戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

天覇への道 in 台湾 ★優勝★ 西日本代表決定戦【デッキ紹介編】

posted

by 睦月

ブログは勝った時に更新するもの!
皆さんこんにちは。睦月です。

7/16,17に行われた「天覇への道 in 台湾」日本代表決定戦。
既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、結果は6連勝で優勝、西日本代表となり総大将の称号を獲得しました!

6弾環境は今まで以上に戦国大戦TCGをプレイし研究を重ねたので最高の結果を残せて本当に嬉しいです。
そこで今回は西日本代表決定戦レポート...の前に使用した焼き謀反蒼の紹介です。

=====deckstart===== @武将-orange <==4.0=10004>*4 <==1.0=10007>*3 <==6.0=10014>*4 <==5.0=10015>*2 <==6.0=10018>*4 <==1.0=10025>*4 <==6.0=10021>*4 <==6.0=10022>*4 <==6.0=10026>*4 @計略-mtgcre <==1.0=10029>*4 <==6.0=10032>*2 @布陣-blue <==5.0=10028>*3 <==6.0=10029>*4 <==promo=10171@橙>*4 =====deckend=====
基本的な形は前回紹介させていただいたものから変更はありませんが調整の結果細かい部分を入れ替えました。
小少将
<==5.0=10015!gp!on!200>

ミラーでの<==6.0=10026@青@織田信長>を止めるのが一番の役割ですが、序盤が脆いこのデッキでは<==3.0=10047@赤@3-047 初芽>や<==5.0=10043@赤@5-043 木下藤吉郎>のようなアドバンテージを稼いでくる低コストを止め信長まで繋いだり、日輪デッキの<==1.0=10057@赤@1-057 前田利家>、島津毛利デッキの<==6.0=10054@赤@6-054 島津豊久>、忠誠デッキの<==6.0=10056@赤@6-056 島左近>、謀反押し付け翠の<==6.0=10089@緑@6-089 井伊直政>と主役となる武将を止めることが出来れば相手は動きづらくなります。
運用の上で注意する点として武将の数が負けている盤面で出しても撤退に追い込まれやすいので盤面を維持することを意識しましょう。
不用意なチャンプブロックは本当に必要かよく考えて行いましょう。
安土城
<==5.0=10028!gp!on!200>

謀反デッキにおいて<==6.0=10026@青@信長>が維持できるかどうかは勝敗に直結する要素です。
<==6.0=10014@青@お市の方>でも回収可能ですが、コストが重いためお市配備回収から再配備はコストが10必要なため間に合わないことも多々あります。
そこで汎用性が高く、国力に先置き出来る<==5.0=10028@青@安土城>をオススメされたので試してみるとこれが大当たり。
すぐに枚数を4枚まで増やしました。
しかし2枚目以降の<==5.0=10028@青@安土城>は<==6.0=10029@青@本能寺>と比べ価値が低くバランスを取るため3枚に落ち着きました。
信長に防柵を付ける動きや2コストで号令をかける効果も強く布陣カードが多くなることによる事故よりも、デッキパワーの上昇を重視しました。
三日天下
<==6.0=10032!gp!on!200>

基本的に弱いのですが、メタカード(特定のカードに対して強いカード、<==6.0=10026@青@信長>に対する<==5.0=10015@青@小少将>や<==1.0=10072@緑@早川殿等>)をメタるために必要な枠です。
一番上のモード以外はほぼ使いませんが、メタカード対策以外にも実はミラーで役に立ちます。
互いに信長を毎ターン配備する流れになることが多々ありますが、信長配備で信長を焼いた後<==6.0=10032@青@三日天下>で互いの謀反をなくすことにより、返しの特殊ダメージが大幅に減少するためこちらの信長が先に攻撃する状況を作り出せます。
蒼、翠相手には裏置きせずにとっておきたいですね。
紅相手でも<==btl=10217@橙@シャクシャイン>で<==6.0=10026@青@信長>を止められる可能性があるため手札に余裕があれば握っておきましょう。
マリガン
マリガンとは手札を最強にするために行う。というのが僕の持論です。
そのためマリガンを考えるときは最強の手札を想像しながら行いましょう。
低コストの武将+布陣カードという手札がほとんどのデッキで最強だと思います。
よって<==4.0=10004@青@深芳野>、<==1.0=10007@青@茶々>、<==6.0=10014@青@お市の方>、<==6.0=10018@青@織田信勝>、<==6.0=10029@青@本能寺>、<==promo=10171@橙@犬山城>以外は原則マリガンです。
武将カードは同じカードが2枚以上あれば1枚になるようにマリガンします(例、深芳野、深芳野、茶々、お市の方、本能寺なら深芳野1枚をマリガン)

「<==5.0=10028@青@安土城>は布陣カードなのにマリガンするの?」という意見があると思いますが、<==5.0=10028@青@安土城>は所謂8コストメイン計略です。7ターン目までは各固有武将を配備したいので序盤は必要ありません。
積極的にマリガンして<==6.0=10029@青@本能寺>を1枚でも多く引けるように立ち回るべきです。

例外としてこのデッキは<==6.0=10026@青@信長>に対する依存度が非常に高いため、<==6.0=10026@青@信長>が2枚以上手札にあるのであれば1枚だけ残してマリガンしています。
1枚でもあれば捨札から回収して使い回せるため1枚あればなんとかなります。
国力配備
このゲームの醍醐味の1つだと感じている国力配備。突然ですがここでクイズです。


先攻1ターン目、国力に何を置くか?
「茶々、お市の方、織田信勝、浅井長政、浅井長政」

<==1.0=10007!gp!on!100> <==6.0=10014!gp!on!100> <==6.0=10018!gp!on!100> <==1.0=10025!gp!on!100> <==1.0=10025!gp!on!100>


正解...かどうかは神のみぞ知りますが、僕なら<==1.0=10025@青@浅井長政>を裏置きします。

まず国力に置くカードですが、<==1.0=10025@青@浅井長政>が手札で重なっているため1枚不要そうですね。
それ以外の武将は戦場に配備したいのでほとんどの方が<==1.0=10025@青@浅井長政>を国力に置くことに異論はないと思います。
しかし表で置くか裏で置くか。これが大きなポイントです。

5弾環境以前では次のデッキトップが計略だった場合、裏置きで処理したい為表置き推奨だったのですが6弾になって話は変わりました。
なぜならば誘発系布陣カードがデッキに入ることになったためです。

5弾環境では<==5.0=10028@青@安土城>しか使っていなかったため8ターン目ぐらいまでに1枚引ければいいと考え国力を配備していましたが、<==6.0=10029@青@本能寺>を始めとする誘発系布陣カードは国力の置き方を変えるほどのインパクトを持っています。

今までのメイン計略のような布陣カードと違い序盤からゲームを大きく動かす布陣カードは早めに国力に置きたいですし、誘発系布陣カードは表置きされればされるほど真価を発揮します。
表置きは全て<==6.0=10029@青@本能寺>が最強です。なら国力の置き方もそうするべきだ。
というのが今の僕の考えです。

勿論この手札から<==1.0=10025@青@浅井長政>を裏で置き、その後表で置けないカードを2枚連続で引いた場合などのリスクもあります。
しかしそのリスクよりも<==6.0=10029@青@本能寺>を引いた際のリターンの大きさを僕は重視しています。
ガンガン(捨札に)いこうぜ
環境初期の頃は<==6.0=10026@青@信長>の疲弊を守るためにチャンプブロック等を行って無理に守っていたのですが、流石の信長でも盤面の数が負けている状態から単騎で逆転できるほどではありません。
信長は使い捨てと思いながら盤面を維持することを意識することが大切です。
どうせ<==6.0=10014@青@お市>や<==5.0=10028@青@安土城>で回収できるので、信長が撤退したら謀反負けしてしまうといった盤面以外では相討ち上等で行きましょう。
某TCGのフレーバーテキストである、「死は労働をやめる理由にならない」という言葉を胸に信長を捨札に送りましょう。
3ターン目お市の方配備時どうするの問題
これがたったひとつの冴えたやりかた。
とまではいきませんが、ある程度納得のいく回答が出来ました。ズバリ、

前提条件:カウンターを得た時に捨札からいずれかのカードが回収できる
  • 相手が謀反を押し付けてくる構築→忠誠を得る
  • 手札に<==6.0=10018@青@織田信勝>がいる→謀反を得る
  • いずれも該当なし→どちらも得ない
上からチェックしていき、例えば相手が謀反押し付け翠で手札に<==6.0=10018@青@織田信勝>がある場合では忠誠得ます。
謀反押し付けに対して忠誠を得るのはわかりやすいと思います。

<==6.0=10018@青@織田信勝>というカードは500特殊ダメージでも飛ばせると非常に強力ですので、謀反負けしやすくなるリスクよりも信勝が序盤から強いリターンの方が上回ることが殆どだというのが
今のところの回答です。

話は少し逸れますが、謀反を得るリスクが重くのしかかるのは<==6.0=10026@青@信長>を2回配備した後に現れます。
なぜなら謀反が10個以上あるため信長が制圧する必要があるため国力が殆どない状態で敵の攻撃を凌ぐ必要があります。
3回目以降の配備が出来るのであれば問題はありませんが、信長がやられてしまい再配備することが出来ない状態になったとき、謀反が12か14かは大きな差があります。
14は5つ減らす必要があるため10コスト必要です。
10コスト用意できなければほぼ負けですし用意できたとしてもターンをスキップすることになるため非常に厳しいです。
このことから、手札に信勝がない場合はどちらも得ないのがオススメです。
忠誠を得るのは7ターン目の信長配備後<==1.0=10023@青@丹羽>が武力3500のリスクが大きいためあまり選択しませんね。


デッキ解説は以上になります。その他にもこういう時にどうするか悩んでいる事があればTwitter等でお声かけしていただければ僕なりの考え方を回答させていただくので
是非お気軽に質問してください!


天覇への道 in 台湾 ★優勝★ 西日本代表決定戦【レポート編】へ続く...

買取強化カード紹介!! 【更新日:10/11更新】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

戦闘計略について

by 睦月

READ MORE

デッキレシピ【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

初心者向けセオリー解説【まとめ】

by 初心者講座

READ MORE

ゲームプレイ指南書【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE