マジック:ザ・ギャザリング 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、マジック:ザ・ギャザリングに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@MTG担当アカウント@yuyutei_mtg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

【破滅の刻】高尾選手によるTwitterカードレビューまとめ

    posted

    by -遊々亭- MTG担当

    こんにちは、遊々亭MTG担当です!

    先週末に行われたGPラスベガスでの<王神、ニコル・ボーラス>の公開を皮切りに続々と破滅の刻のカードが公開されていますね!
    <王神、ニコル・ボーラス@@!gp!on!200>
    遊々亭ではTwitterにて同社MTGチーム所属の高尾 翔太選手によるカードレビューを行ってきました。

    本日はそのツイートをまとめて皆様にお届けします!























    いかがでしたでしょうか?

    プレビューウィークはまだまだ続きますので、来週もどんどんカードのレビューを行っていこうと思います!

    遊々亭では「破滅の刻」シングルカードの事前予約販売を行っております!

    破滅の刻.jpg
    シングル予約販売ページはこちら!


    是非ご利用下さい!

「破滅の刻」シングル予約販売開始!

    posted

    by -遊々亭- MTG担当

    破滅の刻.jpg
    「破滅の刻」予約販売を開始致しました!
    こんにちは、遊々亭@MTG担当です。
    7月14日(金)に発売される 「破滅の刻」 の予約販売を開始致しました!





    遂に明らかとなったニコル・ボーラスの計画、王神の帰還とともに解き放たれる隠されし三柱の神々、次々と敗れていくゲートウォッチ。

    更にリリアナと契約を交わした4体の悪魔の内の1体もその姿を現す。アモンケットはこのまま終末を迎えてしまうのか!?
    <王神、ニコル・ボーラス!gp!on!> <バントゥ最後の算段!gp!on!>


    新たな形の"督励" "永遠"といった不朽の発展形も登場、どのようなプレイ環境が訪れるのか、今から楽しみです。


    遊々亭では、「破滅の刻」の高尾 翔太、加茂 里樹の両選手による構築、リミテッドの両観点から見たカードレビューを公開!

    シングルカード予約販売と併せて、是非チェックしてみて下さい!

    「破滅の刻」シングルカード予約販売ページはこちら!

    遊々亭公式Twitter、担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 MTGチームTwitter】 @yuyutei_mtg

デッキタイプ解説:「赤緑エネルギーアグロ」by高尾 翔太

    posted

    by 高尾 翔太

    こんにちは、高尾です。


    今回はパワーを倍化して瞬く間に相手を切り裂くビートダウン、赤緑エネルギーアグロのご紹介です。

    エネルギーを使ったビートダウンと言えば緑黒エネルギーがありますが、この赤緑エネルギーは全く特性が異なります。

    前者は<巻きつき蛇>を主軸にエネルギーや+1/+1カウンターを増やす戦略を採っていますが、後者は<静電気式打撃体>をコンバットトリックでサポートすることによって打点を数十点にまで膨らませるのが基本コンセプトです。

    <静電気式打撃体>に<暴力の激励>を打つとパワーが5、そこからエネルギーを6つ使用して能力を2回起動するだけでもパワーは20点に膨れ上がります。
    <静電気式打撃体@@!gp!on!200> <暴力の激励@@!gp!on!200>
    モダンでいうところの"感染"のようなアーキタイプですね。
    <ぎらつかせのエルフ@@!gp!on!200> <強大化@@!gp!on!200>

    しかし、その程度であれば除去1枚で完封されてしまうのがコンボアグロの弱点。

    ではどのようにしてその弱点を克服しているのでしょうか。
    まずはサンプルリストをご覧下さい。

    ◆デッキレシピ
    赤緑エネルギー
    =====deckstart===== @土地-mtgland <森=L=akhjp>*8 <山=L=akhjp>*3 <隠れた茂み>*2 <獲物道>*4 <霊気拠点>*4 @クリーチャー-mtgcre <牙長獣の仔>*4 <導路の召使い>*4 <通電の喧嘩屋>*4 <静電気式打撃体>*4 <不屈の神ロナス>*2 <逆毛ハイドラ>*4 @その他-mtgoth <霊気との調和>*4 <顕在的防御>*4 <蓄霊稲妻>*3 <暴力の激励>*4 <放たれた怒り>*2 @サイドボード-mtgside <反逆の先導者、チャンドラ>*2 <栄光をもたらすもの>*3 <蓄霊稲妻>*1 <マグマのしぶき>*3 <刻み角>*2 <うろつく蛇豹>*4 =====deckend=====
    ◆概要
    前述したように<静電気式打撃体>に各種コンバットトリックで強化して倍化するのが基本コンセプト。
    <静電気式打撃体>以外のクリーチャーとしては、<牙長獣の仔>や<逆毛ハイドラ>など他のデッキでもよく見かけるチョイスとなっています。
    <静電気式打撃体@@!gp!on!200> <牙長獣の仔@@!gp!on!200> <逆毛ハイドラ@@!gp!on!200>
    そしてこのデッキが一筋縄では勝てない、つまり単体除去程度では完封できない理由は2つあります。

    1つ目:顕在的防御の存在。
    <顕在的防御@@!gp!on!200>
    コンバットトリック兼除去を回避できるサポート呪文で、<静電気式打撃体>を守るのに打ってつけです。除去を回避するついでに打点が上がるので、相手としてはせっかくのインスタント除去を握っていても自分のターンに打つことを強いられてしまいます。


    2つ目:コンボアグロでありながらコンボに頼らずとも殴り切ることもできる。

    <静電気式打撃体>はそれこそコンバットトリックなしではかなりひ弱ですが、他のクリーチャー達は単体でも十分強力なスペックです。

    いくらでもエネルギーを得られるデッキ構成なので<牙長獣の仔>を止めるのはなかなか困難ですし、<通電の喧嘩屋>は実質2マナ4/3トランプルと言っても差し支えありません。
    <牙長獣の仔@@!gp!on!200> <通電の喧嘩屋@@!gp!on!200>
    <逆毛ハイドラ>にいたっては単体除去で倒すのはほぼ不可能で、<不屈の神ロナス>や<暴力の激励>でトランプルを付与するのに恰好の対象です。
    <逆毛ハイドラ@@!gp!on!200>
    サイドボードには<反逆の先導者、チャンドラ>や<栄光をもたらすもの>が用意されており、ミッドレンジへとプラン変更して軸をずらすことができます。
    <反逆の先導者、チャンドラ@@!gp!on!200> <栄光をもたらすもの@@!gp!on!200>
    <うろつく蛇豹>は対青赤コントロール用のサイドカードとしてよく見かけるようになりました。
    <うろつく蛇豹@@!gp!on!200>
    ▼マリガン基準
    3ターン目までにクリーチャーを展開できない初手や、<導路の召使い>しかクリーチャーがない初手は攻め手不足なのでマリガンすべきです。 また、<霊気との調和>があっても土地がタップインランドしかない初手は、2マナクリーチャーの展開が1ターン遅れるのでマリガン推奨です。
    <導路の召使い@@!gp!on!200> <霊気との調和@@!gp!on!200>
    ◆主要カード
    牙長獣の仔
    <牙長獣の仔@@!gp!on!200>
    エネルギーアグロを支えている現代に蘇りし<タルモゴイフ>。

    2ターン目に出したこいつが最後まで対処されず勝つということも稀ではありません。 <霊気との調和>から入れば<マグマのしぶき>も効きませんね。

    静電気式打撃体
    <静電気式打撃体@@!gp!on!200>
    このデッキのホームランバッター。

    どれだけ劣勢な盤面でも、このカードさえ出せればたちまち勝てる可能性が出てきます。
    <ゼンディカーの同盟者、ギデオン>の返しで30点近くのダメージを叩き出してあげましょう。

    顕在的防御
    <顕在的防御@@!gp!on!200>
    コンバットトリック兼除去耐性付与呪文。

    <静電気式打撃体>を守るのが主な役割ですが、<牙長獣の仔>あたりに適当に打つだけでも十分強いです。

    ▼有利なデッキ
    マルドゥ機体
    <キランの真意号@@!gp!on!200> <屑鉄場のたかり屋@@!gp!on!200> <ゼンディカーの同盟者、ギデオン@@!gp!on!200>
    <静電気式打撃体>をまともに除去する手段が<無許可の分解>しかありません。 また、天敵の<歩行バリスタ>も最近では採用されていないリストがほとんどなのでいいフィールドと言えます。
    ▼不利なデッキ
    緑黒エネルギー
    <緑地帯の暴れ者@@!gp!on!200> <光袖会の収集者@@!gp!on!200> <歩行バリスタ@@!gp!on!200>
    <歩行バリスタ>が4枚標準装備されており、<静電気式打撃体>が生き残りずらいマッチアップなので基本的には普通に殴り切るしかありません。

    サイド後は<反逆の先導者、チャンドラ>や<栄光をもたらすもの>と入れ替えて戦うことになるでしょう。
    赤青コントロール
    <検閲=U=akhjp@@!gp!on!200> <焼けつく双陽@@!gp!on!200> <奔流の機械巨人@@!gp!on!200>
    除去とカウンターがふんだんに入っているため、コンボを決めるのが最も困難な相手です。

    そのためメインのコンバットトリックが腐りやすく、最終的にリソース不足に陥って負けてしまいます。 サイド後は<うろつく蛇豹>を出して<蓄霊稲妻>を持たれていないことを祈りましょう。

    ▼このデッキに対して有効なサイドカード
    燻蒸
    <燻蒸@@!gp!on!200>
    単体除去にも耐性があるなら全体除去!
    <顕在的防御>を構えられようが<逆毛ハイドラ>がいようが、全体除去なら全て処理できます。
    払拭
    <払拭=C=bfzjp@@!gp!on!200>
    クリーチャー以外の呪文のほとんどがインスタントで構成されているので当然刺さります。 <顕在的防御>を弾いて単体除去を押し通しましょう。
    ◆大会結果
    『GPマニラ2017』4位
    ◆総括
    無題.png
    今回は最もポピュラーなコンボアグロ型をご紹介しましたが、<静電気式打撃体>を採用しないミッドレンジ型も存在します。

    そちらはコンバットトリックが<顕在的防御>しか入っておらず、2種類の神と<栄光をもたらすもの>で太くビートダウンするタイプです。
    <栄光をもたらすもの@@!gp!on!200> <不屈の神ロナス@@!gp!on!200> <熱烈の神ハゾレト@@!gp!on!200>
    また、そのミッドレンジ型には<つむじ風の巨匠>と<ならず者の精製屋>を採用したティムールも存在するなど多種多用。
    <つむじ風の巨匠@@!gp!on!200> <ならず者の精製屋@@!gp!on!200>
    <霊気池の驚異>が禁止になった昨今、ティムールカラーは減少傾向のようですが、赤緑だけでも2タイプ存在するのでそれらと対面した場合はどちらの型なのかうまく見極める必要がありそうです。

    mtg-deck3.png
    デッキタイプ解説記事一覧はこちら!


    遊々亭公式Twitter、担当Twitterでは、更新情報や、Twitter限定のお買い得情報等々、 リアルタイムに情報を発信しています!

    【遊々亭 公式Twitter】 @yuyutei_news
    【遊々亭 MTG担当Twitter】 @yuyutei_mtg

マジック:ザ・ギャザリング 買取強化カード紹介!!

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

デッキタイプ解説 一覧

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

TOP8 レシピまとめ 一覧

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE

対戦動画まとめ

by -遊々亭- MTG担当

READ MORE