リセシングルオープンに向けて プロモカードレビュー | Lycee Blog | 遊々亭
Lycee 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Lyceeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Lycee担当アカウント@yuyutei_lycee遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

リセシングルオープンに向けて プロモカードレビュー

posted

by 緋色

リセシングルオープンに向けて プロモカードレビュー
こんにちは、どうも僕です。

グランプリ名古屋、リセフェスタ札幌を終えていよいよ千年戦争アイギス環境後期になりました。
環境も、残す大型公式大会はリセオープン シングルチーム戦、リセフェスタ大阪の二つですね。

今回は千年戦争アイギス発売近辺で新規に追加されたカードについて、リセオープンに向けて、特にシングル構築目線での評価をおさらいがてらやっていきます。
リセオープンも近いので、限定構築を組む上で少しでも参考になれば幸いです。

カード考察
LO-1308 立華かなで
<==va1.0=10233@@!gp!on!200>
2周年記念プロモのかなでです。
他のかなで同様、「アシスト」を持っているためMixデッキは勿論、シングルでも使い勝手の良い一枚と言えるでしょう。
VisualArt's単では特に強力な雪属性の追加カードとして、主流のAngelBeats!デッキ、所謂VA雪単デッキ、どちらにも複数枚採用が見込まれます。
どちらも"相手キャラを除去する"ことが得意なデッキなので、優秀な追加打点かつ、AP3としてそこそこ広い範囲のブロッカーをこなすことができるでしょう。
特にAngelBeats!では<==va1.0=10094@@仲村ゆり>と合わせて毎ターン効率よくバーンダメージを与えることができるため、積極的に使っていきたいダメージソースとなりそうです。

LO-1455 ランサー/エレシュキガル
<==fgo3.0=10191@@!gp!on!200>
こちらも2周年記念プロモのカードですね。
バトル終了時、という都合このキャラが生き残らなくてはいけませんが、実質4点という効率の良いカードです。
移動攻撃に長けたFGO日単は勿論、DPを上げることで能力のサポートをしやすい花、月と絡ませて打点の底上げを狙うのも良いし、雪と絡めて<==fgo3.0=10191@@エレシュキガル>の対面にキャラを出す暇を与えない、というのも良いでしょう。
しっかり効果を使い切るためにはこのキャラを含めて3回攻撃を通さなくてはならないため、早いうちから3回以上攻撃できる配置を意識してキャラの登場をしていきたいですね。

LO-1460 パンドラ
<==bb1.0=10220@@!gp!on!200>
ブレ×ブレでは前回の<==bb1.0=10215@@バハムート>に引き続き宙属性の強化カードです。
また、イラストが非常に好みの一枚です。
横移動ができるSP1に加え、バトル中でも使用できるDP上げ効果と、本体のスペックだけ見るとかなり優秀な一枚です。
<==bb1.0=10006@@アヴァロン>擁する雪属性一択と思われつつあるブレ×ブレでも、宙属性で横を固める優秀なカードが増え、属性の択が選べるようになってきた、そんな兆しを感じさせる一枚ですね。

LO-1461 アンチョビ
<==garupanlast1.0=10212@@!gp!on!200>
<==garupanlast1.0=10014@@SR五十鈴華>同様、今後移動日単のキーカードとなる一枚が登場しました。
シングル環境では、やはり移動する効果が多い《アンツィオ高校》デッキに投入したい一枚となるでしょう。
<==garupan1.0=10112@@(姐さん)アンチョビ>と活かして、高DMGを作りつつ二回攻撃を積極的に狙える場を作っていきたいですね。

LO-1462 在原七海
<==yuzu1.0=10209@@!gp!on!200>
ゆずソフトの2周年プロモは花属性の強力なサポートキャラです。
"サポートされたとき""サポートしたとき"というキーワードを持つキャラが多い中、やっと「サポーター」を持ったキャラが登場しました。
花属性キャラのダウンで誘発し、花属性キャラしか対象にとれないため花が濃いデッキのみでしか採用できませんが、止まりがちなメインアタッカーである<==yuzu1.0=10067@@(意地っ張り)兼元灯里>や<==yuzu1.0=10183@@(財閥令嬢)兼元灯里>を中終盤にかけて攻撃させることができる、ゆず花待望の詰め手段となりうる一枚です。
<==yuzu1.0=10057@@(罪魔)椎葉紬>がプールにいるため、味方キャラのダウンという状況は容易に作れるのもシナジーを感じます。

来月、ゆずソフト2.0で更にカードプールが広がると思うと、そこにも期待が持てて良いですね。

LO-1463 フレイ
<==kamihime1.0=10190@@!gp!on!200>
神姫Projectの追加カードは月属性です。
コスト配分的に月単専用になりそうなカードですね。

いままでの神姫月単とは逆に、味方キャラのほうが多い場合に効果を発揮するカードです。
他のカードは相手キャラが多い場合に起動する都合、序盤に登場させていきたいカードとなるでしょう。
初手近辺で登場させ、他の自分の手札の都合次第でキャラの効果を選んでいく立ち回りが求められることになりますが、しっかりと使いこなしてキャラ数をコントロールし、それに応じたカードを選択していければ環境の台風の目的な存在となれるでしょう。

LO-1464 千堂瑛里華
<==august1.0=10193@@!gp!on!200>
オーガストの2周年プロモは宙属性です。
また、先日発売されたスリーブでも宙属性のプロモカードが増え、オーガスト単がまた環境に帰ってくる、という状況も想像できますね。
バトル中には宣言できないものの、ノーリスクでAPを上げることができて、4コストDMG4という優秀なスペックを兼ね備えた優良カードです。
オーガスト宙では、名称を参照するカードが多く、デッキの中のカード名がかなり少なくなることが予想できるためデッキリストを書きやすいのもGoodですね(?)

LO-1465 カヨウ
<==aigis1.0=10001@@!gp!on!200>
最新弾アイギスの月属性を後押しするパワーの高いカードが登場しました。
一度だけとはいえAP6/DP4という圧倒的なスペックになれるため、大型キャラとの相打ち要因としては勿論、横移動を強要させたうえで<==aigis1.0=10007@@トワ>などの優秀な手札宣言登場キャラで刺す、という動きがデッキとして魅力のある動きになるでしょう。
本人のDMGが3ある「オーダーステップ」キャラという優秀なスペックのため、仮に透かされたとしても攻撃参加でき、そちらでもAP6を睨ませることができる、とかなりコストパフォーマンスの高い一枚です。
アイギス月ではもちろん、Mixでも採用圏内に入るだけのパワーがあると思います。

LO-1452 セイバー/フランケンシュタイン
<==fgo3.0=10192@@!gp!on!200>
日の新しいフランケンシュタインは実質AP5として運用できる3点アタッカーです。
能力が非常に優秀で<==kamihime1.0=10022@@アマテラス>の様に手札2枚でAP5を出せる優秀ブロッカーとしても勿論、能力で自主退場することができるため詰め性能の高いアタッカーとしても活躍できるでしょう。
貴重なEX1カードではありますが、移動や入れ替えに長けたFGO日では攻防どちらの役割もこなせる一枚となるでしょう。

LO-1584 コハル
<==aigis1.0=10177@@!gp!on!200>
アイギス雪の強力なブロッカーカードとなりうる一枚です。
相手味方関わらず数値を下げるため、実質的に<==aigis1.0=10177@@コハル>のみ数値が上がる、と考えて3コストAP2/DP5という圧倒的なスペックキャラとして使用していくことができます。
また、同じアイギスの<==aigis1.0=10033@@ワンダーハート>と組み合わせることで、どんな相手キャラもAP-2/DP-2として、どんな味方キャラでも一方が取れる、というコンボも見込めますね。
一人で一列を概ね守れる、というのはパフォーマンス的に優秀な点ですのでアイギス雪デッキを組む上で重要な一枚になると思います。

LO-1587 ディエーラ
<==aigis1.0=10173@@!gp!on!200>
単純明快で、味方キャラを未行動にする効果を噛ませれば実質手札2枚でAP2/DP3/SP3サポーターという高いスペックになるキャラです。
アイギス花では特に簡単に達成できるため、DFにスペックキャラがほしい、と思った際に採用していきたいですね。
また、スペックが優秀かつ、未行動にする効果は構築制限ではないカードもかなり有しているため、Mix花での採用も可能性があるカードですね。

LO-1591 リュクス
<==aigis1.0=10174@@!gp!on!200>
アイギス日では何枚あっても困らない、というくらいのAP3/DP0カードの追加です。
能力も一度とはいえAPをノーリスクであげられるため、場にいるだけで圧力をかけられるカードの一つでしょう。
アイギス日ではキャラの配置を移動するカードが多く存在するため、AF登場制限もそこまで気にならず、優秀な追加カードといえるでしょう。

おわりに
枚数が多く、駆け足になってしまった考察もありましたが、どれも採用できるレベルのカードだと感じました。
プロモカードでこのように採用圏内のカードが多いのは、環境のてこ入れ、という意味でもいいことですね。
冒頭でも触れましたが、環境で残る大型大会も二回。毎度この時期になると、今更ながら使いたかったデッキが...なんてことが多いような気がしますね。
新たな大会キャンペーンも始まりますし、店舗大会単位でも色んなデッキを今後とも使っていきたいです。

それでは、これからも良いカードゲームライフを。

Lycee Overture 買取強化カード紹介!!(2/27更新)

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

始めよう、Lycee overture! まとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

千年戦争アイギス 1.0発売アンケートまとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE