ラクエンロジック 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ラクエンロジックに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ラクエンロジック担当アカウント@yuyutei_lucklog遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【ふる】「Change×Collect」アシュリーデッキ紹介

posted

by ふる

皆様こんにちは、ふるです。

発売から既に1ヶ月以上経った「Change×Collect」ですが、メーカー在庫が切れているらしくてとても大人気って感じですね。
今回はそんな「Change×Collect」にも収録されているアシュリーのデッキを紹介していきたいと思います。
目次
●新環境でのアシュリー
<==hbt01=10144!gp!on!150> <==hbt01=10145!gp!on!150> <==bt04=10053!gp!on!150> <==hbt01=10141!gp!on!150>

アシュリーデッキと言えば<==hbt01=10144@緑@鬼に金棒 アシュリー><==hbt01=10145@緑@雅な萌え袖 アシュリー>等ストックからドロップした時に効果を発揮するカードや、<==bt04=10053@緑@トライコンセントレート アシュリー>のような出撃コストがあったり【LD】のコストが多かったりする代わりにパラメータが高かったり効果が強い等、ストック消費に対するリターンが大きいことが特徴の1つであるデッキです。

前環境まではストックが十分ある際の詰めの定義戦だけ見れば強いような気がするが、どうもデッキパワーが低く中盤の手札確保や終盤に向けての盤面形成が上手くいかないといった印象がありました。

しかし「Change×Collect」で追加されたカードは今まであと一歩だった部分を補うものが多く、一気に実戦レベルのデッキになりました。
使用比率の高いニーナデッキやリオンデッキ等とも構築やプレイングを磨くことで十分に戦えるポテンシャルのあるデッキだと思います。

また、アシュリーは過去弾でも多く収録されていた定理者でもありカードプールがとても広く、<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>等の他デッキにも入っているようなグッドスタッフ的な強さのカードも多くあります。
そのためデッキの方向性が定まりにくく、また色々な型が組めると思うので今回紹介するデッキはあくまで1つの例として参考にしていただけると幸いです。

それでは、前置きが少し長くなってしまいましたがデッキレシピの紹介に入りたいと思います。

●デッキレシピ
アシュリー
プレイヤー:ふる
=====deckstart===== @合理体-orange <==hbt01=10049@緑@>*3 <==bt04=10054@緑@>*3 <==hbt01=10063@緑@>*2 <==hbt01=10064@緑@>*1 <==hbt01=10053@緑@>*4 <==hbt01=10144@緑@>*4 <==hbt01=10141@緑@>*2 <==hbt01=10059@緑@>*1 @定理者-green <==hbt01=10055@緑@>*2 <==hbt01=10142@緑@>*3 @使者-green <==hbt01=10062@緑@>*4 <==hbt01=10147@緑@>*4 <==hbt01=10148@緑@>*3 @戦術-blue <==spb01=10089@緑@>*2 <==hbt01=10071@緑@>*4 @逆理-blue <==hbt01=10074@緑@>*4 <==spb01=10093@緑@>*4 @門- <==htd01=10020>*2 <==htd02=10020>*2 <==htd01=10022>*2 <==htd02=10023>*2 <==promo=10221>*2 =====deckend=====
●各カード解説
◇Lv4
イタズラな触手 アシュリー
<==hbt01=10049@緑@!gp!on>

超パワーカード。このカードの追加がやはり一番の強化ですね。

出撃コストが1かかるものの初期ステータスが11000あり、合体してソウルが2枚あるLv2やLv3からTCすると攻撃する際の数値が15000となるため、多くのLv4に要求値をつけることができます。
また起動効果がインチキのような強さであり、ソウルがあろうがなかろうが定義せずに相手のメンバーをストック送りにすることができます。

先攻4ターン目に2門割りする際には1体を定義することなく倒すことができ、もう1面はこのメンバーで戦えば良いため余裕ができます。
また詰めで2門割りに行く際にも門の上のメンバー2体を指定することで片方の門は確実に破壊することができ、もう1面にリソースを注ぎ込めば良いため定義戦のプランも取りやすいです。

他にも後攻4ターン目等1門だけ破壊しておけば良い盤面では起動効果を使って門を破壊することで無駄なリソースを削ることなく、レベルブーストを4回残した万全の状態で相手のキルターンを迎えることができたりします。
ハートフルレジスタンス アシュリー
<==bt04=10054@緑@!gp!on>

1面を詰める盤面では飛び抜けた強さを持っており、<==hbt01=10049@緑@イタズラな触手 アシュリー>との相性の良さから採用。
【LD】を使用することで戦術や<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>の効果が更にパワー+4000されていくので、リミット1消費に対するパンプ量がとんでもないことになります。
自動効果は使用するだけでリミット+1と落下してくるカード2枚分になり、通常のレベルブーストより+1枚分、【LD】を使っていれば更にパワー+4000されてしまうしインチキですね。

リミットロジックがデッキ全体で6枚と少なめですが、<==hbt01=10064@緑@獅子の瞬き アシュリー>と<==hbt01=10071@緑@天体観測>により盤面に出ていないリミットは全て定義できることと、リミット消費1に対するストック消費が多くパンプ量も大きいので割とどうにかなります。
◇Lv3
ピカピカジェリー アシュリー
<==hbt01=10063@緑@!gp!on>

Lv3のTC持ちがこのカードしかないため採用。
起動効果は使わないという訳ではないですが<==hbt01=10053@緑@海底探査 アシュリー>の方が盤面に残しておきたい関係このカードでTCすることが多く、パンプ先がTCする前に盤面にいなかったりします。

3ターン目の主な合体先ですが<==hbt01=10053@緑@海底探査 アシュリー>により安定感があり、複数枚必要なカードでもないので2枚採用。
個人的には他のLv3でTC持ちパワー8000が出たら入れ替えようかなと思っています。
獅子の瞬き アシュリー
<==hbt01=10064@緑@!gp!on>

このカードがないと詰めで山札が無くなります。
このカードと<==hbt01=10071@緑@天体観測>で山札の底を作りつつ、<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>等の効果を存分に使っていきます。
どこかのタイミングでストックに噛んでさえいれば良く、盤面に出したいカードではないため最低限の1枚採用。
詰めの場面で手札にあった際は最悪盤面に出して圧殺することでドロップに準備したりします。

◇Lv2
海底探査 アシュリー
<==hbt01=10053@緑@!gp!on>

こちらも新弾のカードで注目すべきカードです。
合体先を山札に戻したり次の山札のシャッフルを見越して使者を戻したりして山札内の比率を調整し、ストックブーストもすることで中盤の安定感が抜群に上がります。

2ターン目の合体先であること、手札次第では2ターン目に合体+もう1枚を使い<==hbt01=10059@緑@ステラクラスター アシュリー>へのTCをすること、終盤でもドロップと山札の調整を意識して合体したい場面が多いこと等から4枚採用。
鬼に金棒 アシュリー
<==hbt01=10144@緑@!gp!on>

特に中盤でのドローソース。
ここ周りの枠は色々と調整していますが、結局このカードを4枚採用しています。

ストックに自然に噛むかドロップに用意することで<==hbt01=10147@緑@虜にする色気 艶鬼>等で使い回します。
そのため手札にかさばった際は先攻3ターン目や後攻2ターン目等の序盤の定義で使用してドロップに用意したりします。
レインボーメロディ アシュリー
<==hbt01=10141@緑@!gp!on>

他のデッキでもよく見かけるカードですね。
戦術の自動効果を付与したまま1ストックでもう1枚分定義できるため、定義戦にとにかく強くなります。
山札を掘り進めるため<==hbt01=10064@緑@獅子の瞬き アシュリー>や<==hbt01=10071@緑@天体観測>で山札に戻したカードにも到達しやすくリミットロジック等を無駄なく使用でき、さらに<==bt04=10054@緑@ハートフルレジスタンス アシュリー>との相性の良さもあります。

攻めでも受けでも強いカードであり詰めでなるべく欲しいのでもう1枚採用しても良いですが、今回は2枚の採用。
<==hbt01=10071@緑@天体観測>のストック消費が激しいので使わずに詰める盤面もあったりします。
ステラクラスター アシュリー
<==hbt01=10059@@緑@!gp!on>

このカードも新弾で追加されたパワーカードですね。
緩い条件で場に出すだけで2ストックブースト。
ラックドライブで3ストックが1ドローになることを考えると手札1枚消費に対して2/3分返ってくるカードで、少し考え方を変えると場に出るだけで1ストック1ドローしているとも考えられます。
強いカードであり最初は4枚採用していましたがTCを持っていないことから複数場に出ると処理に困り、減らしていく形に。
できれば2枚は採用したいですが、枠の関係でピンになっています。

2ターン目にマイロジカリストを使った<==hbt01=10053@緑@海底探査 アシュリー>に合体+別の<==hbt01=10053@緑@海底探査 アシュリー>を使用したTCでこのカードに合体するムーブが理想的です。
ソウルのある状態でTCを持っていないメンバーがいるとあまり除去が優先されないですが、このカードが生き延びることで【LD】が何度も使えたり、<==hbt01=10142@緑@期待膨らむ アシュリー>への布石になったりします。

◇定理者
目まぐるしい戦局 アシュリー
<==hbt01=10055@@緑@!gp!on>

新盟約。
ストックブーストとバトルに勝てば1ドローと、強いことしか書いてないですね。
バトルに勝った時の効果は付与するメンバーを選択することができるので使い勝手が良いです。
せめて3は入れたいのですが枠が無く2枚採用。
期待膨らむ アシュリー
<==hbt01=10142@緑@!gp!on>

ソウルのあるメンバーが多く盤面にいる環境になったため、より強くなったカードです。
攻めでは勿論、受けでも自動効果+ICとして使用するとかなり要求値をズラすことができ、<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>と共に相手に除去を優先させるカードとなります。

3,4ターン目辺りではこのカードが盤面にいることで除去を優先させ、ソウルのあるTC持ちを触らせにくくするといったことも可能になります。
中盤で1回場に出して圧力をかけたいことと詰めの盤面で必要なので4枚採用まで視野ですが、枠の関係3枚採用。

◇使者
泡沫の シェリー
<==hbt01=10062@緑@!gp!on>

お馴染み1コスト1ドローの先鋒盟約。
終盤では意外と1ドローより1ストックを大事にしたい場面もあり、少し減らすことも考えたりもしましたが4枚採用を継続しています。
虜にする色気 艶鬼
<==hbt01=10147@緑@!gp!on>

特に<==hbt01=10144@緑@鬼に金棒 アシュリー>を使いまわすカード。
強いです。
豊麗傾城 艶鬼
<==hbt01=10148@緑@!gp!on>

合体等で山札を見た際に<==hbt01=10144@緑@鬼に金棒 アシュリー>がストックに噛んでいなかったことが分かっていた場合は次の合体でこちらを使い、ストックの回転率を上げます。

定理者5枚は怪しいですがTCもあることを考え使者を重視し、そちらに11枠使っています。
◇戦術
サイクロンパンチ!
<==spb01=10089@緑@!gp!on>

「え、そのカードは何なのw」とか思っている人もいるかと思いますが、大真面目です(笑)。
特に詰めの盤面で<==hbt01=10064@緑@獅子の瞬き アシュリー>を使い回すことを意識しています。

このカードを定義
→効果で<==hbt01=10064@緑@獅子の瞬き アシュリー>を含めたドロップのカードを2枚ストックに
→<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>の効果によりストックした<==hbt01=10064@緑@獅子の瞬き アシュリー>をドロップ、もう1枚定義。

上記のような流れを汲むことで、実質ストック消費0で<==spb01=10089@緑@サイクロンパンチ!>の+5000と<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>により落下した分のパンプをしつつ、山札の回復をします。
もう1枚の<==hbt01=10071@緑@天体観測>がストック消費の激しい戦術であるためストック消費を抑えつつ多くの役割を果たせる優秀なカードですね。
また、このカードが無いと詰めの定義中にドロップした<==hbt01=10064@緑@獅子の瞬き アシュリー>を再度使うためには自身の効果や<==hbt01=10071@緑@天体観測>で山札の下に戻し<==spb01=10093@緑@冷厳なる怒髪>でストックに噛ませる等、限られた方法になってしまいます。
勿論中盤で<==hbt01=10144@緑@鬼に金棒 アシュリー>を使いまわすためにも使えます。
天体観測
<==hbt01=10071@緑@!gp!on>

こちらも新弾で追加された戦術でかなりのパワーカードとなっています。
3コストと少し重いですが、カードパワーが溢れているのでやむなしといったところですかね。

メンバーしか戻せないですがリミットロジックを戻したり、パワーやオーラで山札の底を確定させたりすることができます。
【LD】を使用した<==bt04=10054@緑@ハートフルレジスタンス アシュリー>にこのカードと<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>を使用し、4ストックでリミット消費1に対しパワー+8000オーラ+4と落下してきた2枚分のパンプをすることがこのデッキのメインの詰めプランとなっています。
◇逆理
澄み渡る聖域
10074.jpg

アシュリー専用逆理。
バトルに勝った時に自動効果が誘発するため、その定義戦で使っていたカードはまだバトル領域になる点には注意しておきましょう。

ストックブーストする強力な逆理ですが、意外と効果テキメンな場面は限れていて癖があります。
特に詰めの盤面では<==hbt01=10049@緑@イタズラな触手 アシュリー>で1面を飛ばすためバトルに勝つタイミングが最後になってしまい意味が無いので、余っている攻撃回数でICを潰しながらこのカードを定義しストック調整をすることもあったりします。
基本的には中盤で使用し、しっかりアドを稼いでいきたいですね。
冷厳なる怒髪
10093.jpg

<==hbt01=10074@緑@澄み渡る聖域>と違い定義戦中にストックを伸ばせる逆理。
<==spb01=10089@緑@サイクロンパンチ!>や<==hbt01=10141@緑@レインボーメロディ アシュリー>等もあり、細かいストックブーストでも有効に使えるのでありがたいですね。
◇門
この部分はまあまあ好みです。
今回の構築では定理者に枠を取れていないので、3門15門を採用。
山札の消費が早いデッキなので11門は諸説な気がしますが、意外と山札は無くなりません。

●その他候補カード
トライコンセントレート アシュリー / 熱戦を制する アシュリー+大自然の掟
<==bt04=10053!gp!on!150> <==bt01=10106!gp!on!150> 10151.jpg

Lv4候補。
ストック消費を抑えつつ定義戦が強い<==bt04=10054@緑@ハートフルレジスタンス アシュリー>を採用しています。
雅な萌え袖 アシュリー
<==hbt01=10145!gp!on>

率先して入れたいカードですが、採用するなら複数枚入れたいことから枠を作れず優先順位が下がっています。
採用する場合は好みで枠を作って入れてください。
疾走する クロエ
<==bt01=10137!gp!on>

ドローソース。
<==hbt01=10059@緑@ステラクラスター アシュリー>を複数枚採用することにより、2ターン目から効果を誘発させられます。
2,3ターン目では<==hbt01=10053@緑@海底探査 アシュリー>が、それ以降では<==hbt01=10049@緑@イタズラな触手 アシュリー>がほぼ確実に盤面にいるためモノリウムの条件もあまり気にせず満たせます。
<==hbt01=10049@緑@イタズラな触手 アシュリー>の起動効果を使用した後、空いている門を先に攻撃することで大きな定義戦の前に確実に1ドローしておくこともでき、終盤での活躍も見込めますね。

個人的にちょっとしっくりこなくて今は抜いているだけなので採用する価値は十分あると思います。
甘いお手紙 アシュリー
<==promo=10230!gp!on>

山札回復しつつ逆理を無駄にしない優秀なカード。
強いカードなので私もデッキに入れたり抜いたりしていますが、個人的には「今は他の2種を優先したいかな」といった感じです。
風と語らう アシュリー
<==hbt01=10146!gp!on>

強いカードです。これの採用については好みですね。
規律の刃 ルカ
<==spb01=10072!gp!on>

3ターン目からしか有効ではないことと結局山上しか操作できないので<==hbt01=10148@緑@豊麗傾城 艶鬼>を優先しています。
水辺の女神 / 突然の幸運
<==bt01=10149!gp!on> <==hbt01=10150!gp!on>

攻めでは<==bt04=10054@緑@ハートフルレジスタンス アシュリー>で誤魔化していますが、デッキ全体としてだいぶパワー数値が足りていません。
見たい相手や全体のプラン次第では積極的に採用していきたですね。


●おわりに
以上で紹介を終わります!

各カードの紹介がメインとなったため少し長くなってしまいまいましたが、それぞれを読むことで全体の立ち回りやプラン立てがある程度分かるように書いたつもりです。
構築、プレイング共にかなり難しいデッキで私自身まだまだ詰めていくことがたくさんあると感じていますが、少しでも参考になれば幸いです。

記事への質問や意見はお気軽にTwitter(@Fu11T)までお願いします!

Change×Collect」で収録された定理者のデッキをどんどん紹介していくということで、今回はアシュリーデッキの紹介をさせていただきました。
実はもう1記事書かせていただけることになっていて、次回は縁デッキの紹介をしたいと思います。

それでは、読んでいただきありがとうございました!

ラクエンロジック 超買取強化カード紹介!!(10/19)

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

H-EB01「Shiny Day Live」予約受付中!!

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

デッキ紹介記事まとめ

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

ラクロジ初心者講座

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE