三国志大戦 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、三国志大戦に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@三国志大戦担当アカウント@yuyutei_sen遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • 動画
  • ニュース

【動画】虎斗君主〔10〕【三国志大戦】

    posted

    by 虎斗

    150 120.jpg
    【動画】虎斗君主〔10〕【三国志大戦】
    2号-thumb-90xauto-41622.jpg
    こんにちは!カードショップ-遊々亭-三国志大戦担当2号です!
    今回の動画は様々なワラデッキを模索している虎斗君主、トリプルパンチで弱体化をくらったRトウ頓ですが、まだまだその強さは健在か?!


    6枚鳥丸流弓技デッキ VS 5枚鳥丸流弓技デッキ
    170228 kotosandekki.png
    SR趙雲 Rトウ頓 SR鄒氏 R夏侯月姫 C麋芳 Rホウ統


    注目のポイント
    10126.jpg 知らなかったのか?『誘惑』からは逃げられない・・・!

    群雄において唯一の征圧力2の槍兵、その上武力2と特技「魅力」まで持っていてさらに計略『誘惑』が非常に強力。その効果は"最も武力の高い敵の武力と知力と征圧力と移動速度を下げる"という必殺の計略。後撃ち先撃ちどちらでも出来て、なおかつSR鄒氏が戦場のどこにいようとも、必ず最高武力の武将にかけられるため、避けようがない。まさに単体強化に対するメタカード。群雄という勢力を使うならば必須の1枚だ。注意点としては相手の最高武力の武将が2体いる場合はどちらにかかるかはランダムな事と、知力が高い武将に対してはあまり効果時間が長くない事。・・・ぐらいしかない非常に完成度の高い1枚。


    2号-thumb-90xauto-41622.jpg
    互いにすんでの所で内乱を回避する巧みな立ち回りをご覧下さい!






    遊々亭公式Twitter、広報担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news

    【遊々亭 三国志&戦国大戦担当Twitter】 @yuyutei_sen

三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.00D】

    posted

    by -遊々亭- 三国志大戦担当

    倉庫.jpg
    三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.00D】
    デッキ倉庫はVERごとに見かけるデッキを紹介していくBlogとなります。
    随時更新していく形式となりますのでよろしくお願いします。

    過去のVer.のデッキはコチラ!
    Ver.1.00C デッキ倉庫



    【17/02/27 更新情報】
    2色デッキ
    を更新



    魏デッキ
    5枚騎馬単デッキ
    hasyakyu-.pngSR曹操 SRホウ徳 R張コウ R楽進 R賈ク
    Ver1.00Dより騎兵の攻城力が下がり、迎撃ダメージも上がってしまったが、R張コウという新たな優秀なパーツを手に入れた騎兵単デッキ。全ての武将のスペックが高く白兵においては無類の強さを誇る!SRホウ徳R楽進が同時にダメージ計略・妨害計略をくらう事だけはないように気をつけよう。
    R楽進の将器【制圧力上昇】がなければUC曹昂に変えるのもいい。速さを追い求める人はSR曹操SR張遼にしてみよう!

    攻守自在デッキ
    170125 kousyu.pngR徐晃 SR司馬懿 SR王異 C李典 UC程イク
    もともと長い効果時間が更に長くなり、念願の範囲拡大を手にしたSR司馬懿の『攻守自在』。効果時間が長いのである程度先撃ちする事が出来る、C李典UC程イクの2枚の『反計』によるプレッシャーで相手を追い詰めよ!また妨害計略としても強化されているので、こちらの選択肢も有力。
    SR王異の『女傑の連撃』は約60C程になってしまったが、それでも士気11~12ぐらい溜まった状態で使えば試合終了まで続くため、後半戦の爆発力にはまだまだ期待出来る!

    呉デッキ
    若き王の手腕デッキ
    170127 syuwan.pngR甘寧 SR孫権 SR周姫 SR孫尚香 SR小喬
    範囲の拡大と効果時間の延長により、他の号令に対してぶつかりやすくなったSR孫権の『若き王の手腕』。さらに相性のいいSR周姫も追加され計略コンボも可能になった。理想的な展開は1回『美周姫の号令』で士気差を作りながら守り、カウンターで士気12から『若き王の手腕』と『美周姫の号令』のコンボを決めることだろう。さらに士気の法玉が2つある法具があれば、SR孫尚香の『弓腰姫の目覚め』までつなげる事が出来る。
    R甘寧の『残響の鈴音』はダメージ軽減率がかなり高くなり、先撃ちして荒らす時や相手のフルコンに対して城門だけを守る際に非常に頼りになる。

    駿才の大号令デッキ
    170127 rikuson.pngR太史慈 R陸遜 UC陳武 SR周姫 SR小喬
    範囲の拡大により、ため時間中の他の部隊の自由度が増したR陸遜の『俊才の大号令』。R太史慈の『剛弓麻痺矢戦法』は武力上昇値こそ落ちてしまったものの、剛弓効果、麻痺矢効果、効果時間は健在のため未だ強力。また攻めにも守りにも使えるSR周姫が入った事により、柔軟に立ち回れるようになった。万全の状態で発動した『俊才の大号令』から『美周姫の号令』へとコンボするのは強烈の一言!

    麻痺矢の大号令デッキ
    170202 mahiya.pngR丁奉 SR周姫 SR孫尚香 C朱治 R大喬 R呉夫人
    SR周姫R大喬R呉夫人に将器【士気上昇】を覚醒させ、開幕は「防柵」と「伏兵」で相手を待ち構えて、士気7溜まり次第、R丁奉の『麻痺矢の大号令』を使い一気にリードを奪う事を目的としたデッキ。開幕は「防柵」を壊されてもいいので、味方の兵力を削られないようにする事が大切である。槍兵が入っていないが5部隊による『麻痺矢の大号令』の相手を止める効果は凄まじく、弓さえ撃てれば超絶騎馬ですら捌けてしまう。完璧に置かれた『麻痺矢の大号令』を崩すのは相手にとって至難の業である。

    蜀デッキ
    劉備の大徳デッキ
    170127 daitoku.pngSR趙雲 SR劉備 R徐庶 UC厳顔 C霍峻
    元々広かった範囲がさらに広くなり、やや短めだった効果時間も延長されたSR劉備の『劉備の大徳』。各コスト帯に特技「復活」持ちの武将が追加され、SR劉備を筆頭に武将のほとんどを「復活」持ちで固める事が出来るようになったのも嬉しい点。そのおかげで号令の中では消耗戦にとても強くなった。『劉備の大徳』を使っても武力上昇値で勝てない相手には、R徐庶の『落雷』を中心にこちらから消耗戦を仕掛けに行こう!

    八卦の軍略デッキ①
    170125 hakke.pngR関羽 SR趙雲 UC劉封 SR諸葛亮
    1部隊がけの効果時間延長、2部隊がけの武力上昇値上昇の上方により、4枚デッキで組めと言わんばかりのSR諸葛亮の『八卦の軍略』基本はR関羽に1部隊がけをして戦場を制圧する戦いになるだろう。また2部隊がけでさらに押し込むのも強力!R関羽の『武神の大号令』は武力上昇値が減少してしまったが、R関羽SR趙雲UC劉封の3部隊でうてばまだまだぶつかり合いには強い部類に入る、選択肢の一つにいれておこう。
    SR諸葛亮は主に相手の端攻め対策や色塗りを担うこととなる。

    八卦の軍略デッキ②
    hakkebarannsu.pngSR馬超 SR趙雲 R夏候覇 SR諸葛亮
    上記の『八卦の軍略』デッキとは異なり、バランスで組んだデッキタイプ。R関羽に依存するデッキとは異なり、『八卦の軍略』をどの武将に掛けても運用が可能。SR馬超SR趙雲R夏侯覇とサブ計略も豊富なため、デッキバランスが良い。バランスが良いため、運用に迷いが生じてしまうこともしばしばある。しかし、『八卦の軍略』でいろいろなデッキに勝ちたいと思った場合、最終的に行きつくのはこのデッキバランスなのかもしれない。

    群雄デッキ
    呂布ワラデッキ
    170125 ryohu.png
    SR呂布 C張曼成 UC張魯 UC陳宮 C程遠志 SR鄒氏
    SR呂布は現状単独トップの武力10という圧倒的な戦闘力を誇る!しかしその反面知力は1という極端な性能をしているため、他の武将でのサポートが必要。
    『天下無双・飛』は武力+14・超速度上昇・兵力回復と正に天下無双の性能をしている!
    さらに【飛翔】という特別なアクションによって、計略発動時にジャンプをして、着地地点にいる相手部隊にダメージを与える事が出来る。この【飛翔】中は計略の対象にならず、また迎撃を取られることもないので、槍兵に向かって飛んだり、ダメージ計略持ちの懐に飛び込んだりと様々な使い道がある。
    Ver1.00DではSR呂布自体に修正はなかったが、騎兵の攻城力が下がってしまったのは痛い点。しかし天敵の『落雷』のダメージが下がった事により、UC陳宮の『猛将への献策』をかけておけば生き残れる場面が増えるだろう。

    白馬義従デッキ
    170127 hakuba.pngR公孫サン SR呂姫 C楊秋 SR鄒氏 C波才
    遂に移動速度上昇により、自慢の機動力を見せつける事が出来るようになったR公孫サンの『白馬義従』。また『剛騎戦法』を持ったC楊秋の追加により、火力も補えるようになった。しかしR公孫サン以外の武力は上がらない点は変わっていないため、ぶつかり合いに弱いのは相変わらずである。機動力を活かして上手く相手をかく乱しよう。

    2色デッキ
    後方指揮デッキ
    170127 kouhousiki.pngSR趙雲 SR張春華 R戯志才 R関索 R王桃
    R戯志才の『後方指揮』は本人は範囲に入らず、武力上昇値も+3とこれだけでは英傑号令には太刀打ちできない。しかし本人が強化されない故に重ね掛けが可能でそうした場合は+6にまでなる。効果時間も長く通常でも9C、【知力上昇】の将器ならば約10C程になる。また範囲も広く勢力も問わないため、デッキの形・戦い方も非常に多彩である。君だけの『後方指揮』デッキを作りあげよう!

    蛮勇蒋欽ワラデッキ
    bannyuuukitu.png
    SR孫策 R蒋欽 R李儒 SR小喬 SR鄒氏 R于吉
    Ver1.00Dにて強化されたR李儒R于吉を入れたワラデッキどちらも守りにおいては非常に強力な計略で、SR孫策の『小覇王の蛮勇』・R蒋欽の『川賊の破弓』で征圧戦を有利に進めた分のリードを守るには持ってこい!遠距離・中距離・近距離、どのレンジにも対応出来る計略があるため非常に対応力が高く、このバージョンにて完成度の高いワラデッキの一つ。
    このデッキを使用したレイソ*君主の対戦動画はこちら!

    蛮勇剛弓の伝授ワラデッキ
    goukyuu.png
    SR孫策 Rトウ頓 UC潘ショウ SR小喬 UC張昭 SR鄒氏
    VER.UPで弱体化されたUC張絋の『麻痺矢の伝授』の影に隠れていたUC張昭の『剛弓の伝授』に注目が集まっている。士気3ということもあり、開幕から終盤まで使い勝手が良い。Rトウ頓の『鳥丸流弓技』の弓を撃つ部隊数増加の効果と相性が良いため、重宝されている。相手の槍兵を的確に撤退に追い込むことができるのが非常に大きいだろう。やはり伝授計略は強い!!

    荀氏デッキNEW!!
    じゅんしワラ.pngR夏侯淵 C文聘 C虞翻 UC張昭 R呉国太 UC荀氏
    槍兵、騎兵で構成されたデッキに対してかなり強いデッキ。相手に高武力の弓兵がいなければ、このデッキを止めることは難しいだろう。防柵4枚と法具【防柵再建の法】が相手を阻むだろう。中盤以降、相手に制圧をさせず、こちらが内乱ダメージを取り続けることができたならば、勝利は間違いない。R夏侯淵の『巧遲の乱撃』は計略中は走射ができなくるが、戦場中央から相手の攻めに対して、徐々に走射でラインを下げ、防柵の内側になったら計略を打つようにすれば、特に問題はない。詳しい使い方に関しては或椿君主のBlogを参考にしていただきたい。

    麋夫人デッキNEW!!
    batyouunbihujin.pngSR馬超 SR趙雲 UC沙摩柯 Rホウ統 R麋夫人
    武力、武力、武力を押し付けるのだ!R糜夫人の『挺身の身代わり』を計略の主軸に置いたデッキ。SR馬超SR趙雲が相手の部隊に接触、もしくは攻城を狙って相手の足並みを崩す。撤退すれば『挺身の身代わり』で復活させ、攻めを継続していく。UC沙摩柯が戦場中央で常に弓を撃っていれば、相手の端攻めしている武将の兵力も簡単に削ることができる。守りにはSR馬超の『白銀の獅子』やRホウ統の『連環の計』もあるため、対応力は高い。デッキとしてはかなり攻めが重要なデッキなので、制圧を怠らず、しっかり内乱ダメージを与えていこう。SR馬超の部分をSR呂布に、UC沙摩柯の部分をSR鄒氏に変更した、さらに白兵戦に特化したデッキもあるぞ!

    飛天の舞いデッキNEW!!
    hitenndekki.pngSRホウ徳 R黄忠 R王桃 UC曹洪 R虞氏
    将器主効果【攻城術】のSRホウ徳が最も活きるデッキがこの『飛天の舞い』デッキ。特技・「防柵」が2枚あるので、左右に防柵を配置するのも、片側に2枚設置するのも良いだろう。『飛天の舞い』は士気5で移動速度が上がり、制圧力が-1される。槍兵でも迎撃を受けてしまうので、現状迎撃を受けないのは攻城兵のみとなっている。士気5ということもあり、相手が士気を多く使用して『飛天の舞い』を撤退させにくる場合は無理して守らないという選択肢もある。基本的には将器主効果【攻城術】を持ったSRホウ徳を攻城させ、UC曹洪で突撃をしていこう。R黄忠はしっかり弓を撃って、相手の兵力を減らしたり、攻城をする駆け引きをしていこう。号令デッキに真正面からぶつかる強さはないので、相手を翻弄する動きをすることを忘れないようにしよう。

    回復の舞いデッキNEW!!
    kaihukunomaidekki.pngSR趙雲 UC沙摩柯 R王桃 Rホウ統 UC馬岱 R甘夫人
    三国志大戦界では昔から人気の高いデッキとして有名なR甘夫人の『回復の舞い』デッキ。今回はR黄忠ではなく、メインはSR趙雲である。こまめに使用できる『神速戦法』はやはり便利の一言に尽きる。UC馬岱UC沙摩柯のスペックが輝いているので採用しないわけにはいかない。R王桃の『挑発』、Rホウ統の『連環の計』はデッキに欠かせない存在。R甘夫人の『回復の舞い』は相手の攻めを守り切った後に舞うことが多いが、そこからの攻めや戦線維持など考えることが多い。単純な武力上昇に対して、どのように対処するか?など状況判断が重要になるデッキ。法具は【連環の法】・法玉・再起×2を選択し、白兵戦に幅を持たせたい。

    開幕後方指揮デッキNEW!!
    kaimakukouhoushiki.pngR周泰 SR張春華 R戯志才 SR小喬 R呉国太 R丁夫人
    将器主効果【士気上昇】とR周泰の将器主効果【攻城術】を用いた開幕『後方指揮』デッキ。R魏志才の『後方指揮』を士気4で即撃つことにより、開幕の攻城と内乱ダメージを狙っていく。R周泰が将器主効果【攻城術】を持っているので攻城は取れるはず!!チャンスがあれば、城門に向かわせよう。相手の素武力が高い場合は法具【正兵の法】や【衝軍の法】を用いて、攻城をしっかり狙っていこう。守りに関しては『後方指揮』はもちろん、R周泰の『漢の意地』でしっかり城門を守ることもできる。攻守双方可能な開幕デッキとして非常に優秀である。
    遊々亭公式Twitter、広報担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news

    【遊々亭 戦国大戦担当Twitter】 @yuyutei_sen

王道ではない道を貫く英雄たち

    posted

    by 虎斗

    虎斗群雄.jpg
    王道ではない道を貫く英雄たち
    こんにちは、虎斗です。

    最近は騎馬単デッキも5枚デッキから4枚デッキへシフトしたり、SR諸葛亮の『八卦の軍略』デッキもSR馬超R張飛のデッキが台頭してきたりと武力重視のデッキが増え、流行りの中でもちょっと違ったタイプへシフトしてきているみたいですね。
    私は相変わらずズバッとやってガーッと!を貯める日々が続いていますw

    さて、今回は群雄のおすすめカード紹介です。
    SR呂布SR董卓など高コストが目立つ群雄ですが、低コストもちょっととっつきにくいだけで実は結構使いやすいんですよ。


    多くの英雄が独自の計略を魅せる!
    1.5コスト編
    10148.jpg R 李儒

    徐々に敵部隊の兵力を奪っていく『滅国の毒牙』は時間をかけながら敵部隊の相手をすることができます。特技「防柵」も時間稼ぎとのかみ合わせが良く、じわじわ時間をかけて倒すことができます。各勢力にある『舞い計略』などの防衛主体のデッキとの相性は最適です。計略を受けた場合、攻めあがってダメージを受けるか、一旦、帰城するかの選択を相手に押しつけられるところがいやらしいカードですね。

    私はこういうカードが大好きです。
    ここが強い
    『滅国の毒牙』は瞬間的な火力こそありませんが兵力へのダメージ効率が士気4としては破格です。相手の知力が8だとしても兵力を5割程度減らすことができます。
    ......ということは『滅国の毒牙』を2度掛けすると、計略だけでほぼすべての主力部隊が倒せてしまうということになるんですよね。特に兵種でいうと槍兵は一旦、城に帰るにしても時間がかかりますから、R関羽R張飛などの高コスト槍兵に対しては効果的と言えます。一度、『滅国の毒牙』を撃った際は相手が攻めてくるなら『滅国の毒牙』を2度掛けして撤退していただいて、城に帰るようなら内乱ダメージをとれるように制圧をしていきましょう。、しっかりと戦場中央付近で相手に計略を掛けることにより、上記の2択をかけてじわじわと敵を追い詰めましょう。

    ここに気をつけよう
    ダメージこそ平均して高めとなっている『滅国の毒牙』なのですが、他のダメージ計略と違い、即時撤退ではありません。そのため、相手側が『兵力増援』系の計略を抱えていると計略を使っても兵力を回復して、無理やり攻城を取られる、ということもありえます。『兵力増援』系の計略が相手にいる場合は気持ち早めに打つようにしましょう。もちろん、法具【増援の法】を選択されているということも考えて立ち回らなければならないですね。
    後は一旦、帰城されると『滅国の毒牙』の計略効果が切れてしまうので、騎馬単などの城に帰ることが大して時間のロスにならないような相手には無力だったりするところもややマイナスな点ですね。


    10132.jpg SR 貂蝉

    大戦シリーズを通して皆勤賞の敵城へダメージを与える舞い計略。愛されていますね、使われる方はなかなか対策に困るところもありますが(笑)
    SR貂蝉は特技「魅力」と将器主効果【士気上昇】を持っているので、他の武将の将器主効果【士気上昇】と合わせて相手の計略準備が整う前から舞うことも可能ですね。『傾国の舞い』を舞った後の相手の攻めを一回、守り切れれば大量のリードが約束されていますから、できるだけ相手には無理な攻めを強要していきたいです。
    ここが強い
    『傾国の舞い』は約3cで攻城ダメージ4.5%程度になっています。舞うタイミングをしっかり見計らえば、少なくとも5~6回程度攻城ダメージを与えることができるので20%程度のリードは見込めます。
    SR貂蝉を使う場合はデッキは専用の構成になるように組みます。デッキの構成も特技「防柵」を多めにして守る形や、UC張紹の『剛弓の伝授』などの計略で相手をいなす形など、各プレイヤーのプレイングにデッキを合わせられるので自由度が高めと言えます。まぁ、守り主体となるのは前提ですが。特にデッキに弓兵の採用率が低い蜀相手には特技「防柵」が多めのデッキ構成が有効で、防柵を壊されるまでは舞いが潰される心配がないので、その分余計に攻城ダメージを奪うことができます。

    ここに気をつけよう
    環境的に敵が多いんですよね(汗)
    R蒋欽Rトウ頓などの各種遠弓効果がついている計略はもちろん、同じ勢力のSR呂布の『天下無双・飛』の【飛翔】効果でもほぼ確実につぶされます。白兵が辛い騎馬単も相変わらず元気ですし、SR諸葛亮に将器主効果【士気上昇】を付けて、開幕の『八卦の軍略』撃つデッキや武力が高めのデッキで開幕から法具【増援の法】を使ってくるデッキへの対処もちょっと難しかったりします。
    効果的な使い方としては無理に舞いを守って、相手の落城を目指す!というよりは舞いをつぶされることは前提で、攻城ダメージでリードを奪っていきたいです。相手に舞いをつぶすための計略に士気を使わせて、その士気差を優位に使って、試合に勝つ!という立ち回りを視野に入れたいですね。


    10169.jpg C 楊秋

    Ver.1.00Dに新規追加された新武将!その使いやすいスペックが最大の売りです。使い勝手としては1.5コスト版のC張曼成といったところで、デッキに組み込むと安定感が増すタイプのカードです。無視できない端攻城役としても最適です。
    ここが強い
    こう・・・なんていうかイラストのネタっぽさでとっつきにくいんですが、その割には実用的なんですよね。将器主効果【征圧力上昇】のおかげで制圧力2は確保できますし、計略『剛騎戦法』でマウントや防衛役も任せられる。そのうえ、特技「復活」持ちなので撤退しても早めに復活するので投げ捨てても惜しくない、と実はだいぶ使いやすいんじゃないかと思います。

    ここに気をつけよう
    カードとしての使いやすさが売りなので、スペック、計略ともに戦況を大きく左右できるものではありません。制圧力2による色塗りや端攻めに対するフォローなど、できる仕事をこなさせてこそ真価を発揮します。
    騎兵ということもあり、動かすことをさぼらないようにきっちり動かしていきましょう。


    1コスト編
    10119.jpg C 牛輔

    読み方は「ぎゅうほ」です。特技「復活」待ちの歩兵なので将器主効果【征圧力上昇】をつけて、敵陣に投げ捨てる戦い方が容易でおすすめです。主力が攻めている所を相手が主力で止めている間に他の部分を塗り進めましょう。地味に歩兵は攻城力が高いので、相手が無視してくれるならそれはそれで得です。1.5コスト以上の騎兵が相手をしてくれるなら、さらに良いでしょう。
    嘘みたいだけどこれがほんとに強いんですよね。私は某仁義ない人に仁義ない感じの戦い方で思い知らされました。
    ここが強い
    『脱兎戦法』の移動速度がかなり速く、斜めに走らせるとすごい勢いで戦場を塗り進めてくれます。おまけに武力ダメージ軽減効果が付いてくるので計略時間中に撤退することは稀。向いている方向に強制前身ということをお忘れなく(笑)とりあえず、戦場の3割を征圧してくれる、そういう計略だと思って使うと便利なこと、この上ないですよ。

    ここに気をつけよう
    計略と将器主効果【征圧力上昇】がかみ合って、すさまじい塗り性能を発揮するのですが、本人自体は1コストの歩兵なので、単純な白兵戦ではお荷物になりがちです。あくまで相手を釣る役なので、相手の攻撃を正面から受けるような位置取りはしないように気をつけましょう。


    10126.jpg SR 鄒氏

    呂布ワラデッキでは必須どころか、群雄という勢力を使う以上は必須と言えるくらいの武将カード。SR鄒氏?強いよね。スペック、計略、将器のどれも隙がないと思うよ。だけど...俺は負けないよ
    特に将器主効果【士気上昇】のSR鄒氏SR小喬と並んで需要がトップクラスです、みんな欲しがってますよ。いかに将器効果【士気上昇】の1コスト槍兵が有用かがわかりますね。
    ここが強い
    計略『誘惑』は戦場で最も武力の高い敵部隊を対象にするので、SR呂布や、SR馬超の様な1トップデッキ相手には特に刺さります。戦場全体を対象とするので、どんな場面でも高コストに対して有効な計略になっています。他の妨害計略と違い、戦場全体が計略範囲なので効果範囲に入れそこなうということが起こらないあたりも安心です。
    計略を使う前提で立ち回っていなくてもいるだけで相手の計略を抑止できるところも強いですね。

    ここに気をつけよう
    かなり完成されたカードなんですが、しいてあげれば武力の低下値が6と高すぎるため同じ部隊に重ね掛けができないところですかね・・・。本当に計略に関してはそれくらいです。あと、女性武将なのでたまに一騎討でいなくなるところも弱点と言えば弱点かもしれません。


    10133.jpg UC 張宝

    稼働当初にC満寵の『牛歩の計』が騒がれたので当然こちらも流行る!と思ったんですが、そんなことはありませんでした。現実は甘くない。...とはいえ1コスト武力3の弓兵が移動速度減退の計略を持っているって強くないですか!?と個人的には主張したい。
    6枚デッキならパーツでとりあえず採用しておいてもいいと思うんですよね!!
    SR鄒氏がいる?いやいや、こちらは範囲内全員ですよ。
    ここが強い
    武力3という同コスト帯ではほぼ負けない武力の弓兵が連環系計略を持っている、というところが最大の長所。
    デッキの武力を下げずに計略を仕込めるのはうれしいです。Rトウ頓を一緒にデッキに採用して弓連環系のデッキを目指しても面白いですね。

    ここに気をつけよう
    本人が1コストなので『牛歩の計』で敵部隊を足止めしても倒しきれないことが多いです。知力が高い相手には効果時間も短めなので、計略で止めた部隊を倒すときは他の部隊と協力して、さくっと倒すようにしましょう。


    ではでは今回はこのあたりで。
    次回はそろそろ動画の更新でお会いしましょう。

    虎斗でした。

サイドジャストローダー スリム 取り扱い開始!!

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【流行戦術対策】『開幕増援の法』編

by 弘介

READ MORE

代々受け継がれてゆく熱き血潮!

by 虎斗

READ MORE

【インタビュー記事】にしこり君主に聞いてみた!【後半】

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.00D】

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【Ver1.00C】動画まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

三国志大戦 初心の章 まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE