ラクエンロジック 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ラクエンロジックに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ラクエンロジック担当アカウント@yuyutei_lucklog遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【マッキー】「Change×Collect」リオンデッキ紹介

posted

by マッキー

皆さん、こんにちはマッキーです。
前回に引き続きデッキ紹介をしていきたいと思います。

今回紹介するのはひなろじ主人公のリオンです。
実はリオンちゃんは弥生の次に好きな定理者で、「新弾が出たら組もうかなぁ」程度に考えていたら予想以上に強い構築ができたので、これがもし皆さんの参考になったら嬉しいです。

ちなみに先日開催されたロジカリストフェスタや箱争奪戦なども全てリオンで参加していて、リオンちゃんに浮気しまくりになっていますね。
夏休みの宿題をみんなより早く終えてドヤ顔するリオンちゃんがとても可愛いので、まだアニメを見ていない人はブラウザバックして今すぐ見に行きましょう(笑)

冗談はさておき、そんな可愛いリオンちゃんのレシピはこちらです。
・デッキレシピ
リオン
プレイヤー:マッキー
=====deckstart===== @合理体-orange <==hbt01=10025@赤@>*1 <==hbt01=10033@赤@>*4 <==htd01=10003@赤@>*2 <==spb01=10042@赤@>*1 <==hbt01=10027@赤@>*3 <==htd01=10005@赤@>*2 <==hbt01=10040@赤@>*3 <==htd01=10006@赤@>*2 <==promo=10246@赤@>*1 @定理者-green <==hbt01=10030@赤@>*4 <==htd01=10008@赤@>*2 <==hbt01=10035@赤@>*1 @使者-green <==htd01=10012@赤@>*4 <==hbt01=10032@赤@>*4 <==htd01=10011@赤@>*2 @戦術-blue <==bt02=10085@赤@>*2 <==htd01=10015@赤@>*4 @逆理-blue <==htd01=10016@赤@>*4 <==hbt01=10046@赤@>*3 <==hbt01=10048@赤@>*1 @門- <==htd01=10019>*2 <==htd01=10020>*2 <==htd02=10020>*2 <==htd01=10022>*2 <==htd02=10023>*2 =====deckend=====
・デッキコンセプト
このデッキのコンセプトは「ガンガン攻めようぜ!」です。

<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>をフル活用し、確実にキルターンを先に迎えることを意識した構築です。
それに加えキルターンには<==hbt01=10025@赤@高嶺の薔薇 リオン>を使い逆理を貼らせない動きができるので、パワーに全振りした構築になっています。
<==hbt01=10027!gp!on> <==hbt01=10025!gp!on>
問題点は後攻4ターン目にキルターンを迎えることができるデッキと対峙した時です。
先攻4ターン目にキルターンを作るプランはないので、先攻を取ってしまった場合は1ターン守ることを強いられることを覚悟しておきましょう。
・各カード解説
高嶺の薔薇 リオン
<==hbt01=10025!gp!on>
TRの名に恥じないテキストを持った1枚。
リソース削りも優秀な能力ですが、最も注目すべき点は『逆理を貼らせることを許さない能力』です。
簡潔に言うと「このカードで勝負をするときはパワー勝負」と書いてあるので、4ターン目を迎えた時点で相手に逆理を持つ意味を失わせる圧倒的な効果です。
安定感を出すなら2枚採用するのですが、今回は強気に1枚構築にしています。
感謝を込めて リオン
<==hbt01=10033!gp!on>
先攻4ターン目に2門壊すのが主な用途。
ひなろじから登場した「EXソウル」ですが、達成するだけでコストを支払わずに貫通することができたり攻撃上限を増やすことができるので以前に比べると条件が緩くなったと思います。
<==hbt01=10033@赤@感謝を込めて リオン>はEXソウル3を達成することで最低16000のパワー数値を確保でき、<魅惑の庭園>とのシナジー効果で最大4000パンプも入るのでパワー勝負は有利に進めることができると思います。文句なしの4投。
天真双牙 リオン
<==htd01=10003!gp!on>
現状リオンネームでLV4は<==htd01=10001@赤@花畑のお姫様>か<==htd01=10003@赤@天真双牙 リオン>しか残っておらず、EXソウル3を達成できない状況で対戦相手が後攻3ターン目にLV2を門の上に置いてターンを返した時点で先攻4ターン目に<==htd01=10003@赤@天真双牙 リオン>のLDで2門壊せる可能性があるので採用しています。
ヴァイパーフォール 縁
<==spb01=10042!gp!on>
強過ぎるからゆえの制限。納得の規制。
双剣乱舞 リオン
<==hbt01=10027!gp!on>
このリオンがキルターンをずらす重要な役割を持っています。
基本的に<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>のテキストを使用するのは後攻になります。主な理由として2つです。
1つ目は先攻の場合、<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>を使わずとも大体先にキルターンが来るから。
2つ目は先攻で<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>を使用してもキルターンが先攻5ターン目から動かないことが殆どだから。
以上が主な理由になりますが、そもそも先攻を取った場合対戦相手がソウルありのメンバーを必要枚数盤面に出すだけで<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>はケアできるので先攻時の主な用途はTC(トランスチェンジ)と対戦相手がソウル持ちを用意できなかった場合に楽な門破壊ができる程度と考えています。
「じゃあなんで入ってるんだよ!」と思う人もいると思いますが、後攻時にはかなり重要なカードとなります。
通常であれば後攻を取ってしまうとキルターンを先に対戦相手に譲る形になりますが、後攻3ターン目に<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>を使い2門壊すことでキルターンが変わります
リオンを使った場合、後攻で破壊できる門の枚数は以下のようになります。
  • 1ターン目:1門(計1門)
  • 2ターン目:1門(計2門)
  • 3ターン目:2門(計4門)
  • 4ターン目:2門(計6門)
つまり相手のキルターンより早くキルターンを迎えることができるということになりますね。
採用枚数としては若干の不安もありますが、3ターン目に1度合体するだけなので3枚にしています。
茨の本気 リオン
<==htd01=10005!gp!on>
TC持ち且つLD持ちと優秀な合理体。
先程述べたようにリオンは後攻3ターン目に門を2枚壊すのでその際に1面は必ずメンバーと勝負する必要があります。
そこでアタッカーにこのカードを採用しました。
LD使用時に4000パンプするのでLV3同士の対決ならパワー数値で負けから入ることもないと思います。
ちなみに<==hbt01=10038@赤@雪中の花弁 リオン>を採用しない理由はTCを持っていないからです。次にターンに確実にEXソウル3を達成する必要があるので3ターン目にソウル持ちTCを2面用意するために<==htd01=10005@赤@茨の本気 リオン>を採用しています。
こみ上げる笑み リオン
<==hbt01=10040!gp!on>
実質2コスト1ドロー1パージ。
確定で手札とパージ領域に流すカードを選択できるので、リオンネームが3枚盤面に並ぶなら優先して出したい1枚です。
先攻後攻問わずに相手から触られない配置を作るのが理想になります。
再会のトランス リオン
<==htd01=10006!gp!on>
2ターン目にリオンネームが3枚盤面に並ばなくて<==hbt01=10040@赤@こみ上げる笑み リオン>が使えない場合のサブプラン。
LDが<==hbt01=10040@赤@こみ上げる笑み リオン>の劣化版になりますが、そのままアタッカーにもなるので<==hbt01=10040@赤@こみ上げる笑み リオン>よりこのカードの方が強い状況もあるかもしれないですね。
笑顔のお姫様 リオン
<==promo=10246!gp!on>
主な用途は相手の隙に付け込んで定義をせずに門を壊すことです。
先攻2ターン目にLV2の合理体を3枚並べてIC(インターセプト)を相手から触れない配置に置くことで1門を守る通称V字(大体最初に前列中央門が破壊されてV字型にメンバーを配置するから?)をされたときにリオンは困り果ててしまいますね。
そこで相手がラックドライブやLDでストックを使ってしまった場合<==promo=10246@赤@笑顔のお姫様 リオン>で無理やり門を壊すというサブプランです。
勿論<==htd01=10006@赤@再会のトランス リオン>のLDや<==htd01=10008@赤@感動の出会い リオン>のパワーパンプでICを挟まれてもパワーラインが確保できるなら使わなくても良いのであくまでサブプランです。
夢気分 リオン
<==hbt01=10030!gp!on>
1パージ1ドロー盟約。
リオンは盟約がとても強力ですね。文句なしの4投です。
感動の出会い リオン
<==htd01=10008!gp!on>
ドロップのリオンを一枚パージすることで場のリオンに3000パンプ。
正直確定パージができるリオンが欲しかっただけなのですが、3000パンプも入るなら採用しない手はないです。
<==hbt01=10025@赤@高嶺の薔薇 リオン>や<==hbt01=10032@赤@幼き日の誓い ローザ>などパージ領域に必要とするカードを送る必要があるので早々に確定パージできるのはとても優秀ですね。
初めての制服 リオン
<==hbt01=10035!gp!on>
安定感を持たせる使者サーチ。
<==htd01=10008@赤@感動の出会い リオン>を2枚以上採用しても使う機会も少ないだろうと判断したので安定感を求めて1枠譲っています。
序盤から終盤までどの盤面で手札に来ても困らないので枠が余ったらこのカードですね(笑)
ちなみにリオンネームを要求するテキストが多々あるのでワッフルなどの使者に枠を譲り過ぎると事故が起きるので要注意です。
幼き日の約束 ローザ
<==htd01=10012!gp!on>
1コスト1ドロー。大変お得。
雑に強いので4投。
幼き日の誓い ローザ
<==hbt01=10032!gp!on>
パージ領域からメンバーを回収できる盟約。
<==hbt01=10040@赤@こみ上げる笑み リオン>や<==htd01=10008@赤@感動の出会い リオン>、<==htd01=10011@赤@綿毛の ワッフル>などを使い必要と思ったカードをうまく回していきましょう。
綿毛の ワッフル
<==htd01=10011!gp!on>
登場時に1ドロー1パージ。
手札が綺麗になり確定パージもできる優秀な使者。
リオンネームの枚数と枠の関係で2投。
満漢全席
<==bt02=10085!gp!on>
我らがらくろじ部を想起させる諸悪の権化。
もう言わなくても分かると思いますが<==hbt01=10025@赤@高嶺の薔薇 リオン>に放ちターン中に逆理を貼ることを許しません。
先攻5ターン目、後攻4ターン目のフィニッシャーに打つため3コストだけは確保するのを忘れずに。
久しぶりのお風呂♪
<==htd01=10015!gp!on>
力こそパワー。パージ領域3枚以上で10000パンプ戦術ですが
パージ枚数が3枚いかない試合の方が珍しいので0コスト10000パンプ戦術です。4投です。
満開の薔薇吹雪
10016.jpg
パージ領域5枚でオーラ+1を付与する逆理。
中盤は逆理の貼り合いになる試合もあると思うのでオーラ数値をずらして逆理を貼りにくい状況を作れる優秀な逆理です。
魅惑の園庭
10046.jpg
手札を1枚パージすることでパージ領域からリオンネームを定義できる万能逆理。
中盤に手札を1枚捨てて負荷を掛ける逆理を4枚使うことはないと判断したので3枚採用です。
安眠の好風
10048.jpg
ソウル持ち条件で3000パンプ逆理。
対戦相手が3000パンプ逆理を連打してきた際パワー数値をずらされかねないので採用。
・マリガン基準
参考程度にですがリオンを握る際意識しているマリガン基準は
  1. 使者
  2. 定理者
  3. LV2合理体
の優先順位です。
どのデッキも使者はもう言うまでもなく複数手札にあってもキープで間違いはないと思います。
しかしこの構築では2ターン目に<==hbt01=10040@赤@こみ上げる笑み リオン>テキストを使いたい為、最低2枚のリオンネームが、後攻3ターン目には<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>テキストの為に最低2枚のリオンネームが必要となります。
なので使者が沢山手札に舞い込んできても、リオンネームの確保は忘れずに。この部分は慎重に判断しましょう。
・動かし方。ポイントなど
今回は先攻後攻それぞれについて基本的な動きだけ書いていきます。
勿論対戦相手のデッキタイプ次第で例外は出てきますが全部書いているととんでもないことになるので、今回は基本だけにします。
1ターン目
先後関係なく、特にすることはないです。
後攻は大人しく1門壊しましょう。
2ターン目
<==hbt01=10040!gp!on> <==htd01=10006!gp!on>
先攻の場合は<==hbt01=10040@赤@こみ上げる笑み リオン>に合体して、相手が触れない位置に配置。
そのまま前列にリオンネームを2体並べるのが理想です。

後攻の場合も基本は同じですが、前列に倒しておきたいメンバーなどがいたら<==htd01=10006@赤@再会のトランス リオン>も視野に入れておきましょう。
3ターン目
<==hbt01=10027!gp!on> <==htd01=10005!gp!on>
先攻の場合、<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>ができるのなら楽に門が割れるので使いましょう。
ソウル持ちでケアされた場合は大人しく盤面だけ整えつつ1門確実に壊しにいきます。

後攻の場合は確実に<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>を使います。
その後<==htd01=10005@赤@茨の本気 リオン>などに合体して相手のメンバーを確実に倒し、残りの2パンで門を2枚壊しましょう。
4ターン目
<==hbt01=10033!gp!on!150> <==htd01=10003!gp!on!150> <==hbt01=10027!gp!on!150>
<==hbt01=10025@@!gp!on!150> <==bt02=10085@@!gp!on!150>
先攻の場合<==hbt01=10033@赤@感謝を込めて リオン>のEXソウルや<==htd01=10003@赤@天真双牙 リオン>、<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>などを使い、確実に相手の門が2門になるように叩きます。

後攻の場合はこのターンがキルターンになるので<==hbt01=10025@赤@高嶺の薔薇 リオン>に乗り、<==bt02=10085@赤@満漢全席>を放つだけです。
5ターン目
<==hbt01=10025!gp!on> <==bt02=10085!gp!on>
先攻の場合はこのターンがキルターンになります。
<==hbt01=10025@赤@高嶺の薔薇 リオン>に合体して<==bt02=10085@赤@満漢全席>を放ちましょう。
以上が基本的な動きになるので、これに沿ってゲームメイクをしていきます。
ポイントとしては中盤相手のソウル持ちを潰したり門の割り方を工夫して<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>のテキストを如何にして打ちやすくするかが勝負の鍵です。
・最後に
以上でデッキ紹介は終わりです。
攻めに徹するのはとてもリオンちゃんらしさがあって良いですね~。
攻めるのが得意なリオンや守るのが得意なニーナなど、自分に合ったデッキを見つけるのも面白いかもですね!
勿論好きなキャラで勝ちたいという人は、とことんそのデッキを突き詰めていって欲しいです。
浮気はだめですよ。

というわけで長くなりましたが、お付き合い頂きありがとうございました。
恐らく次の記事は弥生ちゃんについての記事になりそうな予感もありますが、何か紹介して欲しいデッキなどありましたら受け付けています。Twitter(@mak_727)までお気軽にどうぞ。

それでは今回はこの辺で。ありがとうございました。







ラクエンロジック 超買取強化カード紹介!!(10/19)

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

H-EB01「Shiny Day Live」予約受付中!!

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

デッキ紹介記事まとめ

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

ラクロジ初心者講座

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE