三国志大戦 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、三国志大戦に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@三国志大戦担当アカウント@yuyutei_san遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • 動画
  • ニュース
 

勝利への道筋は見えている!

posted

by 虎斗

勝利への道筋は見えている!
こんにちは、虎斗です。
新年度もはじまりまして、いろいろと忙しくなってきましたね。
せっかく四月一日を挟むので、エイプリルフールネタでも挟もうかと思ったのですが、いまさらなんたら蔡文姫さんになりきるのは、年齢的にも精神的にも世間の目的にも厳しいので自重しました。
ユーモラスな記事は或椿君主にお任せしようと思います。

というわけで、前回の日記から引き続き攻略記事になりまして、今回は内乱と攻城についてです。
内乱を何回入れたらセーフティなのか、態勢を整えるために何回までもらって大丈夫なのか、そのあたりを計算しながら戦うと勝ち負けが納得できるようになりますから、全国対戦をもっと楽しめると思いますよ。
相手を封殺し内乱による勝利を目指すワラデッキ
10094.jpg 10140.jpg 10052.jpg
1トップ、もしくは2トップの6枚以上のデッキタイプは、その構成上号令が入らない形が多いため、基本的には内乱を狙う立ち回りがメインとなります。
号令、舞いデッキを相手にするときはいかに相手の勝ちパターンから逃れ続けられるかがキーになりますね。
相手の部隊を主力部隊の計略で落としながら、1コスト部隊で戦場を塗り進めて内乱をとって守りきる形が、勝ちパターンのひとつになります。

まっすぐに王道を行く、号令デッキ
10023.jpg 10056.jpg 10109.jpg
号令で味方全体を強化して戦うタイプのデッキです。
主軸となる英傑号令持ちの武将がSR曹操SR孫権SR劉備といった2.5コストと2コストであること、最終的な目標が敵城付近で号令を使って攻城を決めることであることから、攻城力の高い2コストを多めに採用した5枚デッキが多いです。
必勝形は敵城に近づいてからの号令→法具(【増援の法】など)→号令のコンボで一気に城を削ること。
ある程度士気を貯める必要があるため、手数の多いワラデッキ相手には先手を取られることが多いです。
最終的な目標を決めておき、どっしりと構えて慌てずにさばきましょう。

命を懸けても姫を守る、舞いデッキ
10011.jpg 10084.jpg 10132.jpg
前述のふたつと比べてちょっと特殊なタイプですが、どれも最終的に目指す勝ちパターンはひとつ。
舞い計略を使ったあとで舞姫を守って士気効率を高め盤上を優位にして勝つ。
ということです。
舞い計略は止まらなければ効果時間が永続ですから、続けば続くほどアドバンテージが取れるんですよね。
特にSR貂蝉の『傾国の舞い』は直接城ダメを奪えることから、勝利までの計算がかなりしやすいです。

内乱と攻城、どっちでショウ!?
ひと通り説明をしたところで、内乱と攻城について説明をしていきましょう。

内乱を起こせ!
内乱は優勢状態を10カウントキープすることで、攻城は約2カウント相手武将の乱戦や弓攻撃を受けなければ、攻城エリアに置いておくことでダメージが入ります。
この内乱の優勢劣勢について覚えておくと、実戦では特に次の動き方に役立ちますよ!
まず前提として、優勢状態は何マス塗ればいいでしょうか。
ことさん1.jpg ことさん2.jpg
左の画像の状態が最低値の内乱が起こる状態になります。ここから1マス塗った右の画像では優勢状態ではありません。
三国志大戦のマップは12×12マスなので全体で144マス。
左の画像では90マス塗っている状態なので、約3分の2を塗ることで優勢状態になることがわかりますね。
ということは、ワラデッキを使っている場合は最効率で90マスを塗れる動きをすることが目指すべき塗り方、ということになります。
もちろんそれ以上塗った状態で内乱が起こせれば、内乱ダメージが増えるのでなおよし、ですけどね。
マス目は12×12マスなので、征圧2の武将が縦に4部隊走ればだいたい優勢状態になることになりますね。
6部隊横にして走らせるとマップ全体を塗り潰せるということになります。
ことさん3.jpg
なんとなく上位プレイヤーのワラデッキを見てみると、征圧2のカードが4枚くらい入っていたりしませんか?
これは1番簡単に優勢を取れる形なので、なんとなくでも自然にこんな感じになってる、ということですね。
慣れてきたら下から上にスイープするだけでなく、優勢状態を維持するために敵陣近くから自陣に戻ってくるような動きをするとなおいいです。
ワラデッキではありませんが、もんぎゃは団君主がよくやる動きが、自陣3列と左右2列づつ、敵陣深くの2列を塗って優勢にしてからの自陣のまだ塗れていないところを塗るムーブ。
もんぎゃは1.jpg もんぎゃは2.jpg もんぎゃは3.jpg
これだと相手が城から出て塗っても、こちらも同じだけ塗るところがあるので優勢状態が解除されず、内乱が取りやすいです。
こうやって内乱を取ったあとは主力の計略で相手を倒す、というのがワラデッキの勝ちパターンになりますね。

攻城を狙え!
では逆に号令デッキはどうすればいいのかというと、相手が計略を使ったところを付き合わず、最低限の内乱ダメージで防ぎつつ敵城を目指すということになります。
士気を貯めてから敵陣を目指すのが基本ですから、中盤までは耐える時間が続きます。
なので与えていいダメージは、無理をして止める必要はありません。
自分の部隊が撤退してしまうくらいなら、遠慮なく与えましょう。
内乱ダメージの最低値は約8パーセントなので、2コストの槍兵の壁か騎兵の城門で逆転できます。
なので、一回あたりの内乱につき何回攻城を取ればいいのかを考えて動くようにしましょう。
内乱は約10カウントの間、優勢状態を維持する必要があるので、開幕から内乱を取られ続けても、こちらの士気が貯まるまでにくらう攻城ダメージは、最大で約50パーセントほどです。
ということは、一回相手の内乱を減らせば40、二回分減らせば30パーセントの城ダメで逆転ができます。
相手が計略を使ったら落ち着いて下がって、次の機会を待ちましょう。

ワラデッキ側が一番ありがたいのは、号令デッキ側の部隊が落ちて号令の威力が半減することです。
1部隊落ちるだけで、端攻めや弓兵への乱戦要員などをフォローできる限度が格段に落ちますからね。
最終的にと呼ばれる号令法具号令のコンボでまくるのが、号令デッキのやり方ですから、ワラデッキの思惑に乗らないように落ち着いてプレイしましょうね。


というわけで今回は内乱と攻城ダメージについてでした。
ではまた次回の記事でお会いしましょう。
虎斗でした。

サイドジャストローダー スリム 取り扱い開始!!

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

縁30から始める三国志大戦生活 曹魏編

by 弘介

READ MORE

新しい戦端が開かれる

by 虎斗

READ MORE

ルーレット!スタート!

by 或椿

READ MORE

三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.07A】

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【Ver1.05D】動画まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

三国志大戦 初心の章 まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE