拡張作戦について(前編) | 艦これアーケード Blog | 遊々亭
艦これアーケード 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、艦これアーケードに関する情報を配信していきます。 Twitterでも情報配信中です!
遊々亭艦これアーケード担当アカウント@yuyutei_kan遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • 動画
  • ニュース
 

拡張作戦について(前編)

posted

by ねこ次郎

拡張作戦について(前編)
こんにちは、ねこ次郎です。
3/28より拡張作戦が開始しましたが、皆様完全攻略は達成しましたか?
自分は初日に全難度完全攻略完了して現在は甲作戦4周目です。
さて、今回は拡張作戦と報酬艦について書いていこうと思います。
それではよろしくお願いします。
拡張作戦
敵機動部隊迎撃戦 前哨戦
この海域は他プレイヤーとの合同作戦です。
今回のマッチングは全作戦共通になっています。
海域ゲージは4回で破壊出来ます。
海域は3段階構成でボスはレ級エリートとノーマルのレ級の2艦隊です。
さて、内容ですが上記の通り全作戦共通なので難易度はかなり低いです。
入る経験値も高いので艦隊のレベリングにもちょうどいいと思います。
敵機動部隊迎撃戦
拡張作戦の最終海域です。
海域ゲージは最短5回で破壊出来ます。
ボスは空母水鬼です。
空母棲姫と同じ純粋な空母タイプで航空攻撃しかしてきません。
対空カットイン用の装備はきちんと整えましょう。
乙作戦になると道中に空母棲姫が出てくるようになります。
重ね重ね言いますが対空カットイン用の装備は(ry
さて、ここからが問題なのですが甲作戦になると更に追加で道中に戦艦棲姫が出現します。
単体でも面倒ですが、道中で挟撃されると大破撤退がほぼ確定してしまうので全力で回避しましょう。
甲作戦の攻略方法は次回の記事で書く予定です。
拡張作戦報酬艦
U-511
<U-511!gp!on!200>


ドイツ産のUボート(潜水艦)です。
雷装値は<伊168@@伊168>と同じぐらいなので潜水艦としては少し弱めです(魚雷を装備すれば気にならないレベルです)が、運が30と実装されている潜水艦では<伊58@@伊58>の次に高いのでクリティカル等に期待が持てます。(<U-511改@@改>になると34に上昇します)
さて、本艦の最大の特徴は初期装備で持ってくるWG42です。
この装備は陸上攻撃用のロケットランチャーです。
今回の限定海域では出てきませんが三式弾と同様に陸上型の深海棲艦にダメージボーナスが入ります。
重巡洋艦と戦艦以外の殆どの艦に搭載出来るので陸上型の深海棲艦に対する戦略の幅が広がります。
ちなみに、<U-511改@@U-511改>になると名前の読みが「さつき1号」となります。
これは<U-511@@U-511>が日本に回航されている時の仮称です。
勿論、<皐月@@睦月型のボクっ娘>とは特に関係性はありません。
更なる改装先であるろーちゃん(呂500)はまだ未実装の模様です。
雲龍
<雲龍!gp!on!200>


雲龍型航空母艦の1番艦です。

<雲龍@@雲龍>
スロット
初期装備
18
25mm三連装機銃
24
12cm30連装噴進砲
3
装備無し
6
装備無し
ノーマルだと搭載数51機の普通の航空母艦です。
<雲龍改@@雲龍改>
スロット
初期装備
18
零戦52型丙(六〇一空)
21
彗星(六〇一空)
27
天山(六〇一空)
3
彩雲
改になると搭載数が69になり3スロット目の搭載数が大幅に増えます。
初期装備で開発不可の六〇一空装備を3つ持ってきます。
特に今回の限定海域の攻略報酬でも貰える彗星(六〇一空)は彗星一二型甲の完全上位互換となるので是非とも入手して使ってみて下さい。


さて、今回は拡張作戦の内容と報酬艦の記事でしたが如何でしたでしょうか?
甲作戦が(戦艦棲姫のせいで)なかなか面倒くさいのですが、慣れれば周回出来ると思いますので頑張ってみて下さい。
それでは今回はこの辺りで終了とさせていただきます。
また次回の記事もよろしくお願いします。
画像のコーナー
主作戦の全結果です。
<野分改(甲種@@甲勲章付き野分改>は出ました。
<萩風@@萩風>の入手には成功しましたが<萩風改@@改>にはなりませんでした。

主作戦結果.jpg

超強化買取カード掲載!(5/10更新!)

by -遊々亭- 艦これAC担当

READ MORE

艦これアーケード攻略情報まとめ!

by -遊々亭- 艦これAC担当

READ MORE

遊々亭艦これアーケード販売/買取ページリニューアル!

by -遊々亭- 艦これAC担当

READ MORE

スーパーステータスアップ大戦F完結編

by ねこ次郎

READ MORE