ヴァンガード 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ヴァンガードに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ヴァンガード担当アカウント@yuyutei_vg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

第3回 ブレイクライド

    posted

    by タカギ


    無沙汰しています第3回はブレイクライドについて書いていこうと思います。
    そもそもブレイクライドとは何か
    ブレイクライドとは、
    【自】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):《(指定のクラン)》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000
    し、うんたらかんたら。
    といった効果を持つユニットに指定クランがライドした時に誘発する効果のことです。

    超越環境では、ブレイクライドを誘発させた後に超越を行うとせっかくのブレイクライドの効果は超越したユニットには引き継がれない為、少々扱いが難しい効果になります。
    しかし、超越を行わずにブレイクライドを行ったG3で殴り勝てるパターンやブレイクライドの効果を上手に使えるパターンもあるのでまだまだ活躍の場面は多くある効果です。

    今回はブレイクライドを絡めた少々特殊な動きを見ていきたいと思います。

    以降は発動した自動能力が複数存在する時、自動能力はプレイヤーの好きな順番で1つずつ解決できるというのがとても重要です。覚えておきましょう。


    ライドを2回行えるグランブルーの場合
    最初はグランブルーよりお得意のドロップゾーンからの盤面干渉です。

    まずヴァンガードは<==bt13=10016@@七海覇王 ナイトミスト>でドロップゾーンに<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>が2枚存在し、ダメージゾーンには4枚のカードが表で存在しています。
    この盤面でライドフェイズ開始時を迎えました。ドロップゾーンの2枚の<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>の効果を発動したいと待機しています。

    さてこの状況どのように効果を解決していけるのか、順番に見ていきましょう。

    まず、<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>の能力について見ていきましょう。
    <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン!gp!on!200> 七海賢者 プレゲトーン
    【自】【ドロップゾーン】:[【カウンターブラスト】(2)] あなたのライドフェイズ開始時、あなたの「七海」を含むグレード2以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、このカードを【スタンド】でライドする。
    【自】:このユニットが(V)に登場した時、ドロップゾーンから1枚まで選び、(R)にコールし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットを退却させる。
    まず最初に注目するのは一つ目の効果です。この効果を使えば手札からライドを行わくてもLB4の条件を満たしていれば、ナイトミストのブレイクライドが誘発します。
    ちなみにこの効果はコストの支払いも含め、1つずつ、順番に解決されます。
    先述の通り、発動した自動能力が複数存在する時、自動能力はプレイヤーの好きな順番で1つずつ解決できる。というルールがあります。
    また他にも、自動能力が後から誘発し待機状態になった(発動した)場合も、再度プレイヤーが既に誘発し待機状態となっている(発動している)能力も含め、好きな順番で解決でき、待機状態の自動能力(発動している自動能力)が存在しなくなるまで実行し続けるという処理手順を踏みます。


    以上のことにより、以下のような手順が行えます。見ていきましょう。

    1. <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>A・Bの"ライドフェイズ開始時"を誘発条件とする自動能力が発動します。なので自分の好きな順番で解決します。
    2. <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Aからコストを支払い解決を行います。
      →"このカードを【スタンド】でライドする。"が実行されます。"<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Aのこのユニットが(V)に登場した時"を誘発条件とする自動能力が発動します。
      →LB4が満たされているので、<==bt13=10016@@七海覇王 ナイトミスト>の"《グランブルー》がこのユニットにライドした時"の自動能力が発動します。
    3. <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Aの"このユニットが(V)に登場した時"を誘発条件とする自動能力、<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Bの"ライドフェイズ開始時"を誘発条件とする自動能力、<==bt13=10016@@七海覇王 ナイトミスト>」の"《グランブルー》がこのユニットにライドした時"の自動能力が誘発しているので好きな順番で解決します。
    4. お次に<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Bからコストを支払い解決します。""このカードを【スタンド】でライドする。"が実行されます。"<==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Bの"このユニットが(V)に登場した時"を誘発条件とする自動能力が発動します。
    5. <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Aの"このユニットが(V)に登場した時"を誘発条件とする自動能力、 <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>Bの"このユニットが(V)に登場した時"を誘発条件とする自動能力、 <==bt13=10016@@七海覇王 ナイトミスト>の"《グランブルー》がこのユニットにライドした時"の自動能力から、好きな順番で解決できます。

    結果として
    • <==gfc02=10043@@七海賢者 プレゲトーン>の蘇生能力が2回
    • <==bt13=10016@@七海覇王 ナイトミスト>のブレイクライド能力が1回
    以上の効果が発動できるようになります。
    手札もソウルもない状況であっても盤面を構築できます。

    ブレイクライドが2回発動するスパイクブラザーズの場合
    お次はかなり特殊な解決方法です。

    ヴァンガードが<==gfc02=10017@@神の手 グッドエンド・ドラッガー>でVのアタックが終り、ハーツが<==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>だったのでグッドエンドの効果が発動しました。
    <==gfc02=10017@@神の手 グッドエンド・ドラッガー!gp!on!200> 神の手 グッドエンド・ドラッガー
    【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),手札から1枚選び、ソウルに置く] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、あなたの「バッドエンド」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットをGゾーンに表で置き、山札からグレード3のカードを2枚まで探し、その中から、1枚選び、ユニットのいない(R)にコールし、残りを【レスト】でライドし、その山札をシャッフルする。
    ダメージは4点の状況で、デッキから<==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>を2枚選択します。
    しかし、リアガードサークル5ヶ所には既にユニットが存在し空いているリアガードサークルが存在しません。

    さてこの場合はどのような処理が行われるのでしょうか?

    空いているリアガードサークルが存在しません。残りを【レスト】でライドとのことなので、探した<==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>2枚が、<==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>1枚に対して同時にライドします。 かっこいい。

    正式な手順としては、<==gfc02=10017@@神の手 グッドエンド・ドラッガー>の自動能力の解決時に、 "ユニットのいない(R)"が存在しない場合、1枚をコールする処理は行われません。
    なので、2枚のグレード3のカードが、"残りを【レスト】でライドし"の「残り」の対象になります。
    そのため、<==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>に対し「残り」のカードである<==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>2枚が同時にライドし、ヴァンガードが2枚存在する状態が発生します。双闘でしょうかいいえ違います。 双闘状態以外のヴァンガードが複数枚、Vに存在することは出来ません。
    なので、一方をVとして残し、もう一方をソウルに置く処理が行われます。
    結果的には、ライドした2枚の<==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>のうち、1枚はヴァンガードとしてVとしてヴァンガードサークルに残ります。あぶれてしまったもう一方の<==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>はソウルに置かれます。
    また先述の状況ではLB4が満たされているので<==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>のLB4の自動能力は2回発動します。
    <==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>が2回<==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>にライドしているからですね。

    ちなみに、それらの処理を行った直後のタイミングにて、 誘発条件を満たした<==tcb01=10038@@ハイブ・メイカー>2枚の"このユニットが(V)に登場した時"を誘発条件とする自動能力が2つ誘発しているので<==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>の"《スパイクブラザーズ》がこのユニットにライドした時"を誘発条件とする自動能力2回含めて自由に解決しましょう。

    <==bt10=10019@@バッドエンド・ドラッガー>の2回分の能力によりリアガードがパワー+20000の状況で殴れるので<==tcb01=10019@@ウインクキラー・ミザリー><==promo-400=10088@@デビルダム・ケミスト>などを駆使していきましょう。

    Gユニットにブレイクライド効果を付与できるグレートネイチャーの場合
    最後に超越したユニットにブレイクライドの効果を付与出来るパターンです。

    ヴァンガードが<==bt13=10020@@特別名誉博士 シャノアール>でダメージが4点の状態でターンを開始します。
    ライドフェイズで<==chb02=10019@@特別名誉博士 シャソバージュ>にライドします。

    さてここでも、発動した自動能力が複数存在する時、自動能力はプレイヤーの好きな順番で1つずつ解決できる。というルールに寄り添います。

    今回の状況では、<==bt13=10020@@特別名誉博士 シャノアール>のLB4の自動能力と、<==chb02=10019@@特別名誉博士 シャソバージュ>の自動能力と任意の順番で解決することが可能となります。
    なので<==bt13=10020@@特別名誉博士 シャノアール>の自動能力を先に解決します。
    <==chb02=10019!gp!on!200> 特別名誉博士 シャソバージュ
    【自】:[あなたの手札から「特別名誉博士」を含むグレード3のカードを1枚選び、捨てる] このユニットが「特別名誉博士 シャノアール」からライドして(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのGゾーンから裏の、「全智竜 キャスパリーグ」か「永世教授 ブラマナンダ」を1枚まで選び、(V)に【超越】する。【超越】したら、そのターン中、あなたは【超越】できない。
    すると不思議なことに<==bt13=10020@@特別名誉博士 シャノアール>のブレイクライド能力を解決する前にヴァンガードがGユニットになっています。
    ここですかさず<==bt13=10020@@特別名誉博士 シャノアール>の効果を発動しましょう。するとGユニットに、"あなたの《グレートネイチャー》のリアガードがヴァンガードにアタックした時"を誘発条件とする自動能力を与えることができました。
    夢のブレイクライド能力を持つGユニットが完成しました。
    今後もこういった能力が出てくるかもしれないので覚えておきましょう。

    他にも<==bt12=10018@@ミラクルポップ・エヴァ>から<==chb03=10017@@祝砲竜 エンド・オブ・ステージ>にライドしVスタンドを楽しむコンボもあります。



    このように少々クセのある面白い動きができますのでブレイクライドデッキ構築してみるのはいかがでしょうか?

    今回はここまでです。ありがとうございました。

アルティメットダイキング入り次元ロボデッキ紹介

    posted

    by KENS

    こんにちは
    はじめまして、拝見していただきありがとうございます。
    KENSと申します。

    今回は初投稿ということで悩みましたが、私の超絶お気に入りユニットデッキ"次元ロボ"デッキを紹介させていただきます。

    はじめに
    トーナメントでもある程度戦えるようには構築しているつもりです。

    ですが、あくまでテーマデッキ・ファンデッキの要素が強めの構築であることをご容赦ください。
    次元ロボデッキ
    グレード3
    <==promo-300=10092!gp!on!100!>
    <==promo-300=10092>×4
    <==bt08=10001!gp!on!100!>
    <==bt08=10001>×2
    <==chb02=10077!gp!on!100!>
    <==chb02=10077>×4
    グレード2
    <==gfc02=10037!gp!on!100!>
    <==gfc02=10037>×4
    <==chb02=10031!gp!on!100!>
    <==chb02=10031>×3
    <==geb01=10013!gp!on!100!>
    <==geb01=10013>×3
    グレード1
    <==bt13=10014!gp!on!100!>
    <==bt13=10014>×4
    <==geb01=10025!gp!on!100!>
    <==geb01=10025>×2
    <==bt08=10048!gp!on!100!>
    <==bt08=10048>×3
    <==bt04=10015!gp!on!100!>
    <==bt04=10015>×4

    グレード0
    <==chb02=10061!gp!on!100!>
    <==chb02=10061>×1(FV)
    <==bt08=10057!gp!on!100!>
    <==bt08=10057>×4
    <==geb01=10031!gp!on!100!>
    <==geb01=10031>×3
    <==bt13=10076!gp!on!100!>
    <==bt13=10076>×4
    <==gbt07=10083!gp!on!100!>
    <==gbt07=10083>×1
    <==bt13=10078!gp!on!100!>
    <==bt13=10078>×4
    Gユニット
    グレード4
    <==gfc02=10006!gp!on!100!>
    <==gfc02=10006>×4
    <==chb02=10006!gp!on!100!>
    <==chb02=10006>×4
    <==geb01=10001!gp!on!100!>
    <==geb01=10001>×2
    noimage_90_126.jpg
    次元ロボ総司令 アルティメットダイキング×1
    <==gbt07=10018!gp!on!100!>
    <==gbt07=10018>×1
    <==gfc03=10037!gp!on!100!>
    <==gfc03=10037>×1
    <==chb02=10015!gp!on!100!>
    <==chb02=10015>×2
    noimage_90_126.jpg
    大洋変形 アトランティス・ドルフィン×1


    ・FCにて新規で追加されるユニットも加えより破壊力に磨きをかけています。

    ポイント
    ①なぜ"究極次元ロボ グレートダイカイザー"ではなく"真・究極次元ロボ グレートダイカイザー"(以下、真カイザー)なのか
    最大の採用理由はかっこいいから!
    というのは置いときまして、ここ最近の全体的なパワーのインフレを考えるとクロスライドによるパワー13000というのはあまり意味を持たなくなってきてしまっていることと、スキルの持続力を考えるとやはり<==promo-300=10092@@真・カイザー>の方が優秀だと考えた次第です。

    ②新規ユニット"次元ロボ総司令 アルティメットダイキング"と "大洋変形 アトランティス・ドルフィン"を使いたい!
    次元ロボ総司令 アルティメットダイキング
    noimage_90_126.jpg 次元ロボ総司令 アルティメットダイキング
    Gユニット グレード4
    パワー:15000+ シールドなし
    ディメンジョンポリス/バトロイド
    【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
    【自】【(V)】【Gブレイク】(8):このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのリアガード1枚につき、そのバトル中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。そのバトルの終了時、このユニットのパワーが80000以上なら、このユニットのクリティカル1につき、そのターン中、あなたのリアガードすべてのパワー+10000。
    大洋変形 アトランティス・ドルフィン
    noimage_90_126.jpg 大洋変形 アトランティス・ドルフィン
    Gユニット グレード4
    パワー:なし シールド15000
    ディメンジョンポリス/ワーカロイド
    【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える)【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] 相手のヴァンガードがアタックしたバトル中、このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚につき、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。このユニットのシールドが30000以上なら、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。

    アルティメットダイキングはGB8という達成条件が難しいが圧倒的な破壊力を持っているユニットです。
    次元ロボGユニットのスキル発動には自身とGゾーン同名のユニットを表にして発動するタイプ(以下、Gペルソナ)なので専用デッキを組むことで意外と簡単に達成できるのではないでしょうか。

    アトランティス・ドルフィンに関しては、相手のデッキに左右されてしまい、また抵抗もちのユニットが次元ロボにはいないため、確実に高ガード値を出せるのかという部分があるため採用枚数は少なめですが、一枚で超鉄壁ガード値を叩き出せるので十分採用圏内でした。
    相手によって、<==gfc03=10037@@パトリオット>か<==gbt07=10018@@エクスカリヴー>どちらかを表にするかは決めていきましょう。

    セービング・ドルフィンに関しては次元ロボ比率が下がってしまうため、今回は不採用です。

    最後に
    デッキの特性上、どうしても事故が発生しやすいデッキです。
    ですがうまく回ったときはド派手な攻撃が可能なので是非楽しんでみてください!私はこのデッキが大好きなので超かっこいいユニット達と勝利を掴みましょう!!

    それでは、今回はここら辺で失礼します。また次回会いましょう!

【遊々亭ヴァンガード対戦動画】七海ランナーVSノキエル

VG 超買取強化カード紹介!!(4/14)

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

VGデッキ倉庫

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE

【遊々亭ヴァンガード対戦動画】ナイトローゼVSルアード

by -遊々亭- ヴァンガ担当

READ MORE