戦国大戦TCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、戦国大戦TCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@戦国大戦TCG担当アカウント@yuyutei_sentcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

5弾対応デッキ紹介【龍造寺紅】

    posted

    by 神嶋

    「またこんな鉄板デッキ書いていいのかな?」って傾奇先覚者に聞いたら「別にいいんじゃないですか」って適当に返事されました、神嶋です。

    デッキレシピ
    龍造寺紅
    プレイヤー:神嶋
    =====deckstart===== @武将-orange <無二==btl=10069@赤@>*4 <伊勢龍姫==5.0=10036@赤@>*3 <尼子晴久==4.0=10040@赤@>*2 <犬塚鎮家==5.0=10041@赤@>*4 <木下藤吉郎==5.0=10043@赤@>*4 <毛利元就==5.0=10050@赤@>*4 <長宗我部信親==2.0=10051@赤@>*2 <ねね==btl=10100@赤@>*1 <山名宗全==5.0=10054@赤@>*4 <龍造寺家兼==5.0=10053@赤@>*3 <塚原卜伝==btl=10228@灰@>*2 <高橋紹運==4.0=10060@赤@>*1 <龍造寺隆信==5.0=10058@赤@>*4 @計略-mtgcre <槍撃訓練==1.0=10062@赤@>*4 <射撃訓練==1.0=10063@赤@>*4 @布陣-blue <村中城==5.0=10060@赤@>*4 =====deckend=====
    カードパワーとシナジーの共演
    今回紹介するのは、目下のところ5弾環境の最強デッキとされている龍造寺デッキです。
    高武力をさらに号令で強化して押し潰すことに長けていますが、敵陣を崩す能力や防御性能もある程度備えています。
    どっしり構えることも急襲することも可能でどちらも強力な、王者の風格のあるデッキといえるでしょう。

    特筆すべきなのは、上記のデッキリストを眺めても解ると思いますが、コンボ重視のデッキでありながら個々の武将の質がきわめて高いということです。これは直接的にデッキの安定性に繋がります。

    基本戦略
    龍造寺デッキは、ビートダウン寄りのコンボデッキです。
    序盤から積極的に攻城し、中盤以降はコンボを狙いにいきます。

    フィニッシュコンボ
    <山名宗全==5.0=10054@赤@!gp!on!150> <龍造寺隆信==5.0=10058@赤@!gp!on!150> <村中城==5.0=10060@赤@!gp!on!150>

    <龍造寺隆信==5.0=10058@赤@龍造寺隆信>がいるときに<村中城==5.0=10060@赤@村中城>を起動して自陣の武将全員に貫通を与え、<山名宗全==5.0=10054@赤@山名宗全>の攻撃により+1000~1500の号令をかけて攻城力2の武将で攻城すると、戦闘計略で抵抗されない限り敵城壁に2ダメージが入ります。
    敵城壁が0枚になってしまえば<龍造寺隆信==5.0=10058@赤@龍造寺隆信>の能力で勝利できますから、何体チャンプブロッカーがいたところで防ぎようがありません。
    攻城力2の無双連撃の有無でかなり上下しますが、敵城壁6枚でも普通に射程圏内のコンボです。
    手順は違えど<==2.0=10032@青@呪鎖の罠>フィニッシュと似ていますが、こちらは武力さえ上回れれば敵陣が何体いようと決めることができる点で優れています。
    過程はどうあれ、最終的にはこのコンボを決めてゲームに勝利することを狙います。

    崩しコンボ
    <犬塚鎮家==5.0=10041@赤@!gp!on!150> <毛利元就==5.0=10050@赤@!gp!on!150>

    5弾環境でプレイした方なら、このコンボを決められて臍を噛む思いをしたことがあるかと思います。特に先手4Tだとほとんど抵抗する手段がありません。
    <犬塚鎮家==5.0=10041@赤@犬塚鎮家>のスペックはコスト帯比較で群を抜いており、3コストにもかかわらずほとんどの4コスト武将よりも高武力になります。5コストと相討ちすることも可能で、しかも貫通によって城を詰めることもできます。とてもコモンの性能ではありません。

    カード解説
    山名宗全
    <山名宗全==5.0=10054@赤@!gp!on!200>

    一般的な「主君スペック」武将は、5コスト3500攻城2で+500号令と何らかのメリット能力をひとつ持っています。
    <==1.0=10025@@!gp!on!150!>
    <==1.0=10025@青@>
    <==1.0=10058@@!gp!on!150!>
    <==1.0=10058@赤@>
    <==4.0=10089@@!gp!on!150!>
    <==4.0=10089@緑@>
    <山名宗全==5.0=10054@赤@山名宗全>は追加の能力こそ持っていませんが、肝心の号令部分が一線を画す強力なものとなっています。色や武家を問わないのも当然強いのですが、やはり武力上昇量が飛び抜けているのが重要です。

    自身が槍足軽で、紅の強力なカードは多くが槍であることから、強く運用するためには騎馬や弓鉄砲の武将を用意することが必要となります。
    <龍造寺家兼==5.0=10053@@!gp!on!150!>
    <龍造寺家兼==5.0=10053@赤@>
    <毛利元就==5.0=10050@@!gp!on!150!>
    <毛利元就==5.0=10050@赤@>
    なお、龍造寺フィニッシュコンボの際には結構な頻度で無双連撃を行うことになります。そのときは号令に1回制限がないのが効いてきます。+3000などはザラです。

    龍造寺隆信
    <龍造寺隆信==5.0=10058@赤@!gp!on!200>

    号令持ちの7コスト武将でありながら直接戦闘を行うことはあまりなく、龍造寺コンボを決めるための置物としての仕事がメインとなります。

    このデッキにはデフォルトで【貫通】を持つ武将は採用されていません(実質的には<犬塚鎮家==5.0=10041@赤@犬塚>が持っています)が、<村中城==5.0=10060@赤@村中城>の貫通付与能力がかなり強力であるため問題になりません。
    龍造寺家への+500号令が配備時にも発動するので、<犬塚鎮家==5.0=10041@赤@犬塚>が4000で殴れるようになることは覚えておきましょう。これは龍造寺デッキを使われる場合にもケアして動くのが無難です。

    木下藤吉郎
    <木下藤吉郎==5.0=10043@@!gp!on!200>

    ここまで解説してきたデッキの動きからは浮いた武将に見えると思います。何故このカードが4枚もスロットを埋めているかというと、単純にこれが強すぎるからです。
    3コスト武将としては<犬塚鎮家==5.0=10041@赤@犬塚>並みに<毛利元就==5.0=10050@赤@毛利元就>と相性がよく、敵陣の状況によっては疲弊させた武将を倒してドローできる可能性もあります。
    3ターン目に<犬塚鎮家==5.0=10041@赤@犬塚>と両方持っていた場合は、敵武将や<毛利元就==5.0=10050@赤@毛利元就>の有無にもよりますが「2枚持っている方」を配備しておけば大体いい結果になります。

    伊勢龍姫
    <伊勢龍姫==5.0=10036@@!gp!on!200>

    2コスト武将ですが、2ターン目に配備してもブロッカーとしてしか使えないため、2Tドロップではなくいわゆる8コスト武将として採用されています。
    無双連撃、<==2.0=10032@青@呪鎖の罠>フィニッシュ、龍造寺コンボ、【三葵】による攻めなども防ぐことができます。
    基本的には守るための効果なのですが、<山名宗全==5.0=10054@赤@山名宗全>の号令から殴れるだけ殴り、能力を起動して相手のカウンターに蓋をする攻めの使い方も非常に強力です。

    おわりに
    5弾環境の紅はおそらく過去最高に強いです。
    対抗するには盤面を崩す必要があるのですが、キーカードが5コスト以上であるため簡単ではありません。
    デッキを組む際はまず龍造寺デッキへの対抗策を考えましょう。

    それでは今回はここまで。
    次回をお楽しみに!

買取強化カード掲載中!

    posted

    by 遊々亭@戦国TCG担当

    戦国TCG超買取.jpg
    戦国TCG 買取強化カード紹介!!

    こんにちは、遊々亭@戦国TCG担当です。
    本日は強化買取中カードをご紹介致します!
    ゲーム環境に必須カードから次弾追加が見込まれるカードまで情報が盛りだくさん!あなたのストレイジに眠っているあのカードがもしかしたら高値がつくかも!?

    是非、ご覧ください(`・ω・´)ゞ
    【2017/4/21】更新です。


    特殊ダメージに注目!
    勢力""
    <==btl=10036!gp!on**buy> 買取ページはこちらから!
    魅惑の銃弾で相手を貫く<==btl=10036@青@池田せん**buy>!
    強化買取中!
    <==btl=10036@青@BTL-020 PT 池田せん**buy>
    強化買取中!
    <==btl=10051@青@BTL-030 PT 上杉謙信**buy>
    強化買取中!
    <==5.0=10025@青@5-025 PT 上泉信綱**buy>
    【貫通】デッキが話題に!
    勢力""
    <==5.0=10058!gp!on**buy> 買取ページはこちらから!
    環境を引き裂いた肥前の熊<==5.0=10058@赤@龍造寺隆信**buy>!
    強化買取中!
    <==5.0=10058@赤@5-058 PT 龍造寺隆信**buy>
    強化買取中!
    <==3.0=10047@赤@3-047 PT 初芽**buy>
    強化買取中!
    <==btl=10111@赤@BTL-065 PT 豊臣秀吉**buy>
    【新星】が人気!
    勢力""
    <==5.0=10069@緑@!gp!on**buy> 買取ページはこちらから!
    新星ならお任せ!<==5.0=10069@緑@江姫**buy>
    強化買取中!
    <==5.0=10069@緑@5-069 PT 江姫**buy>
    強化買取中!
    <==5.0=10108@緑@5-076 TR 松平竹千代**buy>
    強化買取中!
    <==5.0=10089@緑@5-089 PT 北条氏康**buy>
    今回の買取強化情報は以上です。
    では( ̄ー ̄)ノ


    遊々亭公式Twitter、担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 戦国大戦TCG担当Twitter】 @yuyutei_sentcg

デッキ紹介&5弾発売記念大会レポート

    posted

    by 睦月

    皆さんこんにちは!睦月です。

    今回は僕が使用している蒼のデッキ紹介記事です...が、せっかくなので4月の頭に東京で行われた5弾発売記念大会に持っていったデッキ紹介&レポート。
    そしてその後デッキをどのように改良していったのかという経緯や考え方を述べさせていただきます。

    睦月流デッキの組み方
    step1~どうやって勝つのか~
    勝つためにデッキを組む上で最も大切なことだと考えています。
    漠然とした状態でデッキ構築を行うのではなく、具体的にこうやって勝つ、いわば必殺技を作ることが出来ればデッキは8割5分ほど完成したも同然です。
    今回の必殺技は「上泉+何れかの特殊ダメージで敵陣の大型武将を毎ターン撤退させる」という必殺技を考えたのでそれが達成できるような構築を目指していきます。

    step2~主役を引き立てる脇役達~
    必殺技が決まったらそのカードと相性の良いカードを探していきます。ここで注意するべきことは各コストバランス良く採用することで、いくら相性が良くてもデッキに同じコストの武将を入れ過ぎてしまうとデッキのバランスが悪くなってしまいます。
    終盤にも使える高コストのカードならともかく低コストの武将を2種類以上固有でとるのはリスクもあるのでまずは各コスト1種類ずつ選択するようにしましょう。
    逆に5コストの武将は攻城力の上がるタイミングなので2種類固有に取って確実に配備できるようにしましょう。

    デッキタイプにもよりますが

    低コスト(1~4コスト)......各コスト1種類ずつ
    5コスト        ......2種類~3種類
    高コスト(6~7コスト)......合計2~3種類
    8コスト+計略     ......3~4種類

    この基準を守ってデッキを組むとバランスが良くなると思います。今回もこれに沿ってデッキ構築を行っていきます。
    <上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>と相性の良いカードとしてまず候補に挙がったのが<織田信長==btl=10044@青@肖像画信長>です。<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>の2000+<織田信長==btl=10044@青@信長>の2000ダメージでほとんどの武将を撤退させることが出来ます。
    <織田信長==btl=10044@青@信長>の効果を発動させるためにも他のコスト帯に鉄砲隊の武将を取ることにします。更に特殊ダメージを飛ばせると<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>とも相性が良いので4コストに<帰蝶==btl=10034@青@帰蝶>を取ります。
    そうすると低コストはバニラ寄せの構築にしたいので1コストは<==btl=10005@青@羽柴秀吉>が良さそうですね。
    ここまでで<==btl=10005@青@羽柴秀吉>、<織田信包==1.0=10010@青@織田信包>+<四葩==btl=10020@青@四葩>、<帰蝶==btl=10034@青@帰蝶>、<織田信長==btl=10044@青@織田信長>、<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉信綱>を4枚固有として採用することが決定しました。
    空いている2コストも固有として何か採用したいので良さそうなカードを探します。
    相性の良さそうなカードとしてはバニラシナジーのあるバニラ3種か鉄砲隊で基準値武力のある<==3.0=10005@青@志駄義秀>のどちらかでしょうか。
    正直好みの範囲だと思いますが築城により長期戦を狙うことの出来るデッキのため終盤の強さを重視してバニラを採用することにしました。
    しかし<織田信長==btl=10044@青@信長>のために鉄砲隊の武将は多めに採用したいのでもう一つの5コストの固有は特殊ダメージを飛ばせる+鉄砲隊の<==1.0=10024@@滝川一益>を採用することにしました。
    高コストの武将がまだ<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>のみですのでバニラシナジーのある<前田利家==btl=10050@青@前田利家>、捨札から<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>を回収できる<上杉謙信==btl=10051@青@謙信ちゃん>を採用します。
    計略は<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>が継続して攻撃しやすい<再誕の雫==4.0=10028@青@再誕の雫>、手札を使わずに特殊ダメージを飛ばせる<火遁の罠==1.0=10033@青@火遁の罠>を採用します。8コスト枠として捨札から<上泉信綱==5.0=10025@@上泉信綱>の回収、織田家の武将が多いので号令も強力な<安土城==5.0=10028@@安土城>も採用します。
    ここまでで12種カードを採用したのでデッキ構築はほとんど完成です。後の2枚自由枠で好みで採用を決めてもいいですね。僕は重いデッキが好きなので<深芳野==btl=10015@@深芳野>を採用しました。

    step3~実践あるのみ~
    デッキ構築が終わればあとは実際にプレイして違和感を感じた部分を取り除くだけです。...が今回は時間もないので感覚でサクッと調整しました。

    デッキレシピ
    鉄砲バニラ蒼
    プレイヤー:睦月
    =====deckstart===== @武将-orange <羽柴秀吉==btl=10005@青@>*4 <山内一豊==4.0=10002@青@>*1 <絶姫==btl=10003@青@>*1 <溝口秀勝==1.0=10005@青@>*1 <山浦国清==2.0=10005@青@>*1 <小少将==btl=10011@青@>*1 <深芳野==btl=10015@青@>*2 <織田信包==1.0=10010@青@>*2 <四葩==btl=10020@青@>*2 <帰蝶==btl=10034@青@>*4 <織田信長==btl=10044@青@>*4 <滝川一益==1.0=10024@青@>*3 <丹羽長秀==1.0=10023@青@>*1 <上泉信綱==5.0=10025@青@>*4 <前田利家==btl=10050@青@>*3 <上杉謙信==btl=10051@青@>*3 <明智光秀==3.0=10027@青@>*1 @計略-mtgcre <再誕の雫==4.0=10028@青@>*4 <火遁の罠==1.0=10033@青@>*4 @布陣-blue <安土城==5.0=10028@青@>*4 =====deckend=====

    細かい枚数は感覚によるものなのですが、デッキを重くしたくて4枚積みのカードの中でもイマイチだと感じたカードや2枚目以降の価値が低いと感じたカードを3枚にし、1枚挿しのカードを増やして気持ち終盤戦を強くしてみました。
    5弾発売記念大会レポート
    1回戦:槍龍造寺紅 ×
    初戦からおなじみ神嶋塾長とのマッチ。互いに5ターン目に5コストが出ない悪い流れから終盤戦へ
    こちらのやりたい<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>ムーブはしっかりと戦闘計略を合わせられやりたいことが出来ず、<==btl=10100@赤@合戦ねね>+<==btl=10111@赤@秀吉>といつものコンボでアドバンテージを付けられてしまいゆっくりと確実に追い詰められて負けてしまいました。
    新弾直後なのにこちらの困ることを適切に行ってきて流石の強さでした。
    わざわざ東京に来たのに初戦負けは心が辛かったです...
    1.5回戦:ルール把握
    何を言っているんだと思われるかもしれませんがこの日はルールが普段と少し違っていました。
    • 予選4回戦のスイスドローで成績上位者4名が決勝トーナメントに進出
    • 試合時間は25分で25分経過したらその時点で試合終了。よって引き分けがある
    • 成績が同じ場合は残り城壁の枚数が多い人が優先される
    つまりオポーネントが関係ない+築城出来るためかなり有利なルールということです。
    汚いやり方ですがこの後3連勝してかつ築城を積極的に行っていけばまだチャンスはある!ということで元気を出して2回戦へ。

    2回戦:新星紅翠 〇
    2色デッキで非常に面白い動きが多く対戦していて面白かったです。
    <==5.0=10044@赤@宇喜也嘉>で手札を維持しながら【新星】を繰り返されピンチに...と思ったのですが、<==5.0=10043@赤@木下藤吉郎>が出てこないため手札自体は増えず、盤面も特殊ダメージでどんどん焼いて攻城していくと城壁から<==5.0=10043@赤@藤吉郎>が3枚捲れて安心して勝利。
    築城しまくったので城壁11枚での勝利で睦月汚いと言われてました。

    3回戦:焙烙紅 〇
    <==5.0=10050@赤@毛利元就>にフィーチャーした構築で序盤からドンドン攻めてきます。しかしこちら<羽柴秀吉==btl=10005@青@秀吉>の配備に成功したので築城で何とか耐えて終盤戦を狙います。
    最終的にはガン攻めされた後<==5.0=10036@赤@伊勢龍姫>を起動され返しを大きく制限されてしまいました。しかしそこで活躍したのがデッキの主役である<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>。
    戦闘計略で相手の<==5.0=10058@赤@龍造寺隆信>に戦闘勝利しその後無双連撃で<==5.0=10036@赤@伊勢龍姫>を撤退させ勝負あり。かなり際どい勝負でした。

    4回戦:グッドスタッフ紅 〇
    相手さんはグッドスタッフ紅を長らく使っているかなりの玄人。
    なので厳しい勝負になるだろうと考えていましたが、相手さん高コストがあまり配備出来ず<上泉信綱==5.0=10025@青@上泉>がすべて焼き払って勝利!何とか首の皮一枚繋がった形になりました。

    その後決勝トーナメント進出者の発表なのですが...何とか4番目に呼ばれてガッツポーズ。予選抜ければ1位も4位も同じなのでかなり嬉しかったです。

    決勝トーナメント:グッドスタッフ紅 ×
    先攻で<織田信包==1.0=10010@@信包>→<帰蝶==btl=10034@@帰蝶>と動くものの<==3.0=10046@赤@無二>→<==5.0=10050@赤@毛利元就>と動かれ<織田信長==btl=10044@青@信長>を止められてしまう。
    更に<==5.0=10054@赤@山名宗全>と<==2.0=10051@赤@長宗我部信親>が全く止まらなく<前田利家==btl=10050@青@前田利家>、<上杉謙信==btl=10051@青@謙信ちゃん>と並べたところで<==promo=10027@赤@本願寺蓮如>が飛んできて椅子から転げ落ちました。



    そんなこんなでよく言えばベスト4の成績を残すことが出来ました。
    しかし他のベスト4の方々は全員紅で世は大紅時代を迎えしまった!!
    果たして睦月は拘って蒼を使い続けるのか!
    それともティア1には勝てなかったよ...と言うのか!


    後半へ続く

買取強化カード掲載中!

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

戦闘計略について

by 睦月

READ MORE

デッキレシピ【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE

初心者向けセオリー解説【まとめ】

by 初心者講座

READ MORE

ゲームプレイ指南書【まとめ】

by 遊々亭@戦国TCG担当

READ MORE