プレシャスメモリーズ Blog | 遊々亭
プレシャスメモリーズ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、プレシャスメモリーズに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@プレシャスメモリーズ担当アカウント@yuyutei_pm遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

【紀田】鈴羽デッキ紹介

    posted

    by 紀田

    20190221_225180.jpg
    鈴羽デッキ紹介
    どうも、紀田です。今回は「STEINS;GATE」から、阿万音 鈴羽デッキの紹介をしたいと思います。

    3on3には残念ながら間に合わずに使えませんでしたが、一線級の強さを持っています。2/18(月)現在の環境で地区を行うといわれた場合、僕はこのデッキを地区に持っていくと思います。

    デッキの方向性
    鈴羽デッキは基本的にはワンショットするデッキになります。
    しかし攻めるためのカードが一応守りにも転用可能なことに加えて現環境ではほとんど対策が出来ないとても強いカードがあるので他のショットデッキよりはある程度守ることが出来るショットデッキという位置づけになります。

    それでは早速レシピから紹介していきます。

    デッキレシピ
    STEINS;GATE 阿万音 鈴羽軸
    =====deckstart===== @キャラクター-red <==steinsgate1.0=10088@橙@阿万音 鈴羽>*3 <==steinsgate1.0=10086@橙@阿万音 鈴羽>*1 <==steinsgate1.0=10090@橙@阿万音 鈴羽>*1 <==steinsgate1.0=10091@橙@阿万音 鈴羽>*3 <==steinsgate1.0=10095@橙@阿万音 鈴羽>*2 <==steinsgate1.0=10096@橙@阿万音 鈴羽>*2 <==steinsgate1.0=10097@橙@阿万音 鈴羽>*2 <==steinsgate1.0=10100@橙@阿万音 鈴羽>*1 <==steinsgate1.0=10167@橙@橋田 至>*1 <==steinsgate1.0=10168@橙@橋田 至>*1 <==steinsgate1.0=10102@橙@橋田 至>*1 <==steinsgate1.0=10151@赤@岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10021@赤@岡部 倫太郎>*4 <==steinsgate1.0=10027@赤@岡部 倫太郎>*2 <==steinsgate1.0=10028@赤@岡部 倫太郎>*4 <==steinsgate1.0=10030@赤@岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10042@赤@中鉢博士>*1 <==steinsgate1.0=10077@緑@漆原 るか>*1 <==steinsgate1.0=10147@赤@牧瀬 紅莉栖>*1 <==steinsgate1.0=10003@赤@牧瀬 紅莉栖>*4 <==steinsgate1.0=10005@赤@牧瀬 紅莉栖>*2 <==steinsgate1.0=10143@緑@牧瀬 紅莉栖&椎名 まゆり>*1 <==steinsgate1.0=10039@赤@秋葉 留未穂>*1 <==steinsgate1.0=10111@青@桐生 萌郁>*1 <==steinsgate1.0=10112@青@桐生 萌郁>*1 <==steinsgate1.0=10121@青@天王寺 綯>*1 <==steinsgate1.0=10082@緑@漆原 るか>*1 @イベント-blue <==steinsgate1.0=10123@赤@STEINS;GATE>*4 <==steinsgate1.0=10135@赤@7月28日>*2 <==steinsgate1.0=10177@緑@まゆりビンタ>*4 <==steinsgate1.0=10128@赤@未来ガジェット研究所>*4 @サポート-green <==steinsgate1.0=10142@赤@ドクペ>*1 @EXカード-orange <==steinsgate1.0=10084@橙@阿万音 鈴羽>*1 <==steinsgate1.0=10089@橙@阿万音 鈴羽>*1 <==steinsgate1.0=10098@橙@阿万音 鈴羽>*2 <==steinsgate1.0=10023@赤@岡部 倫太郎>*1 <==steinsgate1.0=10025@赤@岡部 倫太郎>*2 <==steinsgate1.0=10132@橙@オペレーション・ウルド>*4 <==steinsgate1.0=10127@赤@オペレーション・スクルド>*1 <==steinsgate1.0=10130@赤@オペレーション・ベルダンディ>*2 <==steinsgate1.0=10065@緑@椎名 まゆり>*1 =====deckend=====
    というわけで鈴羽デッキです。改変ギミックを十全に使うために結構色々なカードが入っていますのでキャラ単というよりは鈴羽寄りのグッドスタッフといった方が正確かもしれませんね。

    初ターンで目指したい盤面
    20190221_1_201810202PM_playseats_調整後_サポートエリア2枠分.jpg
    ホントに最低限になりますが仮に先攻を取った場合はこれを目指しましょう。
    <==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>は6コストと、とても重いのですが改変を行うことでドローするテキストのおかげで場に定着することが出来さえすれば登場に使ったコストはすぐ返ってきます。無理してでも出していきましょう。
    <==steinsgate1.0=10045@赤@01-038 岡部 倫太郎&牧瀬 紅莉栖>の採用をした型も試してみたのですがメインデッキの枠が少ないことに加え、後半はサポートエリアに出すカードがなくなってしまうことおよびコンビコストの確保が大変であることから不採用としています。
    <==steinsgate1.0=10021@赤@01-017 岡部 倫太郎>は言わずもがな、ドロソは大切にしましょう。デッキを回していく上でコストに切りたくなる場面が多くありますが、そのターン中、遅くとも次の自分のターンまでにはほぼ必ず2つ目のテキストが誘発して捨て札になるのでなるべく切らずに抱えておきましょう。

    最後に、Chipで改変するキャラに関してはどのカードでも大丈夫です。相手がアクティブでアプローチしてきた場合に妨害できる、もしくは、次の自分のターンにアプローチできる点を考慮すると<==steinsgate1.0=10096@橙@01-082 阿万音 鈴羽>が優れているので複数あった場合はこちらにしましょう。仮に複数枚持っている場合は次のターンにも最低限1回の改変を行えるようにした上で置いてしまいましょう。
    除外ゾーンは第二の手札にも等しいため、選択肢を広くとるために早いうちからガンガン改変していきたいですね。

    20190221_2_201810202PM_playseats_調整後_サポートエリア2枠分.jpg
    仮に後手となった場合は少し苦しいですがこちらを目指しましょう。
    <==steinsgate1.0=10084@橙@01-072 阿万音 鈴羽>の効果で<==steinsgate1.0=10086@橙@01-073 阿万音 鈴羽>や<==steinsgate1.0=10088@橙@01-074 阿万音 鈴羽>などを出してそのままアプローチしていきましょう。
    初手から<==steinsgate1.0=10123@赤@01-108 STEINS;GATE>が複数枚あった場合等、手札に余裕がある場合は<==steinsgate1.0=10025@赤@01-020 岡部 倫太郎>を使い、<==steinsgate1.0=10084@橙@01-072 阿万音 鈴羽>およびその効果で場出しした阿万音 鈴羽をブリンクしてターン終了時に除外されないようにした上でもう1回<==steinsgate1.0=10084@橙@01-072 阿万音 鈴羽>の効果で阿万音 鈴羽を場出ししましょう。
    もしくは<==steinsgate1.0=10003@赤@01-002 牧瀬 紅莉栖>をブリンクすることでアプローチできるようにした上で改変してドローしていきましょう。

    最終的に目指したい盤面
    20190221_3_201810202PM_playseats_調整後_サポートエリア2枠分.jpg
    20190221_4_201810202PM_playseats_調整後_サポートエリア2枠分.jpg
    最終的にはこのような盤面を目指しましょう。
    これに加えて手札に<==steinsgate1.0=10177@緑@ST-032 まゆりビンタ>および<==steinsgate1.0=10130@赤@01-114 オペレーション・ベルダンディ>があるのが理想です。
    このような盤面かつ<==steinsgate1.0=10177@緑@ST-032 まゆりビンタ>の条件を達成するためのキーカードが<==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>となります。
    最近のプレメモは特に2点、2点、3点と刻んで点数を入れてくるデッキが多いので6点をもらった時点で登場させることでショットをかけるターンを用意することが出来ます。また、登場させる際は、必ず相手のキャラがアプローチするのを確認してから登場させるようにしましょう。これにより相手の妨害面が1面減ることになります。

    終盤、というか序盤から最後まで活躍するのが<==steinsgate1.0=10084@橙@01-072 阿万音 鈴羽>および<==steinsgate1.0=10088@橙@01-074 阿万音 鈴羽>となります。
    改変を行うことで使用および発生コスト0のキャラが阿万音 鈴羽を妨害できない状態にした上で<==steinsgate1.0=10088@橙@01-074 阿万音 鈴羽>で最初にアプローチし、〈蝸牛〉効果を誘発させて使用および発生コストが0でないキャラをサポートエリアに移すことで相手の妨害可能キャラを大幅に減らすことが出来ます。
    この上で最終ターンは<==steinsgate1.0=10100@橙@01-086阿万音 鈴羽>を登場、もしくは<==steinsgate1.0=10028@赤@01-023 岡部 倫太郎>を登場させて自身を圧殺したうえで<==steinsgate1.0=10130@赤@01-114 オペレーション・ベルダンディ>を使い、除外ゾーンから<==steinsgate1.0=10088@橙@01-074 阿万音 鈴羽>を場出ししてアプローチすることで2回目の蝸牛効果を誘発させることが出来ます。
    この上から<==steinsgate1.0=10177@緑@ST-032 まゆりビンタ>を使ったアプローチに耐えられるデッキは殆どないでしょう。自由登場による圧殺もしづらくなるため突破30の効果も発動させやすくなりますね。

    注目のカード
    前項では触れられなかったカードの中からピックアップしました。
    まずは<==steinsgate1.0=10027@赤@01-022 岡部 倫太郎>および<==steinsgate1.0=10091@橙@01-077阿万音 鈴羽>に関して。
    <==steinsgate1.0=10027@赤@!gp!on!200> <==steinsgate1.0=10091@橙@!gp!on!200>
    デッキの中のシステムキャラは基本的に1投ですがこの岡部倫太郎に関してはあえて2枠とっています。
    EXのカードを手札に加えるのも勿論重要なのですが、下の効果が非常に役に立ちます。
    仮に前のターンにアプローチしすぎてしまい殆どのキャラが妨害できない際、1点受けて捨て札置き場から<==steinsgate1.0=10091@橙@01-077阿万音 鈴羽>を除外することで次の点を受けた際にこのカードを場出しすることが出来ます。この効果で場出しした場合、我慢を得る上に妨害することで阿万音 鈴羽を活動状態にできるため相手にプレッシャーをかけることができ、更に次のアプローチにも参加できます。
    これ以外にも<==steinsgate1.0=10100@橙@01-086阿万音 鈴羽>や<==steinsgate1.0=10142@赤@P-001 ドクペ>を除外して次の攻めに繋げたりすることもできる非常に器用なカードです。序盤から欲しいカードであるためもう1枚ぐらい入れたいですが2ソースであること、一応全サーチもできることから断念しています。

    次に<==steinsgate1.0=10005@赤@01-003 牧瀬 紅莉栖>および<==steinsgate1.0=10132@橙@01-116 オペレーション・ウルド>に関して。
    <==steinsgate1.0=10005@赤@!gp!on!200> <==steinsgate1.0=10132@橙@!gp!on!200>
    <==steinsgate1.0=10005@赤@01-003 牧瀬 紅莉栖>もシステムキャラなのに2枚入れています。改変を行った場合、相手の使用コスト0のキャラの起動型テキストの発動を禁止することでNEW GAME!やミラーなどで非常に役立ちます。
    この効果を相手ターンにも発動させるために<==steinsgate1.0=10132@橙@01-116 オペレーション・ウルド>が役立ちます。相手の1アクション目の返しに使って相手を機能不全に追い込みましょう。

    デッキの改造案
    自分なりにはベストの形に仕上げましたが調整の末に抜けたカード等がこちらです。
    <==steinsgate1.0=10014@赤@!gp!on!200>
    <==steinsgate1.0=10014@赤@01-010 牧瀬 紅莉栖>は相手ターンに岡部倫太郎を登場させることで改変し、<==steinsgate1.0=10005@赤@01-003 牧瀬 紅莉栖>の誘発をさせることができるため、使用感は非常に良かったのですが、1枚では序盤から置けないため殆ど意味がない割に2枠を割くほど重要なカードではなかったため採用を見送りました。
    相手のメインに防御札たりうる自由登場の岡部倫太郎を投げるのがもったいなかったのもありますね。
    <==steinsgate1.0=10029@赤@!gp!on!200>
    <==steinsgate1.0=10029@赤@01-024 岡部 倫太郎>は改変で行くカードを操作出来るうえに手札を入れ替えることができますが<==steinsgate1.0=10014@赤@01-010 牧瀬 紅莉栖>とセットで考えていたため一緒に抜いてしまいました、しかしこちらだけ採用するのはありかもしれませんね。
    <==steinsgate1.0=10009@赤@!gp!on!200>
    <==steinsgate1.0=10009@赤@01-005 牧瀬 紅莉栖>は嵌まればいい動きをしましたが如何せんコストになることの方が多かった印象でした。ただ、東郷相手が不利なのでワンチャンスを作るために採用してもいいかもしれません。
    <==steinsgate1.0=10106@青@!gp!on!200>
    <==steinsgate1.0=10106@青@01-091 桐生 萌郁>は<==steinsgate1.0=10084@橙@01-072 阿万音 鈴羽>に更に休息効果を使うことで攻撃力が上がることを期待したのですが、使用および発生コストが0のキャラに対する妨害禁止をしている意味が薄くなってしまったので抜きました。使用および発生コストが0でないキャラを寝かせることができ、アクティブを持っておりヒット時の効果が優秀でしたが<==steinsgate1.0=10121@青@01-106 天王寺 綯>と枠を食い合いました。
    <==steinsgate1.0=10107@青@!gp!on!200>
    <==steinsgate1.0=10107@青@01-091 桐生 萌郁>は最後まで悩みましたが、加える手段の少なさから2枚目の<==steinsgate1.0=10130@赤@01-114 オペレーション・ベルダンディ>と差し替えました。
    <==steinsgate1.0=10162@緑@!gp!on!150> <==steinsgate1.0=10134@赤@!gp!on!150> <==steinsgate1.0=10131@橙@!gp!on!150> <==steinsgate1.0=10126@緑@!gp!on!150>
    こちらの4枚のカードに関しては流行っているデッキによって入れ、特定のデッキに強くしてもいいかもしれません。
    現状はなるべく多くのデッキをみるために守りは<==steinsgate1.0=10042@赤@01-036 中鉢博士>に完全依存に等しいです。環境だとカウンターされるとしたらニュゲぐらいな上にニュゲは中鉢投げる機会がほとんどないので考えなくてもいいと思います。まぁそもそも<==newgame2.0=10143@青@見送り>採用している人がほぼいないですけどね()。

    まとめ
    ということで、今回はバイト戦士のデッキを紹介させていただきました。流行りのるか子型とは異なりますがこちらも相当強いのでぜひ使ってみてください。
    久しぶりに化物語にあった蝸牛効果を使用しましたがやはり理不尽な強さでした。ニュゲ、エロ、シュタゲるか子型、DD、ノゲおよびFAG轟雷などの流行っているデッキとも互角に渡り合えると思います。
    ゆゆゆは百鬼夜行と交通事故がめちゃきつい上にボードが固まると更に無理になっていくので頑張ってショットかけましょう。


    それではまた。Let's Precious Go Memories!

【ありか】プレメモカーニバル2019 スプリング 振り返り

    posted

    by ありか

    20190219_225180.jpg
    プレメモカーニバル2019 スプリング 振り返り
    こんにちは! ありかです。
    本日は先日行われたチーム戦の振り返りです。

    チーム
    前回と同じく元ジャックさん(以下:師匠)、エリオさん(以下:弟子)と「山梨プレメモ道場」で出場することにしました。
    同じメンバーで、目指せ2連覇です!

    デッキ考察
    3on3の2週間前に山梨に行き調整会、と思ったのですがプレメモを持っていくのを忘れました。なので師匠と美味しいものを食べてボドゲをして帰ってきました。
    その後弟子と何度か調整会をしようとしましたが僕の体調不良のせいで何度か流れ、圧倒的調整不足でした。
    そんな中で師匠が化け物みたいに強いデッキを作り、弟子が回りやすくて強いシュタゲを作り、あぁもうこれ2人に5-0してもらおう、という感じになりました。
    10112.jpg 10123.jpg
    ここで、現環境を僕なりに考察してみます。
    まず、ハイスクールDDが非常に強いです。対面するとどう足掻いても安定して勝てそうにないので、足掻かないことにします。
    <==hdd2.0=10062@@!gp!on>
    次点ではシュタゲが強いです。特に、コウりんに対して圧倒的マウントを取れるのが優秀だと思います。0コストテキスト使用不可が刺さり、ブリンク岡部が優秀です。東郷に対しても上下入れ替えと1dis2drawが使えなくなるので、戦いやすいと思います。
    <==steinsgate1.0=10005!gp!on>
    あとは東郷とFAGだと思います。この2つは前回同様、安定して強いです。
    <==yuyuyu1.0=10048@@!gp!on> 10147.jpg
    僕のデッキ選択肢としては2人のデッキが決まっている以上「コウりん」「ゆん」「東郷」「FAG」となりました。コウりんはそのままでは対FAGやシュタゲに対して数値勝負で勝てないため、<==newgame1.0=10001@橙@SR青葉>や<==newgame1.0=10155@橙@カスタムねねっち>を使ったアンブロ型を組みました。ですが結局シュタゲに勝てないので、諦める方針となりました。
    ゆんは全体的に勝てますがすべてが不安な対面である、という矛盾したデッキです。(多分使ってもらうと言いたいことが伝わるかと思います)
    根拠としてはFAGに対して圧勝できますが<==fag1.0=10147@赤@セッション>を連打されると厳しい(大体どのデッキもですが)、東郷に対してテキスト無効&除外を駆使すれば勝てますが<==yuyuyu1.0=10140@緑@百鬼夜行>+<==yuyuyu2.0=10137@橙@交通事故>でターンを取られたり防御面が不安だったり、コウりんに対しても非常に有利ですが<==newgame2.0=10048@緑@マクロコスモス>で即投了の流れ、と難しい点もあります。
    ですが、使い慣れているのでゆんを使おう、だって2人が5-0してくれるもん! とあきらめて寝ました。

    翌朝、会場に向かう車の中で思いました。
    「現環境で、チーム内に東郷がいないって損じゃないか?」
    東郷を使用しながら、環境で脅威であるシュタゲに対しての勝ち方を弟子との調整で身に着けてはいた上、東郷が強いというのは重々承知していたので、チームとしてのデッキ分布を考えた時に東郷を使わないのは損じゃないか、と思い始めました。

    というわけで急遽東郷にしました。

    デッキレシピ
    脈拍104
    =====deckstart===== @キャラクター-red <==yuyuyu1.0=10032@赤@結城 友奈>*1 <==yuyuyu1.0=10050@青@東郷 美森>*1 <==yuyuyu1.0=10052@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu1.0=10053@青@東郷 美森>*3 <==yuyuyu1.0=10056@青@東郷 美森>*1 <==yuyuyu1.0=10057@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu1.0=10060@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu1.0=10067@青@東郷 美森>*2 <==yuyuyu1.0=10073@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu1.0=10111@緑@犬吠埼 樹>*1 <==yuyuyu1.0=10161@青@東郷 美森>*3 <==yuyuyu2.0=10012@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu2.0=10014@青@東郷 美森>*2 <==yuyuyu2.0=10015@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu2.0=10021@青@鷲尾 須美>*1 <==yuyuyu2.0=10036@緑@乃木 園子>*4 <==yuyuyu2.0=10042@緑@乃木 園子>*4 @イベント-blue <==yuyuyu1.0=10120@赤@結城友奈は勇者である>*2 <==yuyuyu1.0=10130@青@マジック>*4 <==yuyuyu1.0=10140@緑@百鬼夜行>*4 <==yuyuyu2.0=10137@橙@交通事故>*3 @EXカード-orange <==yuyuyu1.0=10008@赤@結城 友奈>*1 <==yuyuyu1.0=10048@青@東郷 美森>*4 <==yuyuyu2.0=10018@青@鷲尾 須美>*2 <==yuyuyu2.0=10029@緑@乃木 園子>*1 <==yuyuyu2.0=10034@緑@乃木 園子>*1 <==yuyuyu2.0=10124@青@失われた記憶>*3 <==yuyuyu2.0=10129@緑@真実>*2 <==yuyuyu2.0=10150@青@鷲尾 須美>*1 =====deckend=====
    http://prememo.net/decks/detail/187606

    デッキ名は「脈拍104」です。当日デッキシートを記入するときの脈拍数をそのままデッキ名にしました。体調が優れなかったので寿命を縮めてパフォーマンスを上げる特効薬を飲んで大会に臨みました。

    構築・プレイング
    ミラーを意識して<==yuyuyu2.0=10034@緑@Ex2c園子>を採用したり、対シュタゲでは<==steinsgate1.0=10135@赤@7月28日>に<==yuyuyu2.0=10129@緑@真実>をぶつけることで勝ちを拾えたりするのでExはこんな感じです。結構枠がきついです。
    メインデッキは<==yuyuyu2.0=10137@橙@交通事故>と<==yuyuyu1.0=10120@赤@タイトル>のバランスで悩みました。
    その他基本構築、プレイングは是非バルディッシュさんの記事を参考にしてください。

    僭越ながら補足をさせていただくと、対シュタゲでは上下入れ替えと1dis2drawが出来ないためにショット速度が遅くなるため、僕としてはもうちょっと中堅的なプレイ・構築の方が現環境にはマッチしているかと思います。
    序盤の事故はどうしても避けられない運命にあるので、もしかしたらケア出来るかな、といった保険として<==yuyuyu1.0=10050@青@全サーチ東郷>を採用しています。

    一応山暗記も出来ますが、便利な山を微調整するカード(例:1dis1drawなど)がないため結構無駄に終わることもあります。試合では手札にあった<==yuyuyu2.0=10137@橙@交通事故>をあえて使わず<==yuyuyu1.0=10140@緑@百鬼夜行>をブレイクさせることが出来たので満足はしています。覚えておけばマジックと5ルックの順番を調整出来ることもあるため、暗記に越したとはないかと思いますが疲れます。

    大会レポート
    チーム:山梨プレメモ道場
    チーム名に「両隣が5-0してくれる」を提案しましたが不採用となりました。

    先鋒:ありか@東郷
    中堅:元ジャック@朱乃
    大将:エリオ@シュタゲ

    1回戦:コウりん〇 チーム〇〇×
    <==newgame2.0=10044@緑@!gp!on>
    対戦相手「なんでありか君Ex使ってるの!?」
    僕「朝起きたらデッキが増えていました」
    コウりんは嫌と言うほど使ってきたので「東郷にされたら嫌なこと」をし続けました。<==yuyuyu2.0=10029@緑@天然2の園子>もメインアタッカーとして採用し、タワーを分散させつつ<==yuyuyu2.0=10018@青@自由登場鷲尾>を抱え、相手メインで<==yuyuyu2.0=10034@緑@Ex園子>のテキスト使用+<==yuyuyu2.0=10042@緑@テキスト無効園子>を連パンに投げることで数値を作らせないといった守りの姿勢で行きます。勝てました。

    2回戦:ひだまりスケッチ〇 チーム〇〇〇
    <==hidamari2.0=10047@青@!gp!on>
    対戦相手「プレメモ久しぶりなのでルールが不安です」
    僕「僕もプレメモ苦手なので」
    <==hidamari2.0=10047@緑@なずな様>に拒絶を振り続けました。勝ちました。

    3回戦:FAG× チーム×〇〇
    <==fag1.0=10038@紫@!gp!on>
    お昼ご飯がすごく美味しかったのでずっと余韻に浸っていたかったです。
    東郷は5回に1回はどうしようもなく事故る、と諦めていたのですがここで発動し、レベル2とレベルアップドローだけを立てて終了。<==fag1.0=10147@赤@セッション>。返しでレベル2を構築。<==fag1.0=10147@赤@セッション>。返しでレベル4を構築。<==fag1.0=10147@赤@セッション>。対戦ありがとうございました。

    4回戦:東郷〇 チーム〇×〇
    <==yuyuyu1.0=10048@青@!gp!on>
    人生初ミラー。練習してから本番に臨みましょう。
    なんとなく思い描いていた、<==yuyuyu2.0=10034@緑@Ex2c園子>でのメイン相手テキスト無効で拒絶を振られないようにする動きをしつつ、通せるときはじゃんじゃん点を通していきました。最終ターンは園子から<==yuyuyu2.0=10129@緑@真実>を2枚回収して詰めることが出来ました。
    余談ですが、5-0すると宣言していた師匠が負けていました。

    5回戦:東郷× チーム×〇〇
    <==yuyuyu1.0=10048@青@!gp!on>
    対戦相手「久しぶりの対戦だ」
    僕「4年半ぶりですかね」
    2014年の東京地区予選でガイル対まどほむをして以来のマッチングでした。懐かしい。
    先攻でレベル4を立てて<==yuyuyu2.0=10036@緑@和服園子>を立てていい気になっていたら<==yuyuyu2.0=10042@緑@テキスト無効園子>をされて悲しくなりました。また、0cレベルアップが引けずに苦しんでいるうちに点をどんどん受けちゃって、最終的に大食いを当てられてターンを持っていかれてショットされました。


    結果:チーム優勝!

    なんとか2連覇達成です。今回は本当に2人のおかげです。
    今回はバランスがすごくよかったです。他の2人が負けてしまった時には僕が勝てて、僕が負けた時に2人に勝ってもらえたため、本当に心強かったです。感謝です。

    すごく低いモチベーションで臨んでしまいましたが、終わってみるとやっぱり「プレメモ楽しい」ってなりますね。ほんと、すごく楽しかったです。

    レポートは以上になります。チームメイトの皆さん、対戦してくださった皆さん、読んでくれた皆さん、ありがとうございました。


    HPに掲載されるコメントにも書いたのですが、シングルの大会参加頻度を下げようと思っています。
    前回の全国大会では師匠とマッチングしまして、対戦は非常に楽しかったのですが、共食いしてしまうのはもったいないなぁと思ってしまいました。そのため僕はいろいろと悩んでいる最中です。
    あくまで「全国大会はシングルに出場しない」という方針ですので、地区予選で楽しむかもしれません! チーム戦ももちろん出たいです!
    人生いろいろあるので、なるがままに生きていきます。

【kyo】ポプテピピック【事前レビュー】

    posted

    by kyo

    20190215_225180.jpg
    【kyo】ポプテピピック【事前レビュー】
    ついにあのクソマンガ(褒め言葉)&クソアニメ(ryが発売されますね!

    10289-thumb-500xauto-59669.jpg


    リストも出て、流し流しに見たところ公式通りのぶっ飛んだ、あるいは思い切ったテキストの数々......。

    ここで一息に語るのも難しいので分けて書いていきたいと思います!

    [POP]&[EPIC]
    このポプテピピックのブースターを語る上で欠かせない新キーワードテキスト

    [POP]&[EPIC]
    『POP TEAM EPIC』から、というかポプテピピックの名称からそのまま流用したテキスト名。
    この名称から、具体的なテキスト内容はまったく判りません。
    正直、公式も原作公式通りふざけた結果の代物なのか、テキストは判らなくともノリのようなものは伝わります。



    テキストの会議内で鶴の一言ばりにすんなりと下書きなしで事が進んで商品化されているとしたらある意味原作通りなのかなーって――そんな想像はさておき、テキストの紹介です。

    [POP]
    カード裏側にしてサポートに置く行為のことを指すようです。
    は? なんそれ? って思うかもしれませんけど[POP]は[EPIC]と対になっているのです。

    その説明は[EPIC]にて話すとして、
    カードを裏側に置く状況は、特にデッキ下からカードの[POP]テキストから発生します。
    ハンドから置く効果もあり、また[POP]された状況――カードを裏側にサポートに置かれた状況で発動するカードもあるようです。

    [EPIC]
    サポートに置かれた裏側のカードを表にして登場コストを無視しメインかサポートに登場させる。
    [EPIC]は[POP]された状況でなければ発動しません。


    [POP]し[EPIC]する。
    こーいう動きがポプテピピックでは肝になりそうですね。

    注目カード
    続いては、気になったカード紹介です!
    01-093 SR ポプテピピック
    コスト:6  ソース:3  色:赤
    [メイン/自分]: デッキの下のカード3枚を〔POP〕する。2回まで〔EPIC〕できる。カードを1枚引く。
    よくあるタイトルイベント、レアルティは勿論SRです!

    6コスト、今となっちゃ3ソースがばらまかれているので実質ハンド二枚で払えるコストですよね。

    それでいて二面展開した後にドローも挟んでくれるので言うことないくらい強いっすね。

    単体でPOPして展開となるとランダム要素ではありますけど、単体で完結したテキストなので十分です。

    01-004 SR ポプ子
    コスト:5  ソース:3  色:黄
    〔天然0〕このカードは、〔POP〕された自分のカード1枚につき、〔天然+1〕を得る。自分のアプローチフェイズ開始時に、デッキの下のカード1枚を〔POP〕する。
    このカードが強いのは天然上がる状況がエンド時までとかの制限がないってとこ。
    自分でも天然足せる&、後のEPICなどに繋げられる。

    01-026 R ヘルシェイク矢野
    コスト:0  ソース:3  色:黄
    このカードが登場した場合、自分の捨て札置き場にあるキャラ1枚を〔POP〕できる。自分のキャラがアプローチでポイントを与えた場合、カードを1枚引く。その後、このカードを捨て札にする。
    サポートにしか出せないカードですけど、捨て札からPOPカードを選べて、ポイントを与えれば、自ら消えてもう一度出すことができます。
    POPカードを選べるということは、EPICしたいカードも選べるので自らPOP系は強いです!

    01-003 SR ポプ子
    コスト:4  ソース:2  色:黄
    このカードが手札にある状態で、イベントカードがプレイされた場合、〔POP〕された自分のカード2枚を捨て札にできる。捨て札にした場合、手札にあるこのカードを場に出す。
    この効果で場に出た場合、自分のキャラ1枚は、そのキャラの次の退場判定終了時まで退場しない。または、自分のキャラ1枚を活動状態にできる。
    イベント使用時っていうのとPOPカードを求められていますが、強くね?っていうカード。
    イベント使用時は状況を制限されているように見えますが、イベントの使いどころは相手ターンにもあるわけで......。

    つまり、そーいうことです。
    このカードは攻撃面や防御面の二役を勝手出てくれる優秀カード。

    オマージュカード
    オマージュカードとリメイクカードの登場ということで、気になったカードを数枚
    <==magicamovie2.0=10002!gp!on>
    まず『魔法少女まどかマギカ』からのカード。
    割り込みタイミングで出せる自由登場でプレイしたカードを無効にしてくれる。
    コスト重いし紫(※紫は同キャラか四色か紫含むでコストとして切れる)だから扱いにくいそうだけど、3ソースやらあるので多分よゆーです。
    ちな、ポプテでもSRです。
    ポプテピピック版はこちら

    <==oreimo1.0=10119!gp!on>
    『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』からのオマージュ。
    テキストは見たまんまこのカード一枚で二面のパンチを防いでくれます。
    てか、俺妹では一枚制限じゃなかったっけ。
    ちな、ポプテではSR。
    ポプテピピック版はこちら

    <==kinmoza1.0=10127!gp!on>
    これはオマージュではなくリメイクでの登場。
    これに[我慢]という最新?のキーワードテキストが備わった。
    ことにより、安心して殴りに行ける上に起きてドローもできる優等生に進化。

    ポプテピピック版はこちら

    総評
    最新弾という粗暴の中で、過去の強力カードをオマージュ&リメイクしての収録。
    かなり冒険したカードの入れ具合なんですが、大丈夫なんですかねww


    カードのテキストだけを見るに強さが際立つのは確かですが、ゲームスピードの速い動きではなさそうなので、そこで調整されているのかなって思いました。
    コストも重いカードがほとんどで、多分[POP][EPIC]を意識されてのことだと思いますが、ハンドを万端に維持できるのか不安点がありますね。

    その分、盤面が強力だったりするので良い塩梅なのかもしれません。

フレームアームズ・ガール ブースター/スターター予約受付中!

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

プレシャスメモリーズ 超買取強化カード紹介!!(7/2)

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

デッキレシピ記事 一覧

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- プレメモ担当

READ MORE