ラクエンロジック 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ラクエンロジックに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ラクエンロジック担当アカウント@yuyutei_lucklog遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【マッキー】「Happy×Heart」ニーナ デッキ紹介

posted

by マッキー



皆さんこんにちは!マッキーです。

前回のレビューで書いた通り、今回はデッキ紹介をしていきたいと思います。
先に弥生を書くかニーナを書くか悩みましたが、恐らくニーナの構築の方が需要ありそうだったのでニーナ構築から書くことにしました。
ニーナの構築はよく見るけど「なんでこのカード入ってるの?」と思ってる人もいるかと思いますので、今回の記事がそんな方の参考になれば幸いです。
・デッキレシピ
ではさっそくレシピから。

ニーナ
プレイヤー:マッキー
=====deckstart===== @合理体-orange <==hbt01=10001@橙@>*1 <==hbt01=10113@橙@>*1 <==hbt01=10009@橙@>*4 <==bt03=10002@橙@>*2 <==hbt02=10004@橙@>*1 <==hbt01=10119@橙@>*3 <==hbt01=10004@橙@>*3 <==htd02=10006@橙@>*2 <==hbt02=10001@橙@>*2 @定理者-green <==hbt02=10009@橙@>*3 <==htd02=10008@橙@>*2 @使者-green <==htd02=10012@橙@>*4 <==hbt02=10014@橙@>*4 <==hbt01=10008@橙@>*3 @戦術-blue <==htd02=10015@橙@>*2 <==hbt01=10021@橙@>*3 <==hbt01=10127@橙@>*2 @逆理-blue <==hbt01=10022@橙@>*4 <==hbt01=10023@橙@>*4 @門- <==htd01=10020>*2 <==htd02=10020>*2 <==htd01=10022>*2 <==htd02=10023>*2 <==promo=10270>*2 =====deckend=====
・デッキコンセプト
今回のデッキコンセプトは様々なプランを作り適応力を上げたデッキにしました。
どの相手にも対応できるニーナちゃんらしい構築とも言えますね。
各カード解説の際にそれぞれ考えたプランなどを書いていくので良かったら参考にして下さい。
・各カード解説
<==hbt01=10001@橙@!gp!on> 天使の福音 ニーナ

驚異の6回攻撃を可能にするTR(トランスレア) で採用理由は様々ありますが、主にニーナミラーを制するためですね。
後述しますが、ニーナには<==bt03=10002@橙@ダイナミックアンサンブル ニーナ>と<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>を使ったギミックがある(以降「天翔ギミック」と呼びます)のでそれを突破する際に5パンする必要があり、それを越えるために今回は採用しました。
勿論それ以外にも相手盤面のIC(インターセプト)や<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>を処理できたり、サブプランとして作った後攻4ターン目に6パンして3門割りする後4キルに使ったりしても良いですね。
ちなみに最近<==hbt02=10032@赤@浄福の神獣 ベル>と<==htd01=10004@赤@高速ダッシュ リオン>を使ったコンボで5回攻撃しないといけないギミックが流行っているのでそれも対応できますね。
この1枚で作れる選択肢がかなり増えるので、ニーナを作るなら採用間違いなしです。

<==hbt01=10113@橙@!gp!on> 希望の祈り ニーナ

旧TRニーナ。強さは衰えず現役で採用です。
相手門を残り1門にしたらほぼ勝ち確みたいなテキストですね。 相手の門が残り2門の場合でストックが少ない場合でもこのカードのLDを使い、違うメンバーで先に勝負して最後に<==hbt01=10113@橙@希望の祈り ニーナ>で攻撃することで使える戦術量をかなり減らせることができる優秀な能力を持っています。
採用枚数に関しては不安なら2枚にしても良いですが、使用するタイミングは1回だけなのでそこは好みになりますね。

<==hbt01=10009@橙@!gp!on> 不穏を察する ニーナ

ニーナデッキの貫通(?)ですね。 <==hbt01=10022@橙@天空明察>を手札かレベル領域から置くことで裏向きのカードを山のボトムに戻すことができ、表向きになってカードが帰ってくるので先攻4ターン目に4回攻撃が可能になるシナジー効果を持っています。
採用理由は貫通できる以外にも<==hbt01=10022@橙@天空明察>のシナジー効果でレベル領域がスタンドするので使える手札の総量が増えるなどがあります。
4ターン目に絶対山に1枚なくてはいけないので4枚採用です。

<==bt03=10002@橙@!gp!on> ダイナミックアンサンブル ニーナ

前述した天翔ギミックをここで紹介します。
条件として最後のターンにレベル領域に<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>が存在し、自分の門が縦に2門残った盤面の話です。
前の門上にメンバーを置いた状態で、後ろの門上に<==bt03=10002@橙@ダイナミックアンサンブル ニーナ>を置きます。
そうすることで相手は<==bt03=10002@橙@ダイナミックアンサンブル ニーナ>から殴らなくてはいけないので、次の前のメンバーで定義をする際に<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>などでレベル領域を入れ替えると、後ろの門上にレベル領域から<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>が出てきます。
このギミックだけでミラー戦を守れてしまいます。
前列の門を守ることに不安がある人は<==spb01=10014@橙@冬の訪れ ニーナ>を採用するのもありですね。
採用枚数はストックに噛んだりする不安も考慮して2枚にしています。

Point:天翔ギミック
  • <==bt03=10002@橙@ダイナミックアンサンブル ニーナ>の効果で後列中央門を指定し、強制バトル。
HinaLogic_praymatmky001.jpg
  • 前列右側門でのバトル時にレベル領域の<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>の効果を誘発させる。
    (<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>など)
HinaLogic_praymatmky02.jpg
  • 後列右側門に<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>が登場。
HinaLogic_praymatmky03.jpg

<==hbt02=10004@橙@!gp!on> 傷も顧みず ニーナ

アニメで暴走したリオンを止める場面のニーナちゃんですね。
自動効果がかなり強力で、このデッキはレベル領域を入れ替える動きが多いのでかなりオーラを伸ばすことができると思います。
EXソウルも達成することで往復でレベル領域のカードを手札に加えることができ、同時にオーラも上昇するので優秀な1枚です。
正直複数採用したい強さですが、これ以上lv4に枠を取れないので渋々1枚採用しています。

<==hbt01=10119@橙@!gp!on> ごろごろ旋風脚 ニーナ

ラクロジ屈指のパワーカードですね。
相手のターンにニーナネームのオーラを5にするだけで5000パンプが付与されます。
このカードを盤面に2枚並べてオーラ5載せるだけで10000パンプするので、LDを打ったlv4と同等、またはそれ以上のステータスになります。
現状黄色の戦術は<==hbt01=10021@橙@最終関門>や<==hbt01=10127@橙@拳で語る>など簡単にオーラを5にできる戦術があるので条件はゆるゆるです。
採用した理由としては相手の先攻4ターン目に2門割ってくる所をこの<==hbt01=10119@橙@ごろごろ 旋風脚>を並べて守ることや最終ターンに雑に盤面に置いておくだけで雑にパワーパンプが全体に入るので守りやすくなるからですね。
後攻を取った場合は相手の攻撃をどこかで止めるプランを作らなくてはいけないのですが、ニーナとしては相手の先攻4ターン目の貫通をこのカードで守る択や相手の先攻5ターン目に天翔ギミックを使ったり普通に定義して守る択に加えて、後攻4ターン目に<==hbt01=10001@橙@天使の福音 ニーナ>を使って6回攻撃をして3門割りすることで守らずにゲームエンドを狙う択まであるので、どの択をとるかについては練習量がものを言うかもしれません。

<==hbt01=10004@橙@!gp!on> 神に仕える力 ニーナ

逆理を再利用できるTC持ちニーナです。
以前はドロップの逆理をレベル領域に戻して<==htd02=10003@橙@凛然たる騎士 ニーナ>などで手札に戻してから定義に使う為ワンクッション必要としていましたが、<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>でレベル領域から定義できるようになったので便利になりました。
レベル領域のカードを回収できるので終盤に必要なカードを序盤に置いてそのまま<神に仕える力 ニーナ>で回収したり、<==hbt01=10004@橙@編入生 ニーナ>で欲しいカードをレベル領域に置いて回収することに加えて<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>の効果を相手ターンに使ってターンが帰ってきた際にそのまま<==hbt01=10004@橙@神に仕える力 ニーナ>テキストでミカエルを回収などもできたりするので使い道は無限大です。

<==htd02=10006@橙@!gp!on> 立ち向かう ニーナ

先攻後攻問わずに2ターン目に合体する合理体です。
用途は2ターン目にLDを使用して1ドローするだけなので少し厳しめの2投にしています。

<==hbt02=10001@橙@!gp!on> 天を翔る翼 ニーナ

前述した天翔ギミックの他にも様々な用途があります。
相手が4回攻撃をする際に門ではなくメンバーから攻撃した場合にその定義で<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>テキストで門上に出すことで門破壊を防ぐことも出来ますね。
リオンと対面した際の真ん中の門を縦に2門抜かれた場合になりますが、ソウル持ちメンバーを2枚前列サイドに置き、後ろのメンバーを<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>に潰させることで前のメンバーで定義するときに、<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>を後列門に飛ばして2門破壊を防げたりもします。
それ以外にも<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>自身がTCを持っている為、そのまま合体の素材に使うことも出来る便利なカードです。
採用枚数に関してはこれ以上増やしても出撃する盤面を確保出来ない可能性があるので2枚採用にしています。

<==hbt02=10009@橙@!gp!on> 大事な友達と ニーナ

まず定理者の数に関してですが、最近の構築では定理者は5.6枚が基本になっていると思います。
その理由は2ターン目にマイロジカリストで合体するのでその後使っても3.4.5ターン目の計3枚、最大でも6ターン目を迎えることで計4枚になります。
その為定理者を多く積んでも余ってしまうので最大限まで定理者の枠を割いて他に枠を取っていることが多いですね。
使者に関しては最大で2.3.4.5ターン目に2枚ずつ使うので10枚前後が基本になっていると思います。

話を戻しますが、イラストがとても良いですね! レベル領域のカードを1枚回収してデッキから逆理をレスト状態でレベル領域に置くことができます。
ニーナは基本的にオーラ勝負が有利なので逆理を抱えることができるのとても強いと思います。
逆理をレスト状態で置くデメリットも<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>などで定義に使ってしまうので痛くも痒くもないですね。

<==htd02=10008@橙@!gp!on> 編入生 ニーナ

欲しいカードをドロップからレベル領域に戻すニーナちゃん。
<==hbt02=10009@橙@大事な友達と ニーナ>や<==hbt01=10004@橙@神に仕える力 ニーナ>でレベル領域のカードを回収できるのでその場で欲しいカードを回収できるのは便利ですね。

<==htd02=10012@橙@!gp!on> 撃ちます! アモル

1コスト1ドロー盟約のアモル。大変お得です。

<==hbt02=10014@橙@!gp!on> 高まる鼓動 ミカエル

レビューでも紹介したミカエルですね。 正直今弾で一番評価しているカードかもしれません。
合体に使っても良し、IC(インターセプト)要因として盤面に出しても良し、テキストを使用しても良しの何枚あっても腐らないような便利カードです。
このミカエルのおかげで防御時にでも使える手札の枚数は格段に変わってくると思います。 採用枚数に関しては文句なしの4投です。

<==hbt01=10008@橙@!gp!on> 優しき天使 アモル

レベル領域のlv1のメンバーを盤面に出せる盟約です。
用途は使い終わった<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>をレベル領域から盤面に出して再利用することだと考えていましたが、実際に試合をしているとレベル領域を変えるような効果でトップからlv1が雑に降ってきたりするのでミカエルを飛ばすまでもなかったりします(笑)

<==htd02=10015@橙@!gp!on> 毛玉の魔力

逆理を持ち勝ってオーラ勝負する構築なのになんでパワー戦術入ってるの?と疑問に思う人もいるかと思いますが中盤、特に<==hbt01=10119@橙@ごろごろ旋風脚 ニーナ>で相手の先攻4ターン目の貫通を止める際に抱えられる逆理の数は正直そこまで多くありません。
そこの勝負で逆理勝負をするよりも<==hbt01=10119@橙@ごろごろ旋風脚 ニーナ>テキストで上昇したパワーを生かす方が強いと判断した時に<==htd02=10015@橙@毛玉の魔力>を使うので採用しています。
実際に<==hbt01=10119@橙@ごろごろ旋風脚 ニーナ>を2枚盤面に並べられて<==hbt01=10021@橙@最終関門>でパワー10000上昇に<==htd02=10015@橙@毛玉の魔力>まで打たれると相手も嫌な顔をしますね。

<==hbt01=10021@橙@!gp!on> 最終関門

なんでオーラが5つも上昇するのか不思議ですが強いので使います。
打つだけで<==hbt01=10119@橙@ごろごろ 旋風脚>が無条件で輝く上にトップのカードを1枚落下できるサービスまで付いてるので中盤から終盤にかけてかなり活躍するカードですね。
ちなみに<==hbt01=10126雷竜の真価>ではなく<==htd02=10015@橙@毛玉の魔力>を採用してる理由の1つとして、この<==hbt01=10021@橙@最終関門>の1落下で<==hbt01=10126雷竜の真価>が降ってくると弱いからというのもありますね。
特にニーナはオーラ勝負をする場面が多々あると思うので採用に関しては間違いないと思っています。

<==hbt01=10127@橙@!gp!on> 拳で語る

最近流行りの"""拳で"""ですね。
用途は様々ですが相手の先攻4ターン目の貫通時にソウルのない<==hbt01=10119@橙@ごろごろ旋風脚 ニーナ>に打つのがとても強いですね。
<==hbt01=10021@橙@最終関門>はソウルのあるメンバーにしか打つことができないので、代用品として採用しています。
実際に<==hbt01=10049@緑@イタズラな触手 アシュリー>や<==hbt01=10076@@トゥインクルセイバー 万博>など、ソウルありメンバーと勝負をせずに貫通できるカードが存在するのでどのデッキも見るなら<==hbt01=10127@橙@拳で語る>は必要になります。
それ以外にも<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>をドロップからサルベージしてそのままミカエルテキストを使うこともできたり今まで通りオーラ勝負を有利に進めることができるカードなので無限の可能性を秘めてますね。

<==hbt01=10022@橙@!gp!on> 天空明察

先攻4ターン目に4回攻撃するために<==hbt01=10009@橙@不穏を察する ニーナ>と共に必要なカードですね。
忘れがちですが<==hbt01=10022@橙@天空明察>のテキストでレベル領域のニーナを2枚レストするだけで相殺されたこのカードを再利用できるので、レベル領域のスタンドが容易になった現構築だと使うことがあることも頭の隅に置いておきましょう。

<==hbt01=10023@橙@!gp!on> 正義の進軍

ソウル持ち条件で3000パンプ逆理ですね。
パワー勝負することも考えて採用しています。
・前構築との比較
マリガン基準を紹介する前に1弾の時に使っていたニーナデッキの構築も紹介します。
2弾が登場してアップデートしましたがこれはこれでしっかりとした構築なので、この構築をそのまま雛形にするなどニーナデッキを組む際の参考にしてもらえたら幸いです。
・デッキレシピ
ニーナ(Change × Collect環境仕様)
プレイヤー:マッキー
=====deckstart===== @合理体-orange <==hbt01=10009@橙@>*4 <==htd02=10003@橙@>*3 <==hbt01=10113@橙@>*1 <==hbt01=10003@橙@>*3 <==hbt01=10119@橙@>*3 <==hbt01=10004@橙@>*1 <==htd02=10006@橙@>*3 @定理者-green <==hbt01=10006@橙@>*3 <==hbt01=10012@橙@>*3 @使者-green <==htd02=10012@橙@>*4 <==hbt01=10019@橙@>*4 <==hbt01=10125@橙@>*2 @戦術-blue <==htd02=10015@橙@>*3 <==hbt01=10021@橙@>*3 <==hbt01=10127@橙@>*2 @逆理-blue <==hbt01=10022@橙@>*4 <==hbt01=10023@橙@>*4 @門- <==htd01=10020>*2 <==htd02=10020>*2 <==htd01=10022>*2 <==promo=10183>*1 <==htd02=10023>*2 <==promo=10220>*1 =====deckend=====

以上がデッキレシピです。
コンセプトは<==hbt01=10003@橙@憂いの空 ニーナ>や<==hbt01=10019@橙@アウトオブバウンズ アモル>で中盤に負荷をかけて、返しの定義を楽に進める構築です。
軽くカード解説だけします。
・採用カード解説
<==htd02=10003@@!gp!> 凛然たる騎士 ニーナ

レベル領域の逆理かオーラロジックを持つカードを2枚まで回収するニーナちゃん。
この構築では<==hbt01=10003@橙@憂いの空 ニーナ>や<==hbt01=10019@橙@アウトオブバウンズ アモル>の発動条件としてレベル領域にニーナネームを2枚置く必要があったので、lv2やlv3のニーナを序盤からレベル領域に置きます。なので終盤にそのオーラ実弾を回収するため採用しています。
新構築では<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>があるのでレベル領域のカードを回収する必要性は前より薄くなったと思います。

<==hbt01=10003@@!gp!> 憂いの空 ニーナ

レベル領域にニーナネームが2枚あれば相手ターンのバトルフェイズ開始時にレベル領域のカードをスタンドすることができます。
自ターンにレベル領域を捻ったとしても、返しのターンにはレベル領域がスタンドするのでその分さらに相手に負荷をかけることが出来ますね。
問題点としてレベル領域にニーナネームを2枚要求するので<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>やレベル領域を入れ替えてしまう<==hbt01=10012@橙@神に仕える力 ニーナ>との相性がとても悪いです。
その理由で1弾構築ではlv3を<==hbt01=10119@橙@ごろごろ 旋風脚 ニーナ>と<==hbt01=10003@橙@憂いの空 ニーナ>で固めて<==hbt01=10004@橙@神に仕える力 ニーナ>は後攻を取った場合などのサブプランとしてピン採用しています。

<==hbt01=10006@@!gp!> 学園での生活 ニーナ

レベル領域をレストするだけでドロップのオーラ実弾を回収できる優秀な盟約です。
用途はドロップに落ちた<==hbt01=10119@橙@ごろごろ 旋風脚 ニーナ>や<==hbt01=10003@橙@憂いの空 ニーナ>を回収することですが、<==hbt01=10012@橙@意に染まない ニーナ>で意図的にドロップにオーラ実弾を作って回収することもできます。

<==hbt01=10012@@!gp!> 意に染まない辞令 ニーナ

5枚山上を見て使者があれば回収できるので、安定感を求めた結果採用しました。
この構築では使者が10枚な上に<==hbt01=10019@橙@アウトオブバウンズ アモル>を定義で使用することが多いので採用することで安定感が格段に違います。
<==hbt01=10006@橙@学園での生活 ニーナ>のようにドロップに特定のカードがないと使用出来ないテキストもあるので併せて使うこともできます。

<==hbt01=10019!gp!on> アウトオブバウンズ アモル

中盤に定義することでレベル領域を1つスタンドすることができるので手札を消費せずにレベルブーストだけで相手に負荷をかけることができます。
<==hbt01=10003@橙@憂いの空 ニーナ>や<==hbt01=10119@橙@ごろごろ 旋風脚 ニーナ>と組み合わせると本当に中盤の突破が困難になるレベルで定義出来たのでかなり強力です。
新構築では使い易さを考慮して<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>に変わっています。

<==hbt01=10125!gp!on> 日向ぼっこ アイシャ

ドロップに落ちた<==hbt01=10019@橙@アウトオブバウンズ アモル>を回収して使い回したり欲しいカードを回収できるので採用していました。
新構築では<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>はドロップに行かずにレベル領域に行くので<==hbt01=10008@橙@優しき天使 アモル>になっています。

こうして書き連ねると一見新構築の方が強そうに見えますが、旧構築も独自の強みがあるので握る価値はあります。
比較すると新構築では<==hbt02=10014@橙@高まる鼓動 ミカエル>や<==hbt01=10012@橙@神に仕える力 ニーナ>等を使った逆理を最大限利用する構築に寄せていますが、旧構築は逆理を持ち負けても中盤で相手に負荷をかけてパワー勝負もオーラ勝負も取れるように、パワーやオーラ実弾を回収するテキストや戦術などを少し多めに積んでいます。

ニーナは既存プールもあるので私自身まだまだ研究不足です。更に良い構築が生まれるかもですね。
・マリガン基準
マリガン基準は少し難しい話になりますね。
対面のデッキタイプによってかなり基準が変わりますが、試合前に相手のデッキタイプは分からないので基本としては使者と定理者だけを残すマリガンで良いと思います。
万博の<==hbt01=10088@@機雷散布 セレン>ように使者以外はバウンスするテキストを持ったカードや<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>のソウルがないメンバーを除去するテキストがあるので、合体に必要な使者だけは確実にキープをしたいですね。

次にキープしたいのは<==hbt02=10001@橙@天を翔る翼 ニーナ>です。
<==hbt02=10001!gp!on>

リオンを相手にした時にTC素材として使えるのは勿論、レベル領域に置くことで序盤からいつ飛んでくるのか相手に意識させることができます。
・最後に
以上でデッキ紹介を終わります。

現環境でもトップクラスのニーナですが、まだ「Happy×Heart」も発売したばかりで調整不足な所もあります。
ニーナはプールも広いので型が分かれると思いますが、この記事も参考程度に見ていただければ幸いです。
WGP2017も開催中ですので、私も更に良い構築ができるよう頑張りたいと思っています。

それでは今回はこの辺りで。
何か質問やデッキ紹介のリクエストがありましたらTwitter(@mak_727)までお気軽にご連絡ください。
次回は待望の(?)弥生デッキを紹介できたらなと思っています。

また次の記事でお会いしましょう!

ラクエンロジック 超買取強化カード紹介!!(10/19)

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

H-EB01「Shiny Day Live」予約受付中!!

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

デッキ紹介記事まとめ

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

ラクロジ初心者講座

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE