三国志大戦 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、三国志大戦に関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@三国志大戦担当アカウント@yuyutei_san遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • 動画
  • ニュース

流行デッキコラム『漢鳴の大号令』デッキ編

    posted

    by 弘介

    171012 sanac ichi.jpg
    流行デッキコラム『漢鳴の大号令』デッキ編
    みなさんお久しぶりです。
    紫の国との戦いに明け暮れています。弘介です。
    さて、本日は大型バージョンアップ後という事で各地で猛威を振るっている<==1.1=10054@@SR皇甫嵩>の『漢鳴の大号令』デッキについて書いて行きます。
    とはいえ『漢鳴の大号令』デッキは型が多く一貫した対策があるわけではないので、今回は対策というよりはそれぞれの強みと注意点になります。
    どちらかというと『漢鳴の大号令』デッキを使う場合の参考にどうぞw
    UC劉焉型『漢鳴の大号令』デッキ
    171012 ryuen.png
    UC劉焉 SR皇甫嵩 R孫堅 R劉備 SR唐姫
    この型の強みはまず、<==1.1=10077@@UC劉焉>のスペックが高いことですね!武力7知力8の弓兵という文武両道な数値でありながら、漢鳴レベルを上げるうえでありがたい特技「魅力」と漢軍に不足しがちな征圧力2を持っています。計略『野望の謀略』は士気5で武力-5の妨害計略です。範囲も自分にくっついた広い前方円で相手を範囲に捉えやすく、漢鳴レベルが上がる前にリードを奪いに行きたい号令使いには天敵のようなカードですw
    また<==1.1=10077@@UC劉焉>に限らず<==1.1=10065@@R孫堅>以外が特技「魅力」持ちなため、開幕から8c経てば士気4の漢鳴計略である<==1.1=10078@@R劉備>の『漢鳴の大車輪』か<==1.1=10065@@R孫堅>の『漢鳴の神速行』が撃てるのも強みですね。そこから<==1.1=10077@@UC劉焉>の『野望の謀略』2回か『野望の謀略』+<==1.1=10072@@SR唐姫>の『漢鳴の討伐令』で守られて<==1.1=10054@@SR皇甫嵩>の『漢鳴の大号令』で捲られてしまうのは自分も含めよくある負けパターンではないでしょうか。

    気をつけるべき事は相手が漢鳴レベルを上げたいタイミングに付き合わないことが大事ですね。開幕士気4で飛んでくる撤退前提の<==1.1=10078@@R劉備>の『漢鳴の大車輪』や<==1.1=10065@@R孫堅>の『漢鳴の神速行』によるマウントを計略を撃たずに対応したり、<==1.1=10077@@UC劉焉>の『野望の謀略』の先撃ちを誘ってから逃げるといったラインコントロールが大事だと思います。『漢鳴の大号令』を漢鳴レベル3で撃たれたらどうするか、ではなく『漢鳴の大号令』を撃たれるまでをどうするかを考えたほうが戦いやすいかなあと思います。

    1.5コスト×4型『漢鳴の大号令』デッキ
    171012 touken.png
    SR皇甫嵩 R孫堅 UC蔡瑁 R劉備 C陶謙
    この型は<==1.1=10077@@UC劉焉>型のように号令を真っ向から守れるわけではありませんが、<==1.1=10073@@C陶謙>の計略『漢鳴の援軍』のおかげで『漢鳴の大号令』デッキが比較的苦手とするダメージ計略に耐性がついています。『漢鳴の援軍』は漢鳴レベル2でも兵力が上限を超えて5割回復するので、知力を下げたりしない限りダメージ計略で一撃で撤退させることは難しいです。大体のワラデッキに対して『漢鳴の援軍』レベル2→法具【速軍の法】→『漢鳴の大号令』レベル3で落城ないし捲られないリードを奪う事が出来ます。また、総武力も29あるため白兵戦がとても強いです。白兵戦が苦手な人でもごまかしやすく、得意な人なら生半可な号令は白兵戦だけで何とかしてしまうこともしばしばありますw『漢鳴の大号令』デッキを使おうと思ってて計略戦が苦手なら劉焉型、白兵戦が苦手なら1.5×4枚型を使うといいかもしれませんね!

    対策としては足並みを崩しに来る鬼スペック武将たちをしっかり捌くことですね。劉焉型と違って士気6を超える号令を無傷で受け止めきれるわけではないので、部隊さえ揃っていれば攻城はとれるはずです! しっかりと足並みを揃えて号令をうつ事を意識しましょう。

    番外編 R馬謖入り『漢鳴の大号令』デッキ
    171012 basyoku.png
    SR皇甫嵩 R王美人 R馬謖 R劉備 C陶謙
    これが最近見るようになった<==1.0=10098@@R馬謖>入りの型です。
    しれっと混ざってる<==1.0=10098@@R馬謖>の存在感が凄いデッキですが、計略の『泣斬馬謖』が士気2.5も貯まるためしっかり立ち回れば、なんと『漢鳴の大号令』のレベル3を1試合中に2回撃つことができますw 早く漢鳴レベルが上がるという性質上、同じ漢鳴レベルを上げるタイプのデッキに強く、現在注目されているデッキですね。ただ、<==1.0=10098@@R馬謖>は撤退してる時間が多く実質1.5コス落ちの状態で戦うため、部隊数差で振り回されたり内乱をとられっぱなしになるなど弱点もあるデッキのようです。また忘れがちではありますが、<==1.0=10098@@R馬謖>の『泣斬馬謖』は相手の士気も0.5増えてしまうため、思わぬタイミングで相手の計略が飛んでくる事があります。十分に注意しましょう。
    以上が現在流行っている『漢鳴の大号令』デッキの種類になります。
    話は変わりますが最近<==1.1=10046@@SR袁紹>の『栄光の大号令』デッキを使ってるんですが、『漢鳴の大号令』をメタろうとするデッキが『栄光の大号令』デッキにも刺さってるという飛び火がつらいですw試合中に最大パワーで使える回数、タイミングが決まっているという所に攻略の糸口があるのかもしれません。
    遊々亭公式Twitter、広報担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news

    【遊々亭 三国志大戦担当Twitter】 @yuyutei_san

三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.10A】

    posted

    by -遊々亭- 三国志大戦担当

    倉庫.jpg
    三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.10A】
    デッキ倉庫はVERごとに見かけるデッキを紹介していくBlogとなります。
    随時更新していく形式となりますのでよろしくお願いします。

    過去のVer.のデッキはコチラ! 【17/10/11 更新情報】
    魏・呉・蜀・漢・群雄・多色デッキ
    を更新



    魏デッキ
    魏国の礎デッキ
    魏国の礎デッキ.png
    SR郭嘉 R曹仁 R蔡エン R張コウ C李典
    <==1.1=10003@@SR2郭嘉>の『魏国の礎』を軸にしたデッキ。全体的に征圧が低いことが懸念点ではあるが、武力、兵種、計略のバランスを考えるとこの形が好ましいだろう。『魏国の礎』は2コストである<==1.1=10003@@SR2郭嘉>が撤退するというデメリットがあるが、武力+6、移動速度アップと申し分ない性能を持っている。Ver.1.10Aでは<==1.1=10054>の『漢鳴の大号令』デッキが流行っているので<==1.0=10036>がもっている『反計』を意識して使うことが重要。『魏国の礎』の計略効果中の弓兵は迎撃を受ける速度だが、兵力が十分にあれば1回の迎撃では撤退しないので、場面によっては迎撃のリスクを背負いながらでも『反計』を狙いに行くことが重要だ。
    呉デッキ
    駿弓の共振デッキ
    駿弓の共振.png
    R陸抗 R陸遜 SR孫策 SR小喬 SR孫尚香
    <==1.0=10070>の『駿才の大号令』デッキに守りでも使える<==1.1=10020>の『駿弓の共振』を入れたデッキ。基本的に前VERから使われていた『駿才の大号令』デッキの<==1.0=10062>を<==1.1=10020>に変更したデッキとなっている。<==1.1=10020>は特技「伏兵」を持つため、相手の早い段階での撤退、帰城を狙うことができるだろう。攻守で号令を使い分けることができるので、号令デッキとしては前VERよりも安定して使うことができる。『駿弓の共振』は弓兵コストが3コスト、それ以外の兵種コストが5コストならば武力+6、移動速度アップとなっている。現状このコスト割りが最も使いやすいとされている。計略範囲から武将が1人でも外れてしまうと計略効果が変わる点には注意が必要だ。
    蜀デッキ
    劉備の大徳デッキ
    劉備の大徳ゴイ.png
    SR劉備 UC関平 C呉懿 UC沙摩柯 R魏延
    基本的な運用に変わりはない通称・6大徳。しかし、今回のカード追加によって蜀の1.5コスト槍に<==1.1=10025>が新たに参戦した。<==1.1=10025>の持つ特技「攻城」により、攻城力がアップ!さらに将器主効果【攻城術】で攻城も決まりやすい!<==1.0=10085>と同じ仕事ができるので片方だけでよいのではないか?という点に関しては計略『堅実な援軍』が双方を採用する要因といえる。『堅実な援軍』は槍兵枚数に依存した回復計略なのだが、このデッキ編成だと約40%ほど兵力が回復する。これの計略によってデッキ全体の立ち回りに変化を与えることができる。もちろん、<==1.0=10085>と双方採用しなくても、『落雷』を持っている<==1.0=10108>でも良い。ただダブル【攻城術】は相手にすると非常に厄介である。
    漢デッキ
    漢鳴の大号令デッキ1
    漢鳴の大号令1.png
    SR皇甫嵩 UC劉焉 R劉備 R孫堅 SR唐姫
    Ver.1.10Aを代表する<==1.1=10054>の『漢鳴の大号令』デッキ。<==1.1=10077>がデッキに入ることにより、序盤から中盤での号令デッキに対しての対応力が高い。<==1.1=10077>の『野望の謀略』は計略範囲内の武将を武力-5することができる。計略範囲も広いので相手の主力武将を範囲に入れることは容易だろう。士気5と重いように感じるがデッキには特技「魅力」が4つあるので気にはならない。<==1.1=10078>、<==1.1=10065>の計略の強さはいうまでもないが、<==1.1=10072>に関してはしっかり紹介していこう。
    <==1.1=10072>の計略『漢鳴の討伐令』は漢鳴0で武力+3、漢鳴1で武力+5、漢鳴2で武力+7、漢鳴3で武力+9の約7cほどで徐々に兵力回復する効果もついている。計略対象は戦場全体で最大武力を対象とするのでこのデッキだと<==1.1=10054>、<==1.1=10077>、どちらかがランダムで対象になる。中盤で敵が落城を狙いに来た時に<==1.1=10078>の『漢鳴の大車輪』+『漢鳴の討伐令』といった形で他の漢鳴計略と同時に使うことができる点が非常に強い点だろう。さらにSR唐姫は特技「防柵」に加え、将器主効果【守城術】を持つので守り重宝するカードである。
    デッキとしては中盤以降の攻めをするデッキとなるのでそれまでの守りは<==1.1=10077>の『野望の謀略』、<==1.1=10078>の『漢鳴の大車輪』、<==1.1=10065>の『漢鳴の神速行』を使用していこう。<==1.1=10054>+他武将1名の漢鳴レベルが2になった段階で攻めのターン。士気10を目安として攻めると良いだろう。士気4の漢鳴計略でラインをあげ、士気6の『漢鳴の大号令』で攻城をとりにいく流れがよい。もちろん、この場面で法具を使用していきたい。法具【速軍の法】(法玉【士気】×2)を選んでおけば、相手が対策として選びやすい法具【連環の法】への対策となる<==1.1=10054>の『漢鳴の大号令』は武力上昇+9に兵力回復がついてくるので、ある程度兵力が減った時点で計略を撃つことが良いだろう。相手も対策を立ててくるデッキとなるのでしっかりと立ち回りを意識して、最後の逆転につなげられるよう運用していこう。


    漢鳴の大号令デッキ2
    漢鳴の大号令2.png
    SR皇甫嵩 R劉備 C陶謙 UC蔡瑁 R孫堅

    さきほど紹介したデッキを1.5コストをメインにしたデッキタイプ。<==1.1=10073>がこのデッキの肝である。<==1.1=10054>の『漢鳴の大号令』への対策としてダメージ計略をいれたデッキが考えられている。というか自勢力にいる<==1.1=10048>の『漢鳴の雷撃』が計略範囲が非常に大きいものの、1部隊を狙えれば漢鳴2で知力10、漢鳴3で知力16を撤退させる強力なダメージ計略となっている。敵は自国にあり。最強漢軍、ここに極まれり。
    『漢鳴の大号令』を打ちやすい場面を作らせないダメージ計略への対応が必要となる。そこで<==1.1=10073>の『漢鳴の援軍』だ。『漢鳴の援軍』は漢鳴2で計略を使用すると兵力上限を超えて兵力が回復する。そのため、ダメージ計略への対策になりやすく、6枚デッキの様な足並みを崩してくるデッキへの対策にもなるだろう。
    兵力が上限を超えて回復していれば、士気10からの安定した攻めをすることができるのでかなり見るデッキといえる。中盤での守りがさきほど紹介した『漢鳴の大号令』デッキよりも厳しいが、最後の攻めに関してはこちらのデッキの方が安定している。

    群雄デッキ
    南蛮王の大号令デッキ
    南蛮王の大号令.png
    SR孟獲 SR祝融 R孟優 SR鄒氏 C宋憲

    象兵の強さが本当にわかるデッキ。騎兵を入れずにデッキとして運用できる。<==1.1=10043>の『南蛮王の大号令』は士気7で武力+5、象兵ならば徐々に兵力回復する効果がつく。この兵力上昇がつくことによって、単純な武力+5よりもかなり驚異的な粘りを見せることができる。<==1.1=10043>の将器主効果は【復活減少】しかないが、開幕から撤退前提での攻めができる点が強い。<==1.1=10044>の『はじき戦法』は守りに重宝し、<==1.1=10038>の『火神の震撃』は震撃ダメージが高いので相手をはじきながら、兵力を削ることができる。兵種・象兵がメインで編成されているのでバランスが悪いように見えるが、実は計略・武力・攻守とバランスのとれているデッキといえる。ダメージ計略、妨害計略に弱いのに目をつぶってでも使っていきたいデッキだ。

    多色デッキ
    戦処女の大号令デッキ
    戦処女の大号令.png
    SR祝融 SR趙氏貞 SR張春華 SR鄒氏 UC陳姫 R厳氏
    <==1.1=10042>の『戦処女の大号令』を特技「魅力」、将器主効果【士気上昇】で固めたデッキ。『戦処女の大号令』は武官、文官ではない武将(つまり女性武将)を武力+5、移動速度アップさせる。計略範囲も広く、<==1.1=10042>自身が1.5コストということもあり、デッキが組みやすい。法具【正兵の法】(法玉【士気】×2)を使い、開幕から攻めるデッキが良く使われている。このデッキでは<==1.1=10038>の『火神の震撃』での守りを想定したデッキとなっているが他の勢力で組んだ場合はその勢力での強力な計略をもつ、女性武力を登録しておくと良いだろう。まだまだ研究されているデッキタイプとなるので自分が最も使いやすい女性武将単デッキを探し出そう。
    遊々亭公式Twitter、広報担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news

    【遊々亭 三国志大戦担当Twitter】 @yuyutei_san

【動画】或椿君主〔17〕【SR曹丕】

サイドジャストローダー スリム 取り扱い開始!!

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

流行デッキコラム『漢鳴の大号令』デッキ編

by 弘介

READ MORE

Ver1.10A 天槍の共鳴!オススメカード紹介!

by 虎斗

READ MORE

内乱取れたら超ハッピー

by 或椿

READ MORE

三国志大戦デッキ 倉庫【Ver1.10A】

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

【Ver1.05D】動画まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE

三国志大戦 初心の章 まとめ

by -遊々亭- 三国志大戦担当

READ MORE