三国志大戦 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、三国志大戦に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@三国志大戦担当アカウント@yuyutei_sen遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • 動画
  • ニュース
 

三国志大戦 デッキ倉庫

posted

by -遊々亭- 三国志大戦担当

倉庫.jpg
三国志大戦デッキ倉庫
デッキ倉庫はVERごとに見かけるデッキを紹介していくBlogとなります。
随時更新していく形式となりますのでよろしくお願いします。


【17/01/16 更新情報】
魏・呉・蜀・2色のデッキ
を更新



魏デッキ
覇者の求心デッキ
hasyakyu dekki.png
SR曹操 UC曹洪 C満寵 C劉曄 UC于禁
SR曹操の強みはなんといっても武力/知力の数値の高さ。号令持ちの中では一際戦闘力が高い。
魏は優秀な騎兵が多いため、騎兵単もしくは槍兵を1枚だけ入れた騎馬が多めの編成にするのがオススメ。
『覇者の求心』の範囲は自身を中心とした横長の長方形で、かなり狭いので号令をうつ時に部隊が範囲から外れないように気をつけよう、またその際には相手の妨害・ダメージ計略にも注意が必要。

反計入り覇者の求心デッキ
170104hankei hasyakyuu.png
SR曹操 R徐晃 C満寵 UC程イク C李典
こちらは『覇者の求心』と相手の計略の発動を無効化する反計を合わせてデッキ。
反計は範囲が狭くかつ所持武将の武力も低いため、位置取りが難しい。しかしその分見返りは大きく使いこなす事が出来れば相手へのプレッシャーは強大なものとなる。

女傑の連撃・覇者の求心デッキNEW!!
女傑覇者求.pngSR曹操 SR王異 SR張春華 C李典 UC程イク
SR王異がデッキの2コストに入り、『女傑の連撃』での立ち回りを追加したデッキタイプ。現在、魏の2コスト槍兵はUC典韋R曹仁SR王異のみとなっている。UC典韋では妨害とダメージ計略に極端に弱く、R曹仁では素武力が低いということが懸念され、魏の2コスト槍兵はかなり難しいコスト帯といえる。そこにSR王異が計略効果時間が90c以上ある『女傑の連撃』を持つことによりデッキに採用される。基本は『女傑の連撃』を開幕に1回使用し、武力9の槍兵を作る。そこから相手の攻めに合わせて、2回目の『女傑の連撃』を使用タイミングを探っていく。最後の20~30カウントほどになった段階で武力12以上の槍兵を備え、『覇者の求心』を撃つことで攻城を取ることは容易だろう。通常時に反計の2部隊をしっかりチラつかせて相手をけん制していこう。完成形は非常に強力なデッキだが、終盤までの征圧管理や、SR王異を撤退させない動きなど使用するにはかなりのスキルが必要になる。

神速の大号令デッキ
170104sinsoku dekki.pngSR夏侯惇 SR張遼 SRホウ徳 R賈ク
枚数が少なく、制圧力合計も高くないが、圧倒的な機動力を誇るため総じて見た目より制圧合戦は強い。
一瞬の隙をついて『神速の大号令』で相手を壊滅させることも出来て、SR夏候惇の『隻眼の一喝』やR賈クの『離間の計』によって槍兵の集団や、超絶騎馬に対して強いため、現時点では非常に強力なデッキの一つ。


呉デッキ
若き王の手腕デッキ
syuwan dekki.png
SR孫権 SR孫策 UC朱桓 C淩操 UC朱然
SR孫権は武力こそ低いものの2コストの中でもトップである制圧力3というのが強み。
制圧力を上げたり、計略で自軍の制圧領域を増やすことも出来るので士気を投入した制圧合戦が非常に強い。
『若き王の手腕』の範囲は自身が後方中心に位置する長方形、前と横は広いが後ろの範囲が狭いので孫権を攻城エリアにいれて計略を使う時に、マウントしている騎兵が範囲から外れやすいので注意。

駿才の大号令デッキ
170105syunsai.png
R陸遜 SR周ユ UC陳武 UC朱桓 C朱治
R陸遜の『駿才の大号令』は約9Cの溜めの後、武力+6、制圧力+1がおよそ10Cほど続く。相手の攻めを凌いだ後のカウンターの場面で使うと効果的である。
SR周ユの『赤壁の大火』は知力5に対して8~9割程も削る程の威力で士気7と重いものの、あらゆる場面で狙うメリットはある。

魅力盛り号令デッキNEW!!
魅力号令2.pngSR孫策 SR孫権 R陸遜 SR小喬 SR孫尚香
特技・魅力を持つカードを多く登録し、早い段階での攻めを狙うデッキ。開幕は相手の攻めに対して、守りに入る形になるだろうが、それを凌いで形さえ作ってしまえば『駿才の大号令』をため始めることができるだろう。相手の攻めも止めなければならないが、しっかり相手が戦場にいないことを確認してから計略を使用していこう。理想的な流れとしては『駿才の大号令』→法具→『若き王の手腕』だろう。中盤までに大幅なリードをとって守りでのSR孫権の『若き王の手腕』やSR孫策の『小覇王の蛮勇』は非常に優秀である。

麻痺矢の大号令デッキ
麻痺矢デッキ.pngR丁奉 UC朱然 C呉景 C朱治 C虞翻 R呉国太
伝統の麻痺矢デッキ弓兵5槍兵1となっていますが、まだまだ研究が続いているデッキの内の一つ。環境的に扱うのは厳しいが、相手のデッキによっては一方的に蹂躙することができる。総合征圧力もSあるので相手の攻めに対して、開幕も内乱が起こりにくいだろう。高いラインでの戦線維持からの下がりながら走射し、相手との中間距離をしっかり保ちつつ、戦闘をしていきたい。

呉バランスデッキ
170104gobara.pngR太史慈 SR小喬 SR孫堅 R呂蒙 R呉夫人
R太史慈の『剛弓麻痺矢戦法』は剛弓のダメージが高く、また麻痺矢効果もあるため、騎兵であろうと逃がさず撃破する事が出来る。
基本はこの計略を中心に戦い、ラインを上げて敵城門前でのSR孫堅の『天啓の幻』を狙おう!
計略の選択肢が豊富で対応力が高い分、何の計略を使うか迷い易いため、試合を組み立てる力が試される。

断金太史慈デッキ
mituki.pngSR孫策 R太史慈 SR周ユ SR小喬 C淩操
呉バランスデッキから号令を抜き、ダメージ計略を加えたデッキ。
R太史慈の『剛弓麻痺矢戦法』を主軸に戦闘を展開していく。ここぞという場面ではSR周ユの『赤壁の大火』で対応しよう。『赤壁の大火』は知力4まで撤退させることができるので、非常に強力なダメージ計略である。しかも計略範囲が大きいので、しっかり相手のキーカードを撤退に追い込んでいこう。


蜀デッキ
劉備の大徳6枚デッキ
daitoku dekki.png
SR劉備 R夏侯月姫 R魏延 C廖化 UC呉蘭 C霍峻
劉備は武力が低く足の遅い槍兵で制圧力も普通だが特技「復活」を持っているため仕事が多く出来る。
『劉備の大徳』の範囲は自身を中心とする巨大な円。前後左右に広いので武将を範囲に入れやすく非常に使いやすい。
範囲が広いため、号令の中でも6枚デッキを組みやすいのが最大の特徴。

劉備の大徳5枚デッキ
5maidaitoku.pngSR馬超 SR劉備 UC呉蘭 SR関銀屏 UC馬岱
5枚型になることにより、開幕に特技・伏兵が2枚と安定感が増した。SR馬超の採用により、SR劉備の『劉備の大徳』では不利だったデッキに対して、SR馬超を主軸にしたデッキとしての運用が可能となった。UC馬岱はスペックが良いが征圧0なので将器主効果【征圧力上昇】を付けているものを選びたい。

武神の大号令デッキ
busin dekki.png
R関羽 SR馬超 C廖化 UC雷銅
『武神の大号令』は1部隊で+9、2部隊で+8、3部隊で+7、4部隊で+6
非常に高い武力上昇値なので、特に号令同士のぶつかり合いで強い!
またR関羽が唯一の制圧力4という数値なので、制圧合戦における枚数の少なさをカバー出来る。

5枚武神の大号令デッキ
1701045maibusin.png
R関羽 UC劉封 UC雷銅 C伊籍 C麋竺
5枚型にすることによってワラデッキ等に対して対応力が上がる。
この形でも、R関羽UC劉封UC雷銅の3部隊だけで『武神の大号令』をうてば、英傑号令相手に押し負ける事は少ない。
C麋竺C伊籍の計略で消耗戦を仕掛けてくる相手への対応も楽になる。
開幕の制圧力がSになるのも魅力である。

八卦の軍略デッキ
八卦の軍略.pngR張飛 SR趙雲 SR諸葛亮 C麋竺 UC馬岱
今回、武力2征圧3になったSR諸葛亮のデッキ、運用法は非常に難しいが一例を上げておく。
R張飛SR諸葛亮の『八卦の軍略』を1体掛けするがメインの動きとなる。『八卦の軍略』で基本的に戦場中央の支配を続ける形になる。R張飛には将器主効果・攻城術を付け、『八卦の軍略』を1体掛けし、城門に進ませ、C麋竺の『車輪の伝授』で超武力のR張飛を作り上げ、攻城をもぎ取ろう。SR趙雲はこの動きに対して、厳しそうな対6枚デッキの時に『神速戦法』で活躍してくれるだろう。

白銀の獅子デッキ
hakuginn.pngSR馬超 UC呉蘭 UC孟達 R夏侯月姫 R麋夫人 C廖化
SR馬超がメインの6枚デッキ。SR馬超の『白銀の獅子』を中心に戦っていくデッキだが、UC呉蘭の『憤激戦法』での相手武将の足並み崩し、R麋夫人の『挺身の身代わり』で妨害・ダメージ計略を受けたSR馬超を復活させ、闘うのも良いだろう。デッキの征圧が総合Sなので開幕から試合を有利に展開できるだろう。コツとしては『白銀の獅子』は突撃ではなく、乱戦のみで使用しても強いということを覚えておくと良い。特に対号令の場合は相手が号令を撃たざるを得ないような形になりやすい。移動速度の上がったSR馬超には追いつけないので、上手く計略を使わせ、枚数を活かし、相手を翻弄しよう。

回復の舞いデッキNEW!!
回復の舞いデッキ.pngSR趙雲 UC沙摩柯 UC呉蘭 C麋芳 Rホウ統 R甘夫人
三国志大戦シリーズ屈指の人気を誇る『回復の舞い』デッキ。人気の反面、操作は非常に難しい。現状、R甘夫人の『回復の舞い』の回復効果は非常に高く、他の舞い計略とは異なり、制圧が下がらないところが非常に強い。UC沙摩柯の『零距離戦法』やUC呉蘭の『憤激戦法』をこまめに使い、攻城と防衛をしていこう。『回復の舞い』を使うタイミングは基本的に士気7が貯まったタイミングというよりは相手の1回目の攻めを守り切ってカウンターが決めれるタイミングからとなる。相手の攻め→守り切る→カウンターで『回復の舞い』→士気に余裕のある立ち回りで攻めるという形が理想。Rホウ統がキーカードなので撤退させないように心がけたい。


群雄デッキ
呂布ワラデッキ
ryohu dekki.png
SR呂布 SR鄒氏 UC陳宮 C程遠志 UC張魯 C波才
SR呂布は現状単独トップの武力10という圧倒的な戦闘力を誇る!しかしその反面知力は1という極端な性能をしているため、他の武将でのサポートが必要。
『天下無双・飛』は武力+14・超速度上昇・兵力回復と正に天下無双の性能をしている!
さらに【飛翔】という特別なアクションによって、計略発動時にジャンプをして、着地地点にいる相手部隊にダメージを与える事が出来る。この【飛翔】中は計略の対象にならず、また迎撃を取られることもないので、槍兵に向かって飛んだり、ダメージ計略持ちの懐に飛び込んだりと様々な使い道がある。

暴虐なる覇道デッキ
toutaku.pngSR董卓 R華雄 C張繍 UC臧覇
『暴虐なる覇道』は士気5で武力+6に加えて移動速度も上昇するため非常に強力!
しかし1部隊につき約5%程、自城にダメージをうけてしまう。
そのため計略を使用した場合、内乱+攻城を必ず1、2回以上取らないと削り負けてしまうので気をつけよう。

2色デッキ
鳥丸流弓技デッキ
トウトウンワラ.pngRトウ頓 R馬玩 R左慈 SR鄒氏 C淩操 UC張絋
Rトウ頓の『鳥丸流弓技』をメインに運用するデッキ。『鳥丸流弓技』は弓射程が非常に長くなり、相手の征圧力を下げることができるため、牽制に非常に向いている。相手の高コスト槍兵や主力カードを狙って、制圧させないように相手の兵力を削ろう。R左慈の『変化の仙術』やSR鄒氏の『誘惑』、Rトウ頓をサポートするUC張鉱の『麻痺矢の伝授』と計略の幅も広い。相手のデッキに合わせた運用ができるデッキとなっている。


女傑の連撃デッキ
ouidekki.jpgSR王異 R馬謖 R魏延 C麋竺 R夏侯月姫 C伊籍
SR王異の計略『女傑の連撃』でSR王異の武力をひたすらに上げていくデッキ。『女傑の連撃』の計略効果時間が90c以上あるので撃った時点でほぼ永続になる。今までの三国志大戦のデッキでは無かったタイプの計略の為、研究がされていて、現状、R馬謖の『泣斬馬謖』で自軍士気+2、相手軍士気+1という士気アドバンテージをとり続け、武力20以上のSR王異を作り出すこともできる。このデッキ自体はSR王異のサポートメインで作られている。


巧遅の乱撃デッキ
koutinoranngeki.pngR夏侯淵 UC孫桓 C淩操 SR小喬 UC張絋 C朱治
R夏侯淵の『巧遅の乱撃』を中心にするデッキ。総合征圧力がS、開幕に特技・伏兵が2枚と、内乱を起こす条件は整っている。『巧遅の乱撃』は走射ができなくなるデメリットがあるが士気4で多くの部隊に弓による射撃ができるのは大きい。そこでUC張絋の『麻痺矢の伝授』を使えば、相手は全滅すること間違いないだろう。UC孫桓は征圧2の騎兵でダメージ計略もちなので武力を犠牲にしても入れる価値はある。代わりに入れるならばSR張春華も選択肢にあるだろう。

小覇王の蛮勇デッキ
sonsakuwara.pngSR孫策 Rトウ頓 SR小喬 UC張絋 C淩操 C祖茂
主にRトウ頓の『鳥丸流弓技』を使用し、相手のラインを上げさせないようにする征圧戦メインのデッキ。SR孫策はスペック採用的な所があるが、やはり要所要所では活躍してくれるだろう。このデッキならば、SR夏候惇対策にSR小喬の『浄化の計』があるので主戦力を固めての立ち回りもできるだろう。UC張絋の『麻痺矢の伝授』は計略効果時間10Cほどの効果時間があり、Rトウ頓の『鳥丸流弓技』と非常に相性が良いです。UC張絋は将器主効果【知力上昇】があるので、開幕の特技・伏兵が非常に強いのも魅力。

白銀の獅子デッキ
白銀ワラ.pngのサムネイル画像SR馬超 UC雷銅 C麋芳 SR小喬 C祖茂 C呉景
SR馬超の『白銀の獅子』を中心としたデッキ。デッキの総合征圧力もSと超優秀。ワントップ系のデッキが苦手とする妨害に対して、呉との2色デッキとすることによりSR小喬の『浄化の計』がデッキに採用することができる。UC雷銅は将器主効果・知力上昇がついているものを採用し、さらにデッキの完成度を高めよう。デッキの征圧力も高いので大きく戦場を使い、相手の無敵槍が消えたのを確認で来たら『白銀の獅子』で相手を撤退させていこう。

開幕暴虐攻城兵
kaimakubougyaku.pngSR董卓 C区星 R関索 SR鄒氏 R厳氏
将器主効果【士気上昇】と特技・魅力を持った武将を3枚入れた開幕デッキ。『暴虐なる覇道』が開幕にすぐ撃てるので開幕は最強クラスの強さとなる。C区星の攻城力が非常に強力なため、壁攻城でも2発入れば、90%以上の城ダメージを奪うことができる。将器主効果【士気上昇】の各武将を厳選しなければならないのがこのデッキの一番難しいところである。
対戦動画はコチラ


開幕悲哀の舞いデッキNEW!!
悲哀デッキ.pngR甄氏 R楽進 UC曹植 SR小喬
SR孫尚香 SR関銀屏 SR鄒氏 R厳氏
将器主効果【士気上昇】と特技・魅力を持った武将を3枚入れた開幕デッキ。『悲哀の舞い』を開幕すぐに使用できる。武力は急に上昇するわけではないが、総合征圧Sと高いラインから勝負ができる。『悲哀の舞い』の効果で1部隊撤退する毎に武力が+2されるが征圧が1下がるので、開幕の色塗りは意識して立ち回りたい。基本はR楽進の『魏武の強兵』を使用し、常に強い騎兵を1体作っておくことが重要。そして、SR孫尚香の『弓腰姫の目覚め』やSR関銀屏の『若き血の目覚め』をこまめに連打し、相手に足並みをそろえさせないように立ち回ろう。R厳氏の『甘い毒』も非常に強力な計略なので相手のキーカードを撤退させるために使っていこう。おそらく、三国志大戦で最もSR孫尚香と関銀屏の計略カットインを見ることができるデッキであろう。法具は【連環の法】(再起×2)がオススメ。相手の移動速度を下げる【連環の法】に宝玉・再起がついていると1つにつき-7秒、2つで-14秒復活時間を短縮できるので、このデッキにあった法具といえる。


遊々亭公式Twitter、広報担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news

【遊々亭 戦国大戦担当Twitter】 @yuyutei_sen

サイドジャストローダー スリム 取り扱い開始!!

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

お前に足りないもの、それは! 情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!! 速さが足りない!!

by 或椿

READ MORE

曹孟徳の覇業を支えた者達

by 虎斗

READ MORE

三国志大戦 デッキ倉庫

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【Ver1.00C】動画まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

三国志大戦 初心の章 まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE