マジック:ザ・ギャザリング 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、マジック:ザ・ギャザリングに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@MTG担当アカウント@yuyutei_mtg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

高尾翔太のGP&PT京都レポート 前編

posted

by 高尾 翔太

こんにちは、高尾です。
写真0.jpg
GP京都、PT京都と今シーズン最後のプレミアイベントに参加してきました。

参加前時点での所持プロポイントは16点。

来シーズンもシルバーレベルを維持するには、PT京都での参加点3点を考慮してもあと1点をどちらかのイベントで上乗せする必要があります。

この16点を保持した状況で6月に開催されたGPマニラ、GPシドニーに参加したものの、前者は9-6であと一勝が足りず、後者は5-0-1から3連敗して初日落ちとあと一歩が届かない状況が続きました。 今度こそ!と意気込んで臨んだ今回のGP京都とPT京都。

両イベントに向けた練習内容とその結果、そして来シーズンにおける姿勢について綴っていきます。
■GP京都―準備編
GP京都へ向け、ドラフトに重点を置いて練習を行いました。

ドラフトで各カードの評価さえ理解できればシールドにも応用が利くためです。

また、シールドはドラフトに比べて綺麗なアーキタイプデッキを構築しずらく、シナジーよりもカード単体で強いことが重要視されやすいのですが、特にアモンケット・破滅の刻シールドはビートダウンで勝つことが非常に困難で、"レアゲー"が顕著な環境です。

GP京都初日はいいレアを引くことを祈るしかありませんが、環境理解度が低いと良いレアに恵まれても勝てないので、まずはこの環境におけるリミテッドのセオリーを学ぶ必要があります。

主な練習環境はCygamesさん主催のドラフト合宿にお邪魔した他、MOのドラフトリーグを数回やった程度です。

そこで学んだことから色別に評価を列挙しますと、
ビートダウンになりやすい。どの色と組み合わせてもいい。
クリーチャーの質が高い。ビートでもコントロールでも可。
ビートダウンとして運用する場合は白黒ゾンビのみ。アンプレイアブルカードが最も多い。
ビートダウンになりやすいが、2マナ域が弱めなのが欠点。<火付け射手>を最も活かせる青がベストな相方。
<火付け射手!gp!on!150>
緑多色コントロールになりやすいが、<旗幟+鮮明>を使った白緑ビートダウンは有力。
<旗幟+鮮明!gp!on!150>


などなど。

個人的には、青>白>緑>赤>黒の順で汎用性が高く強い色だという認識です。

とにかく黒はなるべく避けたいレベルで、白黒ゾンビは細くなりがちでフィニッシュ手段に乏しいので、緑黒多色コントロールの場合のみやってもいい程度です。

他にも細かい要点はいくつかありますが、これらを頭に叩き込んでいざGP京都本番へ!

■GP京都―本戦編
GP初日
もらったプールとそのレアがこちら。
写真1.jpg 写真2.jpg 写真3.jpg
※画像はクリックで拡大します。


加茂さんぽに書かれていた引きたくないレアが複数ありますが、それも許せちゃうレベルのボムレア3枚!
<賞罰の天使!gp!on!150> <スカラベの神!gp!on!150> <驚天+動地!gp!on!150>
ただそのボムレア3枚が全く色が噛み合ってないという大きな問題が。

幸いにもマナサポートがたくさんあったので3枚とも使うことにしました。

前述しましたが、この環境のシールドはレア合戦になりやすいのでボムレアは極力使うべきだと考えています。

できたデッキがこちら。
写真4.jpg
※画像はクリックで拡大します。

このデッキを見て疑問を感じた方もいるでしょう。

そして僕も後のラウンドでその重大なミスに気づきました。

なんと<オアシスの祭儀師>や<楽園の贈り物>から青黒マナが出せると勘違いしていたのです!
<オアシスの祭儀師!gp!on!150> <楽園の贈り物!gp!on!150>
もちろん同じ色マナ2つしか出せないことは普段から知ってはいたのですが、構築の際になぜか勘違いしていたようで...。

幸いマナベースがそこそこ豊富なので何度か<スカラベの神>は着地したものの、逆も然りで毎回サイドアウトしていました(苦笑)
<スカラベの神!gp!on!150>
また、遅いマッチアップでのサイド後はこのようなエスパーカラーのクロックパーミッションに組み替えていました。
写真5.jpg
※画像はクリックで拡大します。


<束縛のミイラ>や<ミイラの大王>はゾンビが少なくシナジーこそありませんが、<空からの導き手>で飛ばすクリーチャーとしては<灰色熊>で十分です。
<束縛のミイラ!gp!on!150> <ミイラの大王!gp!on!150> <空からの導き手!gp!on!150>
<賞罰の天使>と<スカラベの神>も無理なく使えていますし、何よりシールドにおいて重要な<至高の意志>と<相殺の風>を使えるのが最大の魅力です。
<王神の贈り物>や<圧倒的輝き>、<サンドワームの収斂>のようなエンドカードをコモン、アンコモンで弾けるのは素晴らしいです。
<至高の意志!gp!on!150> <相殺の風!gp!on!150>
<王神の贈り物!gp!on!150> <圧倒的輝き!gp!on!150> <サンドワームの収斂!gp!on!150>
それでは初日の結果を見ていきましょう。

1回戦:Bye

2回戦:Bye

3回戦:○

4回戦:○

5回戦:○

6回戦:○

7回戦:×

8回戦:×

9回戦:○

レアが強かったのはもちろん、サイド後の戦略が嵌まって7-2。

プロポイント1点をとるために二日目はとりあえず3-3することを目標にします。

GP二日目
1stドラフト
初手で目立つものが<ケフネト最後の言葉>と<不吉なスフィンクス>の2枚という明らかに下家と青がかぶるパックから<ケフネト最後の言葉>をピック。
<ケフネト最後の言葉!gp!on!150>
<雲遊+萍寄>を早い順目で見かけたので一周することを想定しつつ、<狡猾な生き残り>を2枚ピック。

この<雲遊+萍寄>と<狡猾な生き残り>のコンボは渡辺雄也くんがCygames合宿で発見したテクで、10点近くのダメージを簡単に叩き出すことができます。
<狡猾な生き残り!gp!on!150> <雲遊+萍寄!gp!on!150>
何より<雲遊+萍寄>は実は単体で見た目以上に使い勝手がよく、過小評価されているレアの1枚です。

目論み通り<雲遊+萍寄>が一周したのでピックして1パック目が終了。


<狡猾な生き残り>を素で使いやすくするためにできれば青赤タッチ白で組みたいところですが、赤いカードが上家から全く流れてこなかったのでやむなく青白タッチ赤で組むことに。

どうしても青白だと<狡猾な生き残り>が弱くなるので本来この時点でこのアーキタイプをあきらめるべきでしたが、2-1で<農場+市場>を引いたことで強行することに。
<農場+市場!gp!on!150>
<農場+市場=U=houjp@@市場>は<狡猾な生き残り>とも相性がいいです。

3-2あたりで<色彩の断崖>を見るも<扇持ち>を優先してピックしたところ二度とマナサポートを見ることはありませんでした...。
<色彩の断崖!gp!on!150>
最終的にできたデッキがこちら。
写真6.jpg
※画像はクリックで拡大します。

<雲遊+萍寄>以外のまともな勝ち手段がありませんし、マナサポートも全くないので<山=L=houjp>を2枚入れざるを得ないという始末。

いいとこなしのデッキで結果は...

10回戦:×(Chris Pikula)

11回戦:×

12回戦:×



当然の0-3。

10回戦目の3本目に<雲遊+萍寄>含む手札が3枚ある状態で<徙家+忘妻@@忘妻>を打たれて<雲遊+萍寄>以外を捨てちゃったのですが、2マナ立たせてたので<雲遊+萍寄@@雲遊>で土地を戻して捨ててれば残りの手札で勝ててたかもしれません。

ちなみに上家が赤緑だったのでうまく棲み分けはできたと思ったのですが、どうやら卓に白が多かったようです。

2ndドラフト
初手<翦草+除根>から入って途中<型破りな戦術>が取れるも、黒いカードが<呪われた大群>くらいしか目ぼしいのが取れなかったので1パック目は白単気味にピックして終了。
<翦草+除根!gp!on!150> <型破りな戦術!gp!on!150> <呪われた大群!gp!on!150>
2-1で<敏捷な妨害術師>を引いたことと1パック目で<呪文織りの永遠衆>をピックしていたので白青タッチ黒のゾンビデッキを組むことに。
<敏捷な妨害術師!gp!on!150> <呪文織りの永遠衆!gp!on!150>
できたデッキがこちら。

写真7.jpg
※画像はクリックで拡大します。

永遠や不朽も含めればゾンビはそこそこいますが、弱いカードがちょいちょい入っちゃってるのが玉に瑕。

1勝か良くて2勝デッキです。

13回戦:○

14回戦:○

15回戦:×(Mike Hron)



最終戦の3本目、序盤からかなりマウントを取っていたのですが<ロナスの勇者>から<大いなるサンドワーム>が着地したことで状況は一転。
<ロナスの勇者!gp!on!150> <大いなるサンドワーム!gp!on!150>
<扇持ち>でしばらく食い止めるも土地が4枚でストップし、展開が遅れてしまったことで攻勢が緩んだ結果逆転負け。

またもあと一勝が届かず敗退。

ここで翌週は絶対勝つと心に誓ったのを今でも覚えています。


後編に続く!

マジック:ザ・ギャザリング スタンダード買取強化カード紹介!!

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

デッキタイプ解説 一覧

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

TOP8 レシピまとめ 一覧

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE