デュエル・マスターズ Blog | 遊々亭
デュエルマスターズ 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、デュエルマスターズに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@デュエルマスターズ担当アカウント@yuyutei_dm遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

2/8~2/21 販売ランキング

    posted

    by -遊々亭- デュエマ担当

    DM販売ランキング.jpg
    2/8~2/21 販売ランキング
    こんにちは、遊々亭 -デュエマ担当です!

    今回は2月8日から2月21日の販売ランキングを公開したいと思います!
    販売ランキング TOP3
    <==dmex04=10027!gp!on!200> 第3位
    <==dmex04=10027@赤>
    ・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
    ・攻撃中、自分の墓地にある火のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
    ・自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、《ボルシャック》と名前にあるカードをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
    ・チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)
    3位には<==dmex04=10027@赤>がランクイン!
    あの<==dm01=10018@赤>がツインパクトカードとしてリメイクされ、【ボルシャック】デッキの貴重な手札補充兼マナ加速ができる優秀な呪文としても使用可能に!
    このカード自体ももちろん『ボルシャック』の名前を持つため、呪文の効果で2枚目が手札に加わる点も非常に強力です!

    <==dmex04=10071!gp!on!200> 第2位
    <==dmex04=10071@青>
    ・NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
    ・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。
    ・カードを2枚引く。
    2位には<==dmex04=10071@青>がランクイン!
    クリーチャー面は<==dm02=10002@青>と同じような能力になっており、NEOクリーチャーとなったことでバウンス能力がより使いやすくなっております!
    出した時に優秀な効果を持つブロッカーを使いまわしたりするような使い方も視野に入れたいですね!

    そして呪文側は優秀なドローソースとして長年活躍している<==dm06=10095@青>!
    他の強力なドローソースの登場で活躍の場は少なくなっていますが、ムートピアには呪文を使用する事で能力が発動するカードに繋げたり、序盤の手札補充としての選択肢として非常に優秀です!

    <==dmex04=10066!gp!on!200> 第1位
    <==dmex04=10066@紫>
    ・W・ブレイカー
    ・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から2枚を墓地に置いてもよい。その後、闇のコスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
    ・S・トリガー
    ・自分の山札の上から4枚を墓地に置く。その後、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
    1位は前回から継続してランクインした<==dmex04=10066@紫>となりました!
    低コストで墓地肥やしが行える<==dmr08=10038@紫>と違い、後半はアタッカーとしても優秀な事に加え、S・トリガーによる相手ターン時の墓地肥やし札としても強力です!



    今回のランキングは以上となります!
    次回の更新をお楽しみに!
    遊々亭公式Twitter、担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 デュエルマスターズ担当Twitter】@yuyutei_dm

ツインパクトで振り返る2018年

    posted

    by ◆ドラえもん

    New-一押しロゴ-ツインパクト-振り返り.jpg
    ツインパクトで振り返る2018年
    こんにちは、◆ドラえもんです。

    今回は、昨年の振り返り記事を執筆してみました。

    去年一年をざっくりと振り返って見ると
    • ジョーカーズ、魔導具、裁きの紋章のような種族ギミック
    • ツインパクト
    この2つが重点的に強化されてきた年であったかなと思います。

    今回は、後者の「ツインパクト」に絞って振り返りをしてみたいと思います。

    双極篇1弾 豪快!!ジョラゴンGoFight!!
    グッドスタッフとしてのツインパクトが登場
    目玉カード
    ・黒豆だんしゃく/白米男しゃく
    ・奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
    <==dmrp05=10021@緑@!gp!on> <==dmrp05=10023@橙@!gp!on>
    初めてツインパクトが登場したときには、使いやすいカードとしてデザインされているなあと感じました。

    上記の目玉カードに加え、<==dmrp05=10004@橙@龍装の悟り 天命>はクリーチャー面、呪文面が共に優秀なため相性の良いデッキ達に投入されていきました。

    一方で、<==dmrp05=10019@赤@カツラデランス>のように、呪文面が強力で、クリーチャーでもあるという利点を生かして採用されたカードもありました。


    活躍したデッキ
    • 赤黒墓地ソース→<==dmrp05=10019@赤@カツラデランス>
    • ビッグマナ→<==dmrp05=10021@緑@黒豆だんしゃく>
    • ミラダンテ→<==dmrp05=10023@橙@奇石 ミクセル>、<==dmrp05=10004@橙@龍装の悟り 天命>
    双極篇2弾 逆襲のギャラクシー 卍・獄・殺!!
    ツインパクト軸のデッキの登場
    目玉カード
    ・キング・ザ・スロットン7/7777777等のSTツインパクト
    ・龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~
    <==dmrp06=10003@灰@!gp!on!200> <==dmrp06=10007@青@!gp!on>
    ツインパクトがシールドトリガーになり、既存のデッキのSTの枠に取って代わるということが起き始めました。

    そして、何より忘れてはいけないのが<==dmrp06=10007@青@龍装艦 チェンジザ>だと思います。

    今でもこのカードは他のツインパクトカードに比べると性能が頭一つ抜けていると思う程に強い。

    初めてメインギミックになるようなツインパクトの登場によって登場したのが「チェンジザダンテ」ですね。このデッキには、チェンジザ以外にも多くのツインパクトが採用され、動きの幅が広いのが特徴です。

    また、DMEX-02で登場した<==dmex02=10015@緑@カブトリアル・クーガ|ミステリー・ディザスター>によって、全盛期キューブのギミックと、チェイングラスパーが融合した「全てを破壊するグラスパー」も登場しました。このデッキもツインパクトの恩恵を大いに受けたデッキでした。

    その他活躍したデッキ
    • ジョーカーズ、赤黒ドルマゲドン→STツインパクト
    双極篇3弾 †ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!
    ラストバースト = クリーチャー × 呪文
    目玉カード
    ・ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー
    ・龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ
    <==dmrp07=10010@赤@!gp!on> <==dmrp07=10012@緑@!gp!on>
    クリーチャーとして使うか、呪文として使うかではなく、クリーチャーとして使いつつ呪文としても使える夢のようなカードがラストバースト。

    しかも、それらのカードがクリーチャー面、呪文面共に強力なカードだったため、クリーチャーと呪文の掛け算と言って差し支え無いと思います。

    また、DMEX-03で登場した<==dmex03=10001@緑@超機動罠 デンジャデオン>は<==dmrp07=10012@緑@龍罠 エスカルデン>と共にトラップ軸デッキの基盤となりました。

    活躍したデッキ
    • 赤青覇道(2ブロック)→<==dmrp07=10010@赤@ゴリガン砕車 ゴルドーザ>、<==dmrp07=10027@青@南海の捜索者 モルガラ>
    超誕!! ツインヒーローデッキ80
    双極篇4弾 超決戦! バラギアラ!! 無敵オラオラ輪廻∞
    遂に登場ツインパクトデッキ
    目玉カード
    ・コンダマ/魂フエミドロ
    ・始虹帝 ミノガミ
    <==dmbd08=10005@緑@!gp!on> <==dmrp08=10007@緑@!gp!on>
    今までもツインパクトを多く採用したデッキ、ツインパクトの恩恵を受けられるデッキは存在しました。

    ですが、ここで登場したのは「ツインパクトであること」がそのまま採用理由となるようなデッキです。ジョーカーズのような種族デッキに通ずる部分がありますね。

    今年もツインパクトカードが更に増えていくことが予想されますが、グッドスタッフとしてのツインパクトとして見るか、ツインパクトデッキのパーツとして見るかの2つの見方が必要です。

    また、この弾あたりから、ツインパクトと好相性の非ツインパクト、ツインパクトをメタるカードが注目され始めた気がします。

    前者は例えば<==dm36=10116@青@超次元リバイヴ・ホール>。
    後者は例えば<==dmr05=10041@紫@拷問 ロスト・マインド>。

    こういったカードの動向にも注目ですね。

    活躍したデッキ
    • 白青緑ツインパクト(2ブロック)
    • バラギアラ
    夢の最&強!!ツインパクト超No.1パック
    ツインパクトのこれから、そして超天篇へ
    目玉カード
    ・ほめほめ老/ホメホメ老句
    ・残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル
    <==dmex04=10022@赤@!gp!on> <==dmex04=10012@紫@!gp!on>
    一つ前で紹介したバラギアラのパックにて、ある意味でツインパクトは「完成」しました。

    そこに新たに追加されたのは、過去のカードをリメイクしたカード達です。

    新しく環境デッキのコンセプトとなるようなカードは無いにせよ、既存の環境デッキの1パーツとして組み込まれるようなカードが多いといった印象を受けます。

    自分が一つ思うのは、この先ツインパクトが増えていくのかどうかということ。

    3月の日本一決定戦が終われば、デュエマは超天篇へと移行します。新たにGRゾーンが追加されると同時に、既に完成したギミックは強化されないのかもしれません。

    過去でいう、サバイバー、ウェーブストライカー、ゴッドリンク、超次元クリーチャー、ドラグハートの様な1年間だけのギミックの1つとなるんでしょうか。

    おわりに
    個人的な意見ですが、ツインパクトはこれ以上登場するのかという疑問はあります。

    デュエルマスターズの好きなところに、過去のカードの中に現在のカードに出来ない挙動が可能なカードがあるっていうのがあります。

    ただ、これは現在のコンセプト重視のデュエルマスターズでは余り体感できない部分です。

    現在でも使われる昔のカードと言えば、<==dm16=10056@赤@ドリルスコール>や<==dm30=10034@青@海底鬼面城>の様なそもそものスペックが高いものです。そして、ご存じの通りこれらのカードは殿堂規制の対象になりやすい。(ドリルスコールは実際殿堂しましたし)

    <==dm01=10032@青@クリスタル・メモリー>、<==dm03=10025@緑@逆転のオーロラ>のような良い味を出していた過去のカードがツインパクト化されて、ツインパクトじゃなかった方のものの価値が半分以下になるのは何とも言えない気持ちになります。

    まあでも、バラギアラは大好きなのでツインパクトの<==dm06=10120@緑@フェアリー・ライフ>がもし出たら、喜ぶんだろうなあ......


    今後のツインパクトの動向、そして超天篇を楽しみにしながら残りの2018年度を楽しみにしていきたいと思います。
    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

新殿堂 解説

    posted

    by らいだぁ

    New-一押しロゴ-2019-殿堂-らいだぁ.jpg
    新殿堂 解説
    こんにちは。らいだぁです。
    殿堂解除、新殿堂の発表から少し経って、気持ちも落ち着いたので今日は今回の殿堂リストついてです。
    <==dmr21=10002@灰@ドギラゴンバスター>くん今まで本当にありがとう......

    ☆殿堂解除カード
    昨年の<==dm25=10004@灰@龍仙ロマネスク><==dm28=10060@橙@アヴァラルド公>に続いて環境級のカードが復活。
    「もう弱いから解除」ではなく「当時からしたら強すぎる未来のカードを今開放」というスタンスはかなり好感持てますよね。
    単純なインフレではないのがよくわかります。

    威牙の幻ハンゾウ
    <==dm29=10008@紫@!gp!on>
    三代最強シノビから1人開放されました。
    赤黒や黒緑のドルマゲドンデッキにしか採用されてなかったのもあり、釈放許可が下りたみたいです。
    ニンジャストライク条件が7マナと厳しいですが、除去飛ばせるし封印はとれるしでやっぱり壊れてるな?
    個人的にはアナカラーシャコガイルのようなリソースの伸びるビッグマナに採用したら面白いんじゃないかと。
    ニンジャは色制限が無いので、「マナは伸びるけど黒は採用してない」みたいなデッキに入れると活躍してくれそうですね。

    アストラル・リーフ
    <==dm04=10007@青@!gp!on>
    「初代殿堂カード」のリーフが遂に解除。感慨深いですね。
    青単速攻も流石に通用しなくなったか.........って感じもしますが、現状は真逆。「実質青単速攻」とも言えるアーキタイプを産み出してくれました。すでにそこそこ結果残してますよね。

    1コス(今は<==dm04=10048@青@マリンフラワー>+<==dmr19=10076@青@T・アナーゴ>で8投できます)とリーフさえ引いてしまえばかなり気持ち悪い動きします。
    <==dmr21=10060@灰@タイム3 シド>、<==dmr23=10035@灰@ミラクル1 ドレミ24>をはじめとした水文明の「革命チェンジ」カードと非常に相性がいいですね。
    リーフ→シド→<==dmr21=10008@灰@天革の騎皇士 ミラクルスター>とチェンジする動きがとても気持ちいいです。
    ハンド爆発!ツインパクトは狙いやすい!!みたいな感じでなかなかの相性。

    水には他にも<==dmrp01=10052@青@オニカマス>、<==dmrp05=10015@青@ディール>あたりの優秀なクリーチャーが多く、単純なドロソとして使って充分強いのでこのカードはこの先も拡張性があって実は一番推してる解除です。
    他の使い道としては
    • <==dm07=10040@緑@メビウス・チャージャー>と組み合わせたマナブーストコンボでハンドとマナを伸ばす
    • テック団系統の革命チェンジと組み合わせる
    • <==dmrp03=10035@赤@ビッグバンフレア>、<==dmrp05=10009@赤@クラッシュ覇道>、<==dmrp05=10061@赤@バルチュリス>等のパーツを集める攻撃カードと組み合わせる
    この辺りがわかりやすく強いかと。デッキ作りが捗りますね。

    ミステリー・キューブ
    <==dmr09=10056@緑@!gp!on>
    これに関してはどうなんでしょうね。

    たしかに「あの頃」に比べれば
    • <==dm31=10015@青@蒼狼の始祖アマテラス>
    • <==dm10=10031@青@転生プログラム>
    のプレミアム殿堂
    • <==dmr02=10042@灰@超次元ホワイトグリーン・ホール>
    • <==dmr06=10001@赤@勝利宣言 鬼丸「覇」>
    の殿堂

    <==dmrp01=10052@青@オニカマス><==dmex02=10009@灰@ポクチンちん><==dmrp01=10023@灰@洗脳センノー><==dmr15=10017@橙@オリオティス><==dmrp05=10023@橙@ミクセル><==dmbd04=10003@橙@防鎧><==dmex04=10002@赤@マグナムルピア><==dmrp01=10038@緑@デスマッチ・ビートル>もいる(数えたらとんでもない量いてこっちの方が驚いた)


    大丈夫なんですかね?
    悪いことをしすぎなように祈っています。

    殿堂カード
    ヴォルグ・サンダー
    <==dmr02=10001@紫@!gp!on>
    ハンデス、ループのフォニッシャーから。
    私見ですが、昔から遊んでいるユーザーの方から「いつ禁止になるんだ」との声をよく聞いていたカード。今やヴォルグありきで遊んでますが、まぁむちゃくちゃですよね。
    ただ「なぜ今?」とか「殿堂じゃ意味なくない?」とかそんな気持ちもありますよね。おそらく新シリーズとのシナジー絡みの先行規制かと。
    雑なザビミラやらハンデスは少し弱体化しましたが、そこまで影響無いでしょと。そんな感じです。 これからもお世話になります。

    瞬封の使徒サグラダ・ファミリア
    <==dmr07=10032@橙@!gp!on>
    白赤ゴゴゴから。
    「<==dmr21=10074@橙@ヘブンズ・フォース>の代わりに」感がすごいですが、こいつもこいつでかなり活躍してましたよね。
    やはり速さとトリガー封じは共存してはいけなかったか......といった感じ。
    ゴゴゴ本体にかかるはずも無いし、まあ妥当ですね。これからもぼちぼち使うかも。

    ドリル・スコール
    <==dm16=10056@赤@!gp!on>
    赤単ゴゴゴから。
    こいつと<==dm10=10004@紫@ブライゼ>は個人的殿堂候補ゲキ推し枠でした。予想なんて意味ないんですけどね。
    殿堂と2ブロの赤単ゴゴゴの最大の違いといえばここでしたよね。
    実質ETだし実質1ハンデスだし......まあ強すぎました。お疲れ様です。ぼちぼち使う。赤いし。

    黒神龍ブライゼ・ナーガ
    <==dm10=10004@紫@!gp!on!200>
    多くのコンボデッキの核となっていた古参ドラゴン。カッコいいですよね。
    記憶する限りだとヘブンズ・ループの頃から「実質ブライゼシュート」みたいな風に言われてたような気がします。
    豪快な感じがとても好きなんですが、SSTとの相性やキーパーツの盾落ちケアの容易さなんかもあってこの辺で殿堂って感じですね。
    1枚でもまだまだ活躍してくれると思います。

    蒼き団長 ドギラゴン剣
    <==dmr21=10002@灰@!gp!on>
    はい。本当にお疲れ様でした。思い出が多すぎて語りきれませんね。今までありがとう。
    間違いなくデュエルマスターズ史上最強のカードだと思います。
    「実質バスターの下位互換」だったデッキってとても多いと思うんです。<==dmrp03=10005@青@シャコガイル>なんかよりよっぽどね。
    それでもこのカード自体は多様性もあり、制圧ではなく殴りきるデュエルマスターズを牽引してくれました。
    多分これからも使います。サブプラン程度にはなりそうですけどね。

    時の法皇 ミラダンテXII
    <==dmr22=10003@灰@!gp!on>
    バスターに並ぶ最強革命チェンジドラゴン
    「殿堂環境最強の矛」であった2枚のうちの片方ってイメージあります。まぁバスターかけてダンテ放置じゃしゃーないよね。
    <==dmx18=10017@緑@イメン>・<==dmr16g=10015@紫@ヘルボロフ>・<==dmr16g=10001@赤@ネクスト>・<==dm16=10012@橙@天門>と「いかに低コストのカードでゲームを終えるか」という流れだったデュエルマスターズにおいて「コスト8以上のカード」に価値を見出した革命的なカードでした。すばらしいデザインだと思います。
    なんだかんだで1番殿堂の影響が少なそうな一枚。
    <==y17=10003@橙@ジャミング・チャフ>と合わせて1人単騎ラフルルなんだからそりゃ強いか......って感じですね。今後は攻めのカードであることに重きを置いて構築するといいかと。

    今回の殿堂レギュレーションで注目度の上がりそうなカード、デッキ
    既に世間的には色々なデッキや情報が回っていますが............個人的に気になるラインを。
    • ジョラゴンジョーカーズ
    • 赤青覇道
    • 赤黒デッドゾーン
    • 墓地ソース
    • ゴゴゴブランド系統
    • 卍デ・スザーク卍
    • 青単ムートピア
    • 白零サッヴァーク
    • 各種ビッグマナ
    既存のデッキだとこんなところでしょうか。
    各文明に強いデッキがあってデュエルマスターズすごいな.........


    デッキパワーではジョラゴンが頭一つ抜けてるので、このままいったら「ジョーカーズ最強!!」って感じですね。
    個人的にはスザクも強いと思います。

    最後に
    ゲームを代表するレベルに強かった革命チェンジカード2種の規制で、実に2年ぶりくらいに「ゲーム全体としてのナーフ」がされたようにかんじます。
    今、構築の幅が過去最高レベルに広がってとても楽しいです。ガンガンデッキ組みたいですね。


    それではまた!

買取強化カード紹介!! 【更新日:2/15更新】

by -遊々亭- デュエマ担当

READ MORE

デッキ紹介まとめ

by -遊々亭- デュエマ担当

READ MORE

ツインパクトで振り返る2018年

by ◆ドラえもん

READ MORE

新殿堂 解説

by らいだぁ

READ MORE

轟轟轟ティガウォック

by ロマサイ

READ MORE

新殿堂所感

by あー

READ MORE