Lycee 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Lyceeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Lycee担当アカウント@yuyutei_lycee遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

ガルパン1.0 SRカード考察

posted

by 緋色

171012 rise ichi.jpg
ガルパン1.0 SRカード考察
こんばんは、どうも僕です。

リセフェスタ名古屋も終わり、ガルパン環境からFGO2環境まであと半月を切りましたね!
僕自身試したりないデッキはありますが、環境のおさらいの意味も込めて、今回はガルパン1.0のSRカードの考察です。

ガルパン1.0 SRカード考察
華さん
<==garupan1.0=10003@@!gp!on!200>
雪属性の"ボードを作った後にじっくり戦う"という戦術にぴったりの能力をもっています。
相手ターンしか有効ではないため、主流になっている<==bb1.0=10121@@身代金誘拐事件ごっこ>とはあまり相性が良くないですが、<==fgo1.0=10019@@荊軻>や<==bb1.0=10118@@断罪>との相性は良いです。
じっくり数値止めするタイプの雪単が流行ったため、あまり日の目は浴びませんでしたが、将来的にも活躍のチャンスが増えていくカードですね。

カチューシャ
<==garupan1.0=10004@@!gp!on!200>
任意のDFキャラにDPバフを行う能力で、先述の数値止めしていく雪単や《プラウダ高校》はもちろん、能力を0コストで宣言できることからアリサとの相性もかなり良いです。
《プラウダ高校》デッキでは、他の<==garupan1.0=10029@@Rカチューシャ>や<==garupan1.0=10028@@Cカチューシャ>には攻撃面では劣るものの、先述のアリサとのコンボとノンナとの相性もよく、どのデッキにも併せやすいカードデザインだと感じます。

まほ
<==garupan1.0=10011@@!gp!on!200>
AP6/DP6という高スペックなのにSP2、さらにダウンをとると自身をアンタップするという贅沢カード。
宙属性は<==garupan1.0=10011@@まほ>を生かして左右を通し、というゲームメイクがやはり王道という感じになるのでしょうか。
ダウンを取ることで<==bb1.0=10011@@ネクロノミコン>および<==garupan1.0=10011@@まほ>が誘発すること、<==fgo1.0=10092@@ファントムメイデン>や<==fgo1.0=10093@@ご褒美>で突発的にダウンが取りやすいことなど属性間での相性もばっちりですね。
《黒森峰高校》メインのデッキ、というのはあまり見ませんでしたが、<==garupan1.0=10011@@まほ>のオーバーパワーで結構解決することの多いデッキに仕上がるのではないでしょうか。

みほ
<==garupan1.0=10010@@!gp!on!200>
AP5/DP4のスペックもさることながら、そのスペックが無条件で毎ターンアンタップし、攻撃防御どちらにも参加してくるところはかなりいやらしいです。
幸いDMGは2ですが、一列に対してかけるコストの削減になっているとおもえば十分なスペックかもしれません。
AP5が、<==garupan1.0=10010@@みほ>を倒すためには最低限相打ちは覚悟しなければいけない値ということも強みですね。
宙属性のSRはどちらも高スペックかつ使いやすいため無理なく3~4枚採用できる良カードでした。

さおり
<==garupan1.0=10007@@!gp!on!200>
AP1/DP0という貧弱な見た目ながら、サポートがAP,DPどちらにも足される効果で見た目以上のスペックで4点入れてくる強カードです。
花単では属性色もあり、メインアタッカーとして活躍してくれましたね。
素のDPが0というのも終盤にかけて優秀で、<==fgo1.0=10050@@エウリュアレ>の「ステップ」が見えていて結局4点は通ってしまう、という場面は良く見ました。

ダージリン
<==garupan1.0=10008@@!gp!on!200>
《聖グロリアーナ》デッキの主役兼花単の主役をはれるカードでしたね。
DFからの最初のサポートが実質無料で使える効果は、見た目のSPが二倍になるのはもちろんですが<==fgo1.0=10043@@アーラシュ>、<==fgo1.0=10007@@マリー>、<==garupan1.0=10144@@ST秋山>などのサポート時効果の穴を埋める役目としてもとても便利に使われていたと思います。
ダージリンという名前、「アシスト」もあって《聖グロリアーナ》デッキでもマリガン基準になりうるパワーカードでしたね。

島田 愛里寿
<==garupan1.0=10009@@!gp!on!200>
強くなった<==fgo1.0=10047@@メディアリリィ>、と良く評されていますね...
DMG,DPも3なのでAFとしてもDFとしても運用が出来る一枚です。
個人的にはかなり推しているカードなのですが、良い意味で半端なのが印象が薄い一因かもしれません。
<==garupan1.0=10008@@ダージリン>、<==garupan1.0=10007@@さおり>と並べることで強力は強力なのですが、地のAPが低いことで通りづらくなってしまうという面もあるため、ボード構築力が問われる一枚なのかもしれませんね。

ミカ
<==garupan1.0=10006@@!gp!on!200>
月単の新たなエースアタッカー兼花、雪への抑止力になるパワーカードです。
<==garupan1.0=10007@@花の沙織>や<==garupan1.0=10008@@ダージリン>スタートに対して<==garupan1.0=10006@@ミカ>一枚合わせてやるだけでなかなか通らないボードになり、同様に隣列キャラも<==garupan1.0=10212@@沙織(初心者応援)>などで合わせてやることで序盤の打点優位を作れます。
雪相手も、<==bb1.0=10018@@風魔手裏剣>などを意識して出していく運用も出来ますね。
SP系のデッキに対して月属性が有利、と言えるようになってきている最大の理由、と言えるカードです。

まこ
<==garupan1.0=10005@@!gp!on!200>
月単の新たなエースアタッカー兼費、宙への(略
先述の<==garupan1.0=10006@@ミカ>との採用枚数は環境次第、になるのかもしれません。
SPでも止めづらい宙や、相打ち⇒滑り込みを生かしてくる日相手に<==garupan1.0=10005@@麻子>一枚でそこそこ有利に立てる印象があります。
中盤の打点レースにおいても、縦のSPが無くなることは結構うれしいことで、<==fgo1.0=10005@@メディアリリィ>と合わせると1体はダウン、他2列は止まっている、という状況がいとも簡単に作れてしまいます。

色別にいえば先述の様に宙、日を見れるカードなのですが、花や雪相手にも2体ほどサポート要求させてから麻子能力、までいけると一気に優位に立てることが出来ます。
<==fgo1.0=10005@@メディアリリィ>もそうですが、ダウンしたとき~絡みは特に相手との駆け引きが問われます。
しっかり状況判断の練習(?)をして慣らしていけばかなり便利なカードだと思います。

秋山
<==garupan1.0=10012@@!gp!on!200>
いわゆる初手安定カード、みたいな効果を持った一枚です。
EX2の「アグレッシブ」3点は普通に便利な上、日には貴重なSP2を持っています。
さらに言えば「サイドステップ」も持っているためなかなかとまりづらい。
強みの塊、みたいなステータスなのですが、初手以外の活躍の場が少ないことが難点でしょうか。
確かに、「アグレッシブ」がないとちょっと物足りない感じはあります。。。

賛否両論どちらも聞くので、プレイヤーセンスの問われる一枚、という感じかもしれません。
EX2かつ初手の優先度が高いから僕は積み得だと思います(

アンチョビ
<==garupan1.0=10013@@!gp!on!200>
日が求めていたものをたくさん持ってるカードですね!
移動つきのSP2、かつAP/DMG上げも内臓している上、相手ターンにも言える。
事実上<==fgo1.0=10074@@アンボニー>の上位互換と言える気がします。
日ミラーでは<==garupan1.0=10013@@アンチョビ>を出して<==garupan1.0=10117@@ペパロニ>をいっぱい出したほうが勝ち、といわれるくらい重要度が高いみたいです。
また、使われる側としてはAP+1を結構忘れがちなのでうっかり一方ダウン、みたいな事は気をつけましょう。。。

ケイ
<==garupan1.0=10014@@!gp!on!200>
《サンダース》のSRキャラです。良く見るのは《サンダース高校》デッキですね。
<==garupan1.0=10047@@アリサ>とあわせることで無償で1点軽減や、<==garupan1.0=10065@@みほ>とあわせることで好きなキャラにタダで1点バフさせているところを良く見ます。
個人的には、日単やそれに近いデッキで、<==fgo1.0=10075@@メアリーリード>など低DP高DMGキャラに移動を付与してやる動きなんか結構強そう、と思うのですがあんまり流行らなさそうですね(

<==garupan1.0=10047@@アリサ>や<==garupan1.0=10065@@みほ>と合わせる動きは非常に強いので、今後も多色デッキを組む際や、DPの低いカード、移動シナジーがあるカードが登場すると思われるので覚えておくべきカードだと思います。

以上!

来週には環境最期の大会であるチーム戦が控えていますね。
僕の考察がデッキ選択の鍵の一つにでもなればうれしいです。

ではまた、チーム戦でお会いしましょう〜

Lycee Overture 買取強化カード紹介!!(11/30更新)

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

始めよう、Lycee overture! まとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

【新コンテンツ】超!!強化買取ページ起動!!

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE