2ドローを稼ぎつつ、躊躇せずにキャラの置き換えや<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>で<==emanga1.0=10042@赤@6c>を避け、<==emanga1.0=10034@赤@捨て札回収>や<==emanga1.0=10003@赤@サンタ>で圧をかけながらショットの準備を整えるプレイングをします。
    デッキの回しやすさと初動のスピード感を意識して「<==emanga1.0=10140@赤@二人の夢>」や「<==emanga1.0=10127@橙@サモンダークネス>」をしっかり採用し、アクティブと<==emanga1.0=10187@赤@プロモ>で60/60ラインを作っていきます。

    対面にもよりますが、<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>はショットの際に場を枯らすカードとしてキープしておきながら、ショットターンの前のターンは点数で受けて場を守り、ショットの際は<==emanga1.0=10042@赤@6c>を通さざるを得ないパンチで手札を増やしつつ、<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>で面を枯らし、フルパンの上から<==emanga1.0=10033@赤@連パン>、それに寄り添う<==emanga1.0=10187@赤@プロモ>、さらにその上から<==emanga1.0=10033@赤@連パン>といったショットを決め、「<==emanga1.0=10122@赤@ダダをこねる>」でダメ禁をつぶしていきます。

    以下、各タイトルとの対戦におけるポイントです。

    美琴
    <==toaru1.0=10001!gp!on>
    <==emanga1.0=10141@赤@居留守>ではテンポアドをちょっと取れるくらいなので、どちらかというと<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>をうまく使って盤面を枯らすことを念頭に入れました。
    「盤面を徐々に完成させていく」という美琴の特性を奪って、レベルが上がっている美琴を避けていくことであとはリソース差で勝ちるゲームをしたいです。
    美琴を飛ばすと「ブロッカーが減る」「アタッカーが減る」「レベルアップ元が減る」という三重苦が発生するため、<==emanga1.0=10141@赤@居留守>に頼り切るというよりは<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>がえぐい活躍を見せる印象です。

    アンチョビ
    <==garupanmovie1.0=10077!gp!on>
    <==emanga1.0=10042@赤@6c>を早く立てて殴れば大体点が通るのでうれしい気持ちになります。
    受けが弱いのはどうしようもないので、<==emanga1.0=10141@赤@居留守>で展開を縛りつつ<==emanga1.0=10001@赤@SR紗霧>で盤面を1ずつ減らしていき、<==garupanmovie1.0=10036@赤@西>だけは<==emanga1.0=10120@赤@ダメ禁>してなんとか耐え凌ぎたいものです。
    <==emanga1.0=10022@赤@黒妻紗霧>の下の方のテキストを使えたら使います。
    手札が余ると思うので、<==emanga1.0=10001@赤@SR紗霧>で連パンバウンスを構えていたら割と殴りづらくなるかもしれません。<==garupanmovie1.0=10036@赤@西>はずるい。
    <==garupanmovie1.0=10025@赤@SRケイ>のドライブチェックがヒットしたら怒ります。

    SHIROBAKO
    <==shirobako1.0=10057!gp!on>
    「<==emanga1.0=10141@赤@居留守>で得たターンを<==shirobako1.0=10177@橙@道連れ>で相殺される」「トップ盛り絵麻で<==emanga1.0=10141@赤@居留守>を超えてくる」「手札アドバンテージの取れ高は互角かそれ以上」「<==shirobako1.0=10209@緑@PR小笠原>のソース2避けがきつい」「<==shirobako1.0=10140@緑@サンタ小笠原>と<==shirobako1.0=10197@@自由登場絵麻>&<==shirobako1.0=10200@@バウンス絵麻>の無限妨害システム」いった要素から、僕は不利対面だと思っています。
    <==emanga1.0=10141@赤@居留守>が打てなかったターンにおりゃーって盤面を完成されてあとはリソース差でつぶされてしまう印象です。
    終盤はこちらは山回復にコストを支払わなくてはいけなくなってしまうのが悔しいです。
    <==emanga1.0=10141@赤@居留守>を途絶えさせないことと<==shirobako1.0=10177@橙@道連れ>を途絶えさせることを意識して、割とロングゲームを見ながら戦います。
    下手にチャンプされるよりかは殴らない方が、SHIROBAKOはキャラの置き換えによる出し直しが序盤難しいタイトルなのでいいかもしれません。
    <==emanga1.0=10114@緑@EX神楽坂>を<==emanga1.0=10003@赤@サンタ紗霧>の効果で出して、即<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>で<==shirobako1.0=10057@@SR絵麻>、<==shirobako1.0=10001@赤@SR宮森>、<==shirobako1.0=10140@緑@サンタ小笠原>を下に返します。

    NEWGAME
    <==newgame1.0=10077!gp!on> <==newgame1.0=10036!gp!on>
    最近僕のデッキ構築が「ゆんを倒せるか」になってるのはよくないことです。「ゆんを許さないはいふり」などを考えたので機会がありましたら()。
    さりげなく対ゆんを語らせてもらいますと、<==newgame1.0=10123@緑@新人歓迎会>だろうがなんだろうが<==emanga1.0=10141@赤@居留守>を投げつけて、<==newgame1.0=10077@@SRゆん>は<==emanga1.0=10114@緑@EX神楽坂>も合わせて気合で<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>で避けていけばなんとかなります。
    といった感じになんとかなってしまうので、なんとかならないゆんのお話を後日寄稿予定です。

    むしろゆんではなく、コウリンなどのGSは苦手です。
    地上戦は攻めも守りもよわよわなので、盤面を完成させない、<==newgame1.0=10003@赤@ドロー青葉>を反応させない(妨害3面を作らない程度に殴る、ポイントは受けないように殴る、3面殴れそうならタイトルで消す)といったプレイングでとにかく早期決着を狙います。

    綾陽子
    <==kinmozah1.0=10191!gp!on>
    <==emanga1.0=10003@赤@サンタ紗霧>をにこにこしながら置く→アプローチタイミングに手札から<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>を見せる→対象を取らずとも相手の<==kinmozah1.0=10191@@5Cコンビ>が除外される(諸説あり)
    <==kinmoza1.0=10131@橙@>でクロック刻まれて、<==kinmozah1.0=10160@@ツーショット>を絡めてワンショットされる可能性もあるので、ちょっと警戒は必要です。

    ミラー
    <==emanga1.0=10001@赤@!gp!on!200>
    調整不足ではありますが、僕のミラーに対する見解は

    「プレイングや構築である程度の勝率は上げられる。しかしながら、<==emanga1.0=10141@赤@居留守>と<==emanga1.0=10007@赤@ドロー紗霧>で取ることのできるテンポアドバンテージはそれらを超越する」

    です。
    1枚目の<==emanga1.0=10141@赤@居留守>を打ったプレイヤーは第2第3の<==emanga1.0=10141@赤@居留守>を引き込むことが出来、<==emanga1.0=10007@赤@ドロー紗霧>から第2、第3の<==emanga1.0=10007@赤@ドロー紗霧>が引けるので、なんというか虚無です。
    <==emanga1.0=10001@赤@SR紗霧>がすぐに山の下にお帰りになるので、そこに甘んじてはいけませんね。
    テンポを取ったと喜んでいても、油断した隙に<==emanga1.0=10181@赤@出会い>を連打され、盤面を枯らされ点を稼がれで割と盛者必衰なので、アドを守り切るプレイを心がけたいです。
    <==emanga1.0=10122@赤@ダダをこねる>はめちゃくちゃ強いですね。

    戦績
    1回戦 はいふり× チーム○
    <==haihuri1.0=10006!gp!on>
    <==haihuri1.0=10006@赤@6c>を<==emanga1.0=10042@赤@6c>で除外し合ったら2枚目が出てきました。
    ショットしに行ったら自由登場活動にする子で打点が足りず負け。

    2回戦 SHIROBAKO○ チーム○
    <==shirobako1.0=10057!gp!on>
    にわかぼく「<==emanga1.0=10077@青@EXムラマサ>にアクティブって書いてあったらこのターン7点入るのになぁ。......書いてあるじゃん!」

    3回戦 NEWGAME○ チーム△
    <==newgame1.0=10003!gp!on>
    2ターン<==emanga1.0=10141@赤@居留守>でロックして、先3で6点ショット。

    4回戦 先生× チーム×
    <==emanga1.0=10001!gp!on>
    先取って<==emanga1.0=10141@赤@居留守>があったからノーマリガンで行ったら案の定その後が続かず、もたつく間に捲られました。

    5回戦 ハンドシェイカー○ チーム○
    <==hs1.0=10020!gp!on>
    <==hs1.0=10020@赤@6c>に<==hs1.0=10123@赤@スプロケット=ギア>を打った返しで後ろに<==emanga1.0=10042@赤@6c>を立てて<==emanga1.0=10118@赤@タイトル>で飛ばし、<==emanga1.0=10003@赤@サンタ紗霧>で手札から<==emanga1.0=10042@赤@6c>を投げつけてフィニッシュ。

    結果
    チーム3-1-1 6位

    なんとも不甲斐ない結果でした。強い2人の足を引っ張ってしまった、という悲しみが大きいです。
    反省点としては、とにかく調整不足が悔やまれます。対はいふりが初だったのと、ミラーは構築をもっと詰めていれば、という後悔ばかりです。
    結局、慣れているデッキを使うのが1番なのかな、と改めて思いました。

    結果はともあれ、チーム戦すごく楽しかったです。
    地区まで時間が空きますが、またプレメモしたいです。

遊々亭 GW SALE 第一弾 開催!!

    posted

    by -遊々亭- プレメモ担当

    bnr_sale.jpg
    こんにちは、遊々亭@プレメモ担当です!
    お客様の日頃のご愛顧に感謝致しまして、春のサプライズをお届けします!
    遊々亭 2018年 GW SALE 第一弾を本日4/20より開催します!!

    今春もシングルカード特価販売に、お得なカード福袋、そしてご購入者様プレゼントと、
    お買い得で楽しさいっぱいの大セールとなっております!
    是非この機会に遊々亭 2018年 GW SALEを覗いてみてくださいね!

    遊々亭 GW SALEのお得な注目ポイント!
    • シングルカード特価販売!欲しかったあのカードがお得に買えちゃうかも!?
    • なんと次回のお買い物でご利用頂けるノーマル(5%OFF)割引券が、1/15の確率でSR(10%OFF)割引券に、1/25の確率でUR(15%OFF)割引券に変化!
    • さらに!シングル3,000円以上お買い上げのお客様にもれなく『遊々亭オリジナルデッキケースBlack Ver.』プレゼント!


    GW SALE特集
    今回のGW SALEでも、特集としてさらにお得なカードをご紹介!!
    GW SALEの特集ページはこちら!
    タイトルPick up! Part.1
    bnr_event.jpg GW SALE特集第一弾は『タイトルPick up! Part.1』

    現在、全国各地で行われている「プレシャスメモリーズ8th記念イベント」。
    このイベントで行われているタイトルピックアップに合わせ、該当タイトルのシングル特価販売を行います!

    GW SALE福袋
    SALE恒例!今年もお楽しみの期間限定「福袋」をご用意しております!!
    GW SALE福袋の販売ページはこちら!
    PM GW SALE福袋
    10022.jpg 毎回好評ののPM福袋がGWにも登場!
    もちろん、今回もサイン入りカードが確定封入!
    PR2枚、SR2枚、(S-TD or S-STR)1枚が封入!
    さらにS-TD or S-STRが1/3の確率でSPにランクアップ!
    売切御免、お買い逃しにはご注意ください!
    さらにSR、URお買い物割引券を封入!
    遊々亭グッズ【割引券10%、15%】.jpg


    期間中、次回のお買い物でご利用頂ける特別な割引券各種の封入をさせて頂きました!
    ご購入の際、SR割引券は1/15、UR割引券は1/25の確率で封入させていただきます!
    (お買い物の際、SR割引券は10%OFF、UR割引券は15%OFFとなります)


    シングル購入者様にプレゼント!遊々亭オリジナルデッキケース!
    deckcase_b.jpg

    さらにさらに、シングルカードご購入様にはオリジナルグッズのプレゼントも実施しちゃいます!
    遊々亭 GW SALE(4/20~4/27夕方)中にシングルカードを3,000円以上お買い求めのお客様にはもれなくこちらの『遊々亭オリジナルデッキケースBlack Ver.』をプレゼント致します!



    遊々亭公式Twitter、担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 プレメモ担当Twitter】 @yuyutei_pm

【いっちー】PM8th記念イベントレポートin福岡

    posted

    by いっち~

    こんにちはいっちーです!

    今回はプレメモ8周年記念イベントに参加させていただきました!
    当時の環境は僕がプレメモをやっていないのでみなさんのように「初期環境懐かしいなぁ...」とはあまりならなかったのですが、僕がプレメモを始めた2016年1st当時の環境デッキである俺妹や山田などがピックアップされていたので、そういう面では懐かしいなぁとなることができました。

    今回の目玉商品はエロマンガ先生直筆プレイマット!
    これは伏見つかさ信者の僕からしたら喉から手が出るほど欲しい商品になってきます...そこでとりあえず始めたのがピックアップのデッキから5つ、四天王とチャンピオンを決めることですね!(当たり前)

    まずチャンピオンのエロマンガ先生は確定として、残りの4つ。
    目につくのはやはり俺妹、山田でしょうか。前期の地区でも入賞の成績があるこの2デッキはやはり確定。
    次に目につくのはけいおん、化物語。
    この2デッキは豊富なドローソースから事故率も低く、上記の2デッキに対しても対抗する術(<==konmovesp=10075@緑@P-044 琴吹 紬>や<==monogatari1.0=10030@@05-018 忍野 扇>等)を持っているので、この5つのデッキで行くことが確定しました。
    まぁ、本番では化物語が消えてゆるゆりになるのですが...

    それではレポ行ってみましょー
    大会レポート
    1回戦ノゲノラ 使用けいおん ◯
    <==konmovesp=10064!gp!on> <==ngnlz1.0=10017!gp!on>
    お相手の展開が思わしくない様子で、毎回2面や3面のみでエンドといった展開。
    対してこちらは<==konmovesp=10067@@5c梓>と<==konmovesp=10064@@5c澪>が立つ理想展開。
    デッキパワーの差はあったのですが、引きで捲り上げて最後は<==konmovesp=10065@橙@5c律>で詰めきりました!
    2回戦けいおん 使用山田◯
    <==worksp=10013!gp!on> <==konmovesp=10065!gp!on>
    山田は初めて回すのでプレイに不安がかなりありました。というか今回使用したデッキは俺妹以外全て初めて回すデッキだったので、全て不安があるのですが...笑
    この試合も初動が強く、山田の初手理想展開を完璧にすることができました。
    というかこの日は全体的に強かったです。拒絶を常に残しておき、いつ<==konmovesp=10065@橙@5c律>が出てきてもいいように殴り続けて、最後は9パンして終わりです。
    3回戦けいおん 使用俺妹◯
    <==oreimosp2.0=10075!gp!on> <==konmovesp=10064!gp!on>
    俺妹は自己紹介記事でも書いた通り、1番大好きなデッキです。
    • 4点入れて残りの3点を詰めきるショットプラン
    • コイン3面たててビートダウンのプラン
    • <==oreimosp2.0=10075@赤@6cコンビ>と除去で相手のしたいアプローチと妨害をさせないコントロールプラン
    この3つのプランを相手のデッキによって使い分けることができるように構築してあるのが、僕の自慢の俺妹です!
    今回のけいおん相手はコントロールプランでいくのが正しい選択だったのですが、焦ってショットプランでいってしまい最後のショットが決まらなければ負けていました。
    本来けいおんは有利マッチングなので焦る必要はなかったのですが、相手の方が巧くて(2回戦で俺妹でエロマンガ先生を倒してた)焦ってしまいました。まぁ勝てたので良し!
    4回戦ノゲノラ 使用エロマンガ先生◯
    <==ngnlz1.0=10017!gp!on> <==emanga1.0=10042!gp!on>
    動画卓でした。
    動画卓は2度目だったので特に緊張とかはなかったですが、先攻を取れていたことや相手の方がエロマンガ先生初見だったということもあり、割と苦労なく勝つことができました。
    とはいえ、僕もエロマンガ先生初見回しだったので、動画を見ていただいたらわかるのですがプレイが酷い酷い...ドヒドイデって感じです。
    この試合のレポは割愛させていただきます。気になる方はぜひ、動画を見てください
    5回戦ゆるゆり 使用ゆるゆり×
    <==yuruyuri1.0=10052!gp!on> <==yuruyuri1.0=10027!gp!on>
    動画卓本日2本目。最後の最後でやってしまった...なんて酷い手札だ...。
    疲れていたんだろうな俺の右手。まあよくここまで頑張ったな...。
    最後は潔く散ろう...。
    感想
    というわけで2位でしたー。
    正直なところ、行く前は僕が優勝するくらいの気持ちだったのですごく不満足な結果です。まだまだ勉強不足のプレイ不足ですね。
    最終戦は身内戦だったのでミラーをしようということになったのですが、ゆるゆりは1ミリも回したことがなかったので過去のデッキをもっと知ることが、今回のイベントの勝利につながると思いました。

    あとやっぱり桐乃は可愛かったです^ ^
    次はあなたのキャラを<==oreimosp2.0=10016@橙@拒絶>するかも!?

    お相手はいっちーでした!アデュー!!

NEW GAME!! 予約受付中!

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

プレシャスメモリーズ 超買取強化カード紹介!!(3/30)

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

デッキレシピ記事 一覧

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE