Lycee Blog | 遊々亭
Lycee 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Lyceeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Lycee担当アカウント@yuyutei_lycee遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

Lycee Overture 販売ランキング2/1~2/21

    posted

    by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

    Lycee Overture 販売ランキング2/1~2/21
    こんにちは!カードショップ-遊々亭-リセ・オーバーチュア担当です!

    今回は2/1~2/21の間で人気だったカードの紹介です!!
    それでは早速いってみましょう!
    Lycee Overture 販売ランキング TOP5
    第5位
    <==fgo3.0=10184>
    <==fgo3.0=10184!gp!on!250>
    水着のノッブ!宙お得意の移動してからブロック!...するキャラではなくブロック後に移動するキャラ。バトルを中断出来るため、大型を止めたり不意のイベントに対して効果的です。

    第4位
    <==yuzu1.0=10123>
    <==yuzu1.0=10123!gp!on!250>
    最近の大会でもかなりの好成績を収めている輪廻デッキのキーカード。盤面リセットの代名詞とも言える強力なカードです。

    第3位
    <==va1.0=10020>
    <==va1.0=10020!gp!on!250>
    移動出来ないキャラに対して非常に有効なキャラ!移動させるだけでなくAP/DPも下げる強力な能力を継続的にうてるため、なるべく長く場にいたいですね。

    第2位
    <==va1.0=10021>
    <==va1.0=10021!gp!on!250>
    輪廻デッキのカードとしても輪廻デッキに対するカードとして有用な一枚ですね。それを抜きにしても一度場から居なくなる能力は便利です。

    第1位
    <==fgo3.0=10108>
    <==fgo3.0=10108!gp!on!250>
    《サーヴァント》をサーチするFGO限定構築カード!必須の1枚です。
    遊々亭公式Twitter、広報担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news

    【リセ・オーバーチュア担当Twitter】 @yuyutei_lycee

【デッキレシピ】FGO3.0環境 Mix構築月単【らじお】

    posted

    by らじお

    【デッキレシピ】FGO3.0環境 Mix構築月単【らじお】
    どうも、らじおです。もう2月になってしまいました。
    新弾アイギスももうすぐですね。
    FGO3.0環境も終わりです。みなさん楽しく遊べましたでしょうか?
    まだまだ遊び足りない感じはありますが、
    ひと段落ということで岡山フェスタで使った月単について紹介させていただきます。

    デッキレシピ
    Mix構築月単デッキ
    =====deckstart===== @EX2-red <==kamihime1.0=10043>*4 <==va1.0=10021>*4 <==va1.0=10022>*4 <==va1.0=10020>*4 <==august1.0=10039>*3 <==va1.0=10063>*3 <==va1.0=10006>*2 <==fgo3.0=10005>*2 <==fgo3.0=10002>*2 <==fgo2.0=10005>*2 <==fgo2.0=10119>*1 <==fgo2.0=10120>*1 <==garupan1.0=10212>*1 <==kamihime1.0=10037>*1 <==va1.0=10071>*1 <==va1.0=10065>*1 <==bb1.0=10125>*4 <==va1.0=10141>*4 <==august1.0=10100>*4 @EX1-blue <==fgo2.0=10007>*4 <==fgo1.0=10032>*1 <==garupan1.0=10056>*1 <==kamihime1.0=10044>*1 <==bb1.0=10124>*4 <==fgo2.0=10098>*1 =====deckend=====

    採用カード
    <==va1.0=10020@@!gp!on!200>
    こちらのキャラの数に関係なく往復2ターンに1回相手キャラをDFに移動させるのでどんなタイミングでも活躍が見込めます。
    動けない中型が中心のデッキに対しては無類の強さですが、小型中心のデッキには早めにDFを埋められてしまうと能力修正を飛ばすだけになってしまったりします。

    朱音
    <==va1.0=10022@@!gp!on!200>
    <==fgo2.0=10007@@酒呑>の親戚みたいな効果で、2体のみにしか飛ばないといえど、手札の枚数を気にしなくていいのはかなり楽になります。
    また<==fgo2.0=10007@@酒呑>と一緒に並ぶことでほとんどの打点をシャットダウンできてしまうので、小型を並べるデッキに対してはやはり強力です。

    酒呑
    <==fgo2.0=10007@@!gp!on!200>
    これが出てもう1年で、その強さにおいては今さら説明不要感はありますが。
    大型中心の展開では盤面が埋まりきらず手札を持っておくことが容易なので、今までより効果を自然に発動させられます。

    カーマ
    <==kamihime1.0=10043@@!gp!on!200>
    効果が発動すれば2点バーンが継続して飛ぶというのは、かなり効率がいいですね。
    AFで使えないこともありませんが、AP5/DP4という高スペックなのでSP3と合わせて硬いDFを作れます。

    <==va1.0=10006@@!gp!on!200>
    DMG4で攻撃に必要なスペックを持ちながら「リカバリー」1ドローと自身の能力で手札消費にやさしいカードです。
    初手には出したくありませんが、除去に対して能力を言って後続を用意したり、防御中のキャラを破棄して相打ちを防いだりと器用な動きが可能です。

    友利
    <==va1.0=10021@@!gp!on!200>
    相手ターン中のキャラ数を減らすことで、大型の効果が発動しやすくなります。
    また特殊登場を挟むので、<==august1.0=10039@@メルト>で継続的に1点回復することもできます。

    メルト、ゆめみ
    <==august1.0=10039@@!gp!on!200> <==va1.0=10063@@!gp!on!200>
    SP3でAFの大型の打点を通すのと、DFを固めるのとに便利ですが
    <==august1.0=10039@@メルト>は特殊登場で貴重な回復ができ、<==va1.0=10063@@ゆめみ>は大型のDPを上げることで防御しづらくできます。
    このデッキの回復は詰め手段を戻すことができるので実際より強力です。
    スペックも能力も重要なので、枚数を増やしてもいいと思ってます。


    異議あり、億年の旅
    <==bb1.0=10125@@!gp!on!200> <==va1.0=10141@@!gp!on!200>
    大型を守るためのカードです。
    <==va1.0=10141@@億年の旅>はキャラをいったん場から離れさせて再登場させる効果の関係で、
    「ペナルティ」や「リカバリー」持ちに使えば再度効果を発動させることができますし、AFのキャラをDFに登場させることでコンバットトリック等からキャラを守ります。
    <==bb1.0=10125@@異議あり>はイベントならすべて打ち消すことができるので、詰め手段なども防ぐことができますね。

    邪竜、月のお姫様、タケノコ
    <==fgo2.0=10098@@!gp!on!200> <==august1.0=10100@@!gp!on!200> <==bb1.0=10124@@!gp!on!200>
    たまった手札を打点に還元する主な手段です。

    ネロ、SR刑部姫、P刑部姫
    <==fgo2.0=10005@@!gp!on!200> <==fgo3.0=10005@@!gp!on!200> <==fgo3.0=10002@@!gp!on!200>
    スペック操作カード。刑部姫は両方ともスペックを2下げるだけで合格ですが、
    加えてAP0で相手のAFを生かさず殺さずしやすいのがいいですね。

    1積みカード達
    <==fgo2.0=10119@@!gp!on!120> <==fgo2.0=10120@@!gp!on!120> <==garupan1.0=10212@@!gp!on!120> <==kamihime1.0=10037@@!gp!on!120> <==kamihime1.0=10044@@!gp!on!120>
    <==va1.0=10071@@!gp!on!120> <==va1.0=10065@@!gp!on!120> <==fgo1.0=10032@@!gp!on!120> <==garupan1.0=10056@@!gp!on!120>
    特殊登場カードで出すことで打点を稼げたり、たまーに出したいってくらいのカードがメインです。
    <==kamihime1.0=10044@@ジェフティ>、<==va1.0=10071@@香里>あたりは確定ですが、その他はお好みですね。<==garupan1.0=10056@@ミカ>、<==fgo1.0=10032@@プロトクーフーリン>は
    雪とかに対しては欲しいときがあるかもしれないと考えて採用しましたが、一度も出さなかったので良くわかりません。

    ゲームの流れ
    まずマリガン基準ですが、VAのころから変わらず、<==va1.0=10020@@鴎>と<==va1.0=10022@@朱音>をキープ基準としています。
    2人ともペナルティ1ドローを持った優秀な大型ですが、それぞれ有効な相手が異なります。
    現在の環境では小型で攻めるデッキの方が多い印象があるので、<==va1.0=10020@@鴎>より<==va1.0=10022@@朱音>を優先してプレイするようにしていますが、
    自分の周囲の環境に合わせてキープを決めるのがいいと思います。
    他でキープ基準にできそうなのは<==fgo2.0=10007@@酒呑>くらいでしょうか。
    3体とも早めに出れば出るほどお得なので、どれか1体は出せるようにしたいですね。
    <==va1.0=10020@@!gp!on!200> <==va1.0=10022@@!gp!on!200> <==fgo2.0=10007@@!gp!on!200>
    また、これらの優秀なカードを守れる<==va1.0=10141@@億年の旅>や<==bb1.0=10125@@異議あり>があると安心できます。
    こういったカードを警戒させたり、詰めカードやいろいろな選択肢を手札に残すためにも先手は大型1体のみプレイしてエンドが多いです。
    さらにキャラを追加してしまうとカウンターが打てなくなり、後々引いた大型のプレイも遅れてしまいます。
    大型が強力なデッキなので、それをプレイできるように手札を極力温存したいですね。

    相手がキャラクターを追加するのを確認しつつ、こちらも打点が極端に不利にはならないようにキャラを追加していきます。
    多少の不利は終盤の詰め要素の多さでカバーできるのであまり無茶な展開はしなくて良いです。
    無駄なカードをプレイしてしまうと、強力な効果が発動しないことになってしまったり、かえって損になりがちです。
    ここで注意するべきは、安易に相打ちする形で防御しないことですね。
    できれば、お互いに相手を倒せない形で防御することで、打点が少ない状況でゲームが進み、
    多くの詰めカードを探しながら終盤を迎えられます。

    終盤は貯めに貯めたカードを全部打点に還元していきます。射程の長さは日単に負けないレベルなので、10点くらいは平気で削ることができます。
    また相手の詰めにつながりそうな動きをカウンターで妨害したりすることもできるので、とにかく終盤まで大負けしないように自分の盤面を整えましょう。

    各色への対策
    除去にたいして極力カウンターを構えていれば有利に動けると思います。
    <==fgo2.0=10024@@山の翁>は<==bb1.0=10125@@異議あり>でも<==va1.0=10141@@億年の旅>でもケアできないので、増えるようであれば<==august1.0=10099@@聖女の祈り>や<==bb1.0=10127@@待った>がお勧めです。
    全体的にSPが低く、打点が低い小型が中心で、移動も少ないので、<==va1.0=10020@@鴎>も<==va1.0=10022@@朱音>も有効です。

    お互い大型が中心だと<==va1.0=10020@@鴎>の有無が重要です。相手のAFはDFに押しこめ、押しこめられたこちらのAFは<==va1.0=10141@@億年の旅>でAFに戻していきます。
    もしミラーが増えるようなら「オーダーチェンジ」持ちの<==fgo2.0=10030@@トリスタン>、<==fgo2.0=10034@@2.0玉藻の前>、<==fgo3.0=10048@@メカエリチャン2号>を採用するかもしれません。

    小型で攻めてくる花には<==va1.0=10022@@朱音>と<==fgo2.0=10007@@酒呑>を並べるのが簡単ですが、こちらの能力に対するメタカードも多いので過信は禁物です。
    サポートの暴力で打点を止めるのが厳しい列が多いので、「サポーター」がない<==garupanlast1.0=10007@@SR桃>の列を止めるようにするのがいいと思います。

    高スペックの中型に「オーダーステップ」がついていて、とても対処しづらいです。特に<==fgo3.0=10010@@武蔵>や<==va1.0=10102@@鳳咲夜>はこちらのスペック操作を無効にしてくるのでなおさら対処しづらいですね。
    幸いSPは低めなので、きちんと盤面を組んでサポートで止めることになるでしょう。
    <==va1.0=10020@@鴎>で<==va1.0=10027@@SR智代>をずらしたり、「オーダーステップ」持ちの後ろに「オーダーステップ」持ちを送り込めればよさそうですね。
    流行するようであればもう少し<==fgo2.0=10005@@ネロブライド>や<==fgo3.0=10002@@P刑部姫>/<==fgo3.0=10005@@SR刑部姫>のどちらかあるいは両方を増やしたり、<==fgo3.0=10006@@北斎>を採用してスペック操作を増やします。

    移動能力持ちが多いので、<==va1.0=10020@@鴎>の能力が効果的でないことが多いです。<==va1.0=10022@@朱音>の方が重要ですね。
    ウィニー中心のデッキも移動中心のデッキもいますが、どちらも<==august1.0=10107@@砥ぎ>などのコンバットトリックで大型を狙われるのが厳しいので、極力<==bb1.0=10125@@異議あり>を持ってゲームを進めたいですね。
    <==va1.0=10141@@億年の旅>の場合、キャラは守れますが再登場で1ターン攻撃できなかったことになってしまい、打点で大きく損してしまいます。
    詰めの射程はこちらに負けず劣らずなので、相手の手札枚数からどの程度の詰めがありそうか考えてうまく打点を抑える動きに入りたいです。

    輪廻
    こちらも雪相手と大きく変わりませんが、<==fgo2.0=10024@@山の翁>や中型が入る余地がない分より有利ではあると思います。
    ひょっこり<==yuzu1.0=10123@@輪廻>が通ってしまったり、<==august1.0=10027@@リース><==august1.0=10028@@フィアッカ>を繰り返されるときが厳しいので、<==yuzu1.0=10123@@輪廻>をカウンターできる、<==yuzu1.0=10123@@輪廻>後に<==fgo2.0=10007@@酒呑>が出せる、<==va1.0=10021@@友利>を出す、
    そういったことを目標にプレイしましょう。

    AB(死んだ世界戦線)
    <==va1.0=10037@@遊佐>と<==va1.0=10041@@岩沢>の2種の除去がつらいですね。<==va1.0=10041@@岩沢>は対象を取らず、<==va1.0=10037@@遊佐>は能力を失敗させると場に残ってしまいます。これらが<==va1.0=10136@@翼の少女>でサーチされるからなおきつい。
    <==va1.0=10041@@岩沢>は相打ちや<==va1.0=10020@@鴎>でどうにかなる場合もあるので、初手<==va1.0=10020@@鴎>したあとは祈るのみですね。除去が遅れれば射程の長さでなんとかなるかもしれません。

    終わりに
    今回はこんな感じです。 現状公開されているカードだけでも月は大きく強化されそうなので期待しています。
    シングルフリーバトルでお年玉ポイントを集めて、オーガストのスリーブは予約して、
    アイギス買って2周年プロモをもらって、東京フェスタ出て、としばらくは忙しくなりそうなリセですが、
    今後も楽しんでいきましょう。
    まだまだ寒い日が続きますが、体調には気を付けて。それではまた。

【デッキレシピ】FGO3.0環境 Mix構築花日混合【カツラギエース】

    posted

    by カツラギエース

    【デッキレシピ】FGO3.0環境 Mix構築花日混合【カツラギエース】
    皆さんこんにちは!カツラギエースです。
    FGO3.0環境の大型大会が終了して、私は大阪フェスタ4-2(FGO月単使用)、名古屋フェスタ5-1(MIX花単使用)、岡山フェスタ4-2(MIX花日使用)といった感じでした。
    全体の勝率でいうと悪くない感じですが、欲を言えばやはりどれかで優勝、もしくはもう1入賞くらい決めたかったですね...。
    今回は入賞こそできませんでしたが、最後の岡山フェスタで使用した花日について少し解説を書き残しておきたいと思います。混色ではありますが、自分としてはそれなりに自信を持って大会に持っていったデッキでした(もちろん改善点や今後の課題もたくさん感じました)。

    デッキレシピ
    Mix構築 花日混合デッキ
    =====deckstart===== @EX2-red <==fgo3.0=10008>*4 <==va1.0=10024>*4 <==va1.0=10023>*3 <==fgo2.0=10008>*3 <==yuzu1.0=10075>*3 <==va1.0=10076>*2 <==fgo3.0=10009>*2 <==august1.0=10010>*2 <==va1.0=10225>*2 <==va1.0=10079>*1 <==fgo3.0=10057>*1 <==fgo3.0=10176>*1 <==va1.0=10025>*1 <==yuzu1.0=10200>*1 <==garupanlast1.0=10008>*4 <==garupanlast1.0=10056>*4 <==fgo2.0=10014>*4 <==va1.0=10029>*4 <==va1.0=10116>*4 <==va1.0=10117>*3 <==va1.0=10127>*2 @EX1-blue <==garupanlast1.0=10007>*4 <==fgo2.0=10051>*1 =====deckend=====

    使用したデッキについて
    デッキ自体は花属性の方が濃い目で、基本軸はMIX花単をベースにしています。AFを2ハンドで出せる<==garupanlast1.0=10056@@R角谷杏>や<==va1.0=10024@@SRクド>、DFを<==garupanlast1.0=10007@@SR桃>や<==garupanlast1.0=10008@@SRみほ>で固めるスタンダードな花単ですね。
    このデッキを作った理由を話すには、まず環境のお話を少ししなければなりません。

    花単は安定性が売りで、ガルパン最終章までは通常のビートダウン同士で戦えばかなりの勝率が出せるデッキというのが私の持論でした。
    しかしVA環境で通常のビートダウンとは違うコントロールデッキが台頭し始めました。そう、<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキですね。
    <==yuzu1.0=10123@@!gp!on!200>
    この<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキが強化されたのは、VAで登場した<==va1.0=10021@@SR友利>、<==va1.0=10017@@SRしろは>、<==va1.0=10018@@SRかなで>、<==va1.0=10019@@SRあゆ>の影響です。
    特に<==va1.0=10021@@SR友利>、<==va1.0=10017@@SRしろは>、<==va1.0=10018@@SRかなで>の影響で、低コストのパンチャーを揃えながら打点を与え続け、相手が盤面にカードを並べたところで最小5ハンドの消費で盤面をリセットする事ができるようになりました。
    花単の長所はAFの打点効率だけではなく、DFも含めて優秀な数値による場が作れる事です。ですが、<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキ相手にDFを並べる=輪廻側が都合よくリセットできる盤面を作る事になってしまい、単体ではAFが止まりやすい花単においてはこれが弱点になってしまうのです。


    今環境は<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキが2大会で優勝しており、名古屋フェスタではその<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキをメタるMIX月単も好成績を収めました。
    こういった経緯を見て、<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキと月単に対して強く動けるように考えた作ったのが今回の花日です。

    以下に特に投入について明確に理由があるものから選出して紹介したいと思います。

    採用カードについて
    LO-1321 シールダー/マシュ・キリエライト
    <==fgo3.0=10009@@!gp!on!200>
    月や宙の大型パンチャー、対花単でのダメージカットで活躍します。花単でも多数積まれている強力カードですね。

    LO-0464 謎のヒロインX
    <==fgo2.0=10014@@!gp!on!200>
    通常のビートダウン同士の戦いでは、花単はAFのキャラが止まった場合に<==fgo3.0=10176@@Pニトクリス>や<==august1.0=10010@@SRユースティア>といったカードをDFに追加して攻撃を通すのですが、さきほど書いた通り<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>デッキを相手にする際は基本的にDFにキャラを置くのが悪手になります。
    そこでAFにも配置できて、リソース勝負で優位に立てるのが<==fgo2.0=10014@@ヒロインX>です。通常の日単ウィニーだとAFに<==fgo2.0=10014@@ヒロインX>を置いた場合DMGは2止まりなのですが、このデッキの場合は<==garupanlast1.0=10056@@R角谷杏>を一緒に配置する事で、<==fgo2.0=10014@@ヒロインX>のDMGを3にする事ができます。
    注意点としては対月単の場合はAFに配置してはいけない事でしょうか。<==va1.0=10022@@千里朱音>や<==fgo2.0=10007@@酒呑童子>が出てきてこちらのDMGが1~2になるので、<==fgo2.0=10014@@ヒロインX>をAFに配置すると打点レースで非常に不利です。
    対月単の際はAFにDMG3を並べて、そこから<==garupanlast1.0=10056@@R角谷杏>でDMGを上げる...という戦いをしないと勝てなくなります。

    LO-1169 棗 鈴
    <==va1.0=10029@@!gp!on!200>
    裏目が無い優秀な初手パンチャーです。対面に出てきたブロッカーを破棄する能力はもちろん、「ペナルティ」でデッキが1枚増える事や、「アシスト」まで持っていたりと頼もしいです。
    欠点としてはやはり、配置制限のせいで後半に引くと手札で腐る可能性がある事でしょうか...。そこは後述する2種類の小毬が弱点を解消してくれてます。

    LO-1267 笹瀬川 佐々美
    <==va1.0=10127@@!gp!on!200>
    以前よりは減りましたが、《SSS》の<==va1.0=10040@@直井>や輪廻・雪単の<==fgo2.0=10019@@Rニトクリス>に対しての解答としてデッキに投入しました。
    通常の花単の場合は<==va1.0=10024@@SRクド>に<==va1.0=10040@@直井>や<==fgo2.0=10019@@Rニトクリス>を合わせられた場合、基本的に攻撃ができない事がほとんどでした。
    そんな時に<==va1.0=10127@@佐々美>でキャラを移動させれば、相手の<==va1.0=10040@@直井>or<==fgo2.0=10019@@Rニトクリス>の配置を無駄にする事ができます。
    日3コストなので盤面に出すのが一見辛そうに見えますが、花の<==va1.0=10024@@SRクド>や<==va1.0=10079@@R小毬><==va1.0=10225@@P小毬>が《リトバス》の「アシスト」を持っているので、意外と盤面には出しやすいです。

    LO-1256 西森 柚咲
    LO-1257 黒羽 美砂
    <==va1.0=10116@@!gp!on!200> <==va1.0=10117@@!gp!on!200>
    対<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>において辛いのは盤面をリセットされる事そのものではなく、リセットされた事によってこちらの打点が入らなくなることなのです。それに対し、相手はリセット後の<==va1.0=10021@@SR友利>や<==va1.0=10019@@SRあゆ>で打点を入れる事ができるのです。
    つまりこちらも「アグレッシブ」による攻撃で毎ターン打点を先行し続ければ良いのです。<==yuzu1.0=10075@@伏見 真姫奈>の場合は盤面にAP2のDMG2が残ってしまうのが序中盤に弱いのですが、この2人が居ればAP3DMG3をAFに残せるので積極的に最初から出していく事ができます。
    また花単が元々抱えていた詰め手段の少なさも解消してくれています。

    LO-1219 LO-1299 神北 小毬
    <==va1.0=10079@@!gp!on!200> <==va1.0=10225@@!gp!on!200>
    元々居た擬似サポーターのような能力を持った<==va1.0=10079@@R小毬>に加え、シングルフリーバトルの参加賞の<==va1.0=10225@@P小毬>が追加された事により、キャラ事故を減らしつつ強固な盤面を作れるようになりました。
    <==va1.0=10029@@SR鈴>が配置制限の都合でAFにしか出ないため、手札の日コストを切りながら強力なスペックの小毬を登場させる事ができます。

    大会総評
    岡山フェスタの戦績は以下の通りでした。
    • 一戦目:SSS
    • 二戦目:MIX花単×
    • 三戦目:リトバス
    • 四戦目:輪廻転生
    • 五戦目:宙単×
    • 六戦目:MIX月単
    意識していた対輪廻転生とMIX月単に関しては、狙い通り勝利する事ができました。
    しかし作った段階で気づいては居たのですが、対花単はこちらが混色でキャラが沸きづらいデメリットがあり、日コストを引きすぎて中央DFにいつまでもキャラが出せませんでした。宙単はそもそも使用人数が少ないという読みだったのと、中央DFに<==garupanlast1.0=10008@@みほ>を立てる事ができず...といった感じで、花単でも元々辛いマッチだったのが、さらに悲惨な打点差で負けてしまいました。
    デッキの中の日属性のカードは主に<==yuzu1.0=10123@@輪廻転生>へのアンチカードなので、他のマッチにおいては特に<==fgo2.0=10014@@ヒロインX>が盤面に置いても弱い事が多く、「アシスト」も無いためこの辺りの事故をどうするかが今後使う際の課題だと感じました。

    「アシスト」を持つカードがさらに増えたり、日1コストで出せるカードが増えたりすれば事故緩和しつつ、さらに構築の幅が広がるのかな?と感じましたね。

    最後に
    いかがでしたか。FGO3.0環境もあと少しで終わり、次はアイギス環境が始まります。
    以前のアンケート記事でも書きましたが、私は千年戦争アイギスの大ファン(原作ゲームの方はもう4年半ほどプレイ)ということもあり、かなり楽しみにしています。
    アイギス環境は2019年最初のGPである名古屋GPもあり、一層気合を入れていきたいと思っております。今年も頑張ってGPファイナルへの出場ができると嬉しいですね。
    今環境自体は終わってしまいますが、今回のデッキはアシストを中心に今後混色を使う上で参考にできる部分が多いと感じたので、書き残しておくことにしました。

    それではまたお会いしましょう。ここまで読んでくださりありがとうございました!

Lycee Overture 買取強化カード紹介!!(2/7更新)

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

始めよう、Lycee overture! まとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE

Fate/GrandOrder 3.0発売アンケートまとめ

by -遊々亭- リセ・オーバーチュア担当

READ MORE