ラクエンロジック 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ラクエンロジックに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ラクエンロジック担当アカウント@yuyutei_lucklog遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

ふる式デッキの組み方【前編】

posted

by ふる

皆さんこんにちは、ふるです。
前回更新頻度に気をつけよう!と意気込んだので、早速書いてしまっています。

というわけでついに発売しましたね「Change×Collect」!
何かもう色々とすごくてすごいですね!
ひなろじがきっかけで最近ラクロジを始めた方も結構いるみたいで、ショップ大会なんかでも初対面の方が増え、とても嬉しいです。

そんなこんなで、今回はルールをある程度覚えた後に詰まるであろうデッキの組み方について書いていきたいと思います。
私が普段どんな事を考えてデッキを組んでいるかなるべく分かりやすく書いていこうと思うので、何かのお役に立てれば幸いです。
目次

今回は前編として50枚のデッキを完成させるところまで書いていこうと思います。
また、例として新キャラクターである弥生のデッキを組みながら説明していきます。
●STEP1:使いたいカードを決める
まずは使いたいカードを1枚決めましょう。
  • 好きなキャラ
  • イラストが良い
  • 効果を使ってみたい
  • 声優が好き
などなど...理由は何でもオッケーです。
最初のうちはなるべくLv4から選ぶとデッキが組みやすくて良いと思います。

それでは今回は<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>を選んでいきます。
<==hbt01=10050!gp!on>

キャラもイラストも効果も声優も、何もかもが良い感じのカードで「使ってみたいぞ~~」となってしまいますね。

使いたいカードを選んだら一通り能力を読んでおきましょう。
●STEP2:相手の門を全部割るターン(キルターン)の設定をする
次にキルターンの設定をします。
まだ何も決まっていない状態で具体的なターンを考えるのは難しいかもしれませんが、最初にキルターンを考えてデッキの方向性を決めることでコンセプトが定まりやすくなります。
また、どこの攻撃を通さないといけないのか、どこを防御すればいいのかといったことも分かりやすくなります。

ここからキルターンについて少し書いていきますが、公式のコラムに書いてあることと若干内容が被るのでそちらも読んでいただくと良いかもしれないです。
http://luck-and-logic.com/blog/8360/

ラクロジでは1ターンの攻撃上限が決まっているため、基本的に1ターンに破壊できる門の数が限られます。
例えば後攻2ターン目だと攻撃上限が2回なのでメンバーを倒すのに1回、門を割るのに1回攻撃するので相手がちゃんとメンバーを配置していれば1ターンに割れる門数は1ですね。
それをまとめていくと、以下のようになります。
・先攻の場合
1ターン目:0門
2ターン目:1門(計1門)
3ターン目:1門(計2門)
4ターン目:1門(計3門)
5ターン目:2門(計5門)
6ターン目:2門(計6門)
・後攻の場合
1ターン目:1門(計1門)
2ターン目:1門(計2門)
3ターン目:1門(計3門)
4ターン目:2門(計5門)
5ターン目:2門(計6門)
こんな感じで攻撃が全て通り、門が割れていくと先攻は6ターン目、後攻は5ターン目にキルターンを迎えます。
しかし以下のような所謂「貫通能力」を持つカードによってキルターンが早まることがあります。

・先攻3ターン目、後攻3ターン目に2門割る
双剣乱舞 リオン
<==hbt01=10027@@!gp!on!150>
・先攻4ターン目に2門割る
不穏を察する ニーナ、感謝を込めて リオン、交わる運命 縁、努力の天才 弥生、イタズラな触手 アシュリー、トゥインクルセイバー 万博
<==hbt01=10009@@!gp!on!150> <==hbt01=10033@@!gp!on!150> <==hbt01=10028@@!gp!on!150>
<==hbt01=10050@@!gp!on!150> <==hbt01=10049@@!gp!on!150> <==hbt01=10076@@!gp!on!150>
...他多数。
・先攻5ターン目、後攻4ターン目に3門割る
天使の福音 ニーナ
<==hbt01=10001@@!gp!on!150>
努力の天才 弥生orイタズラな触手 アシュリー+スーパータイガークロー クロエ
<==hbt01=10049@@!gp!on!150> <==hbt01=10050@@!gp!on!150> <==bt01=10105@@!gp!on!150>
感謝を込めてリオンor交わる運命 縁+挽回の恵風 縁
<==hbt01=10033@@!gp!on!150> <==hbt01=10028@@!gp!on!150> <==bt04=10028@@!gp!on!150>
...等、キルターンが早い方が基本的に攻める側になり、早ければ早い方が良さそうに思えますが安定感や成功率を考えると意外と難しいところでもあります。

例えば<==hbt01=10001@橙@天使の福音 ニーナ>で先攻5ターン目、後攻4ターン目に3門割ることが可能と記載しましたが、これは盤面に6体のメンバーを並べる必要があり手札が少なくなったりしていてどこかが防御されてしまう可能性が高くなります。

「じゃあどうすればいいんだよ!」とか思っているところかもしれませんが、ここはとりあえず先攻4ターン目の2門割りだけを採用していきましょう。
先攻4ターン目の2門割りを可能にするカードは各色に多く存在し、Lv4で相手のLv3やLv2と戦うことになるので比較的安定感があります。
<==hbt01=10027@赤@双剣乱舞 リオン>はそのものがデッキコンセプトになるので少し特殊ですが、特に最初は先攻4ターン目の2門割りのみを採用しゲームに慣れていくと良いかな、と思います。
現状、玉姫やジークハルトは先攻4ターン目に2門割りするカードが無いですがそういったデッキを組む場合は他の名称を入れるか、守りに寄せて相手のキルターンを崩すことを意識すると良いです。

そんなこんなで、キルターンを先攻後攻共に5ターン目に設定してデッキを組んでいきます。
先攻4ターン目に2門割るためのカードですが、今回は<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>が貫通能力を持っているので特に採用カードを増やす必要はなさそうですね。
●STEP3:定義戦のプランを決める
キルターンが決まったところで次はデッキ全体の定義戦のプランを決めていきます。
パワー勝負とオーラ勝負どちらを得意にするか等といったことを考えていく感じですね。

それではまず、最初に選んだ<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>に注目していきましょう。
<==hbt01=10050!gp!on>
このカードはEXソウル3でストッククローズ⑤することで、攻撃時でも防御時でもパワー+10000することができます。
つまり攻撃時はソウル込みで最低23000、防御時は20000から定義戦をスタートすることができます。
このパワーは活かしたいのでまずはパワー数値が出せるようにしていきたいですね。
<==hbt01=10052@緑@風の如く 弥生>、<==hbt01=10056@緑@カンフーマスター 七宝>は攻撃する際に、<==hbt01=10067@緑@合間に一服 七宝>は防御する際にパワーを底上げしてくれそうで良い感じです。
<==hbt01=10070@緑@主従を超えた絆>も条件を満たせば攻撃防御共にパワーを上げてくれるカードで、EXソウル3を意識しソウルが入っている場面が多そうな<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>と相性が良さそうですね。
この辺りのカードの採用でパワーはある程度優位に立てそうです。

そうなると次は相手の逆理に対してどのような対処をするか考えていきたいですね。
具体的には『相手の逆理を全て対消滅するよう意識する』のか、『オーラでもある程度戦って誤魔化せるようにする』のかといったところです。
例えば<==htd02=10003@橙@凛然たる騎士 ニーナ>や<==hbt01=10154@@後援の一矢 葵>等のカードは逆理をキープしやすくするため、逆理を相手より多く持って定義戦をコントロールしやすそうです。
今回は弥生デッキを組んでいるので弥生回りのカードプールを見てみると、特に逆理をキープしやすくするカードは無さそうですね。
緑色のデッキはストックを多く溜めて戦うことができることも踏まえ、オーラ戦術の採用を考えていきましょう。
<==hbt01=10071@緑@天体観測>は3ストックかかる戦術ですがオーラを+4する優秀な戦術で、相手の逆理に合わせて使った際に追加でオーラか逆理が落下してきたらますます有利になりそうですね。
1枚のバリューが高いカードなのでこのカードを採用してオーラ戦を誤魔化していきましょう。

こんな感じで定義戦のプランを決めることでデッキ全体の方向性、採用カードがある程度決まっていきます。
●STEP4: 相性の良いカードを選んでいく
ここまでくればデッキ完成まであと一歩です。
残りの枠を決めていきましょう。
◯Lv4帯
この段階で2,3種類の採用カードが決まっていない場合は先にLv4を決めてしまいましょう。
今回はまだ<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>しか決まっていないのでもう1種類Lv4を考えていきたいですね。
<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>は貫通とフィニッシャーを兼ねている優秀なカードですが、EXソウル3で戦うことが前提なので相方はEXソウルに依存せず自動効果や【LD】で戦えるカードが良さそうです。
弥生回りを見てみると<==hbt01=10057@緑@遠き頂 弥生>が自動効果を持っていて良い感じに戦えそうですね。
EXソウル3を持っていますがこちらはストッククローズ③で優秀な効果なので<==hbt01=10050@緑@努力の天才 弥生>と使い分けができそうです。
というわけでLv4の相方はこのカードに決定しましょう。

...決して弥生名称のLv4が2種類しかないとかそういう理由ではないですよ!
◯Lv2,3帯
次はLv2,3のカードを決めていきます。
ここでは
  • Lv4や詰めのプランへの下準備となる
  • アドが取りやすい(単純にカードパワーが高い)
  • TCを持っている
辺りを意識していくと良いかなと思います。
今回Lv3は<==hbt01=10052@緑@風の如く 弥生>の採用は決まっているので相方は【LD】とTCを持っていて中盤の動きを支えてくれそうな<==hbt01=10058@緑@躍動する 弥生>なんかが良さそうですね。
Lv4の2枚がストッククローズを必要とするカードなのでそれの下準備となる<==hbt01=10051@緑@夢見る未来 弥生>は非常に優秀で、このデッキのエンジンとなるカードとなりそうです。
<==hbt01=10065@緑@憧れへの第一歩 弥生>もTCを持っていることや軽いコストの【LD】であることから枠次第では入れていきたいカードです。
そんなこんなでLv2,3帯のカードも決まってきましたね。

...こちらも弥生名称のカードが少ないとかそういう理由ではないですよ!!
◯Lv1帯
こちらもLv2,3帯と同じように
  • Lv4や詰めのプランへの下準備となる
  • アドを取りやすい(盟約や特定カードへのアクセス等)
辺りの意識ですかね。
まず使者側ですが<==hbt01=10061@緑@如意棒術 七宝>のように1ストック1ドローする盟約が今弾では各キャラに配られていますね。
この盟約はかなりのパワーカードなのでよほどの理由がない限りとりあえず4枚入れておきましょう。
このデッキの詰めではある程度のストック量とそれらをオープンしておくことが必要になると思うので<==hbt01=10054@緑@クラス委員 弥生>、<==hbt01=10066@緑@令嬢の気品 弥生>、<==hbt01=10068@緑@ほろ酔いの 七宝>なんかも採用していきたいですね。

●デッキ完成!
そんなこんなで、デッキが完成したのではないでしょうか!
今回作ってみたレシピはこんな感じになりました。

橘 弥生
プレイヤー:ふる
=====deckstart===== @マイロジカリスト-green <弥生==hbt01=10108@緑@>*1 @合理体-orange <==hbt01=10050@緑@>*4 <==hbt01=10057@緑@>*4 <==hbt01=10052@緑@>*3 <==hbt01=10058@緑@>*3 <==hbt01=10051@緑@>*3 <==hbt01=10065@緑@>*2 @定理者-green <==hbt01=10054@緑@>*4 <==hbt01=10066@緑@>*4 @使者-green <==hbt01=10061@緑@>*4 <==hbt01=10056@緑@>*2 <==hbt01=10067@緑@>*2 <==hbt01=10068@緑@>*2 @戦術-blue <==hbt01=10070@緑@>*2 <==hbt01=10071@緑@>*3 @逆理-blue <==hbt01=10072@緑@>*4 <==hbt01=10073@緑@>*4 =====deckend=====
今回は分かりやすく公式の推奨枚数を意識した構築となっています。
最初のうちはある程度推奨枚数を意識して組んでいくと良いでしょう。

ちなみに門は完全に好みって感じなので、好きな門を入れていきましょう。
一応2門6門11門が必ずアドを取れる門なので優先的に採用していきたいって感じですね。
<==htd01=10020@@!gp!on!150> <==htd01=10022@@!gp!on!150> <==htd02=10023@@!gp!on!150>

デッキが完成したところで前編は終了です。
後編では実際に組んだデッキを動かしていきたいと思います。

ラクエンロジック 超買取強化カード紹介!!(10/19)

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

H-EB01「Shiny Day Live」予約受付中!!

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

デッキ紹介記事まとめ

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

ラクロジ初心者講座

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE