マジック:ザ・ギャザリング 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、マジック:ザ・ギャザリングに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@MTG担当アカウント@yuyutei_mtg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

高尾 翔太のグランプリ静岡レポート

posted

by 高尾 翔太

こんにちは、高尾です。

チームリミテッドで開催されたグランプリ静岡に参加してきました。
イクサラン発売翌日だったこともあり、プレリリースから本腰を入れて練習しました。

そして今回のチームメイトはというと・・・

写真1(公式より).jpg
※画像は【mtgjp公式Twitter】より引用させていただきました。


1人目は毎度お馴染み、BM所属プロの井上徹くん(写真左)。

今期めでたくゴールドレベルになった強豪なのはもちろん、リミテッド強者でもあります。
詰めが非常に上手なのが特徴で、ひとたび有利になればそれを維持したまま勝利します。
僕らがTOP4に残れたGPメキシコシティで初日9-0や、GPシドニーで初日負けなしと強いデッキを渡せば必ず期待以上の結果を出してくれます。

2人目は熊本出身の関桂多くん(写真中央)。

リアルでは目立った成績のない彼ですがそれもそのはず、基本的にMOしかプレイしないからです。
しかしリミテッドの素質は井上くんと同等もしくはそれ以上で、誰よりも環境を解明する速度が速いです。
個人シールドはもちろん、チームシールドでも最適な3つのアーキタイプを見つける能力に長けており、僕ら2人から絶対的信頼を得ています。

そんな頼もしい2人を連れていざ本戦へ!
グランプリ初日
不戦勝なし9回戦とかなり長丁場ですが、初日全勝を目標にパックを開封!

目立ったボムレアは<戦場の詩人、ファートリ>に<レギサウルスの頭目>、<聖域探究者>となかなか。 欲しいスペルも揃っており潤沢ですが、クリーチャーだけは全体的に弱めな印象を受けました。
<戦場の詩人、ファートリ!gp!on!150> <レギサウルスの頭目!gp!on!150> <聖域探究者!gp!on!150>
できた3つのデッキは・・・

高尾(赤白)

写真2.jpg
※画像はクリックで拡大します。


関(青黒)

写真3.jpg
※画像はクリックで拡大します。


井上(青緑)

写真4.jpg
※画像はクリックで拡大します。


どれもセカンドレベルの強さはありそうで、初日は抜けられそうなデッキに仕上がりました。

ところで前日金曜日に関くんが「最初の3回戦くらいは肩慣らし。負けるわけない。」とフラグを立てていました。 初っ端からプロチームに当たる可能性も全然あるのにこの男ときたら・・・。

一級フラグ建築士の僕と井上くんは呆れた顔をしていました。 それでは対戦結果の方を見ていきましょう。
対戦結果
※左から順に赤白、青黒、青緑の結果となっています。
R1 ○×○:勝利


早速フラグ回収です。

なんとか勝てたから良かったものの前回の準優勝チームにいきなり当たるとは、フラグ恐るべし。
R2 ○○-:勝利
ユースアンバサダープログラム※1の1人がいる女性3人チーム。

僕の相手がまさにその子だったのですが、きつい盤面にも全く動じないポーカーフェイスの持ち主かつ常に素早いプレイで正直圧倒されました。
R3 ○×○:勝利
R4 ○○×:勝利
R5 ○○○:勝利
R6 ○××:敗北
本グランプリの優勝チーム。3人目の3本目までもつれこんだのですが流石にノッてるだけあって脅威の1ターン目からぶん回りで瞬殺されていました。
R7 ×○○:勝利
R8 ×○×:敗北
中国のMTG Sheepというチームのようで、前回GPシドニー(チームシールド)のサイドイベントでも負けたのを覚えています。

サイド後の消耗戦で<繁雑な火炎砲>によってこちらの痩せ細った布陣を壊滅させられました。
<繁雑な火炎砲!gp!on!150>
R9 ××○:敗北
僕個人R6までは常にぶん回りでノッてたのですが、R7からはそれまでが嘘のようにマリガン、スクリュー、フラッド地獄に陥っていました。



気づけばチーム6-3と平凡な成績で二日目へ。

5-0から転げ落ちてるあたり、前回のGPシドニーで5-0-1から初日落ちした記憶が蘇りました...。

今思えば<アルゲールの断血>を過小評価していたのでそれを使った吸血鬼を検討すべきでした。 当時そもそも検討に至ってない時点で明らかに練習不足でしたね。
<アルゲールの断血!gp!on!150>
■グランプリ二日
初日は6-3だったのでトップ8の目こそありませんが、プロポイント2点を獲るため目指せ5-0!

まずはプールのチェック。
吸血鬼や海賊はパッと見て組めなさそうで完成した3つのデッキは・・・

高尾(赤白)

写真5.jpg
※画像はクリックで拡大します。


関(青緑)

写真6.jpg
※画像はクリックで拡大します。


井上(黒緑)

写真7.jpg
※画像はクリックで拡大します。


どのデッキも初日と同じかそれ以下くらいのデッキ。
特に青緑はレアが1枚もなくて勝ち手段に乏しく、それが勝てるかどうかがチームの勝敗に直結しそうです。
対戦結果
※左から順に赤白、青緑、緑黒の結果となっています。
R1 ○××:敗北
BIGsの斉田逸寛さん率いるチーム。青緑マーフォークは基本的に殴りあうデッキなので絆魂を持った吸血鬼デッキはかなり苦手なマッチアップですね。
R3 ○○×:勝利
関西の強豪、岩崎裕輔さん率いるチーム。青緑同系は先に殴りだした方が勝つのですが、相手の土地が詰まってたようでさすがに勝利。
R4 ○×○:勝利
R3 ×○○:勝利
BIGsの加藤健介さん率いるチーム。青緑は吸血鬼に当たってしまいましたが、<潜水>が<依頼殺人>を弾いて見事勝利!
<潜水!gp!on!150> <依頼殺人!gp!on!150>
R5 ○××:敗北
最後の最後で相談してきた関くんに誤ったプレイ指示を出してしまい敗北・・・。

最終戦開始時点からお互い集中力が切れた状態で、僕自身もよく考えずに指示を出してしまいました。

適正なプレイなら勝ってそうだったのでチームに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

メキシコシティのときは集中力が切れたら全員で顔を洗うなど徹底していたので、そこで得たことを活かしきれていませんでした。

マジックは適正なプレイをするのも大事ですが、それに至るためのメンタルケアや体調管理はもっと大切だと再認識させられました。

■おわりに
ということで今シーズン最初のグランプリは1勝足りずにノーポイントで終わりました。

次は10月末に控えたグランプリ香港。

プロツアー一週間前ということもあってタイトなスケジュールになることが予想されます。
フォーマットはリミテッドなので構築の方は早々に目星をつけておきたいところです。
もちろん世界選手権の結果を見ながら既に練習を開始しています。


次は勝利報告ができるレポートにしたいですね。
それでは!


※1...WotC社が手掛けた「マジック:ザ・ギャザリング」を通して世界を舞台に活躍することを目指す子供たちを育成・支援するプログラム。

遊々亭公式Twitter、担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
【遊々亭 MTG担当Twitter】 @yuyutei_mtg

マジック:ザ・ギャザリング スタンダード買取強化カード紹介!!

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

マジック:ザ・ギャザリング モダン買取強化カード紹介!!

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

デッキタイプ解説 一覧

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

TOP8 レシピまとめ 一覧

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE