山の翁式 「罪人達の庭」の過ごし方 | Fate/Grand Order Arcade Blog | 遊々亭
Fate/Grand Order Arcade 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、Fate/Grand Order Arcadeに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@Fate/Grand Order Arcade担当アカウント@yuyutei_fgoac遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

山の翁式 「罪人達の庭」の過ごし方

posted

by 山の翁

190510罪人達の庭山の翁.jpg
山の翁式 「罪人達の庭」での過ごし方
こんにちは!山の翁です!
5月になり新元号も始まりまして、例年より長いゴールデンウィークも明けましたが皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
自分は仕事がゴールデンウィーク前の追い込みで、近年稀に見る忙しさの繁忙期でもゲーセンに通い詰める体の酷使が祟ってか、連休に入ってから体調を見事に崩しましてあまり有意義に連休を過ごせず悔しい思いをしてしまいました(涙)

ーー今回の件から自分が得るべき教訓は、休める時にきちんと休めーー

ですかね...

それはさておきまして、今回の記事はグレイルウォーの新MAP「罪人達の庭」についてのBlogになります。
MAPのお話だけでなく、新実装サーヴァントの両儀式(セイバー)と両儀式(アサシン)の追加による新スキル「無敵貫通」の登場による環境の変化と対策についてもお話できたらなと思います。

※以下、両儀式(セイバー)=剣式、両儀式(アサシン)=殺式



山の翁式 「罪人達の庭」での過ごし方
Q. 新ステージ「罪人達の庭」をどう感じましたか?
MAP7 オガワハイム 罪人達の庭ミニ.jpg
夜のオガワハイムの駐車場が舞台です。
MAP中央から縦に伸びている水路の脇に等間隔でそびえている木と、場内のそこかしこに駐車してある普通車と大型車が目立つオブジェクトとなるMAPです。
またパッと見では分かりにくいですが、細い街灯と普通車は敵を激突させる事によって昏倒を取れる破壊可能オブジェクトとなるので注意しましょう。

全体的にMAP自体のスケールが狭く(=乱戦でも素早く発動が出来る単体宝具の優位性)、オブジェクトも多く点在し(=壁貫通攻撃や壁貫通宝具の優位性)、対戦開始時の敵チームとの距離が近い(=1番手の必中系概念礼装が活きる)事がMAPの特徴と言えます。
MAPのどこで戦ってもオブジェクトが近くにあるので、ライン状の直線全体宝具や扇状の全体宝具は敵にオブジェクト裏に避難されやすく、他のMAPと比べるとやや活躍しづらい印象も受けますね。

190510MAP02.jpg水路といっても普通に通過は可能です。

190510MAP01.jpg街頭と普通車はわりと点在しているので
背にしないように注意したいですね
Q. 4/25に追加されたサーヴァントに関して感想をどうぞ!
<==fgo1.0=10613!gp!on!150>
<==fgo1.0=10603!gp!on!150>

新実装の両儀式と無敵貫通効果について 4/25から開始したコラボレーションイベント「空の境界/the Garden of Order」と同時に実装された2騎の両儀式、そのどちらも強力な性能を誇っており、その理由の一つとして第1スキル「直死の魔眼」による所があります。

何故強力なのか?を簡単に説明しますと、「直死の魔眼」にはスキル効果では初となる「無敵貫通」効果が付与されます
無敵貫通効果は概念礼装で付与される必中効果と同様に、自身の攻撃が届く範囲内ならば攻撃が敵に「必中」する効果があります。
概念礼装の必中効果は時間制限(20秒)を経過すると消えるので効果時間中に注意して立ち回る事で対策はし易いのですが、「直死の魔眼」はプレイヤーの任意のタイミングで無敵貫通効果を付与できる事から、敵に常に必中のプレッシャーを与える事が出来るのが強みとなります。(特に無敵貫通を使ってからの横槍は回避を食うので、フルコンボ完走がしやすいです)

また剣式と殺式共に「直死の魔眼」を第1スキルに保有しているので、パーティの2、3番手に置く事によってサポートスキル「直死の魔眼」による無敵貫通効果の発動も狙える事から、どのようなサーヴァントでも必中効果を扱えるようになりました。

190510魔眼二番手.jpgサポートスキル「直死の魔眼」が発動することで無敵貫通状態を
付与(5秒)できるのでしっかり狙って発動させていきたいですね

さて、間違いなく強力な性能を持つ無敵貫通ではありますが「じゃあそれを使っていれば最強であるのか?」と聞かれたらそう言う訳でもなく、あくまで対戦ゲームにおける強行動の1つと認識してもらえれば良いかなと。
無敵貫通の目立つ強みは「タイマン状況 or お見合い状況時に敵に攻撃を先に振らせてからの無敵貫通側の後出し」と「味方に攻撃する敵に対する横槍からの回避を許さないフルコンボ」の2つになります。

無敵貫通側の後出し対策
1つ目の後出しの対策については、サポートスキル「心眼」系の後出しについての対策と実は似ていて「クラス有利が取れていたとしても味方から離れてタイマンをしにいかない」に尽きると思います。
こちらが先に攻撃を振ってしまうとサポートスキル「直死の魔眼」による手痛いカウンターが待ち構えており、回避困難な不利な読み合いを強いられてしまうので、そこにクラス有利はあまり関係なくなってしまいます。
クラス有利が取れていて敵を追い込む場面でも、辛抱強く先出しをしない勇気も必要となってきますね。(どうしても先出しをする場合は攻撃1段止めから即ダッシュで逃げる等の手もサーヴァントの攻撃リーチによっては有効となります)
また、無敵貫通による後出しを狙ってくる敵は文字通り「絶対に後出しを狙ってくる」ので、わざと敵の攻撃レンジに踏み込み攻撃を誘う手も有効です。(そこで振ってこない場合は敵手札に無敵貫通がある可能性が強まり、振ってきた場合は無敵貫通の浪費 or 手札から消えた可能性も浮上する)

さらに敵にサポートスキルがあるように、もちろんこちらにもサポートスキルが存在するので、それを活用して敵の後出し無敵貫通を阻止するのも大事ですね。
稼働初期からの伝統のサポート「魔眼」やサポート「魅了」系で無理矢理先手を取ったり、サポート「心眼」系による回避連打で強引に無敵貫通を抜けたり(自分もまだ研究中ですが、回避連打で敵の攻撃範囲外に抜け出して無敵貫通を強引に回避する手です)と意外とやりようがあったりします。

回避を許さないフルコンボ対策
2つ目の横槍についての対策は1つ目の対策よりも容易で、基本となるチーム戦によるカット回しを意識できれば普通に対処できる内容になっています。
チーム内でお互いがお互いの見るべき敵をしっかりと理解していれば、攻撃を加えた後の隙に対する横槍にも味方がカットが飛ばせるはずなので、そこに必中による優位性は薄まるかなと思います。
ただし、もちろん味方を頼る事が大前提なので、1対2の状況が出来つつあるような味方がいない状況で無闇に振った攻撃に無敵貫通の横槍を貰ってしまっても味方がいなければもちろん止められないので、敵味方の位置関係をしっかりと把握する能力が大事になるかと思います。
1対2の状況が出来上がった時は無茶をしない、時間稼ぎやガードに徹するのはチーム戦の基本ですね。

190509剣式01.jpg
相手を追っているときに「直死の魔眼」を
撃たれて...

190509剣式02.jpg
攻撃を振った後に攻撃を叩きこまれると
フルコンボで攻撃を食らってしまうので
味方との連携は必須ですね!

無敵貫通の説明について長くなってしまいましたが、気を取り直しまして肝心の新規追加されたサーヴァントの所感について紹介していきます!

両儀式(セイバー)
通常火力や宝具火力が控え目な代わりに、セイバーの例に漏れず優秀なコマンドモーション、第1スキルの「直死の魔眼」による必中効果や第3スキル「陰陽魚」によるHPの超回復での場持ちの良さ、さらには宝具チャージ時間最短2.0秒の全体宝具「無垢識・空の境界(むくしき・からのきょうかい)」が魅力のサーヴァントになっています。
宝具範囲は<==fgo1.0=10089@@マルタ>や<==fgo1.0=10059@@ファントム>の宝具範囲のように横幅が広めになっていますが、奥行きの範囲が<==fgo1.0=10139@@ヴラド>の宝具範囲と同等程度までしかない代わりの宝具チャージ時間最短2.0秒と言う性能なので、初めて触る方は奥行きが無限のライン系宝具と勘違いしないよう注意しましょう!
また小ネタとして、剣式と殺式を同時にパーティに採用した際にコマンドカードの小窓の顔で剣式と殺式の区別がつき辛いと言った難点があるので、そう言った場合は剣式のコマンドカードを第2再臨にすると見分けやすかったりしますので是非を試しを!(殺式は再臨段階の変化がないので...)

19510宝具範囲.jpg奥行きが大きいわけではないので
注意が必要です
190510式コマンドカード.jpg非常に似ているコマンドカードは再臨段階を
選択すると見やすくすることができます
両儀式(アサシン)
ゲーム内最速の足回りと多段ヒットながらも高速で斬り刻む優秀なコマンドモーションに加えて、全てが使い所のある優秀なスキルたち、さらにはどのようなMAPでも腐らない単体宝具持ちと言ったかなり高水準で完成された性能を誇っています。
瞬間火力とNP効率のみ同クラス・レアリティの<==fgo1.0=10159@@カーミラ>に劣る面もありますが、そこは第1スキル「直死の魔眼」のArts性能UPと第2スキル「心眼(偽)」のクリティカル威力をアップで埋め合わせる事が可能なので、本当に優秀の一言に尽きますね!
第3スキル「陰陽魚」の効果が剣式とは逆でHPを減らしてNPを増やす性能をしているので、場持ちよりも攻撃面に重きを置いている点のみ注意して扱いましょう。
無敵貫通のサポートスキルを抜きで見ても今後対戦で幅広く活躍していくであろうサーヴァントの1騎だと思うので、個人的には是非入手をお勧めしたいです。

※入手方法のみ、現在開催中の空の境界コラボイベントを進行してカードと再臨素材を手に入れる俗に言うイベント配布形式と言う特殊な点と、フェイタルカード入手にもまたイベントクエストを周回する必要があるのでその点のみ注意しましょう。最悪、イベント終了後でもフェイタルカードの入手は可能なので、時間が許すのであれば最終再臨素材の入手までイベントを進めておきたいところですね。

190510殺式.jpg是が非でも手に入れておきたい殺式。
イベントクリア、がんばっていきましょう!
Q. MAP「罪人達の庭」の流行サーヴァントはなんだと思いますか?
セイバー
実装したてほやほやの剣式を筆頭に、無敵貫通やスタンによる急な事故に対してガッツや回復スキルで粘り強く立ち回れつつ、宝具の狙える箇所が多い<==fgo1.0=10500@@ネロ>が活きるクラスかと思います。普通車や大型車の裏からの貫通宝具はかなり強いですね!

アーチャー
オブジェクトが多い関係でアーチャーは遠距離攻撃をやり過ごされ易いですが、オブジェクト裏でも関係なしにQuickで狙い撃てる<==fgo1.0=10279@@ギルガメッシュ>と、射撃1発ずつの硬直が少なく最速の足回りで位置取りを調整し易い<==fgo1.0=10039@@エミヤ>が活躍できるクラスです。

ちなみに、実装開始から猛威を振るっていた<==fgo1.0=10516@@アルジュナ>はどうしてもいつかはコマンドに混じってしまうArtsモーションが点在するオブジェクトでやり過ごされやすく、足の遅さも相まって詰め寄られ易いMAPとなっているので少しだけ今までより評価が落ちたかと思います。
それでもまだ全然強いですけどね!

ランサー
開幕から接敵が近い関係で正面から乱戦になりやすい今のMAPでは、回避時の魔力に他クラスにないリスクを持つランサーには少し辛いMAPとなっている事に加えて、近状のセイバーの増加も相まってあまり活躍している印象を受けないのが正直なところです。
それを踏まえて活躍しているサーヴァントを挙げるなら乱戦でも絶大な攻撃範囲で事故を狙える<==fgo1.0=10534@@カルナ>ですね!

アサシン
実装したての<==fgo1.0=10603@@殺式>がアサシンどころか全クラスのサーヴァントで見ても最注目かなと!
それ以外にも<==fgo1.0=10554@@聖者の依代>を引っ提げた<==fgo1.0=10308@@呪腕のハサン>や、開幕の<==fgo1.0=10379@@孔明>のスキル封じに<==fgo1.0=10199@@マタ・ハリ>の「ダブルクロス」等、注目サーヴァントが数多くみられるクラスですね!

キャスター
アサシンの台頭によりさらに需要が増したキャスター。
開幕戦に最高クラスのバフをチームに撒ける<==fgo1.0=10379@@諸葛孔明>と、中盤戦から終盤戦にかけて出てきやすい殺式やハサンに対して正面切って撃ち合えて殴り合えつつ、無敵貫通効果に相性の良い遠距離Quickを持っている<==fgo1.0=10049@@クー・フ-リン(キャスター)>が注目サーヴァントです。
特にクー・フーリンは最近本当に増えた人気サーヴァントだと思います!

ライダー
今まで最安定のクラスの名を欲しいがままにしてきたライダーですが、殺式の台頭により少々息苦しくなった印象を受けますね。
それでも1番手の<==fgo1.0=10089@@マルタ>による安定択や、粘り強い<==fgo1.0=10169@@ゲオルギウス>、<==fgo1.0=10069@@メドゥーサ>の「魔眼」によるスタンはまだまだ現役で、しっかりと運用をすれば今まで通りの戦果を出すことは全然可能です。
注目と言う意味では、聖者の依代や無敵貫通の実装によってスタンスキル以外の価値が上がりましたが、それでもまだスタンを扱えるメドゥーサに価値があると思い注目しています。
当たり前ですがスタンスキルが弱い訳は絶対にないので!

バーサーカー
無敵貫通の実装によりバーサーカーの怖さも増しましたが、同時にもちろんバーサーカー自体も横からの攻撃が怖くなりました。
食らってしまう攻撃を割り切って防御バフとガッツスキルで受けることが出来るバーサーカーの中でも打たれ強い<==fgo1.0=10139@@ヴラド>は注目しています。



Q. MAP「罪人達の庭」で使っているパーティを教えてください!
パーティ
【S】エミヤ
【CE】もう一つの結末
【S】呪腕のハサン
【CE】聖者の依代
【S】両儀式(アサシン)
【CE】カレイドスコープ
COST: 12 COST: 12 COST: 4 COST: 12 COST: 12 COST: 12

最初はエミヤの所をアルジュナにしてプレイしていましたが、少しだけ違う感じがしてエミヤをはめ込んだ所かなりしっくりきたパーティです。
カード構成と概念礼装もシンプルに強いと言えます。
2、3番手でクラス・アサシンを並ばせてしまっているので対キャスターが厳しくはなりますが、そこは味方にキャスターを抑えてもらえるような働きと位置関係を自分で意識して、かつクラス不利にも融通が利くパワーがある2騎なので意外と何とかなったりします。

新環境なのでほとんど1択でやり通していますが、納得のいく動きが出来上がったら諸葛孔明や<==fgo1.0=10323@@ジャンヌ・ダルク>や<==fgo1.0=10009@@アルトリア>と言った他のサーヴァントも触ろうと予定しています。


終わりに
今回は以上となります。
こうしてまとめてみましたが、今更感があるので本当はこの記事をゴールデンウィーク前にお届けしたかった気持ちが強かったのですが、冒頭で述べました通り色々と噛み合わず、集中して執筆出来る状態に出来なかったので大変申し訳ないです!

そしてここまで目を通して頂いた方に変わらぬ感謝を!

それではまた!

PS: Blog記事を書いてるうちに浅上藤乃さんの実装が決まったと聞いて、本当にもっと早く書く癖をつけないとと思わされました(汗)

【FGOアーケード対応】サイドジャストローダー スリム!!

by ー遊々亭ー@FGOAC担当

READ MORE

【FGOアーケード参戦!!】マスター:パン屋

by パン屋

READ MORE

【動画】まっす~〔19~21〕【もう一つの結末アルトリア】

by まっす~

READ MORE

山の翁式 「罪人達の庭」の過ごし方

by 山の翁

READ MORE

【動画】zange〔17~19〕【両儀の狭間に消えなさい】

by zange

READ MORE

【4/27更新】実装済 サーヴァント 一覧表

by ー遊々亭ー@FGOAC担当

READ MORE

【4/27更新】実装済 概念礼装 一覧表

by ー遊々亭ー@FGOAC担当

READ MORE

FGOアーケードに触る前に覚えておきたい3つの事

by ー遊々亭ー@FGOAC担当

READ MORE

グレイルウォーでの実践したい3つのスキル

by のれん

READ MORE

FGOアーケード 十二の試練

by ー遊々亭ー@FGOAC担当

READ MORE